スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントはツンデレでおねがいします

以前書いた「同じ事を男子がやったら大問題になるだろ? なのになんで女子だからって不問なわけ? これって明らかな逆差別だよな? 」に大変多くのコメントをいただきました。改めて御礼申し上げます。

で、こんなコメント頂戴しまして。



タイトル
大変ですね
本文
はてぶからきました。

親御さんにすれば見過ごせない問題だとは思いますが、ありがちと言えばありがち。
30人とか40人も子供がいたらこれくらいあって当然なのではと思います。
申し訳ないですが、私にとっては他人事なので。
周囲に変化を求めるより、自衛手段を講じる方が労力は少なそう。

名前 はてぶ



で、これに対して私はこんなレスをしました。


はてぶさま、コメントありがとうございました
親御さんにすれば見過ごせない問題だとは思いますが、ありがちと言えばありがち。
→世の中のほとんどの問題がそのようにあると思っております。世の事象は唯一性と一般性を同時に孕んでおり、それゆえに共有できるのです。もしも私の記事があまりにも独自であったならここまではてブで取り上げていただくことはなかったでしょう。こうしてはてぶ様にも(紛らわしいなヲイ)記事を読んでいただき共有していただけたこと、ほんとうに嬉しく思っております。

申し訳ないですが、私にとっては他人事なので。
→この一文を拝読して身もだえしました。他人事だと承知しておりながらこうして書き込んでくださるなんてツンデレのきわみじゃあありませんか!
というわけではてぶ様のコメントをツンデレ変換してみました。
「そ、そりゃああなたも子どもがそんなことになって親としてスッゴク心配だと思うけど、でもね、そんなのって結構みんなも苦労してることなんだからね。いい? 大変なのはあなただけじゃないんだから!
クラスには一杯子どもいるんだから、中にはそういう乱暴な女の子とかいたってしょうがんないよ…。
あ、それでいっとくけど、あたしはあなたの悩みになんか全ッ然興味ないんだからね! 書き込んだからって、か、勘違いしないでよね! (ここで紅潮)
で、あたしはね、その女の子たちが変わることを期待するよりも、あなたの子どもをきちんとケアしてあげることの方が大事だと思うよ…。
(はっと気づいて更に紅潮)
べ、別に心配なんかしてないんだからねっ!? 」
すいませんなんか後半は色々補完しすぎちゃったんですがいずれにしてもなんというすばらしきツンデレ!
こういうナチュラルボーンツンデレ様は大歓迎です。もう大好き。
正直、またのお越しをお待ちしております。

あ、しまった、肝心のコメントへのレスがとちうになってしまった。

とりあえずツンデレ変換した内容については、その通りであると思っております(ツンデレから離れろよ)。
ただ、取材した男子皆、別の小学校の子まで口々に不満を言い立てたというのは、やはり何かしら構造的な問題があるのではないかと正直思っております。
というわけでブチャラティの例の台詞でシメ。
「子どももケアする・・・先生にも少しずつ伝えてみる…両方やらなきゃいけないのが保護者の辛いところだな…覚悟はいいか? 俺はできてる」

ではツンデレコメントありがとうございました!
ネコタ斑猫 拝



なんかもうね、お前は馬鹿かと読み返して思うんですが、でもほんとこのコメントはやっぱツンデレ。ナチュラルボーンツンデレ。フィクションにはないほんもののツンデレの血潮を覚えましたね私は。
いやもうほんとに楽しかった。頂戴したコメントを読むのもうれしかったし、ああやってお返事するのも楽しかった。他の方にもきちんとコメントお返しできてほんとによかった。

ひとというのはほんとうに足らないところがあって、それはこういう記事においては知恵と言葉と経験とそのほか色々なのだけれども、頂戴する意見はそのあたりを補ってくださるわけで。同意してくださるご意見はありがたくうれしい。体験談は知識を増やしてくれる。自分の言葉の至らなさを教えてくださるコメントもある。そして、こちらの記事を否定しているようでありながら、心から心配してくだすっているコメント、さらに寄せてくだすった方の苦しみの吐露であるコメントもある。
アホの子と思われているかも知れないけれども、そういうコメントを一つ一つ解題してゆくのも、コメント欄を開いている自分のひとつの責務でありまた楽しみであると思っているのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。