お母さんが一番好きなサッカー漫画だよ。

そういって、シャンペン・シャワーを渡してやった。

この漫画を通じて、プロとしてサッカーをやっていく覚悟とか、プロのサッカー選手を取り巻く構造のようなものを知った。
キャラクターは皆とても個性的で魅力的、覚悟は真摯でありながら遊びも満載、ともかく全面的に私にとって大切な漫画なのだ。

さて、書かれてから14年後に生まれた小学校四年生のサッカー好きの男子はこの作品をどう受け止めるかな、と思って見ていた。

夢中になって読んでいる。

寝る時間になったので続きは明日にしなさい、と促すと
「これ、面白いね」
とぽつりと言った。

かわみ なみさん。

あなたの作品は、きっとあなたが想定したであろう世代よりももっと先の世代にまで受け継がれていますよ。

すばらしい作品を、ありがとう。

シャンペン・シャワー 第一巻
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック