スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビッド・ボーゲニクト/ジョー・ボーゲニクト著 倉骨彰訳「この方法で切り抜けろ! 」イースト・プレス

アクションヒーローの華麗なテクニックを紹介するという趣旨の本、職場の先輩からは「こんなの一生使うわけないでしょーあははー」と大笑いされたのだがどうして小説なぞ書いている人間には非常に役に立つ本であった。先輩まだ読んでない本の内容朗読すんのやめてください。この本にあるのは「普通の人間ならまず出会わないナンセンスなほどにドラマティックな、つまりフィクションの中の状況を打開する実践的な方法」である。つまり手法は実践的だが状況がアリエナーイという、そういうところで「一生使わなさそう」というレッテルを貼られてしまったわけだ。だがそれがいい。状況がアリエナーイというのは物書きにとっては存分にありえる話なんである。そんなときにどうするかが知りたくともそれこそ映画などを参考にせねばならぬ羽目になるんである。で、その映画は何を参考にしてるか? 実際に「アリエナーイ」状況に臨むことの多いその道のプロフェッショナルの意見である。彼らプロフェッショナルに取材することは零細ウェブ小説家にはなかなか難しい。すると普通は「アリエナーイ」状況への対処法はフィクションの作品を見てその骨子というか要諦を類推するほかなくなるのである。んが、この本ではそれぞれ「アリエナーイ」状況に臨んだヒーロー(あるいはヒーローに倣いたいパンピー)に寄せるプロフェッショナルの実践的なアドバイスが紹介されている。それはフィクションにおける出力以前の要諦である。これは非常に貴重だ。こういう本はほかになかなかないからだ。
というわけで、「アリエナーイ」場面を書かねばならぬあなたに激しくお勧めする本である。

この方法で切り抜けろ!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。