ホームアナウンスの「ハイドア閉まりまーす、無理なご乗車はなさらないでくださーい」の替わりに

「危ないからもう乗っちゃらめぇぇぇぇ! 」っていう幼女の叫び声流した方が効果あると思う。絶対。
スポンサーサイト

電子書籍がビブロフィリアにとっての真の天国を下賜する可能性について

紙の手触りを愛し、また紙の本の絶滅を憂うビブロフィリアが
それでも電子書籍を仰ぎ見ねばならぬ理由は
「検索の容易さ」
にある。

ビブロフィリアなれば
紙の本が電子書籍を凌駕しうる
最もわかりやすい至便性といえば
「めくるという動作による触感と同時に保存された視覚的な記憶」
にあることは承知であろう。
(そのほかの至便性についてはこちらご参照のこと

ただ
紙の本では
「この本のこの厚みのこのあたり開いたこのへんに該当文言があった」
と物理的に探索しようとしても
案外いきあたらず、無為に時間を浪費してしまうことがある。

そんな無駄足の突破口となりうるのが、電子書籍化なのである。

一方で、
自分のような紙の本派の人間にすれば、
電子書籍は、その軽易さゆえに、
却って暗記を困難にしている節があると感覚される。

自分のような紙の本派にとっては、
読み、理解し、記憶し、さらに、
記憶を想起し、今一度ページを繰り、たどり着く、
それこそが記憶に係る一連の過程となるため、
紙の本の持つ重さ、嵩、見開いた際にどの位置にあったか等の三次元的な位置感覚が
非常に重要にな因子となっている。

情動が記憶を強化するという説を思えば、自分の感覚も的はずれではないだろう。

(実際、つるぺたのipodで青空文庫の少し嵩高を読んだりすると
内容そのものについては脳に順次格納は可能ながら
物理的なる「厚さ」、いかほどめくったあたりかとの「手触り」情報が欠落していることを自身の習慣が不安がって
記憶を空間的に配置し構築することにひどく下手くそになってしまっているような気持ちになる。
なんというか、操作的にはしおり機能含め「戻って文言を確かめる」ことが可能なのは承知しているが
どうしても電子書籍はひどく一通であるようにしか思われない。
ただの習慣の問題であろうとは思うし、
たとえば小説なぞであればそんなことは問題にならないだろう。
しかし私が読み始めたのはおそらく「宇宙のはじまり」という
どちらかといえば講談社学術文庫に入っておりそうなそこそこの嵩高であるから
いよいよ理解には行きつ戻りつしながらの有機的なる構築が必要になってくるのである。)

一方で。

電子書籍は、「紙の本」では容易くは得ることのできない
検索
という利便を下賜してくれる。

検索、それは数多の本読みが夢見た絶対的な優位だ。
本読みが、感覚やおぼつかない記憶にたどっていた領域を、技術ゆえのブレのない確実さで、実現してくれるのだ。

だから、ものすごくシンプルなことを出版社さんにはお願いする。

紙の本には、漏れなくその電子書籍版にアクセスする権限を永久に添付することを。
また電子書籍については、漫画ならセリフ等の活字のみならず効果音の書き文字まで検索可能たらんことを。
されば人は、紙の本の孕む物理的な感覚と、検索の至便性を、二つながら手に入れることができる。。
それこそが、多分、出版社さんとビブロフィリアとを幸福にし、また出版業界に活路をもたらす、現実唯一の方法に相違ない。

電子書籍の購入者は、電子書籍でまかなえているので、いいと思うよ!

萎えるときー

お惣菜入れて実家に届けたシール容器が
洗わないそのまんまで戻ってきた時ー

萎えるわー
マジ萎えるわー

萎えるときー

携帯ぶち壊しちゃったもんでmicroSDから四年前のアドレス帳復元したはいいが
むかーし付き合ってた男の名前にひっさびさに出くわしちゃったときー

萎えるわー
マジ萎えるわー

ノロじゃなかったらしいが

びっくりするぐらい胃痛が治まらん。
どないしよ。

生理二日目とノロがいっぺんに来て

いろんな体液がいっぺんにどばどばでて絶滅しそう。どばー。どばどばー。
なんかさーノロってマジで
「何? 今自分コーモンから出してるつもりだったけど尿なの? これ尿なの? 」
レベルの水様便出るよなー。
水の音しかしないのよー。
ビタイチ固体感がないのよー。
軟便ですらないのよー。
全て水分なのよー。消化器内限定の液状化なのよー。
いやーこれノロだから笑ってられるけど
コレラだったらマジこの先に死が待ってるからね。
まぁノロで良かったよね。
ちなみに嘔吐は全くない。ごはんはチキンラーメン食べた。半分。
あとほうじ茶ちみちみ飲んでる。

イワタニのカセットコンロ専用の網焼きプレートでおうち焼肉がはかどる件について

うちには長らくカセットコンロがなかったんですが、
この度不可思議な衝動に駆られて(人はそれを衝動買いと呼ぶのだよ)
すげールックスのいいカセットコンロを購入しまして。



で、取り急ぎ鍋をやった後
更に色々調べておったら
こちらのカセットコンロ専用の網焼きプレートというのがあるんですな。



何しろメーカー純正品ですから全方位で安心です。

というわけで、
ばたばたっとプレートをお取り寄せた後
鎌倉は肉の大成さんで
なんかえらそうなカルビを100

それほどえらそうではない味付きカルビを200

リー・ド・ボー(仔牛の胸腺)を200

鳥一さんで鳥串90円を4本
購入してレッツパーリィ!

ちなみに肉の大成さんは鎌倉の市場の向かいあたりにある廉価+マニアック+良質という三点を兼ね備えた凄まじくも小体なお肉屋さんです。ハンバーグ用のあらびき肉はいつもここで買います。リー・ド・ボーは店頭で「焼肉」シールが貼ってあってお兄さんに聞いてみたら「柔らかくて美味しいですよ、しかもカロリーはものすごく低いです」と説明されたのでとりあえず買ってみました。だども何の部位だか全然わかんねぇんで帰ってからネットで調べて初めて知る始末ですよ。すごいよ大成! 多分かなり一般的でない部位を平然と売ってるよ! しかもおフランス語だよ! 流石鎌倉だよハイソくせぇよ!
あと鳥一さんは鎌倉に長い人なら多分ご存知の鳥専門店。御成通りかなり進んだところの左手にあります。ここの鶏肉は高崎や本店さんに「うちの塩振って焼いて食べてごらんなさい、ほんとに美味しいですよ。あすこの鶏肉食べたらもうほかのお店のは食べられません」と随分前から勧められておりましたのを思い出しまして購入した次第。
閑話休題。

で、それをですね、隣席の先輩とのおうち焼肉談義の際に
「うちは焼肉は生だれしかつかいません」
とドヤ顔で言われたのを参考に買った
モランボンの焼肉のたれ ジャン

2ちゃんねるの買ってよかったスレ定番の
リケンのノンオイル くせになるうま塩
でいただきまして。

あ、もちろん焼き鳥はですね、
高崎やさんオススメの
酒屋の塩
を振って焼きました。

えー、でですね、まぁ、こんなに喜び勇んで記事にしているところからもお察しいただけると思うんですが

超うめぇ

なんてゆーか、
アマゾンの評価とか見ると
うまい! でも煙すごい!
特にタレと脂は危ない!

というのが多かったんですが、
それらの意見を非常に重用して
玄関とベランダ開け放った上で換気扇回して挑んだのがよかったのか
味付きカルビでも煙がボーボーで困惑するという事態には至りませんでした。
ただ火柱は小規模なのが何度か上がりましたけどもね。
正直それってば立派な火力の証左と申しましょうか
焼肉気分を盛り立てる演出的な感じでステーキですよね。

これまではホットプレート調理だったんですが(子どもいたらガスコンロ危ない教のせいです赦してつかぁさい)
やっぱりアレですね、「焼く」というからには火を使わないとダメですね。(目をキラッキラさせながら)

いやーうまかったわー。

えー、それでこの素敵な網焼きプレートを使うときのコツなんですが、
まぁ安定性とかは純正品なので全く問題はありません。
煙が立たないように水を入れて使う仕様なので
当たり前ですが水がなくならないようこまめに継ぎ足すとよろしい。

リー・ド・ボーですが、
まぁ一度食べればいいかな、というほどでありました。
ピートロの脂身と肉の部分を混ぜくり返して柔らかくした感じとでも申しましょうか。
確かに焼いても硬くならないんですがやはり珍味の域を出ない。
盛り合わせに二切れ入ってるくらいでちょうどいいと思います。

たれについて。
個人的にはジャンに「おお! これもしかしてスタミナ源よりうまくね? 」とか感動したんですが
子どもはうま塩に大喜びしてました。
「なにこれ! カルビのためにあるようなタレじゃん! 」
とか叫びよりました。
落ち着け息子、気持ちはわかるが大げさだ。

焼き鳥もアレですね、今度からはちょっといい鶏肉屋さん(多分同系列じゃないが逗子にも鳥一さんはある)で
いろんな部位を買ってきて
うちで串にして塩でやいちゃえばいいんだなーと思いました。
すごいもん。もう自分なんて舌がアホの子だから
炭火焼と何が違うかわかんないもん。
そんなんよりうちで高崎やさんで買ったまず店では飲めない素敵日本酒飲みながら
焼き鳥齧ってるほうがいいですよ。

というわけで
すごいよイワタニのカセットコンロ! すごいよ純正網焼きプレート!
君も是非これを買って幸せになりたまえ!


というお話でした。

ちなみに焼肉のお供のお酒はこちら。

すっきり鮮烈なのに妙に骨太、料理を引き立てる佳い酒でした。
で、明日は澤乃井さんの立春朝搾り取りに行ってきます。
ああ、毎日が素晴らしい。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック