現在も経営が続いている世界最古のホテルとしてギネスブックにも認定されているのは?

答え: 石川県小松市にある温泉旅館法師。

「七八一年にこの地で湯治宿を創業して、現在にいたっている。一九九四年には世界最古のホテルとして「ギネスブック」に認定された。」
(横澤利昌「老舗企業の研究」生産性出版より)

なくようぐいす平安京より古いよ! すごいよニッポン! これもまた中国やギリシアローマより日本に軍配があがってるっていう点で参った。いやー、なんかなー。いい国に生まれたなー。

ちなみに料金は一番お得なプランで17,325円~、普通の宿泊18,900円~、昼食プランは6,300円~。世界最古にこんな料金で泊まれるなんて絶対得だと思う。あー、いっぺん子どもと泊まりに行きたいなー。世界最古の宿のある国に生まれた特権じゃないか!

粟津温泉 法師
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック