ついった再開しました

ハンドルネームは斑猫です フォローしてやってください
スポンサーサイト

【特別付録】VECTOR BALLの米炊おかか君が不美人を笑う理由【VECTOR  BALL不美人図鑑】

まんをじして。
この表現がぴったりですね。
まんをじして。
連載開始された雷句先生のVECTOR BALL。
相変わらずけったいです。

まず、主人公の名前。

米炊おかか。

実に美味しそうですね。
まるで錦松梅をふりかけた炊き立てご飯です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

錦松梅 有田焼容器入 SW
価格:4860円(税込、送料別) (2016/10/22時点)




ちなみにおかか君はこんな登場の仕方をします。

vectorball01.jpg

vectorball02.jpg

vectorball03.jpg

何が起こっているのかわかりませんか。
はい、私も説明しきる自信がございません。

さて、その米炊君には結構な悪癖がございます。

vectorball06.jpg

不美人眺め。

この性癖には、米炊君が最難題とされる球状のVECTOR BALLを解いた米炊君特有の能力がかかわっていると思われるのですが、ま、それはそれとして、まずは米炊君不美人コレクションの紹介に参りましょう。

【コレクション1、2 肉まん女とあんまん女】
vectorball14.jpg

vectorball15.jpg

なお、学園全体が不穏な雰囲気であることを憂えている米炊君がこれらダブル巨乳不美人の頓着のなさを見て内語したのが、ネットで話題になった

vectorball18.jpg

です。

「校内で人が行方不明になっとるやんでー! 原因わからんのやでー! 」

という中でこんな風に楽しそうにされたら先の発言も出てくるでしょう。ネタ画像っぽいですが、彼がこの発言この表情に至るには非常にまっとうな理由がございますので誤解なさらぬよう。

【コレクション4,5,6 ムダ毛シスターズ】

vectorball08.jpg

vectorball09.jpg

vectorball10.jpg

通常の記事なら幅400ピクセルの画像がデフォルトでかつなんの疑念も持たないのですが
これあかんやつですね。
自分で上げておきながら画像に負けそうです。
とりあえずムダ毛は処理した方がいいとつくづくおもいました 。

どうしてこんなありさまなのかはよくわかりませんが、一巻のおまけまんがで今後がダダ漏れになっていました。

vectorball19.jpg

vectorball20.jpg

vectorball21.jpg

まさかの作者の不美人縛り宣言!

というわけでさらなるコレクション紹介に邁進いたします。

【コレクション7 恋する乙女不美人】

vectorball11.jpg

憂えても不美人。

【コレクション8 実用的不美人】
vectorball07.jpg

前歯で鉛筆を削ったりリンゴの皮を剝いたりすることで大はしゃぎできる不美人。

さて、これほどの不美人パレードを見てしまうと、本作女性キャラは全て不美人疑惑が出てまいります。
しかしながら雷句先生、
「しばらく」
の伏線をきちんと回収なされました。

その回収がこれです。

vectorball17.jpg

えろい! ちょうかわいい!

えー、
これまでの作品の女性キャラに見られた熱いけどぎこちないふるまいに引き比べてこの子のふるまいは生々しいので、この子は絶対雷句先生の嫁がモデルだと下種の勘繰りいたします。

おめでとうございます!

さて、ここまで引っ張ってきたんだから、米炊おかか君が不美人を見ちゃうと笑っちゃう原因を邪推します。

【ここからはさらにはげしいネタバレ注意、これ読む前に原作を見よ】

続きを読む

最近のウェブ広告が空気を読みすぎてキモイ件について。

黒執事のキャストドールが出るというニュース見てDOLKのページに飛んだらよくいく2ちゃんまとめサイトの広告が人形だらけになった。
別の日に彌刹ってのが好みだったから見たら美少年だらけになった。
さらに別の日にドール用のパンツ見たらパンツだらけになった。
今もまとめサイトの広告はパンツだらけだ。

最近のウェブ広告、空気読みすぎててキモイ。

(聞こえますか…謎肉祭りに参加する人々よ…私は今…あなたがたの心に…直接…呼びかけています…

謎肉祭りに…挑むときは…必ず…スプーンを…用意してください…さもなくば…謎肉を箸で摘まむ作業に…いつか疲れ果て何もかも投げ出してしまいたくなるてしまうでしょう…そうならないためにも…スプーンを……あとは…途中で味を変えることのできる…そう…ごま油や…梅干を…用意しておくのです…単調な味のスープには…じき飽きてしまい…それでも食べ進んでいるうちに…いつしかそれは苦行となり果ててしまいます…そのような悲劇を避けるためにも…好みに合いそうなちょい足しを…用意しておくのです…)

翻訳:
謎肉ヌードルは謎肉しか入ってないから食べながら謎肉をひたすら拾ってゆくのだが結構数がある上に味が濃く「謎肉を食べてるのに謎肉を放棄したい! 」という厄介な衝動にかられる。更に、レギュラーメニューとほぼほぼ同じスープでいつもより多い麺を食べるってのにも飽きがくる。カップラーメン食べてて紫蘇の実の醤油漬けがほしくなったのは初めてだ。


いいまつがいパレード

呑み屋の常連さんがえらい虫に刺されておった。
夕方草むしりをしたところ、こんなありさまに、という。
患部に触れたら熱を持っている。
マスターに虫刺されの薬を所望、塗布したら少し楽になったとのこと。
それでもなお掻こうとするので
「だめですよ! 掻いたら脂肪細胞からヒスタミンが…! 」
「すいません脂肪細胞いっぱいでー(泣)」
いいまつがいに気付き愕然とするネコタ。失笑する周囲。
慌てて取り繕おうと瞬間、言葉、重ねて。
「違うんです! 脂肪細胞じゃなくて肥満細胞というのが免疫細胞にあってですね! それが掻くなどの物理的な刺激を受けるとヒスタミンという炎症を起こす物質を分泌するのでですね! 」
「すいません肥満細胞もいっぱいあるんですー(泣)」←聞いてない。

いいまつがいこわいよいいまつがい。

君知るや乾しいたけ貴婦人

あなたは乾しいたけ貴婦人をご存じだろうか。

hosisiitakekihujinn.jpg

時にりりしく

hosisiitakekihujinn02.jpg

ときにセクシーに
hosisiitakekihujinn03.jpg

体を張って
hosisiitakekihujinn04.jpg

いっそ自らを供しつつ
hosisiitakekihujinn5.jpg

乾しいたけの美味しさ教えてくれる素晴らしいキャラクター、それが乾しいたけ貴婦人である。


私は、この美しいご婦人が大好きだ…。

ところでしいたけのキャラクターといえば
伝染るんです。のこいつかと思っていたのだが
uturundesusiitake.jpg
「しいたけ」は生だからな! 生だからな!
乾しいたけの良さは伝えきれないよな!

というわけで、しいたけが乾しいたけ貴婦人とデートなどして楽しんでくれるといいなぁと思ったのであったのであった。

にしても、乾しいたけ貴婦人がらみの広報は、パンフといいサイトといい、何だか知らんがものすごくセンスがいい。
ぜひ一度訪ねてみていただきたい。

乾しいたけ貴婦人の部屋

日比谷公園きのこ図鑑

アルバム作ったのでご覧あそばせ
お嫌いでなければよいのですが。
これからバリバリ増やしますぜ!

tabunnhitoyotake.jpg

※こんな子がいっぱいいます。これはおそらくヒトヨタケ。次の日行ったら見当たらず一家蒸発を体感しました。
オリンパスペンライトのパカパカモニタはきのこ撮影に最適です。小さいきのこを撮影するために這いつくばらずにすむので。
基本装備の近中距離レンズでこれだけ撮れたえらいこです。


全て550円でいただける虎ノ門は升本のうますぎ警報な単品刺身をご紹介してくれるわ!

全て550円也、というのが、老舗のみの持つ、俄かには到底たどりつけない凄みのようなものを覚えさせる。
※ここにあげた刺身の価格が550円だというだけで、ちょっと安いものや高いもの、セットなどいろいろございますのでご留意ください。

sirauo.jpg
美しすぎる白魚。これがまた淡麗ながら舌に絡みつくようなもったりとしたうまみあまみがタマランチ会長! な逸品。
ものがメダカなみに小さいのでしみじみ長く楽しめてお得だ。
ポン酢と紅葉卸でいただく。

katuohalfandhalf.jpg
かつおさしとたたきのハーフアンドハーフ。
「えー、たたきも刺身も食べたぁい」という「少しずつおいしいものを食べたい」女子に応じたような小憎らしい気の効きようとこのかつおの厚みを見よ!
おっさん対応でこのメニューができたとしたらむしろ萌えますね。
鮮度キトキトなのでうまくないわけがないのだが、さしみはうまみまさりよろしく、たたきは香りが加わりよろしかった。
ああ、語彙の乏しいのん兵衛はこれほどしか言えないのである。

taiaburi.jpg
バカヤロウコノヤロウ! な鯛のあぶり。
あんま数出てこないかなとか思ってびくびく注文したらいつもと同じ厚切り6切れでワロタ。
鯛なのにこんなに出しちゃってどうすんだよ! 分厚すぎるんだよ! しかももみじおろしとポン酢かよ!
あああああ! もみじおろしを刺身にチョンと載せて平らかに箸で挟んでどっぷり下半身をポン酢につけて平らかなまま口の中に差し入れてしみじみしみじみしみじみしみじみ咀嚼するこの鯛ウンマァァァァイ! 口に入れるとまずは上質ポン酢のご挨拶、それを受けながら一噛みするごとに香ばしさと上質の白身のうまみが立ち上がりずっとずっと噛んでいたくなる衝動にかられるッッッ! 鯛だから歯ごたえは十分だッッッ! また紅葉おろしとポン酢という合わせがすばらしい! ポン酢のみだと物足りない、醤油のみだと普通の鯛、そこにもみじおろしを誂えるとうまみと酸味と鹹味と複雑なる辛味が合わさり複合的に舌を喜ばせすぎィぃぃ!
カツオみたいにハーフアンドハーフ出してほしい案件である。

sannma.jpg
さんまですよ! さんま! よそでいただいたことがないんでわからないんですが、三枚にしたのをさらに縦半分にしそれを食べやすいように切った結果長方形の美しい刺身になりはてた秋刀魚ですよ!
秋刀魚の頭がアピールしてくる「私がつくりました」ならぬ「私が刺身になりました」感もたまらんですね!
いや…なんかごめん。

aoyaki.jpg
青柳刺身。
あまーい。うまーい。はごたえしゃきしゃき。え、なんか部位によって味ちがうなー。右のほう甘味つよーい。左のほううまみつよーい。
そんな感じでした。

【アピールしすぎたい番外】
ikanosiokara.jpg
すいません、最近私このいかの塩辛が好きすぎて腎臓やられてもいいと思ってます。
これがね。
ンまいんですよ。
まず、たったの280円でこの量というところに驚いてください。
でね。
酒やります。
でね。
しおからひときれ。
口に入れると。
しこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこ
となるんですよ。
※ しこしこというのは噛みごこち、さくというのは常に出くわすべき烏賊天性の繊維質を表現しております。
で、
もう酒のあてとしては完璧なもんだから、その途方もない肝のうまみがなくなるまでは
しこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこ
とやり続けるわけですが、さすがにいかの塩辛軍といえども一兵卒のみではそのうち
もう肉ないです…(弱弱しいしこ)…ごめんなさい…(さらに弱弱しいしこ)
かーらーのー
あ。
という感じで
うまみもそっけもなくてかたくてそれゆえにたぶんスルメイカ君の人生を守ってくれていた皮に巡り合うことになります。
ここまで来たらさすがに飲み下して次の塩辛に参りましょう。
そしてまた
しこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこ
ですよ。
こんな上質が280円。
店で仕込んでおられるのに(お店の人に確認しました)。

なお、ここんちは虎の御門という日本酒が一合300円から飲める魔窟です。
さぁ、みんな魔窟にレッツラゴー!

日本の食を司る農林水産省の職員食堂咲くらでイワシクジラを頂いて参りました。

iwasikujira1.jpg

イワシクジラのステーキというが、これはたたきであろう。
何しろ肉をめくるとじんわりと血がにじんでいるのである。
イワシクジラ。聞かない名前だ。ぼうずこんにゃくさんにお伺いを立てたところ
「鰯ばっか食べてる」
「ミンククジラよりうまくて高級」
という貴重な情報を得た。

農水公式サイトの写真と実際に頂いたイワシクジラの写真をしみじみ比べたところ、筋のない赤肉らしいことが判明した。
ミートテンダラー使ってるんじゃないかと疑いたくなるほどの柔らかさは、純粋に肉質の良さに因るものだったのだ。
このステーキなイワシクジラさんのたたきがなんと五枚もがつがつと乗っかっている。
下には雑に切ったタマネギとブナシメジ、椎茸などのキノコ類を蒸して軽く味付けしたものが敷いてある。
イワシクジラさんの上にはごま油と醤油ベースのたれ、小口切りの万能葱、すり下ろし生姜が載せてある。
とにかくこの肉がやわこくてしみじみとうまいのだ。
よほどの牛肉でないと勝てないだろう何とも言えない甘味、そして臭みのなさ。
付け合わせは繊切りキャベツにいい塩梅のポテトサラダ。
味噌汁は板麩とわかめ。

これが1,000円である。

食べただけで「鯨食文化はなくしたらあかんな、うんうん」と確信させる手腕と、これをたった1,000円で供してしまう矜持。
さすがは日本の食をつかさどる農水であるなと恐れ入った次第である。

なお、職員食堂ではあるが、一般開放されているので霞が関虎ノ門にお越しの際はぜひお立ち寄りを。

ちょっとシステムがわかりづらいんで蛇足的付記。

入った途端目につくのは奥のお惣菜取り放題のカフェテリアコーナーだが、鯨ステーキ含む定食類はその手前の目立たないカウンターでオーダーするようになっている。
「入ってすぐの右手のカウンター」
と覚えていただきたい。
そこでトレーと箸を準備して粛々と待っておると、お姉さんが、鯨ステーキと付け合わせを奥の厨房に頼み、ご飯を食堂中央にあるレジ近くの炊飯器からよそい、さらにカフェテリアの奥にある味噌汁コーナーから味噌汁を汲んで持ってくるという非常に非効率的なオペレーションが展開されるが、温かく見守るがよろしい。
レジは食堂の手前中央に用意されており、これまた混雑時の動線が心配されるが、1時以降に行くとからんからんである。
その時間になるとカフェテリアのお惣菜は冷めきっている上に種類も少なくなってはいるが、何、鯨ステーキ目当ての犯行であれば問題ない。
醤油とソースはテーブルにあるが、ドレッシングはカウンターにしか用意されていないので、定食の付け合わせによってはカウンターでドレッシングを使っておくといいだろう。
飲み物はテーブルに清々しい冷水と温かいほうじ茶が用意されている。
ちょっと閉口したのがものすごくヴォリュームの大きい(そして妙に音質のいい)歌謡曲がずっと流れていることで、私が参じた折は何だか知らんが彼のことが好きだということをひたすらに連呼する歌詞としてはかなり痴呆的な内容(しかし歌唱力は素晴らしく高い)、しかも職員さんが皆はきはきと働きすぎていて食器のぶつかる音やら互いへの声掛けが最近のJRの車内放送なみに喧しかったが、そんなこと、鯨ステーキの旨さの前には大した問題ではないのである。

オジギビトのダンディズム

ojigibitodandy.jpg




駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック