スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな脳味噌のお話 其の弐

自分のような嗜好を持つ人間が外風呂に入ると混浴気分を味わえて大変お得である。

というわけで、先日長野行った折に温泉を2つばかし巡ったんだが
特に2つ目のところがなんだかやたらプロポーションのいい女性ばかりおって
コーフンしすぎてのぼせて早く上がったというのは内緒だ。

湯けむりの向こう、、
風呂屋なりの間接照明にぼんやりと照らしだされた
温泉の水滑らかにして凝脂を洗う
という長恨歌の一節ママの姿が。
裸体が。
内からぼんやりと灯で照らしだされたような滑らかに美しい裸体が。
いくつもいくつも!
いくつもいくつも!
いくつもいくつもォォォォォ!

なんかもう
リアルアングルのトルコ風呂状態。

えーなにーサルタンずるいー毎日こんななのー
って感じですよ。

凡百の男子には味わえん桃源郷だよアッハッハッハァ!!!

というわけで、
嗜好の幅が広いと色々なところで愉しみを見つけられるから幸せですね(主に頭が)
という話でした。

すいません、現地では表沙汰にしませんから出禁にしないでください。
スポンサーサイト

幸せな脳味噌のお話 其の壱

職場に最近新しい事務の女の子が入ったんですけどね。
その子が長い黒髪でやや地味なんだけど賢そうな感じの綺麗な顔立ちの女の子でね。
もともといた事務の女の子がね。
木村カエラを賢くしたような感じの明るめの茶髪ボブのそれはそれは可愛らしい子でね。
その二人がもー仲良くってね。
仕事しながらしょっちゅうキャッキャウフフしてるわけですよ。

わー百合だー百合だよーリアル百合だー極上のリアル百合が目の前で展開してるよォォォォォオボェェェェェェェェェ。

って感じで毎日が天国ですよオボェェェェェェ

落ち着け。





というわけでもうこれからは私はあの子達二人の百合幸せを見るために生きることにしました。
休んだらあれ見れないから体調悪くても頑張れ自分。
這ってでもゆくのだ。そう、百合のためにィィィィィ!
リアル百合のためにィィィィィィィィ!

落ち着け。

というわけで、
嗜好の幅が広いと色々なところで愉しみを見つけられるから幸せですね(主に頭が)
という話でした。

好きな絵師さんおっかけて

原作知らずにキャラを知る

艦これと刀剣乱舞と御城プロジェクトとトランスフォーマー

あと虹エロルートでアイマスのしぶりん

わりとどうしようもないですね、この人。

無印良品の素直過ぎる兄ちゃんのこと

無印良品の兄ちゃんに
「人を駄目にするソファって、どうやって廃棄したらいいんですか? 」
とお尋ねしたら、まんま先輩に
「先輩、人を駄目にするソファってどうやって捨てればいいんでしょう!? 」
と元気に聞きに行っててワロタ。

人を駄目にするソファはネットスラングでな、正式名称は「体にフィットするソファ」なんだよ。
…ごめんな兄ちゃん…。

バカ育児脳のこと。

こないだ長野県の松本にあるはかり資料館ってとこいったんすけどー。
はかり資料館だから「重さを比べてみよう! 」とかそういう体験コーナーあって結構子どもも来てたんすよねー。
そこまではいいんすけどー。
庭続きの奥に復元ものの蔵屋敷っつーのがあってですねー。
それがまた、一階は炉を切った茶室、二階は洋間という、非常に珍しい作りの蔵でしてねー。
なかなか感心しながら眺めてたんすよー。
したらほぼ同時期に入ってきた、小学校低学年と中学年くらいの男の子二人がですねー。
他にも見とる人がいるにも関わらず走り周りよって
挙句茶室の襖とかスッパーンスッパーンって感じで開け閉めしよるんですよー。
お父さんがついてたから注意するだろうと思ってはらはらしながら見てたんですけどねー。
なんもいわねぇのなー。
「モーうちのこは好奇心が強いんだからなーハハハ」って感じでバカ育児脳が炸裂してましてねー。
ニッコニッコニッコニッコ見守っとるんですわー。
んであまりの扱いの粗雑さ行動の粗暴さに胃がキーリキリキーリキリしてきた頃にですねー。
クソガキ共が切ってある炉の畳の縁に爪かけてあげようとした段でさすがにプチ切れちまいましてねー。
ひっくい声で
「それは茶室の炉が切ってあるところでなー、中で火が煽せるようになってるんだよー。
畳の縁ってのはなー、踏んじゃいけないくらい繊細なもんだからなー、そういう風に扱うのはやめようなー」
つって言ってやったらですねー。
ガキの方は「ごめんなさい」っていっておとなしくなったんだがなー。
父親の方が
「信じられない、そんなこと言うなんて」ってぽそっといいやがったんですよー。

んで
てめぇはメガネかけたインテリ面してこういうとこにガキ連れてくるくらいの学あるだろうに
茶室での振る舞いすらわかんねーのかよ! って思ったんですけどー
ガキの蛮行を止めるという主目的は果たしたっつーことで素知らぬふりで二階の洋間見物に行ったんすけどねー。

思うに。

はかり資料館、学芸員のお姉さんがイリクチんとこで、
「館内のものはご自由に撮影してくださって大丈夫ですよー」
と仰ってたのに加え、体験コーナーがあったもんだから、
お父さん、何もかもおさわり自由的な感じにおめでたく拡大解釈しちまったのかもしんねーなー
とは思ったんすけどー、
でもやっぱ、
襖スッパーンスッパーンって開け閉めしたり
畳の縁に爪かけて上げようとしたり
あんたそのふるまいを訪ねてった他所様んちでも許すのか、とか思っちまったわけですよー。

その親子が居なくなってから、
学芸員さんに
これこれこういうことがあったので、触って良いのは体験コーナーのものだけですよ、とお知らせするようにした方がよろしいかと思います、といらぬおせっかいを焼いちまったりもしたんすけど、
なんですね、
たといおさわり自由であったとしても、
破壊行為に近い粗暴な振る舞いを見守るのは親の優しさじゃねぇからな。


あ、蔵屋敷のイリクチんとこには当たり前ですが、
中の物にはお手をふれないでください
という断り書きがありましたぜ。

あんまおっきい字じゃなかったけどな。

かまくらのふうけい

kamakura01.jpg

kamakura02.jpg

kamakura03.jpg

kamakura04.jpg

薔薇の名前

rose01.jpg

rose02.jpg

あまりにも美しい、あなたをいったい何とお呼びすればよろしいのでしょう。

横1280ピクセルのほんのり壁紙仕様ですので宜しければお使いください。


ちなみに撮影場所はお城みたいなラブホがあって寄る辺なき方が暮らしておられる赤坂は氷川公園でござりまする。

かわいいクックパッドさんへ

ささやかですが自分のお惣菜レシピを開陳します。
お役に立てばもっけの幸い。

大根ときうりと塩昆布の和えたの
大根けつから3分の1、きうり五本、1センチくらいの幅、2ミリぐらいの厚さにスライサーでがしがし削ぎます。
んでそれに塩昆部長一袋と皮むきいりゴマ入れてタッパーでがっしがっし振り混ぜます。
物足りなければ部長追加してください。

キャベツざく切りとえのきとにんじん繊切りの蒸したの、味覇風味
キャベツはざく切りにします。にんじんはやっぱり1センチくらいの幅と2ミリぐらいの幅、えのきは3分の一くらいで切って根っこはほかします。
強火で蒸して蒸し汁が僅少になったあたりで一旦野菜をあげ、蒸し汁にウェイバーと塩コショウとショウガで味付けし蒸した野菜を戻したところで味見したら神がかったスープの味になってたので急遽鶏もも肉を一口大に切り炒めたものを投入して鶏もも野菜スープにしました。なお鶏もも肉に於かれましては油しかず砂糖でメーラード反応起こしつつ小麦粉で旨味閉じ込め焼き焦がしたあと圧力鍋に野菜とともに入れ蒸気発生してから二分ほどなので間違いない味になっておろうかと。

あとは白菜とまいたけとお高野の戻したの一口大を圧力鍋で2分ほど調理したものでお味噌汁を仕立てました。

イジョー。




関東の接待焼肉界に殴りこみをかけるがごとき赤坂天檀にてんまいロースランチ食ってきた

ロースランチ、1,500円也。

一人で行っても個室を案内してくれる優しい店、それが天檀である。
左手に見えるステンレスにはこの店の特徴たる焼き肉の付け出汁が入っておる。
テーブルはタッチパネルで着火消化火加減店員呼び出しまで賄える接待本気仕様。
勿論火力は十分、焼き肉で気になる煙もどういう仕組みかわからんがテーブルで吸い込んでおるらしく煙はビタイチ立たん。
tenndann01.jpg

おしぼりや箸からも本気が伝わってくるのだ。
箸が割り箸ではなく銘々箸(既に割られておる意)であることにも感銘を受ける。
上等な箸でもてなすところといやぁ赤坂では竹亭が一番であったが、ここはその上を行くんでないか。
tenndann04.jpg

こちらの店はランチでお惣菜バイキングをやっておる。
どこでも同じラインアップの生野菜のサラダには目もくれず、ナムルやらキムチやらのお惣菜を一通り。
左手皿一番上から時計回りに、ごま油香るほうれん草のナムル、キムチ、オイキムチ、ナスの味噌炒め、チヂミ、チャプチェ、もやしナムル、真ん中がムセンチェ。
キムチは直球で辛いが、それ以外は皆一歩控えた味。
右手手前はわかめスープ。わかめは別立てで、ふやからないようになっておる。右上がタンチムなる牛タンを甘辛く炊いたもの。といってもこちらも十全に柔らかくこっくりとしておりながらくどすぎぬ味付けである。こちらまでバイキングのメニューに並んでおるとはなんともはや。
一番右端に見える薄金色が付け出汁である。単品で味見した所、牛出汁に上等の酢を合わせたもののように思われる。
tenndann02.jpg

そして肉登場。ロース様である。
甘めのタレに漬かっておる。
この上等を十分に熱せられた網に載せるとテーブルが煙吸い込む仕様のためまるでプロレスラーの入場みたやうにもうもうとあがった煙が下に吸い込まれてゆく。それが面白い。
裏は丁寧にじりじりと脂浮き上がるまで、返してさっと表を炙り、頂く。
口に含むと丹念な焼きで閉じ込めた清冽な脂含む肉汁溢れ、かすかな焦げは香ばしさをもたらし、赤みが芯のある旨さを伝えてくるのは言うまでもない。
とはいえタレのみでいただくと上等ながら凡庸な焼き肉である。
これを付け出汁に存分に浸す。
と、タレの持つ甘さと鹹味、醤油なりの複雑さに加え、非常に控えめな牛出汁の旨味、酢の酸味がぐいと味わいの奥行きを広げてくる。
美しい庭を素晴らしい紗を越して見るようなものだ。
善き哉善き哉。
tenndann03.jpg

二枚ほどで遊んでいるうちにお惣菜が居なくなったのでバイキング二巡目に入る。
選ばれし精鋭どもよ!
tenndann05.jpg

しまいはコーヒーと一口デザートである。
コーヒー、冷温質されなかったのだが、なかなかに暑い折なのでアイス良し。
なお、右手に見えるおひやのグラスも持ちやすくくぼみがついておる。
やる喃。
tenndann06.jpg

一口デザート、チョコレートスポンジに砕いたナッツを敷いたカスタードプリンである。
丹念である。
tenndann08.jpg

夜分はバイキングのような下品なことはやっておらんわけだが、
にしてもこのしつらいやら上等の肉を付け出しに合わせるやらを昼で金出して試食した人のいくばくかはこの店の
「味わいは言うまでもなくお客様を楽しませ流れを邪魔しないことを課題に一心不乱に仕立てております」
という心意気に気づき、接待に使うであろう。
それがこのしつらいに見合わぬバイキング込ランチのコンセプトである。
また、焼肉店につきものの会計時に供される口直し、こちらではハッカ飴とサクマドロップスである。
この辺りも気が利いておる。

なお、タレントやらもずいぶんこちらにお越しのようなのだが、なんとまぁ、その証左となる色紙がレジ見上げたところにみっちりと貼られておった。
「有名人ご贔屓」というアピールを正面からするはこの店にはそぐわず、といって頂いた色紙を無碍にすることもなく、ふと見上げた人が気づけばよろしいというやはり一歩控えたしつらい。
京都発は油断ならんと痛感した次第である。

んでもってタレント連のサイン、新し目のお笑いさんが多くて覚え切れず、今は懐かしきIZAMしか印象に残っておらぬのは内緒だ。

天檀 赤坂店

長野県は松本土産物指南 スタンダードからマニアックまで

食べ物と酒限定。

まずは野沢菜。

matumotomiyage01.jpg

松本城から駅に至る道の途中にある1832年創業の味噌屋萬年屋にて購入。
選んだのは
・試食でなかなかうまかった
・切ってあってお手軽
・駅の土産屋に入ってないから、
という三つの理由による。
200g324円也。

matumotomiyage02.jpg

松本城圏内なれど少々外れたところにある創業1672年山屋御飴所は本店にて購入。
こちら岸朝子さんの全国五つ星の手みやげにも名を連ねる銘品。
本店は実に渋い作りでそれを見るだけでも価値がある。
また全ての商品を味見させてくれるので好みを選ぶ楽しみがある。
こちらの板あめは水飴を加工して作った品とのこと、実に優しい味わい、上等の薄焼きせんべいのような軽やかな歯ざわり、ピーナツのコクが相まって大変美味いものに仕上がっている。
ただし美味さに釣られて奥歯でぼりぼりかじっておるといつのまにか歯の隙間という隙間にみっちりと貼り付き詰め物殺しとなるので注意が必要である。
500円也。

matumotomiyage03.jpg

こちらは湿気に弱いため10月から4月の販売期間限定の黒糖原料の品。
これがまたピーナツとは違う、荒々しくも深みのあるトウキビのコクに満ちたぽきぽきさくさくとした歯ざわりがなんともんまい。
ほうじ茶によく合う。
なおこちらも詰め物殺しなのでご注意の程。
500円也。

matumotomiyage04.jpg

松本パルコ至近、唎酒師である相澤節子さんの営む相澤酒店にて購入した無濾過生原酒 川中島 幻舞 純米吟醸。
土産屋に並んでいるような凡百の日本酒では満足できないあなたにオススメの、時節ものの希少な地物日本酒ワインを唎酒師さんと対話試飲しながら購入できる素晴らしい店である。
最終的に身受けしたこちらはすんなりした美人が一夜開けると妖艶になっているという無濾過生原酒マジックを体感できるエロティックな酒
1620円也。

matumotomiyage05.jpg

matumotomiyage06.jpg

松本の老舗百貨店井上の地下のイトーヨーカドーにて購入。

松本駅あたりで物量のある土産物屋としては、

松本駅2階 NEW DAYS松本銘品館
松本駅4階
松本駅1階 
松本駅から歩いて5分ほどのところにある百貨店井上地下1階

があり、これらを全て回れば松本土産は網羅したといっても過言ではない。
そしてまたそれぞれ特徴がある。

松本駅2階 NEW DAYS松本銘品館 手軽に買える総覧的店舗 マニア度低し 若者が喜びそうなわかりやすい品多数
松本駅4階 2階でツメツメで扱っている商品の一部を店舗レベルで展開 有名店舗の商品網羅にして試食満載 マニア度中堅
松本駅1階 地域密着型 生まれたての商品の試金石的立ち位置 調味料など大いに充実 地物生鮮食品も扱っており面白し マニア度高し
松本駅からマジメに歩いて5分ほどのところにある百貨店井上地下1階 松本駅ビルで扱っていないもはや神がかっているといえるほど素晴らしく美味くぶどう品種毎飲み比べまでできる株式会社アルプスのストレートジュースなど駅ビルとはちょっと異なる品揃え また土産屋と同じフロアにはイトーヨーカドーがあり、松本ジモティ御用達のビタミンちくわ、野沢菜など漬物類、地物野菜、地物調味料、地物蕎麦、地物油揚げ、地物インスタントラーメン、地物乳製品などがスーパーなので日によって割安で購入可 使いようでマニア度マックス 

というわけで、松本駅1階の生鮮食品コーナーですら見かけなかったエキセントリックなきのこを買ってしまったわけだ。

2つとも地元価格で100円。安い!

タモギタケについては、レンチンすると色が鮮やかに残るとのこと、レンチンは理屈としては蒸すと変わらんであろうと判断、蒸してみた。残念ながら色はいささか落ちた。

トキイロヒラタケ。
これはほんとうに後悔した。
タモギタケ同様蒸し、紫キャベツと普通のキャベツ、ブロッコリーと合わせて
「不安になる色目のサラダ」
にしたのはいいのだが、やはりこのトキイロヒラタケの香り高い肉厚の真価はクリームソースと合わせてこそ生きてくるような気がする
もしいつか再び巡りあうことがあったなら、今度こそサーモンのクリームソースと合わせてトリックアートのようなパスタを仕立ててみたいものである。

以上、松本土産物指南であった。

母子家庭に母の日なんてありませんよハハハ

あれは「母の日のお祝いどうしようか」と子どもを誘導してくれる気の利いた旦那様の居る奥様の特権なのですよ。

蕎麦処で有名な松本に来たからにはA級からB級のんまい蕎麦を食うべきであらう。

そう思ってまず訪ねたのは宿先である浅間温泉にあるあるぷすである。

こちら、
二八 そば粉八割に対して小麦粉二割
十割 そば粉十割
水そば 最高級玄そば(むき実)を石臼挽きにした荒挽き粉十割に対し小麦粉二割(外二) 塩と水で食す
をセットにした
あるぷすせっと 1250円
を食べさせてくれる面白い店である。

matumotosoba02.jpg
写真左から、二八、十割、水そば。

こんなん出されたら食の軍師ごっこする他ないであろう! という仕立てである。

んで、
塩は全方位いける
二八が一番馴染む
蕎麦汁安定
塩わさびは思っていたより面白くない
ねぎはいらないんじゃないか
という結論に至った。

ここに至るまでに
そのまま何もつけず


水わさび
塩わさび
蕎麦汁
蕎麦汁わさび
と存分に遊んだ。

んで、そば湯。

matumotosoba04.jpg

そば湯とわさび
そば湯と蕎麦汁(比率変えつつ)
なども大いに遊び
蕎麦食うときには風味が強すぎて邪魔だった葱がそば湯で温かく伸ばされた蕎麦汁に入れると案外生きるものだ
ということを発見した。

しかして最も重要な発見は

matumotosoba03.jpg

そば湯は底のほうがもったりととろみがありうまいのでそば湯途中での退場まかりならん
ということであった。

さて、次はB級の雄、松本駅0・1番線ホームにある立ちそば山野草である。

こちら立ちそばとは思えぬレベルと絶賛されておったため、折角なのでと
わざわざ入場券を買って
立ち寄った。

皆さん
安曇野葉わさび蕎麦
推奨であったのだが、自分はどうにもかきあげ天が好きなので辛抱たまらず
特上かき揚げそば 安曇野葉わさびトッピング 520円
を注文。

matumotosoba01.jpg

改めて実感したが、かき揚げは大変フツーである。
人参と玉葱と小エビかなんかのかきあげ天である。
葉わさびはおしたしなのか漬けてあるものなのかわからんが、色も味わいも清冽でよろしい。
んでもって、成る程蕎麦は駅そばの伝ではなかった。そんなに駅そば経験があるわけではないが、他所のはもっと小麦がもっちゃりしている。これは蕎麦の味がする。

というわけで、上等の中等と中等の上等を食べ比べて気が済んだ松本紀行であった。

あるぷす
山野草

松本駅至近、相澤酒店で身請けした幻舞無濾過生原酒が美味かった件について

よい酒に出会うためにはよい酒屋を尋ねるのが手っ取り早い。

松本駅近く、パルコのあたりに、唎酒師である相澤節子さんの営む相澤酒店がある。
こちらで試飲をさせてもらい、
無濾過生原酒 川中島 幻舞 純米吟醸
を身請けした。

帰るなり封を開け、一口。
香りは華やか、全体押し付けがましいところはないが優しい甘さはらむいやなところのない酒である。
さてもさても良い味だ。
そういやあこれにはどんな器が合うだろう。
青ざめるような白磁、外は朱、縁に白を塗り残してうちは金泥で華やかにしたのがよいのではないだろうか。
そんなことを考えながら半分ほど飲んで、あとは冷蔵庫に入れておいた。

翌日飲んで、驚いた。
一日空気に触れただけで、恐ろしく甘く成熟している。
昨日のしんとしたどこか控えめな風情はどこへやら、全体が華やいで、甘くて甘くて、美しい女のようでしようがない。
こういうことがあるから、生酒は一度で飲み切ってはならないのだ。

(まるで遊女の水揚げに立ち会ったようで気恥ずかしかったのは内緒だ。)

もしあなたが酒飲みで、長野県に旅に来て、ちょっと珍しくて確実に美味い酒を探しているなら、相澤酒店を訪ねるといい。
必ずよいものが見つかるから。

相澤酒店


松本市民の日常的ご馳走はここにあり! 一日限定五食の駅弁「城下町のおごっつぉ」を頂いてきた

平日5食、休日10食という思い切った限定弁当である。
何しろ食材は当日朝にJA直売所で仕入れてくるというおそろしさ。
これが美味くないわけがない。

ogottulo01.jpg

ogottulo03.jpg

ogottulo02.jpg

以下品書きより転記


上の段
揚げそば 老舗そば店の手打ち新そばをカラッと揚げ、風味豊かに仕上げました。
しめじのソテー 名産のしめじと八幡屋磯五郎の七味唐辛子が絶妙です。
長芋揚げチリソースがけ 名産の長芋を素揚げし、ソースをかけた新しい味!
松本一本ねぎの信州SPF豚巻き 伝統野菜「松本一本ねぎ」を地元で人気の信州SPF豚で巻きました。
信州SPF豚肩ロースのみそ焼き 信州SPF豚を信州味噌で焼き、肉のうまみを活かした逸品。
波田漬(はたづけ) 波田名産のすいかの幼果実を使った地元に親しまれている漬物です。
ぶどうのゼリー 信州産ぶどうの果汁を使った爽やかな寒天ゼリーです。
りんごのワイン煮 名産のサンふじをワインの芳酵な香りで包みました。

下の段
野沢菜おむすび 名物野沢菜で新米コシヒカリを優しく結びました。
からしいなり 松本で定番の郷土食。まろやかな辛さがやみつきになります。
山賊焼 鶏肉を秘伝のタレに漬け込み、カラッと揚げた松本名物です。
そばの実えのき 地元そばの実と特産えのき茸を豆板醤で和えたちょっとピリ辛味です。
葉わさびのお浸し ピリッと爽やかな辛みと豊かな香りが大人の味です。
おやき 冬の保存食でもあった信州を代表する郷土食です。





よろしかったものから順に。

野沢菜おむすび
真ん中に包丁を入れてあるのが気が利いている。野沢菜をそのまま出さず、日常でちょっと手間かけたごちそうポジションの「野沢菜おむすび」に仕立てたところが秀逸。野沢菜漬けの元気な歯ざわりが楽しい一品。

からしいなり
じゅわっと甘みの滲み出るお揚げの裏に控えるわさび。お揚げの豊潤とわさびの辛さに外様は目を白黒させそうだが、こちらも日常のごちそう。

信州SPF豚肩ロースの味噌焼き
これは日常のごちそうなのかわからないが、とにかく美味い。めっちゃ美味い。良質の豚をしっかりと味噌に漬け込んで柔らかく焼き上げている…のだろうが、どうしてこんなにちょうどいい歯ごたえにしあがるのかわからない。詳細キボンヌ。

そばの実えのき
これ美味い。そばの実シリーズは一時ご飯の友としてはまった。なんかね、剥いたそばの実のなんともいえないぷちぷちした歯ごたえがうまい。思い入れ補正もあるかも知れないがそばの実シリーズはもっと世間に知られてもいいアイテムじゃないかと改めて思った次第。

りんごワイン煮
皮付きなのがまたいい。大層美味い。

しめじのソテー
うまいよ。

葡萄のゼリー
カップに入っているから箸でどうアプローチしようかと少し悩んだがこんにゃく畑方式で押し出すのが正解であった。良質。

松本一本ねぎの信州SPF豚巻き
無難。弁当用に考案されたものであろう。フツーに美味い。

波田漬け
ちっと甘い。地元食なのは承知。

葉わさびのおひたし
清冽。

おやき
切り干し大根。良質なんだが腹に溜まり過ぎる。丁寧に包装されている事も含め、いっそ持ち帰ってグリルで炙って香ばしくいただくのが吉か。

山賊焼き
看板はよく見かけるが、ただの唐揚げとの違いがわからぬ。大体焼いてねぇじゃん。

長芋揚げチリソース掛け
長芋は非加熱ざくり加熱ねとりとした食感に値打ちがあるのだから揚げるのはいいがチリソースはどうか。無理せず天つゆなどで従前の調味をしたほうがよいのではないか。

揚げそば
おそらくフリーズドライ野沢菜がまぶしてある。ビールのあてにはよろしかろうが、駅弁真っ向勝負の自分にはいまひとつその値打ちがわからなかった。

よそさまをもてなすために作ったごちそうではなく、日常のごちそうの集大成、それがこの「城下町のおごっつぉ」である。
どんな店に行ってもこれだけの献立には巡り会えない。
例えばまかないつきに一年間下宿して、ようやく網羅できるような、そういうお献立である。
こういう時間的条件的稀少を、食材にこだわり手をかけ味を厳しく査定して、たったの1200円で販売では、なるほど5食10食しか提供できないわけだ。

大変素晴らしい食の体験を頂いた。
この駅弁は何があっても絶やさずにおってほしいと願う次第である。

なお、公式によると、4~5日前なら予約可能らしい。
限定数が心許ないので、もしこの記事で当該駅弁にご関心をお持ちになったならば、予約をオススメする。
松本駅構内の「あずさ」にて販売中。
損はさせませんぜ!

JAのおごっつぉ紹介記事

長野県は松本、食べログトップ1000に入るうなぎのまつかでうなぎ食ってきた

11時半開店、売り切りじまいというおそろしい店である。
訪ねてみた。

matsuka01.jpg

勝手わからんと踏み石に導かれるままに奥を訪ねてしまいそうだが、店舗は手前の右手なので間違えないように。

品書きを見ると

うな丼 うなぎ二切れ ご飯 きも吸い おしんこ 2750円
うな弁当 うなぎ三切れ ご飯 きも吸い おしんこ 3750円
うな重 うなぎ四切れ ご飯 きも吸い おしんこ 4750円
うなぎ定食 うなぎ五切れ ご飯 きも吸い おしんこ 小鉢 5750円

とある。

うな丼ご飯少なめを注文する。

matsuka02.jpg

そして頂く。

matsuka03.jpg

matsuka04.jpg

しみじみと咀嚼しながら、口腔内の感覚を総動員しながら、味蕾を全力で励起させながら、嗅細胞が絶え間なく捉え伝えてくる電気信号を逃さぬよう黙しながら、思った。

うなぎは白身である。きめ細かい白身である。なめらかな白身である。舌の上ではらはらとほぐれてゆくその筋肉の構造は極めて繊細である。皮下に脂のような層がある。そこには嫌味もくどさもなく、ただ口に含んだ時に十分な厚みをもたらすために控えている黒子のようなものだ。白身は唾液に触れなば解けるほどに柔らかいに比べ、表裏ことに皮はしっかりと焼いてあり実に香ばしい。中の柔らかさを十全に保ちながら歯を当てればかりりとするほど遠慮会釈なく焼き上げているその好もしさよ!
たれは甘くもなく辛くもない。少なくともこれだけで飯が食べられるなどという類ではない。蒲焼きの味わいの本分はたれにあらず身にこそあるという当然を淡々と知らせてくれる素晴らしい脇役である。
肝吸いの鹹味も浅い。あくまで控えめである。肝の歯ざわりよろし。

実に満足なる、そしておそらく自分の人生で一等足りうる、素晴らしいうなぎであった。

まつか

よそんちの台所でよそんちの材料使って飯作るときの気分が食の軍師 料理人版過ぎる件について

嫁やったことのある人間ならわかると思うが、旦那の実家で台所に立つってのは相当難儀である。

使い慣れた道具がナイ。
使い慣れた調味料がナイ。
使い慣れた火加減じゃナイ。

と、ナイナイ尽くしなわけで。

といって包丁やらスライサーやら調味料やらを持ち込むのもどうか。どうなのか。

というわけでまぁ、元旦那の実家で朝食作るために台所に立って、息子にスクランブルエッグをオーダーされたときの気分はまさに食の軍師 料理人版ですよ。
アウェーの中で如何に結果を出すか、いかにその場を支配し「美味い」ものをつくり上げるか、そういうぎりぎりの勝負をしている気分になれるわけですね。ハッハーン?

というわけで、冷蔵庫の中のものを自由に使っていいというお墨付きを元旦那のお義母さんから頂いた私は、まず戦力を確認しつつ戦略を練った。

当初の計画は、

豆腐に刻んだきゅうりのぬかづけの古いのを載せたもの(イメージは山形のだし)
目玉焼き
水餃子(昨日の残り物のあまり美味しくない市販の焼き餃子をリバイスしたかったらしい)
二種類くらいの野菜で作った繊切りサラダ

というものであった。

が、
当初から計画は崩れることとなる。

お義母さんに
「古漬けをいただけますか? 」
と伺った所、
「あ、使ってくれるの、助かるわー」
と言って出して洗って下すったのが、どう見てもシロウリの粕漬けですほんとうにありがとうございました。

昨日台所に出しっぱなしになってたすっぱしょっぱいのじゃないのキター!
アレ刻んで豆腐に乗せたらさぞうまかろうだったのにー!


というわけでのっけから戦略を建てなおさなくてはならなくなった。

さらに、子どもに
「目玉焼きとスクランブルエッグどっちがいい? 」と聞いた所
「スクランブルエッグ」
とな。

そーねー。
そーよねー。
そーだよねー。
忙しい平日は目玉焼きだったけど、余裕のある土日の朝はスクランブルエッグだったもんねー。

でも、君が馴染んでいるうちの味は
玉子
牛乳
クレイジーソルト
バルサミコ酢
で成り立っているんだよ!

このうち、うちの味の根幹たる
バルサミコ酢
がない以上、「あの味」にならないのは必定! 

ついでに言えば、
主食がご飯なので
玉子
牛乳

のスクランブルエッグでは、味が少し弱いッッッ!

悩みながら野菜室みたら
戦力になりそうなサラダ向き野菜が人参しかない!
胡瓜は毎日漬けてらしてしかも美味いぬか漬け枠が占めているッッッ!
サラダ、お前まで戦わずして滅びるというのか…ッッッ!

どうする! 自分!

ここからどう戦略を組み立てなおす!

どう攻めれば我が子と義父母に「や、これは美味しい」と得心させることができるッッッ…!


再び冷蔵庫を改めたところ

明太子っぽいものを発見!

よし、作戦変更!
いつものスクランブルエッグを
明太子と豆腐入りの和風スクランブルエッグに転換!


シロウリのぬか漬けは
今更漬け床に引っ込めるわけにもいかないので、
先ずは湯がいて強すぎる酒粕風味を抜くことにした。
さらに、甘い風味からゴマドレが合うだろうと判断、
水餃子と合わせ、ゴマドレをかけてごまかすなんとかすることにした。

完成!

昨日のあまり美味しくない市販の餃子とつけすぎのシロウリの粕漬けから、なんとか食べられそうなものが出来たよ!


次はサラダだ!

皮をむくぞ! と皮むき器を探した所、ない。

orz(←ぶきっちょ。できなくはないができればさぼりたい

いや、こんなところで負けていられるか。
皮むき器がなければ、普通の薄切りスライサーを皮むき器代わりに使えばいいじゃない! そう、それはでかい皮むき器よ! そうよ! 
と思い込んでやったら取り回しづらいけど皮むけた。
んでつつがなくスライサーで繊切りしたはいいが、やはり一種類だと面白くない。
他にパートナーとなってくれそうな野菜も見当たらない。

ああもういいよ!
ぬか漬けはぬか漬け、サラダはサラダ、胡瓜、お前ちょっとサラダ手伝え!


というわけで、繊切りにした胡瓜と人参に塩を揉み込み、白ごまをあえたはいいがやはり味に深みがない。
こういうとき自分ちだと
かつお節粉
とか
ゆかり
とかを入れて何とかするんだが、ここにはそのようなものはない。

どうする?
どうするんだ!

昨日お茶うけで出てきた自家製カリカリ梅を使うのだァー!

というわけで、「なかなかなくならないから食べてー」とお義母さんがおっしゃっていた自家製カリカリ梅を刻んだものを混ぜ込んで、サラダ、完成だー!

さて次はいよいよオオトリのスクランブルエッグに入る!
たまごよーし!
豆腐よーし!
明太子よー…くない!!!???

よく見たらこれ蓋に南高梅って書いてあるよー!
どうするんだ、いまさら明太子なしのスクランブルエッグなんて考えられないよ!


orz(←二度目

…いや、諦めるな!
確かにあの瓶の外から無心に見たときの印象は明太子だった!
自分を信じるんだ、シモン!

蓋を開けて確かめたら
梅干しの瓶に明太子詰め替えただけだったー!

よし、これで兵は揃った!
あとは作るのみだ!

先ずは玉子を割り、そこに絹ごし豆腐と崩れ明太子の皮からこそげ落とした粒を投入、全てを手づかみで混ぜ潰す!
調味は醤油と塩だ!

油をしかないテフロンフライパンに流し入れ、弱火で加熱、木べらでゆっくりと混ぜる!
5割以上固まり始めたらコンロから外し、予熱でごく柔く、しかし液状の部分が残らないように仕上げる!

出来た!
なんだかわかんないけど美味そうな明太子入り和風スクランブルエッグ!
炒り玉子ではないぞ! あくまで
汁っぽいけど汁っぽくない少し汁っぽいスクランブルエッグ
だ!


さて、
判定は如何に?

子どもはスクランブルエッグすげー食べた。他のには手つけず。
味にうるさいので想定の範囲内。つか好き嫌い激しい奴が知らない味のものにおそるおそる箸つけてそのあとばくばく食べだすってのはわりと作り手の醍醐味ですよね。ええ、スクランブルエッグです。
義父母は美味しい美味しいと綺麗に食べてくだすって、粕漬けの処理に感心しておられた。

ごめんマイサン、湯がいて味抜いてゴマドレかけたシロウリの粕漬け出てきたらお母さんの置き土産ですorz

とりあえず
勝った
ということにしておこう。

あと旦那のお父さんお母さんはもはや義父母ではねーんじゃねーの? という苦情は受け付けませんのであしからずご了承ください。

【ネタバレありあり】重版出来! に見られるユートピア的違和感について

重版出来! (じゅうはんしゅったい)とは、小学館のビッグコミックスタイトルから出版されている、漫画雑誌編集部を舞台とした漫画である。
何しろ小学館の編集部が自分たちを主題に作家さんに描かせているのだからその内容が濃くないわけがない。
編集部の仕事を知りたければこれを読むのが手っ取り早い、いわば「14歳のハローワーク 漫画版」と言っても過言ではない仕上がりになっている。
漫画好きであれば、ああ、こうやって漫画は私達の手に届くのだな、ありがとう編集さん、この漫画を作家さんに描く機会を与えてくれて、そしてそれを私達に届けてくれて、と感じ入ること必定である。
が、少なくとも一巻における物語のロジックは、おそろしく皮相的である。
どのあたりが皮相的であるか。

主人公の黒沢さん(註:ツキノワグマっぽい)は、柔道でオリンピックを目指しておりながら怪我によって選手生命を絶たれた女子大生である。
と書くとえらい悲壮感があるが、格闘技によって強靭な精神力を得た黒沢さんにはそのような陰の匂いはなく、柔道を始めるきっかけとなった名作「柔道部物語」のように、世界の共通語となりうる漫画を作家さんと共に作ってゆきたい! という陽の方向に見事方向転換する。
が、このような「売るためのロジック」からかけ離れた「私の決意表明」は、果たして最難関である超ビッグネームの出版社の最終面接で通じるのか。

漫画の中から読み込みうる答えは、
通じたような、通じないような
という曖昧なものになってしまっている。

なぜなら、
最終面接の決意表明の直後、黒沢さんは、掃除夫に扮して変装面接をしていた社長に体軸のブレの無さを見込むあまり手合わせを望み不法侵入者の体で闖入してきた社長を投げ飛ばし、最終的に及第するという変則技を使ったからである。

そこにあったのは、
何故御社を志望したか
何をどのようにやりたいのか
をロジカルに述べた結果の評点ではない。

掃除夫が実は社長であったという
「運」
である。

さらに、黒沢さんの「運」の強さを説得するための黒沢さんのロジックとして、
「善行を詰んで運を貯め、その運を以って「同じくらい努力をしてきた相手」との対戦で競り勝ち、結果を出してきた」
というものが開陳される。

一方の変装面接好きの社長。
こちらも同様のロジックを持っている。
社長は札で自販機の飲み物を購入し、その釣り銭をあえて残して誰かに施す、という奇珍な慣習の持ち主である。
作中ではその慣習で路上生活者が助けられている、という描写もなされている。
何故そのようなことをするのか?

彼はその昔母に捨てられた子であった。
優れた学才を持っていたにも関わらず、財に恵まれなかったゆえに学問の機会を喪くし、強盗という悪行を繰り返していた。
が、ある時悪行の相手に、悪行による運の浪費を戒められ、一転して真摯なる生き方へと向かう。

この二人のロジック、そしてまたおそらくこの物語の世界観から隙見されるものはなにか。

それは、
何故この漫画が売れるのか? について覚えている、
他でもない、重版出来! というこの漫画の製作に関わっている、小学館編集部の迷い
である。

小学館編集部は、漫画のタイトルを
重版出来!
にしたからには、作中漫画が売れる必然のロジックを描かねばならないと考えてしまった。
だが、現実はどうしたことか、
どれだけ実績を積み、その実績から導き出した「売れる(はずの)ロジック」をもとにどれだけ予測し、どれだけ編集部が奔走しようとも、全く思うようにならない。
その思うようにならぬ現実、すなわち
ロジックの通用しない茫漠たる買い手の得体のしれなさ
を日々痛感している編集部が、「何故作中漫画が売れたのか」を読み手に説得するに足るだけのロジックに似たものを求めたところ、ようよう見つかったのが、とてもロジックとはいえない、だが言い換えようもない
「運」
だったのである。
しかしてその運は、黒沢の競馬好きの上司が黒沢に試しに求めてみたような、「なんかよくわかんないけど当たった、大穴だラッキー」
などという粗雑なものではない。

なぜ編集者が作家に描く機会を与え、世に出した作品はこのように売れるのか?
それは、ほかならぬ編集者が、私欲をなくし善行を積み、運を貯めた結果なのだ…!

このように描くと、なんともはやこそばゆいわけであるが、仕方がない。
実際に彼ら編集者が直面しているのはこのように換言せざるを得ないほど得体のしれない「買い手」だからだ。

何故お前らは私達が素晴らしく描かせた漫画を買わないのだ?
何故作家に血を吐くような思いをさせて描かせた漫画よりもビッグネームがゴーストライターに描かせただけの大味且つ薄味の本の方が売れるのだ?
どれだけ試しても確実に売れるロジックを構築できないのは何故だ?

それは結局、運だからだ!

と言い切ってしまったら身も蓋もない。

なぜなら主人公は、売れる漫画を世に送り出すのが仕事である編集部だからであり、
「なんでこの漫画が売れるかって? そんなのわかりませんよ」
なんて口が裂けても描けない、そのようなタイトルを、彼ら自身が選んでしまったからだ。

そもそも最初の「重版出来」の題材として描かれている作中漫画がいまひとつおもしろくなさそうなところがそのような編集部の
「結局漫画なんて俺らがどう頑張ったって最終的には運ですよハハハ」
というやけっぱちを思わせて痛快である。

作中漫画はサラリーマンが通勤中に人身事故による停車に出くわした際に舌打ちしてしまったというあらすじから始まる。
自身の舌打ちによって、逆に自分がものとして運ばれていることに気づいてしまった主人公は、そのまま旅に出てその旅先で人々と触れ合うという要はローカル線の旅なのだが、これがまぁびっくりするくらい面白くなさそう。
そもそも作中漫画が2ちゃんの有名コピペの劣化コピーに見えるというのがなんともはやである。

以下有名コピペ。

「もし仕事に行きたくなくなったら、そのまま反対の電車に乗って、
海を見に行くといいよ。

海辺の酒屋でビールとピーナツ買って、海岸に座って
陽に当たりながら飲むといいよ。

ビールが無くなったら、そのまま仰向けに寝ころんで、
流れる雲をずっと眺めるといいよ。

そんな穏やかな時間がキミを待ってるのに、何も無理して
仕事になんか行く必要ないよ。 」

大体そのまま旅に出てというのはなんだ。引き継ぎしろ。美談にしてんじゃねぇよ。責任感ゼロかコノヤロー。たーとーえーばー、お前らの編集部の一人が作中漫画の主人公とおんなじことやった挙句そのネタ漫画にしてそれがすげー面白かったとしてお前らどうする? 切れるだろ? それをお前らは買い手に届けようと思うか? むしろ全力出して潰そうとすんじゃねぇのか? そもそも作中主人公膨大な旅費はどこから来た? 色々非現実的すぎて足元がふわふわしとるわ。あっそれがタンポポかぁ!

閑話休題。

つまるところこの「重版出来! 」とは、「売れる漫画」に対し編集部が覚えている茫漠さを「善行による運」という超陽の力技で無理矢理ロジックに昇華させた漫画である。

おそらく、松田奈緒子さんは、あまり社会経験を積まないうちに漫画家になり、素直に編集部の意向に沿う漫画を描いてくれる人なのだろう。
そして、小学館の漫画編集部さんは、茫漠たる買い手に常に酷い焦慮を覚えているのだろう。

そうでなくては、こんなに緻密なりあるに満ちた「14歳のハローワーク 漫画版」中のキャラクターが生きる世界を、「最終的には善行で運! 」的ユートピアに変換するわけがないからだ。

というわけで、小学館漫画編集部におかれましては、週刊少年サンデーの部数回復に期待したいものである。

あー、あと、「決してマネしないでください」早く重版かけてくださいモーニング編集さん。あんな面白い科学漫画、ほっとけるわけないじゃないですか。レビュー書きたくてうずうずしてるのにアマゾンでも楽天でも品切れなんですよ、マジで勘弁して!

というわけで、この記事読んだ皆さん、下のぽちぽち押して「決してマネしないでください」1巻重版運動に参加してください。
けして損はさせませんぜ!

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。