もっと欲しがると思ってたんだけど。

親子でおおはまりにはまって今またちくちく再放送を見ているグレンラガン。
放送終わった頃にDSのソフトが出たわけだ。
放映中にもがんがんコマーシャル流れてて、絶対買おうね! 第二子のお誕生日プレゼントはこれに決まりだね! と言ってたんだが、まぁ基本的に自分はビンボなもんだから、とりあえずアマゾンあたりで実際にやった人の評価見てから買おうと思っていたわけさ。
で、いざ発売日を過ぎて評価見てみたところ
かなりダメっぽいことが判明。
で、お母さん正直に言ったさ。
「どうもグレンラガン操作性が悪いらしい。ゲームとしての出来もいまいちらしい。どうする? 」
と尋ねてみた。
すると第一子けろりんぱとして
「じゃあいらない、操作性悪かったら面白くないもん」
きっぱり。
おいおいおい。
いいの? それで。
お母さんは「それでもいいから欲しい」「しょーがんないなー、この手のゲームはじき値崩れするからそんとき買おうな、少し待っててな」「えー」などというやりとりを想定してたんだが。
あ、いいの?
え?
いやでもさ、付録の新作アニメ観たくねぇ?
あんま面白くないらしいんだけどさ。
「いいよ、面白くないんでしょ? 」
おいおいおいおい。何その執着のなさ。
観たがってるのはお母さんか? お母さんの方なのかァァァァァ!!!???

えー、まぁそんな感じでうちの出来すぎたコゾーどもは出来の悪いゲームをあっさり見限ってくれちゃったのでじゃあ値崩れして底値になったころにお母さんが買いましょうかと、そういう話になったんであった。

なんか腑におちねぇ…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック