スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなこともあろうかと!

一昨日、押し花を嗜んでいる同僚と国会前庭洋式庭園に桜を観に行った。

満開なのは楊貴妃と陽光とくらいのところ、
同僚は、花に存分に見惚れた後に、その根元に愛らしい小ぶりの花びらが絨毯のように広がっているのを見て、
「まぁ綺麗」と楽しそうに言って花びらを拾い始めた。

(そういえばたまに花びらが萼に着いたまま落ちていることがある)

思い返して眺めまわすと、あった。
か細い花柄のままのまだ瑞々しい桜の花。
「こんな綺麗な状態のものがありましたよ」と差し出すと
「あら、あら嬉しい」と今度は花を探し始めた。
しかし地に落ちたばかりの花はひどく繊細で、
手のひらに抱いて持ち帰ると温もって萎れてしまうことは、
他でもない私がよく知っていた。

「こんなこともあろうかと! 」

私はポケットからそれを差し出した。

iPod touch出荷時の美しすぎるケース。

「これを用意してきました! 押し花の好きなあなたは屹度花を拾いたくなるだろうと思って! 」

同僚は輝く様な表情になって言った。

「まぁ、なんて気が利くの! 」

それから私は同僚と一緒に花を拾って歩いた。
まるで落穂拾いのように。
花柄のままの桜は思いのほか落ちていて、
手のひらほどのiPod touchのケースはたちまちとりどりの桜で一杯になった。

「ああ、私桜の写真を撮りたいわ。
今度は一眼レフを持ってくるから、ネコタさん、付き合ってくださる? 」

「勿論、ご一緒しましょう」





帰り路、桜の花びらの名残に誘われて
「くずの花の踏みしだかれて色あたらし この山道を行きし人あり という歌がありましたねぇ。ご存知ですか? 」
そんな謎かけをした。
「私その歌知らないわ」
「そうですか」
「誰の歌? 」
「誰でしたかねぇ、旅ばかりしている人だったと思うのですが」
「旅ばかり…一茶? 」
「いやそれは違うでしょう。一茶は俳句ですから。これは五七五七七ですから歌ですよ。
……芭蕉ですかね? 」
「ああ、なんだ、松尾芭蕉かぁ…」

こんな会話を流しながら、私は、彼女に小さな嘘を吐いたことを柔らかく認識していた。

iPod touchのケースは、ほんとうのところ、最近ご尊父を喪くした美しいひとのために、花を持って帰ろうと思って用意したものだった。

でも、押し花を趣味としている同僚が花の傷みに落胆することを思うと、いたたまれなくなって、つい差し出してしまったのだ。

そんなわけで、私は、美しいひとのための野の花と桜とを、痛まないように、茎の末だけを摘まんで隠すように持って帰った。

慰みの花束を作るために。





んでもって。





くずの花のよみ手はふんどしマン(釈迢空)だったことを検索で知る。
そも芭蕉も一茶も俳人ではないか。





かにかくに記憶は粗雑と恥じ入りつ、
同僚に心ばかりに詫び所存。
スポンサーサイト

真珠のように。

真珠のように可愛いひとが
親を喪くして泣いていたので
桜の下で花を摘み
伏せった横にそと置いた

白タンポポに
ノハラムラサキ
オランダミミナグサ
それから萼に着いたまま
風に吹かれて落ちていた
八重の楊貴妃
一重の陽光

小さな束を拵えた
真白き真珠の慰みに





すぐばれた。

チョウバエと戦うあなたに送る、ぼくがかんがえたさいきょうのチョウバエを駆除するほうほう(マンションユニットバス向け)

来年の私のために書き置くことにする。

チョウバエ初期
用意するもの:パイプクリーナー
排水溝を掃除した後バスタブの周りに丁寧にパイプクリーナーを回し掛ける
バスタブの排水口と風呂場の排水口にもパイプクリーナーを流し込む
パイプクリーナーの使用方法に従い30分~1時間後に十分な水を流し詰まりを防ぐ
成虫は見つけ次第風呂場用泡状漂白剤を噴射してやると風呂場のカビもとれていいゾ!

チョウバエ中期
用意するもの:パイプクリーナーと折れない心
初期手順を三日置きに繰り返す
もちろん成虫は(以下略

チョウバエ末期
用意するもの:パイプクリーナーと風呂場用防カビ燻煙剤とざんぎゃくなこころ
上記手順を行った後、風呂場用の防カビ燻煙剤をセット、風呂場の扉を閉め一晩放置
(初手からこれをやるとパイプクリーナーによって溶け出した汚れによりパイプが詰まる恐れがあるので注意)

チョウバエは桜前線とともにやってくる。
少数のうちに駆除するのが最適解なのだろうが、
数匹を発見した時にはもう卵を産み付けられており割と手遅れである。
何しろ奴らは二週間で成虫になるのだ。敵うわけがない。
運が良ければ初期から中期の対応で間に合うが、パイプクリーナー二本目あたりに突入しても風呂場の隅に奴らが留まっているのを見るとノイローゼになりそうだ。あぶねぇ。

そこで毒ガス攻撃ですよ!
ざんぎゃくなこころをもって臨むのですよ!
赤子幼児(幼虫)や中学生(蛹)は強アルカリ以て腐食融解、
大人(成虫)は漏れなく毒ガス攻撃ですよ!
ヒャッハー鏖ィィィィィ!


というわけで、検索でここにたどり着いた皆さん、
奴らは必ず駆逐できます。
頑張りましょう。

もちろん上記を試してだめだったらプロの手を借りることを忘れないでね☆

なお、風呂場用防カビ燻煙剤は駆虫の効果なぞ全く謳っておりません。あくまでネコタのざんぎゃくなこころの生みだした思い付きの利用方法であり、事実として駆虫はできたけれどもそれがパイプクリーナー風呂場用防カビ燻煙剤いずれの効果によるものであるかは不明瞭です。
確実に言えるのは
防カビ燻煙剤すごい! マジで風呂がピカピカになったよ! カビの気配も見えないよ!
ということだけです。

以上、ぼくがかんがえたさいきょうのチョウバエの駆除方法でした。

とんかつを切り分けるときに使えるちょっとしたコツを発見した

疲れすぎててボーっとしててフォークとナイフじゃなくて
スプーンとナイフ
でとんかつ切り分けてたんだけど、フォークだと刺さったのいちいち抜かなきゃいけないところ、スプーンだとその工程が必要ないから地味に楽だった件について。

[だんどりさん]ポークソテーと春キャベツのパスタ

ポークソテーは筋切りをしてから塩麹を丁寧にまぶしておく
春キャベツざく切り、ホンシメジは石突きをとってばらし、人参は繊切り、テフロンのウォックパンに入れて蓋をしてごく弱火で蒸らしておく
パスタ用のお湯を沸かす
ポークソテーのこげのもとになる米麹を蒸し野菜になすり付けるようにしてこそぎ落とす
ポークソテーを焼く 油は敷かぬ 様子見ながら裏返したり脂身部分を側面に押し付けて香ばしさを出すのも一興
ウォックパンには塩、クレイジーソルトと一つかみのピザ用チーズ、小麦粉をぱらぱらとふりかけ、ごく少量の牛乳を入れて軽く混ぜてチーズソースを作る 味見推奨
ぐつぐつの鍋にパスタ投入 このころポークソテーが焦げの手前になっているので、一旦火を止めて蓋をしたフライパンで肉汁を落ち着かせる
パスタがゆであがったらウォックパンに投入、ざっと絡めてパスタボウルに盛る
ポークソテーを取り出しレクタングルの皿に乗せ、残り物のポテトサラダを添える

イジョー なんかシェフの気まぐれっぽいが肉がっつりの突撃我が家の晩御飯ができましたぁぁン!

ちな子どもはポークソテー二枚食べてた お母さんが月経で食えんから食べてくれてよかったよ!

フハハハーッ! とうとう究極の京菜のレシピを発見したぞーッ!

いや、そんな大したモンじゃないんですけど。

京菜 一把
きのこ(今回は舞茸と平茸それぞれ一株ずつ採用)
めんつゆ(京風だしの素うすいろ)
せうゆ
白胡椒
鰹節粉(いつものにんべん鰹節けずり粉を一袋)


よく洗った京菜はざく切り、きのこは小さく手で割いて鍋に入れる。めんつゆを回しかけて蓋をし最初は中火、様子を見て弱火で蒸す。嵩が半分ほどに減ってきたところで醤油、めんつゆ、白胡椒で調味する。葉はしんなり、茎はしゃきしゃきのあたりで火を止め、かつぶしこをだばーっと惜しみなくまぶす。
かつぶしこがくどくどしいほどうまい京菜の煮びたしの完成だ!
この料理のポイントは水を入れないという点だ!
ご本人様からだばだば水分が出るから水を入れるとびたびたになってしまうゾ!
簡単うまい京菜のレシピ、みんなもやってみてくれよな!

どうしよう…。

子どもが六日前にバイト先の蕎麦屋からもらってきた揚げ玉、使わないうちに古くなっちゃったから捨てたら子どもに超切れられた…。
今日(※テスト最終日だが前日にバイトいれてなんやかんやでサボって休み)のお昼にうどんに入れて食べようと思ったらしい…。
ごめん、使わないうちに捨てちゃって…。
大切なものだったんだね…。
でも6日も経ってるからよくないんだよ…。

んで今仕事から帰ってきたけど子ども口きいてくんない…。
電話でも帰ってきてからも謝ったんだけど…。
どうしよう…。
なんで自分昨日から今日にかけてこんな目にあってるの…。

クソガキその後

「クソガキ」(この記事の前段)はこちら

さっぱり勉強してないから次の日自分が起きる5時15分に一緒に起こしたら「赤点取ると思うから追試受けるために今日は休むから電話して」だと。あきれてものもいえんわ。「お母さんはそんなウソに加担したくない! 大体赤点ってなんだ! 」って言ったら「お母さんだって保健体育とか直前にやらないとできないでしょ? 」といわれて「授業聞いとったら保健体育ぐらいできるわ! 」としかりつけてしまった。特に部活に打ち込むでもなく家ではテレビと動画とスマホゲームだけ、せめて授業くらい真面目に受けてるかと思ったらこの始末だよ! んで「適当に電話しといて」っていうから「適当ってなんだ! そのくらい考えろ! お母さんはそんなことに脳みそのリソース使いたくないわ! 」つったら「朝だから頭働かない」だと! 「お前はいつ頭を働かせてるんだ! とにかく病状言わないと電話しねーからな! 」「じゃあ吐き気と頭痛と咳」「オンパレードかよ! 」
結局頭痛と咳で電話した。
疲れた。

クソガキ。

高校一年最後の成績がつく試験の前日にバイト入れて9時半に帰ってきてテレビ見ながらご飯食べてそのあとうとうとしてるから心配になって寝起き悪いしがんばって起きるよう促したら「頭働かない、お母さん何時まで起きてる? 」っていわれて今日は1時には寝たかったけどしゃーないから1時半って答えたら予想通りその時間に起こしてっていわれたんで諦めて1時半まで勉強して起こしに行ったらやっぱり起きなくて最初はバイト断らなくてえらかったけどそれはバイトのあと勉強で切るって思ったからだろ、がんばろうよ、とか言ってたけど本気で起きないからさすがに腹が立ってお前は自分の人生よりバイト先の蕎麦屋を大切にするのか! って怒鳴ったら「うるっせーんだよ出てけババァ殺すぞ」って言われて「そのまま起きて勉強しなさい」といったがやはり勉強する様子がなかったのでほっぽらかってきた。なんという徒労! なぜ神はこのような阿呆みたいな試練を与えるのか。どうせ与えるならスキルアップするような試練をくれ。

お母さんのじんせいはたいせつにしなくていいから、じぶんのじんせいをたいせつにしてください。マジでー。マージーでー。

クソガキその後

おかゆライス!

駅の階段上がってたら後ろから
「おこめとごはんを6:4で食べたいんですよ」
というセリフが聞こえてきてびっくりして振り向いたら若いにーちゃんが女の子に向かって丁寧に
「おかずとごはんを6:4で食べたいんですよ」
といい直してた。

おかゆライス!

写真と光画

photographがなぜ光画と直訳されなかったのか、という疑問を持ったのが始まりだった。
いや、そうじゃない。
究極超人あーるが所属していた写真部の名称が「光画部」であったところから、疑念は既に浅く胸中にあったのだ。
そうして、ずいぶん昔のサライで、最後の将軍様のものされた「光画」を知ってから、いよいよ
(光を捕まえただけのものを「写真」と訳したのは一体誰だ? )
という疑念が強くなった。
そんなわけで、実に安易にWkipediaで確認させていただだいたところ(Wikipediaが辞書として頼りにならないと言っているのではなく、本来なら図書館で文献に当たらねばならないところ検索で済ませる自分の態度が安易だと言っているので悪しからず)を要約すると、photographのもともとの出自は絵描きが遠近法での絵画制作のために使っていたカメラ・オブスキュラにあり、その光と影を固定するための薬品を塗布した紙が発明されたのがphotograph、つまるところ「光画」の始まり、ところがその「光画」、見たままの光景を固定することが可能なものだから自然科学者、警察、軍隊なぞもこぞって利用、そこから「光景の記録」としての「写真」が始まった模様。ただしこちらの「写真」にあたる言葉は英語には見当たらず、もとはどうも中国語であるらしい。今度はWikipediaの「日本写真史」の項に戻ると、「1860年の始め、もともと中国で写真館を経営していたオリン・フリーマンが横浜で日本最初の写真館を開いた。」とある。つまるところ同じ漢字圏である日本だから中国語をそのまま流用して構わんだろうと思ったわけだ。しかしながら外国語翻案の神様福沢諭吉先生がもし「photograph」を知って居たら、写真ではなく光画を採用しておられたのではないか、結果人口にも膾炙していたのではないかと思うと、いささか残念な気もする。
何しろ自分は一元的な馬鹿だから、写真というのは報道写真に準ずる「真実を写す」ものであり、マン・レイなどの芸術写真は知っていたものの、レイアウトと光に大いに作為を加えた「光景の記録」であるには変わらないと思っていたのである。
しかし、此度知人に、編集責任「写真 技法と表現」」という書を借る機会を得、その中に掲載されていたオノデラユキという方の作品を見て、衝撃を受けた。
そこにあったのは、「光景の記録」ですらなかった。
私が長く求めてきた真の「光画」が、そこにあったのだ。
"transvest"。
それが作品のタイトルだった。ひどくスタイルよく未来的な格好をした、なんというか、AKIRAに出てきそうな青年が、発光しながら空中に僅かに浮遊している。
一体どうやってとったのだろう、いまだに「光景の記録」に呪縛されていた私はまたも安易にネットを彷徨った。
ガラスに乗せて、光を工夫して…などと考えていたら頭骨が外れて脳みそが斜め上にはみ出すような気分を味わった。
あれは現実のモデルですらなく、雑誌写真を切り取ったものを用いて作られたものだった、と。
さらにそのモデルの体には街並みが映されていて…などというと、もういけない。
これはカメラ・オブスキュラの系譜を継ぐ「光画」ではなく、さりとて光景の記録としての「写真」ですらない。
それらすべての呪縛を抜けて、光と、影と、印画紙を用いて全く新しく構築された「光画」としかいいようのないものだったのである。

光画は写真になり、そして再び光画になった。
この美しい系譜を知ることができて私は実に幸せだ。

というわけで、これを読んで下すったあなた、ぜひオノデラユキさんのサイトを訪ねていただきたい。
素晴らしい「光画」がそこにあるから。

よんのさまへ銀杏の件

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます。
大変申し訳ないのですが、私が購入したのは殻剥き銀杏です。
ええ、のっけからチートです。
秘策があるかと誤認させてしまったら申し訳ございません。

なお、件の記事を書いたあと、飲みながら「あとちょっとあとちょっと」と炒めてマジでやばい量食べちゃったらしく、次の日腹痛と下痢で大変なことになりました。
指先がしびれてきたときはマジで死ぬかと思いました。
ほんとうにありがとうございました。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。