スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまい鯛茶漬け喰ってきた@神田 いけ増

高校二年の修学旅行で食して以来、鯛茶漬けは自分にとって「記憶の中で大層美味かったものの一」
である。
んが、わりと高かったりして地味にこれまで確認する機会がなかったところ、先日ようやく再び相見えることができた。
ランチの鯛茶漬け定食を950円という良心価格で提供してくだすっているお店のおかげである。

神田駅西口より二分、いけ増。

店の前に出ている看板に「鯛茶漬け定食950円」の文字を見つけて以来目をつけていたこの店。
満を持して入ってみる。
店内は思ったより薄暗い。奥のテーブルに通される。
ikemasu1.jpg

手元だけ明るくなるようスポットライトが設置してある。
奥の小さな壷には天かすが入ってる。

この風景で自分の美味いもんエマージェンシーコールスイッチが入る。

やっべぇ、ここ絶対美味いよ。期待。超期待。

で、出てきたのがこれ。
ikemasu2.jpg

思ってたよりおいしそうに見えないのだが、一応鯛茶漬け仕立てた状況。ご飯は軽く三杯分、奥に出汁のたらふく入った土瓶がある。薬味は職人技で針ほどに細く切った海苔、わさび、青紫蘇。左手奥には柴漬け。

何しろファーストコンタクトは高校の頃とて不安になり食べ方を聞いてみたところ、まぁ当たり前にごはんをよそい上に刺身をのせだしをかけよ、みたいなことを丁寧にゆわれた。
で、やってみる。

あれだね、鯛茶漬けの醍醐味は刺身の現場霜降り感だね。
出汁かけるときゅーってなるの。あれ結構楽しい。
で、味。
鯛にかけてあるの、からしっぽい胡麻だれ。
甘くてこくがあって美味いの。
鯛はまぁ鯛なんだけど、出汁うまい! しみじみうまい!
あと茶漬けにわさび考えた奴天才! 自分山葵苦手だけど超うまい! なんていうか清冽な味! すげーさわやか! ありがとうわさび!
なわけで本体の鯛茶漬けにはことのほかまんぞくしたのだけれども、予想外に小鉢がすごかった。
白和え。
白滝とにんじんと小松菜と菊という変哲ない白和え。これのまたうまいこと!
そして小芋の鶏ひき肉あんかけ。
食べて死ぬほどびっくりした。だってこれ、冷たいんだよ!?
ひき肉あんかけが冷たくて驚くってのはどういうことか。
冷やしても脂肪が固まらないように、脂抜きを丁寧にしているってことに驚いたってことだ。
芋の芯まで届く甘さ、が、それはけして押し付けがましくない。甘いのにうめぇ。超うめぇ。
小鉢もってあん全部飲んじゃった。
で、出汁超うまいくせにあんまり鱈腹あるもんだから、ついそれだけ注いで天かす入れてみた。
うまい。
良質の油の味がする。
が、出汁だけでも十分だ。

よいお昼ご飯を、ありがとう。

いけますランチタイムメニュー
ikemasu.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

coholさま、コメントありがとうございました。

や、お役に立てて幸いです。
このお店は全体美味しいので
是非ともまたお越しくださいませ。
でもやっぱ寒いときにはぬくたいもんがいいですよね…。
では!

ネコタ斑猫 拝

先日こちらの記事を思い出し訪れてみました
いやー寒いのもあって温かいお茶漬けの美味しいこと!
いいお店情報をありがとうございました!
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。