とってもとってもうれしかったこと

いとこに子どもが生まれました。

出産祝い、何にしようかと。

これは自分の持論なんですが、出産ってのはお母さんと子どもが二人して大変な一大事業です。
にも関わらず、大抵お祝いってのは子どものほうにしか来ない。
なんとしたことか。
お母さんにお祝いをあげるべきである!
どころかお誕生日に子どもだけにプレゼントあげるってのも間違ってる!
お母さんにも「子育てがんばったね! 」ってプレゼントあげようぜ!

いやいや、話題が地すべりしましたが。

まぁそんな持論に基づき、いとこにグリーティングカードを出しました。

お子さんにはたくさんお祝いが来るだろうから、私からはがんばったお母さんに何か差し上げたい。
お金でもいいけども、お母さんが自分のために使うことが約束です、と。

したら、返事が来まして。

お言葉に甘えて、記念のピアスをいただければ、というメールが。

やぁよかった!

ちゃんとこちらの主旨をわかってもらえたようだ! 

わーいわーい!

しかしどんなのが似合うだろう。
子育てに邪魔にならないぶらさがりでないデザインというのだけれども、
うーん、うーん、悩むなぁ!
なんて楽しい悩みごとだ!
全身全霊を尽くして、うんと素敵なのを選んでくれるわ!
待っておれ!

メールには、子育てが大変だけれども楽しいと書いてあった。

なんかもう、幸せのおすそ分けをありがとう!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック