[赤坂]あの素晴らしい味をもう一度 しろたえのチーズケーキ、たけくまの担々麺

あれも食いたい。これも食いたい。赤坂での私はまるで東海林君のようだった。週に一度の外食ランチのために、平素は手弁当を15分で食らいその後はひたすら散策、新店を見ればメニューをipod touchで撮影し予約可かどうかを尋ねショップカードを頂く。オペレーションがこなれた頃を見計らって食べログを参照、良さげであれば訪ねる。感想は個人的なエクセルにまとめ、食に強い関心があると見受けられた方、またほかの人から聞いて頒布を求めた方と共有する。ただしその際は先方の認める良い店をお知らせいただくのが条件。

たった二つであった。

これだけデータを積み上げて、これだけ手広く蒐集して、会社の移転を目前にした私がどうしてももう一度食べたいと思ったのはたった二つの料理だった。

一、しろたえのレアチーズケーキ
二、たけくまの担々麺

一、しろたえのレアチーズケーキ

しろたえのレアチーズケーキは兎角官能的である。
レアチーズケーキでありながら純白なのは生クリームを周りに塗っているからである。
クリームチーズは重たくなく軽い。軽いにも関わらず緻密で濃厚である。水切りせず空気を含ませ混ぜているからだという。底のビスケットも実直でよろしい。一切れずつ買えばそれぞれに美しい緑のピスタチオが乗っているのだが、最近一粒ではなく三分の一が乗っているように思われてものさびしい。にしたってホールで買えば一つぎりしかピスタチオが乗っていないところ、一切れずつであればそれぞれにピスタチオが乗って居る所は割得だ。
丹念にフォークを入れ、底のビスケットがはがれないよう気を付けながら口に含むと、まずそのなめらかが口腔を和ませる。舌と上顎で圧をかければさしたる抵抗もなくほどけてゆく、しかしながら何の抵抗もないわけではない、非常に濃密なクリームチーズの旨み持ちながらなおなすがまま、その矛盾が美しい。

美味を考える。

化学的な美味はわかりやすい。甘いの酸いのの話は数値化できるからだ。だが、舌触りなどの物理的な美味はあまり語られていないように思われる。しろたえのレアチーズケーキがことほどさように官能的であるのは、その絶妙な甘味、クリームチーズの滋味に加え、水切りせずに空気を含ませているが故の滑らかさにあるのだろう。

世界中に誇りたい銘品である。

二、たけくまの担々麺

12時7分にいったら20人待ちであった。
しかしながら「これだけ待ったんだから私たちも十分居座っていいわよねー」という謎の信条をお持ち系列の厚顔女子を敏腕店員さんが次々と追い出した結果21分には席につくことができた。
赤坂はラーメン不毛の地である。
一方で担々麺は有毛の地である。
ちょっと脳みそを巡回しただけでも、うずまき、希須林、頤和園と、うまいものを提供してくれる店に行きあたる。

が。

最終的に「もう一度食べたい」となったのは、たけくまであった。

たけくまのスープは、何しろごゆい。

自分のエクセルには
「ごまのポタージュスープやぁー! 」
とある。

それほどなのだ。

麺は出しゃばらず、とりたてていうほどのことはない。
辛みは担々麺成り。
何よりそれより、ごまなのだ。
ごま。
ごまのスープ。
誰もがなじんだすりごまを、これほど滑らかに仕立てるとはだれが想像したろうか。
舌全体を包み込むその官能に欣喜雀躍するのである。

ひき肉が
「最初の段ですくっておかなければ底に沈んで取り返しがつかなくなる!」
と危惧させるところもなおよろし。

そして杏仁豆腐。
もはや戦犯である。

多めにとって口に含むと、舌が感応するんですな。
舌がこうありますでしょ、そのよこのちょっと薄いひらっとしたとこ。
そこが全力で気持ちいいっていいやがる。
こんなことは最前なかったから困惑した。

これだけ赤坂で飲食店を周りながら、この二つしか記憶に残らなかったことに驚愕した。
しかしながらこの二つは、他所と引き比べて一位を目指したわけでなく、ただ、独自を追求した結果の美味に思われる。

記録より記憶に残る店。

頻々と口にされるが、もし赤坂において私が問われれば、この二つと言ってためらうことはないだろう。
スポンサーサイト

殻剥き皮つき銀杏のシンプルでスペシャルにうまい調理方法

殻剥き皮つき銀杏が売っておる。
これを
癖のない油(サラダ油とか紅花油とか、まぁオリーブゴマを外す系統で)を敷いたフライパンで
ちょっといじめ加減に炒めて
仕上げに良い筋の塩をかけて
何回かあおっただけで
やみつき酒のつまみが完成して怖い。
皮はぱりぱりになって全く気にならないところがまた怖い。
致死量いっちまいそうなくらいに手軽く食えるところで、さぁてそろそろお酒が怖い。

女性のいう「優しくなーい」の定義がわかった。

自分の思い通りに動いてくれない相手は優しくない。

赤坂のインド料理屋「玉響」が相変わらずおかしい件について(褒めてる)

tamayura.jpg

なんだよライスは6キロまでって…中の人はどれだけ食わせたいんだよ…。

以前の玉響記事

おとことおんなはわからねえ

「好きな人ができたの、だからわかれましょ」

こういうセリフをよく聞くのであるが
前提条件として彼女は誰かとお付き合いをなさっておられたわけである。
で、そこを見切って別れる宣言をなすったわけである。
不可解なのは、
「好きな人」がいる状態で、
別に好きな人を「発見」し、
その新しい「好きな人」の存在をもともとの「好きな人」には告知しないままに進行させているという点だ。
しっとりとあるいはねっとりと関係性を深めていきながら
唐突にその人は以前好きであった人に対し、最後通告をする。

「好きな人ができたの、だからわかれましょ」

そのあと修羅場は置いといて。

好きな人がいるのなら、その人一筋であるべきなのではないかなぁ。
恋愛のマルチタスクなんて僕には無理だなぁ。

そんなことをつくづく思いました。

こんしゅうのおそうざい

味噌汁
大根人参薄切り白菜ざく切り榎ざく切り油揚げ短冊

副菜
ブロッコリ小分けにして蒸す ハーブソルトと寿司酢とオリーブオイルで和える
白菜とホンシメジ蒸す もやし湯がき合わせごま油と白ごまと醤油と白コショウでナムル風に
白黒こんにゃくに鹿の子入れごま油と醤油で炒め合わせ柚子胡椒風味に
キャベツとホンシメジ蒸してハーブソルトとオリーブオイルと寿司酢
めかぶぶつ切りと大根と人参とお高野さんの炊き合わせ

主菜
ポークソテー用肉の塩麹とポン酢づけ
鶏もも肉ぶつ切りとほぐしマイタケのオイスター風
ポンドレで焼く豚小間
ポンドレで焼く豚小間
プルコギ

イジョー。

使いきれそうにないドレッシングを焼き肉のたれにかえるほうほうをはっけんしたぞ! しかもうまいぞ!

ドレッシングにポン酢を合わせるというだけの話だ! だがこれがなかなか有用なのだ!

1 肉を用意する 豚バラ薄切り肉、ロース薄切り肉、こま切れ肉などがよい!
2 弁当用にするなら肉は細かく切る そうでないならそのまま!
3 肉に小麦粉をはたく ないならつかいきれなかった天ぷら粉でもよいぞ!
4 テフロン加工のフライパンで肉を焼く タモリ流の生姜焼き同様少し少しピンクがのこっている状態まで火を通そう
5 賞味期限までに使いきれそうにないドレッシングとポン酢を合わせたものをからめる

何だか知らんがおいしいおかずの完成だ!

当方ですでに試したもの
・金のごまハーフ
・シーザーサラダ
・癖になる塩だれ

油気がなさ過ぎてむいてなささそうなもの
・青じそドレッシング

みんなも試してみてくれよな!

生が一番、という話。

横浜そごうで開催中の「日本画の革新者たち展」を観て参った。
ああいうの観ると、あれだな、やっぱ生が一番って思うよな。
今まで版画と印刷物で見てたせいでよさがわかんなかった横山大観、「春秋図」観たら腰が抜けた。
菱田春草の「落葉」の落ち葉の描き分けにも感動した。
写生に等しいもの、描線のない色のみのもの、そのはざまのもの、それぞれが等距離の箇所に描かれている。
遠近を表すためではないのだ。
美しくてたまりませんよ。
辛抱なりませんよ。
岡不崩という人にも初めて出会った。
後に本草学者になったという人なんだが、他にも永井荷風の美術教師だったとか、考現学やってたとか、何これ面白い。
横山操の「川」は、全体黒く沈み陰鬱な中で左手の水面がほんとうに輝いているように見えるのが素晴らしかった。
錯視にも似た煌めきを表現するためだけにあの陰鬱な街並みを描いたのではないかと思う程だ。
星野真吾の「喪中の作品・赤い別離」は、「人拓」という手法、下村良之助の「化石の激翔」は紙粘土に着色、ああ、すごいや、すごい。いろいろな手法があるものだ。
地味目な展示内容だからか、からんからんだったしな!
これが誰かの名を冠した展覧会であったなら、膝をついて描線を舐るように観るなどという悦楽を味わうことはできなかっただろうなぁ。
ああ、楽しい。
人生は楽しいものだ。

悪いことはいわない、受験サプリの有料テキストは自分のレベルに合わせるとかなまっちょろいこといわずにトップレベル選んどけ。スタンダードはトップレベルの簡略版だからな。

検討の結果、我が家では塾には行かず、リクルートが出している「受験サプリ」という学習用スマホアプリで勉強をすることになった。
なぜか。

1. いつも動画ばかり見てるスマホ世代の息子(高校一年生)には、スマホで気軽に見られる動画での授業は親和性が高いと思ったから。
2.ものすごく授業のレベルが高いから。
何しろケイコとマナブでリアルでの学習のノウハウを積み切ったリクルートが、各教科の教壇に立たせるべく選び抜いた教師だもの、わかりにくいわけがない。
特に英語の関センセイはすごい。すごいわかりやすい。暗記暗記の英語を歴史哲学言語学から解題して原理化し応用が効くような教え方をしている。
えー、特に、と言ってますが、英語のほかは生物学しか視聴してません。すいません、でも生物学もすごいわかりやすかったです。でも英語の腑に落ちっぷりがダントツだったんですよ。自分の中では。
3.安いから。
すべての授業動画を好き放題見ることができて1ヶ月980円、一講座あたりのテキスト一年分2,116円。今回テキストが値上げされ一年分2,400となる運びだが、それにしたって塾に比べれば十分安い。ちなみにテキストはPDFで無料で公開しているので自宅プリントも可。でもいろいろ試算したら結局現物購入のほうがコスパがよかった。
4.移動の手間がないから。
時間のない子、勉強がいやというより通うということ自体が面倒くさくなってサボるタイプの子には最適解。
5.集中できるから。
周りに人がいると集中できないというタイプの子にはやっぱり最適解。
6..テキストがノートサイズの書き込みタイプで取り回しやすいから。
今思えばハードカバー表紙とか辞書みたいにやたら分厚いとか、いやがらせみたいな参考書だったよね。開いても開いても閉じるし重いし固いし。いや固いのは関係ないか。
7.聞き逃したら戻れるから。
学校の授業みたいに「あー! 今聞いてなかったわー魂抜けてたわー」っていうとき戻れるのはネット動画ならでは感。
8.好きなペースで進められるから。
何しろ全ての教科すべての学年の授業がすべて用意されているのだ。やりたければどんどん先に進めるし、弱いところだけ集中的にやったっていい。集団指導にはない自由度が大変よろしい。
9.現在の学力にかかわらず、レベルの高い授業を選択できるから。
塾だって人員のリソースは有限だ。優秀な教師は優秀な生徒に振り分けたほうが効率がいい。だから入塾時点で点数を出せなかった子どもはレベルの低いクラスに振り分けられる。だが、もし金をかけた学習塾ですら質の低い教育しか受けられないとしたら、親は一体何に望みをかければいいのか。努力で勝ちあがれという人もいるかもしれない。だがそもそも与えられる教育の質が低いのに、なぜ子どもに高いレベルの成果を求めうるだろう。
受験サプリは違う。現時点で査定しうる学力はさておいていきなりトップレベルを選ぶことも可能だ。現代では選ばれた人間しか受けることのできない高品質且つ濃密な授業を、受験サプリなら好きなだけ視聴できるのだ。
10.学習計画、進捗状況がわかりやすく表示されるから。
ネットならでは感。あといろいろおまけがある。すごいな受験サプリ! 詳細については自分で確認してみてくれよな!

えー、というわけで、
現時点で既にして選ばれし者どものクラスに容易く入れるほどの高いレベルの学力をお持ちで
親に一流の講師を抱えた塾に通わせるだけの財力があり
雨でも雪でもそのような優れたレベルの塾に距離構わずひたすら通う熱意と時間を有している

そんな恵まれた子ども以外は、受験サプリを使えばいいと思うよ!

で、ちょっと使い方アドバイス。
テキストは買っとけ!
やっぱ勉強は手で書いてなんぼ。PDFの電子媒体があるんだから授業みながらノートまとめればいいじゃんと思うかもしれないが、スゲー大変。時間は有限だ、無駄なところにコストを使わず楽できるところは楽をせよ!
テキストはトップレベルの買え!
いやーそんな自分レベルがトップなんておこがましいわーとか言ってる場合じゃない! スタンダード、ハイ、トップすべての高校生の英語の講義をちょこっと視聴したが、やはりトップは濃密。スピード感パネェけどやり切った感がある。んで、それぞれのテキスト見比べて正直驚愕した。
スタンダードレベル、すっかすかやなぁ、間メモみたいな感じなんかなと思ってたけど、
ハイレベルの不必要な部分を削っただけでした。
マジか!

なんていうか、やっぱトップレベルの授業はすごく濃密で、テキストも突っ込んだところ書いてあるんですよ。んで、スタンダードはそのみっちり版から授業で触れないところをマスキングしただけみたいな感じになってる。
うん、そのとき私は、有料で通わせる塾にすら蔓延しているであろう、現代日本の深刻な教育格差を実感しましたね。
学校でできないから、またはあまりレベルの高くない学校に入ってしまったから、学力を底上げしようと思って親は金かけて塾行かせるわけですよ。
でも、入塾時点で点数を出せなければ、やっぱりレベルの低いクラスに入れられてしまう。
そこで与えられるのは、レベルの低い授業、レベルの低いテキスト、学習意欲のない隣席。
よほど意欲のある子どもでなければ、或いは、意欲のある子どもであればあるほど、失望してしまうのではないか。

おっかねぇな日本!

そういう日本の資本主義的にやむをえない格差をですね、受験サプリは打ち壊したわけですよ。

やる気があるけど現時点で点数を出せない子に、質の高い教育を安く提供してくれる。
しかもそれはネット環境があればいつでもどこでもアクセス可能。

いい時代です。

受験サプリ

だがしかし見た

面白いんだけど金魚が死にそう。



リアルで使ってみたい言葉

「ちょこざいな! 」

こればかりは使うシチュエーションが思いつかん。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック