お母さんだから弱音も吐くよ

先日の面会で、元旦那がアメリカに転勤になることを知らされた。
シリコンバレーだ。普通に考えて栄転である。

自分は新婚旅行沖縄に行った。
金がなかったので海外は端から選択肢になく、国内一番の贅沢のつもりで沖縄にした。
自分がアルコール依存症の治療のため元旦那の実家で闘病(というほどでもなく環境が変わったのと元旦那のお母様がとてもとてもよいひとだったおかげで病院に二回通っただけでそのまま二年ほど断酒できたのだが)している途、元旦那が突然ハワイに出張してきたお土産といってココナツの香りのシャンプーを買ってきた。
後から思えばそれは今の嫁さんとの新婚旅行であった。
まだ浮気を知らなかったのに、苦手な匂いだということを知っているはずのココナツシャンプーでお義理に髪を洗いながら、酷く空虚な気分になった。

私は元旦那にとって金をかける価値の無い人間だったのだろう。
節制や身の程ばかり説く鬱陶しい人間だったのだろう。

第一子とも、第二子とも、離婚前に一度も海外に行ったことはなかった。

そうして今度はアメリカだ。

自分は今お金がないわけではない。だが将来確実に必要になることがわかっているから、なかなか旅行になど行く勇気が出ない。
有給も学校の行事や病気などでいつ必要になるかわからないので娯楽目的では取りにくい。
そんなわけで、小さい消費で気を済ませ、大きい出費の娯楽のことはなるたけ考えないようにしていた。

でもいつか子どもたちと一緒に三人で橿原市昆虫館に行くのが夢だ。
そんなことを思っていた。
その夢を子どもたちに話して、いいね、行きたいね、と喜んで。
そんな小さな夢が身の程ほどなのだとそれなりに満足していた。

聞いてから、流石に鬱々と参って、自分は純然たる負け犬だ、というこれまで目をそらしてきた事実に直面する羽目になった。
元旦那にとって私は金をかける価値のない人間であったこと。
元旦那は子ども二人設けた私と暮らすことよりも別の女と暮らすことを選んだこと(しかも第一子だけ引き取りたいと言い放った。子ども一人の方が再婚しやすいだろうと気を回したんだそうだ。が、今の嫁がまだ浮気がばれていない頃に第一子の写真を見てかわいいと連呼しあいたいといったという話を聞いておったため蒼白になって阻止したのもよい思い出である)。
そうして元旦那と新しい家族とはシリコンバレーで暮らすのだ。
到底私には届かない場所。

養育費さえきちんと入れてくれればいいよ。
そう返すので手一杯だった。

贅を求めた方が金はついてくるものなのか?
身の程以上に振舞ったほうが金はついてくるものなのか?
身の程の暮らしに納めようとすることはすなわち停止なのか?
それでも私には子どもたちと暮らす時間の多い今の働き方以外の選択肢はない。

次の日、どうにもならなくなったので、子どもたちに謝った。
ごめんな、お母さん、お前たちを旅行に連れてってやれなくて。
ごめんな、お母さん、お前たちを海外とかに連れてってやれなくて。
ごめんな、お母さん貧乏で。

言ってるうちにさすがにほんのちょっぴり涙が出てきた。

いいよ、お母さん、そんなこと気にしなくていいよ。
そんなのどうってことないよ。
そんなことで泣かないでよ。

それより漫画読ませてよー。

と逃げようとする第一子が小癪なのでひっつかまえてなおも
ごめんな、お母さん貧乏で。
漫画とゲームしか娯楽がなくて。
新刊買ってくるぐらいの財力しかなくて。
と言い募る。

いいよ、別にそんなのほんといいから。
新刊買ってくれれば十分だから。
何度も同じことゆわなくていいよー。
だから喰いタンよませてよー。

そんなうだうだしいやり取りしているうちにしまいには楽しくなってプロレスごっこやくすぐりごっこ。
そうしてようやく開放された第一子は笑いながら喰いタンを読んでいる。

ま、たとえ大人の事情な話でも、ちょっと子どもにいうのはあれなんじゃないかな、っていう話でも。
家族なんだから、抱え込んでないで、吐き出しちゃえってことだ。

子どもたちのおかげで私は生きてます。


RinRin王国さま、記事の紹介ありがとうございました。
>運と能力次第。でも、多くの人が多くのお金を使った方が景気は良くなるんだろうなあ。
>私自身は、贅沢に罪悪感が染み付いているので、贅沢してもあまり楽しくないです。
ほんとそう思います。景気には貢献してません。でもエコです。貧乏人が一番エコです。
でも自分はコスパを常に心がけていますしかなり貧乏根性がしみついていて底値じゃないといやだったりしますが客観的に見ると中の下くらいあるいは中の中くらいの暮らしをしていると思います。親が裕福なのと自身もそれなりに運よく能力にも恵まれていたのでそれなりの職につけたための結果です。んが、平素それなりの暮らしをしていることとプラスが望めることとは別の話です。お前たちのお父さんと新しい家族はアメリカに行けるのにお前たちは同じ子どもなのにお母さんのところにいるものだから無理だね、というなんかもうないものねだりです。自分が子どもの頃渡米していた経験があるからなお欠落感が増すのかも知れません。
ルサンチマンです。
ちなみに自分にとっての贅沢は
グレンラガンの500円フィギュアを気がついたら14個買ってた
週に一度お昼ごはんは吟味しつくした外食
子供たちが面会の日には美術展を観に行く
こんな感じです。こう書くとフィギュアはクレイジーです。
ちなみに元旦那は毎月赤字出てたのを隠しててそれが発覚すると逆ギレする人でした。私がネットで泣きながら収入に適切な家賃というのを調べて「引っ越そう」というと叱られました。向こうの実家の親御さんが車のローン大変だろうと残金分の現金を渡すと右から左に使ってしまうような人でした。お金が足りなくなったら借金すればいい、そうやって会社って言うのは大きくなってくんだ、などという「おいおいそれは会社っていう売り上げが見込める単位だからだろ、純然たる消費単位である家庭にそんな哲学持ち込んでどうすんだ」と素人にも突っ込める借金哲学を振り回す人でした。貯金マイナスまっしぐらなところでいきなりクレジットカードをこさえて英会話の100万コースを申し込み「将来必要だから」という人でした。今となってはその哲学が正しかったのかも知れませんけどやっぱこうやって書いてみて私には無理だとわかりました。子どもたちと一緒のつましい暮らしで、私は幸せです。
さぁ第一子の矯正代をどれだけ払わせようか。
北沢かえるの働けば自由になる日記さま、記事の紹介有難うございました。
少しは贅沢してもいいんでしょうかねー。でもどれほどの贅沢が許されるかわからずつい小粒になってしまうのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なに!!!??? なんかあったの!!!???

なんつーか、ほんと声を大にしていいたいんだけど
よくない育て方をされた子供がよくない親にしかなれないんだったら世界はもっとサイテーになってる
んだと思わんか?
どんな親には育まれてもダメなやつはダメになるし
負けないやつは負けない。
自分はわんこは自分なんかよりよっぽどいいお母さんになれたと思ってるぞ、マジで。

今からでも仕込め!
でも種が気に入らなかったら別に無理しなくてもいいぞ!

(はげましてるつもり)
ネコタ斑猫 拝

子供は宝だね

宝が二人もいて、羨ましい。

私は生徒たちのお陰でやっと“愛情を持って叱る”ことが出来るようになったよ。

生徒のお母様方から子育てのことを相談されたとき
自分なりの意見を生意気にハッキリ言っても『子供がいないのに偉そうに』と
白い目で見られていないんだよ。

ありがたいな、と思う。

でも所詮、本当に子育てしてないから
本当の苦労も喜びも知らない。

いちおう私も女性に生まれているので
ネコタさんのように子供のために生きてみたかったけど
今の相方じゃ無理だなー。

この中途半端な関係の生活も終わりにしたいと思えるような
揺れ動く今年1年でした(笑)
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック