スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校四年生男子とDIOさま

小学校四年生の我が家の男子、DSのジャンプアルティメットスターズをやってるんでDIOさまはご存知。
が、
「ディーアイオー」
という呼び方だと思っていたらしい。

…誰?

「ディオだってば」
「ええっっっ!? ディーアイオーじゃないのッッ? 」
(ゲームではDIOという表記で出てきたのでそのまんま読んでたらしい。DNAか)
「ディオだよ」
「ディオ? 」
「ディオ」
「ディオディオ? 」
「ディオディオ」
…うぜぇよ。

で、そろそろジョジョを読んでもいい頃かと思っていつも本棚の上に収納袋につめて置いてた単行本とりあえず第一部分を子どもの手の届く本棚に下ろしてみた。(全巻置くスペースはまだないそのうち回転書棚二代目を買ったら考える予定)
面白いらしく何度か読んでいるのだが
「なぁ、それに出てくるディオってゲームのディオとおんなじやつなんだぜ」
といったところ
「うん。髪切ったんだよね

いや、えーと、その…それだけじゃないっていうか…。

まぁそのうちジョジョネタで盛り上がれるようになるかと思うと、母ちゃん楽しみでしょうがんないんである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。