子どもにもらったごほうび

今日ぽつりと第一子が
「A君ちって冷凍食品ばっかりなんだよなー」
と呟いた。

親子丼を「旨味ー! 旨味ー! 」を連発しながら貪り食った後のことである。
(喰いタンファン)

おや、と心を留めた。

で、聞いてみた。
「お前たちお友達のとこ遊びにいって僕んちの母さんのごはんは手作りだぜとか話すの? 」
「ううん」
「じゃあなんでA君ちのゴハンが冷凍食品ばっかりだってわかったの? 」
「それはね、アイスみんなで食べるときに冷凍庫開けて、そしたらそこに冷凍食品が一杯だったからだよ。冷蔵庫も買ってきたやつばっかりだったよ」
で、うちとは違うと思ったらしい。

そぉか。
お前たち、ちゃんと見てくれてるんだなぁ。

お母さんちょっと嬉しいよ。

でもお前たち、よそんちの冷蔵庫の中見るのはやめてね。お友達が持ってきてくれるの待ってて。
お母さん泣くから。
あと、今度お礼にアイスクリームもって行きなさい。
いつもありがとう、って。

各家庭にはそれぞれ事情があって、向き不向きとかどうにも忙しいとかで自分でなかなか作れない場合もあると思う。
だから難しいんだけども。

とりあえず、お前たちが見ててくれたのがうれしい。
ありがとうな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アルファルファモザイク

巡回サイト先に入ってます。あそこが拾ってきてくださる料理ネタってすごい役に立ちますよねー。いくつかお気に入りに入れてたんですがそれもパソコンの死と共に遠くなりにけり。来月になったらやっぱいろんなデータ惜しいのでバックアップに出します。今月はあまりに物入りで無理…。

ダイエットしてはるんですか! いいメモ騒動があったからオタキングはあまりいい印象がないなぁ…。しかし効果あるといいですな! 自分は区の体育館で筋トレしてます。肩こりも軽くなるしすこぶるよろしいです。
では
ネコタ斑猫 拝

ほかの記事が沸騰してますが

こんな情報を見つけたので息抜きに。
わざわざ先月のを掘り起こしてきてコメント。
「どうしようもなく(゚д゚)ウマーな肉じゃがを作りたい。」
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51140957.html
洋風肉じゃがとか聞いたことないものまであり、
まさにおいしそう。であります。
今度作ってみよう、と思いつつ、オタキングのダイエット始めたからどしようかなぁーとか思ったり。

まぁ

がんばりたまぇ。

いやぁ別に

気にしてもらうほどのことでもなく。
やりざかりってのはそのとーりだし。
# せっせとあちこちで種まき

うぬぅ、色々複雑だったのじゃのう。

無神経な発言をしてすまん。

結婚とか強要して「もう会わない」とか言われるのはもっと嫌なので当分このままかな…

この一文に私は泣いた。
がんばって心の堀をゆっくり埋めていってくれたまえよ。
案外向こうも君の心を待っているかも知れないぞ。

では
ネコタ斑猫 拝

訂正:嫁公募→嫁候補

公募でもいいけどね…
きょぬーでなくていいが、まな板はイヤです。
# すいません。

私の嫁公募は一応

小太り(だが…ちゃう)こぶ取り爺さんをやってもらったきょぬーの彼女なんですが、料理のことは聞いたことないなぁ。それにこっちが嫁候補と思っていてもあちらはたぶんそんなふうには思ってなく、だからセ○レと言ったんです。
これでいいとは思ってませんが、結婚とか強要して「もう会わない」とか言われるのはもっと嫌なので当分このままかな…

ごま油いいですよ!

実家では定番でした。
うーむ、しかし嫁候補とはそうですかおいしそう。さまのではないのですか。そりゃあまぁやりざかりみたいだから一人に絞ってるというのもおかしいなーと思ったんですが…てへ。
確かに関西圏は牛肉ですな。自分はもともと兵庫なんですが(関西ではなく近畿か)、母のこさえる肉じゃがのお肉は牛でした。こっちきてからBSEのからみなどで豚肉になりましたが。

お肉の中では鴨肉が一番好き
ネコタ斑猫 拝

誤解させてしまったみたいですが

私の嫁候補の話じゃなく一般に若い女の子の料理能力の話です。
掃除能力もなくて風呂にも入らない汚ギャルとかいうのがいるそうで…

ところで私は酢の物が好きなんで作るんですが、ごま油と醤油とおかかのタマネギもいいですね。
定番の肉じゃがのタマネギはカレー用と同じことが言えると思います。
肉じゃがといえば、豚肉を使う地方と牛肉を使う地方があるそうで、前テレビで街頭のひとにそれを聞いてみようと言って、まず京都で、ある年配の女性に質問したら、
  「お肉どすがな、お肉。」
としか答えてくれなくて、は?と思ったら、要するにこの人にとっては豚肉なんか肉じゃない、ということだったらしく…
(京都がみなこうなのかどうかは不明)

大きいと大味になりがちかも

わかります。やはり中くらいがよろしいかと。
おいしそう。さんは手がまめそうでよろしいんですが、なんですかお嫁さん候補の方はお料理のほういまいちなんですかい? 
自分は結婚してから色々試行錯誤して(当初はダメだった)今ぐらいになってようやく要領を覚えたようです。
実家暮らしでなまけがち。

ところでたまねぎはスライスしたら水に晒してごま油と醤油とおかかがうちでは王道なんですが(子ども食べないからやってないけど)
ネコタ斑猫 拝

タマネギがおいしくないというのは

この場合「甘くない」という意味なんですが、でかいというのはそうですね、直径10cmより大きいものでしょうか。
主にカレーに入れたとき、そのできはどんなタマネギを使ったか、それをうまく炒めることができたか、に左右される気がします。あくまで私の、つまり素人の感触ですが、小さいものの方が甘みがよく出ると感じています。
別の料理、たとえばスライスして水にさらして酢の物にするような場合はまた別の観点が必要かも。
子どもは見てる、というほうの話としては、見てれば米をとぐとき洗剤は入れないんだとか、スパゲティをお湯から上げたら水に入れないんだとか、そういう「常識」を持ってもらうことができるので、将来息子さんたちが一人暮らしするときに役立つのはもちろん、結婚後も嫁さんがいないと何もできない情けない男にならなくて済みます!
# てか、その嫁候補が最近そうなってるようなんだが…

見てるのか!

自分は台所から「邪魔! 」といわれて追い払われたんでそのあたりの認識がなかったんですな。
なんつんですか、小さいマンションのI字型キッチンで人一人入れるだけの狭い小路だったもんで仕方ないんですわ。
その点うちのちびっこはしやわせだ。キッチンダイニングに配膳台になるカウンターがアイランド的に配置されてて覗き放題。料理にも興味を持ってくれた。よかったねー。
しかし手作りマヨネーズは吉田戦車の斉藤さんを待つまでもなく究極のドリームです。自分も一度作ったことがありますか気張って白ワインビネガーを使ったせいかなんなのか想定外の味になり泣く泣く打ち捨てたことがございます。しかしそれが日常のおうちもあるのだなぁ。今度のお休みには子どもと一緒に手作りマヨネーズを作ってみることにいたしましょう。
あと、でかい玉ねぎはおいしくないのか! ってでかいってどのくらいだろう。なんて思ったネコタでした。

では
ネコタ斑猫 拝

子どもは見てますよね

私も母に料理をいろいろ手伝わされましたが、一番覚えているのはマヨネーズを作ることかな。最初に卵だの酢だの確かに入れるんだが、あとはもうひたすら油を入れては泡立て器でシャカシャカシャカシャカ…。だもんでマヨネーズの主成分はサラダ油だとよく知ってました。
その後外ではじめてキューピーマヨネーズとか口にしたときの驚き!なんじゃこのスッぱいのは!
うちのマヨネーズはスッぱい味ではありませんでした。
酢を入れるからおっぱいだけ、ちゃうスッぱいだけで。
大根おろしなんか当然「はいこれやって」。やり方で甘かったり辛かったりすることがわかります。
実家で私自身が料理することはあまりありませんでしたが、一人暮らしでも当然自炊するもんだろと思っていました。
いまでも料理番組はよく見ています。なるほどプロだなと思うこともあり、そりゃ違うだろと思うこともあり。
でかいタマネギはどうもおいしくないなとうすうす思っていたらテレビでも同じこと言っててうんうんと思ったり。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック