いいこともある

落としたIDカードが最寄りの駅に届いてた。
スポンサーサイト

酩酊してやらかした失敗を酩酊で忘れようとする大馬鹿野郎。

ひとでなしだからふられるんです。

生まれ変わったら菌類になりたい。

こんしゅうのおそうざい

味噌汁
大根とえのきと人参の繊切り

副菜
あやめ雪八割すし酢漬け これは湯がいて刻んだ蕪の葉と塩昆布ゆかりと和えて砂糖で調味
かぼちゃと昆布と高野とホンシメジの炊いたん
赤キャベツとキャベツと人参の繊切りサラド すし酢と塩コショウと軽くマヨで和え
湯がいで刻んだ大根の葉とぶなしめじを豚ひき肉とみりん醤油で炒めたそぼろ

主菜
米麹漬けポークソテー 漬け込んでから30分は待つのだぞ
タモリ式生姜焼き
唐揚げ
豚さんジャワカリー 小麦粉まぶした肉に丹念に焼き目つけて玉ねぎは一個半櫛切り、こちらはべつだてのフライパンでしんなり炒め、しんなりしたところで肉と合わせて舞茸合わせて水適量入れて圧力鍋で18分、放置してから別の取り回しの良いティファールの取っ手なしに移してルーを入れながらしみじみ冷ます。

イジョー。

どうみてもベヘリットですほんとうにありがとうございました。

Beherit.jpg

候補者が前時代的な選挙運動をせざるを得ない理由

閑静な住宅地での街頭演説、
街宣カーでの名前連呼、
商店街での桃太郎、
駅前での演説、握手、手ずからのビラ配り。

有権者からは無意味通り越して迷惑行為としか思われないこのような前時代的な選挙運動の様式を何故選ぶのか、年配の候補者に伺ったことがある。

「住宅街街頭演説と街宣カーについては、「うちのところに来なかったのは何故だ」と言い出す支持者がいるから、できるだけ回らざるを得ない。
桃太郎や駅頭での握手、選挙公報の配布は、「見たよ、頑張ってるね」と言って評価してくれる支持者がいるからやっている」

とのことであった。

もしこれが彼らの偽らざる本音なのであれば、地盤看板鞄を受け継いだ強固な世襲候補者が居る限り、この悪習は廃れないということになってしまうな。

(政策で政治家選ぶ世は遠し)

しかし一方では党ぐるみで嘘八百な公約を並べ立てて当選した連中もいるしな。

「この人なら自分たちのことを悪いようにはしない」と見極める基準が四年ごとの二週間にいかにまめに有権者に接するかに帰結してしまうというのも、いたし方ないことかもしれないな。

だが、
マジでうるさいから街宣カーやめれ
うるせぇなぁっつって思ってそっちに顔向けただけなのにすかさず引き取って「ありがとうございます」とか叫ぶのやめれ 違うんじゃ
あと他の候補者とすれ違った時に「なになに候補のご検討をお祈りします」とかやめれ お前らの自己満足で騒音を増やすな 
病人も老人も夜勤も寝付いた赤子も居る閑静な真昼の住宅街での街頭演説? ふざけんな お前ら口揃えて環境派とか言うんだったら今ここにある騒音なくせよ
駅頭やめれ お前らの演説立ち止まって神妙に聞いてるのはお前らと運動員だけじゃ 通り過ぎる有権者はうるせぇとしか思っとらんわ
桃太郎、何人運動員引き連れてんじゃ 狭い歩道を延々と選挙すんじゃねぇ
握手ビラ配りもやめれ 断るとなんか悪いことした気になるんだよ!


あと
朝の駅のホームで並んでるとこに線路向こうから拡声器演説すんのやめろ あれほんっとに逃げ場ねーんだよ 朝っぱらから自分の主義に合わねぇ主張聞かされるより我慢ならねぇことねぇんだよ 何度ぶん殴りに言ってやろうと思ったことか

というわけで
公職選挙法におかれましては、有権者の環境権を侵害する選挙運動を全面禁止する方向で改正するといいと思うよ!

【画像多数】【陶芸展レポ】浜渡富雄さんのこと

たまに立ち寄らせて頂いているギャラリー小川さんで、浜渡富雄さんという陶芸家さんの個展を見て参った。
これがすごい。
どうすごいかというと、ひとつもキライな作品がない。
全部欲しい。
全部好もしい。
モチーフは写実的でありながら時に抽象的でもある。
かたちは端正でありながらどこかに破を孕んでいる。
透明水彩のようにその彩色にはぼかしがありにじみがあり優しく柔らかい。
にも関わらず縁取りがくっきりしている。

伺ったところ、
マスキングした上でエアブラシで彩色している、とのこと。

なんとまぁ、エアブラシとは思い至らなかった。
道理であの柔らかくしかも縁のはっきりした描画が可能になったのか。
もちろん葡萄の蔓、梅の花びらなど、筆で描きまた色を載せている部分もある。
その思い切りのよい対比が美しい。

誰にも師事していないという。
全て自分のために自分が選んで自分で磨きぬいた技法。

そうして、モチーフを選ぶ基準は、
紙で切れるかどうか
だという。

(そう来たか! )

写真を撮らせて頂いたので、いくつかご紹介させて頂く。

古典的モチーフながら、その美しい透明釉の輝きがたまらぬ風合いを醸し出している小品。
hamawatari05.jpg

これを端正といわずして何と言おうか。
hamawatari09.jpg

写実的ながらモダンな配置の桜。
hamawatari11.jpg

ユーモラスな形の香炉。
hamawatari02.jpg

茶室でいかにも映えそうな水指。
hamawatari04.jpg

抽象に見えるが蓮の葉がモチーフである。
hamawatari03.jpg

田中一村的。やはりお好きとか。中でも書籍の表紙になったやつが一等とな。
hamawatari10.jpg

こんなざっくばらんがいわくいいがたく好もしいのはどうしたことか。
hamawatari06.jpg

彩泥花器というが、花なくともそれのみで完成して居鎮まっている。
hamawatari07.jpg

表裏が此れとは不意打ちだ、じつにずるい不意打ちだ。
hamawatari15.jpg

hamawatari13.jpg

誠に以って眼福な個展であった。
この人の作品をまた見たい。繰り返し繰り返し、次の作品も、また次の作品も。
そして願わくば、そのうちせめて一つなりとも手に入れて、すこうし甘めの蕩けるような日本酒注いで、舐るように愛でたいものである。

【教育問題】【PTA】何最近のPTAちょうこわい

子どもの高校の入学式に行って来たですよ。
「わーうちの子成長したわー(´∀`*)ウフフ」なんてのんきに喜んでる場合ではない。
なぜなら入学式の後もれなくPTA役員ぎめがあるから

で、入学式やらPTAからの記念品贈呈やら(この記念品が校章というのは他所は知らんが大変よいシステムだと思う)がつつがなく終わり、先生の紹介に引き続き、2年生の空き教室を使ってPTA役員ぎめ。

まぁ想定の範囲内だったんですが、驚愕したのは
役員3年縛り

(;´゚д゚`)エエー

携帯だって2年縛りだというのに…。

だってアレですよ、役員の方も仰ってたとおり、
小さい子供抱えてる家庭もあれば介護中の家庭もある。
そんななか、
活動は主に土曜日、定例会少なくとも月一、メインの活動に応じて平日参加もありという過酷に身を投じる勇気のある献身はなかなかおらぬのではないか?

3年縛りにする理由は勿論わかります。

高校は中学と違って地の利がない。2年の懇談会に役員ぎめが控えていることを承知で参加する保護者も少なかろう。
1年間は決まったもののその次の年に決まらずシステムがハングアップしたこともあるための処置ではないかと推察されます。

にしたって、1年間も難しい! というところに3年というのは、マジでハードルが高すぎらぁ!

これを聞いた皆さん、石地蔵のように沈黙。

なおこれらの活動については、
活動内容とそのメリット、
休みも可能なこと、
交通費と昼食費が支給されること
などが繰り返し説明されたが、
肝心の
定例会は土曜の何時頃開催され何時間ほどかかるのか
活動を休むことも可能というが、役員の方々の参加率は具体的にいかほどか
メインの活動の時間帯と実働時間はいかほどか
持ち帰りでの実働時間はいかほどか

などの肝心な情報が提示されず、
どう考えてもサドンデスのやばい勧誘ですどうもありがとうございました。

だが下手に質問すると目を付けられそうなので突っ込めないもどかしさ。

しかも各クラスたった3名の人身御供。

で、どうなったかというと、「決まらないと帰らない」雪隠詰め状態で結局ラスト1名が決まらず、欠席者も含めたくじで決めましょう! というギリギリチキンレースになりかけたところでお一人が手を挙げ、なんとか解散。
が、その立候補者に誰が声をかけることもなく即時解散という寒冷仕様でございました。

多分色々お世話になる。
でも勧誘しなくてはならない役員も辛い、やったら得るものも多いだろうけどそもそも部分で多分生活が壊れかねんと判断せざるを得ず参加を見合わせなくてはならない人々も辛い。
そもそも消費者が自由意思で契約締結を断ることが客観的に見て困難な状況の下で契約を強要されるというのはどうなのか。有償契約じゃないけどな!

とりあえず、PTAの配布物は大事に見ようと思いました。

【画像豊富】【平野耕太】いかにも、私のような人間がドリフターズ原画展を見に行かないわけがないのだ。

我らがとらのあな様にて、毎日展示替えという鬼仕様なのに入場無料というドリフターズ原画展が開催されました。

3月30日(月)まるごと展示: 1幕  ピックアップキャラ:島津豊久
3月31日(火)まるごと展示:22幕  ピックアップキャラ:織田信長
4月1日(水) まるごと展示:24幕  ピックアップキャラ:那須与一
4月2日(木) まるごと展示:37幕  ピックアップキャラ:漂流者
4月3日(金) まるごと展示:40幕  ピックアップキャラ:廃棄物
4月4日(土) まるごと展示:43幕  ピックアップキャラ:いろいろ
4月5日(日) まるごと展示:44幕・45幕  ピックアップキャラ:いろいろ

油断したせいで初日のお豊を見逃した私ですが、那須家のゴルゴデーと漂流者デーについては連チャンで行ってまいりました。

drifters22.jpg

というわけで那須家のゴルゴデー。
drifters01.jpg

我々に新しい絶対領域の概念をもたらした美少年スナイパー、ヨイッチー。このあたりはまだ少年少年していたんですが。
drifters04.jpg

「各話の表紙とかのしな作りすぎだよね ポーズだけ見たらエログラビアと同じだよね」
drifters05.jpg

新しき絶対領域は袴にありました。
drifters23.jpg

次コマにアヘ顔ダブルピースを期待した同志は何人いたでありましょうか。
drifters03.jpg

公式による素晴らしい燃料投下。妄想が捗りますなー。
drifters02.jpg

これらを原画で見られる至福ッッッ!!! ありがとうございますとらのあな様!

そして次は漂流者デー。

そらもうアレですよ。菅野くんですよ。菅野くん一択ですよ。
drifters17.jpg

ああこの愛すべきバカ、どうしてくれよう。可愛くてしかたがないよ!
drifters24.jpg

あとは知略のオカマと
drifters25.jpg

呪術のジジィがいました。
このコマの本棚の書き込みがすごくてすごくてもう。その緻密さに暫く見惚れておりました。
drifters26.jpg

「薩摩拵 三尺刀」を元にした模造刀「ドリフターズ 島津豊久モデル」展示もありました。

抜刀バージョン。
drifters19.jpg

端の始末してない木綿の布、あっという間に裂けちまいそうでちと心配。
drifters21.jpg

柄は白だった模様。
drifters20.jpg

納刀バージョン。
drifters18.jpg

かっこいいけどこれじゃない! 物販。
高いし傷はつくし、なんでクリアファイルとか出してくれなかったのか喃。
drifters08.jpg

drifters09.jpg

drifters10.jpg

drifters11.jpg

これも、かっこいいけどこれじゃない! 物販。
ステッカーとかにしてくれたらよかったのに喃。
drifters12.jpg


こちらの展覧会、各国翻訳版ドリフターズ単行本の展示もございました。
カバーのない国があり、そういうとこのは当然カバー下のおまけもはしょられておりました。
もったいないなー。
しかしカバーのある国では、カバー下のおまけは異様にリキ入れて翻訳されてました。
わかってるなー。

ヘルシングOVAのおまけについてたドリフアニメの大画面での上映もあり、なんとも濃密な空間でありました。

平野耕太先生、ヤンキンアワーズ編集さん、とらのあなスタッフさん、ありがとうございました!

おまけ もれなくもらえるドリフオールスターペーパー
drifters00.jpg
ハンニバルお色気枠疑惑。

明日は子どもの高校入学式☆

おかんに真珠のネックレスもらったんだけど卒業式につけてったらものすごく似合わなかったからもういい通常営業でいく。
ほっとに似合わんのな。どうよこれ。

何があっても奪われないものを養うために生きるんだ

知識
所作
言葉遣い
佇まい
心ばえ

たとい非常事態が生起して、備えた全てを奪われたとて、自分のうちに密やかに宿した上記の五つは誰にだって奪えない。
だから、これらを養うために、僕は生きるんだ。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック