スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日

ポットのお湯をマグカップに注ぎながら美人に見とれたために手がぶれて指にかかって火傷するというマンガのようなことをやらかしてしまいました。
スポンサーサイト

あはははははレーションうめーわー

レポは後日!
想定以上に美味かった!

横浜トリエンナーレ雑感

横浜トリエンナーレは初回から欠かさず見物している、

トリエンナーレ初回は2001年に開催された。
横浜グランドインターコンチネンタルホテルにとりついた巨大バッタは横浜ウォーカーの度肝を抜き、
オノヨーコは露天に置かれた銃創だらけの貨物車から一条の光を天に向かって放つという作品を公開した。
桜木町からランドマークタワーに至る動く歩道に沿って展示されたイチハラヒロコによるキャッチコピー幟アートは町ぐるみの乱痴気現代芸術祭気分を大いに盛り上げ、
トリエンナーレのことなぞ知らずに通りがかった人にもただならぬ予感を覚えさせただろう。
作品も、塩田千春の泥の滴り落ちる巨大なドレス『皮膚からの記憶』、
小沢剛の『醤油画資料館』を始め、
脳みその普段使わない部分をガンガン刺激するような、
破格の面白さを孕んでいた。

横浜トリエンナーレ2011。
数えて4度目の展覧会を見ながら、
俗に現代アートといわれるものがわかりづらい由縁とはどこにあるかをつらつらと考えた。

アートの主題の変遷を恐ろしく雑駁にまとめてみると
原初における
呪術を目的とした模倣
内的な感動の表出
に始まり
神仏への捧げもの
権力者・金満家の御用聞き
時代を経て
自我の表現
感覚の解体と再構築
から
文化の解体
という感じになろうか。
で、この流れからすると最も技術を問われ、また客観的な完成度を求められるのは
神々への捧げもの
権力者・金満家の御用聞き
を主題としたものであることには容易に考え至る。
一方で
感覚の解体と再構築
に於いては、客観的な完成度よりも鑑賞者(あるいは作者本人)の感覚を如何に揺さぶるか、が問題となり、
さらに
文化の解体
に至っては、もはや鑑賞の際に導となるのは感覚ですらなく、問われるのは鑑賞者のこれまでの内的な経験群と、それを軸にした文化的なる理解の過程になるということも、同じく容易に考え至るところである。
つまるところ、現代アートのわかりづらさは、作者が鑑賞者に頼りすぎているところにあると私は考えるのである。
これが最も未成熟な形で見られるのが美術学校の生徒による作品展で、
ああいうところに足を踏み入れると、まぁ、
インタラクティブアート
なんて銘打って、
鑑賞者の働きかけを求めたり
いっそ鑑賞者に作らせたものを自己流に配置換えして作品を名乗ったりするものが
矢鱈並んでいるので
そういうものを体験したければ是非一度足を運んでみるとよろしい。

製作工程を見せる作品
製作工程を想像させる作品
説明を見て初めて意味をなす作品
地域密着を謳いその実小ぢんまりとまとまってしまった作品
作家連のコミュニティとコミュニケーションをのぞき見する場

なるほどアートとは「感動」という鑑賞者の内的な過程そのものなのかも知れない。
でも、折角三年毎なんだから、
もっとこう、初代みてぇに、
働きかけることなぞ思いもつかず
鑑賞者がただただ呆けて見上げるほかないような、
そんなような
野放図でばかばかしい作りこみの作品がみてぇもんだ。
そんなことを強く思った次第。

あと、
毎回毎回展示作品がカタログに掲載されていない問題
をどうするのかと思ったら
今回はカタログそのものが未発行でやんの。
そう来たか、横浜トリエンナーレ!

超蛇足:
オノヨーコさんの電話ボックスのアレ。
東京都現代美術館でもやってたと思うんだけど、
作品名の年度かえりゃそれで新作とゆーのはどうかと思うぞ。

ラジオ体操御褒美大胆リニューアル

今年から二回分のスタンプでマックのポテト引換券がもらえるようになりました。

ドキッ! 軍モノだらけの横須賀散歩

ちょっと時間が空いたもんで、ふと横須賀いこーと思ったんですな。
で、横須賀線で先ずは横須賀駅までいってみました。
したらこの駅驚愕するほど何もないの。で、すぐ左手にもう海が見えてですね、軍艦が丸見え。

hyuuga.jpg
(ヴェルニー公園よりヘリコプター搭載護衛艦ひゅうが)

超わくわくですよ。

でとりあえずのところ海にひかれて左手の
ヴェルニー公園
方面に向かったらですね。
渡る手前に
レンタサイクル
の幟が。

横須賀駅ではスカチャリという
9:00~17:00まで乗り放題500円(+1000円保証金)
のレンタサイクルサービスをやっておったんですな。

そらぁ乗りますよ。速攻で乗りますよ。

とまぁ、衝動的に、あまりにも衝動的に、私の横須賀の旅は始まったのでありました。

さて、せっかくなので手続きしながらレンタサイクル受付のおじさまに
「どのへんが面白いでしょーかねー」
とお伺いしたところ、
「軍港めぐりの船がね、12時に戻ってくるからそれに乗るといいよ! 」
と勧めていただきまして、ヴェルニー公園をちくちく撮りながらダイエーショッパーズプラザ近くの乗船場所へ。

verny.jpg
ヴェルニー公園の洋風あずまや

ticket.jpg
横須賀軍港めぐり乗船場所。右手に浮桟橋、左手の黄色いバンが券売所。

ところが12時のは既に完売状態。
なんで散策の余裕見つつ2時の便のチケットを確保、とりあえず海軍バーガーでも食うかいとどぶ板方面に向かうことにしました。
因みに乗船券購入に当たってはレンタサイクルのチケットで割引を受けられます。1200円が1080円の1割引に! オトクネー。
更に軍港めぐりの券買うと横須賀ネイビーバーガーのガイドマップもらえまして、券見せると記載のお店で特典を受けられます。イモヅルオトクネー。

んですが難が一つ。

殊ショッパーズプラザ近くは自転車に優しくない作り。何しろ横須賀駅方面からショッパーズの向こうに行く道筋がよくわからん。車道沿いの歩道は歩道橋にぶった切られるし、公園からの道はショッパーズの駐車場にせき止められるし。
ショッパーズ越すにもどぶ板側に車道渡るにも、どうもどうやっても歩道橋を上らなきゃいかん仕組みのよう。
(レンタサイクル利用案内にも「この交差点では海側は路上を通行できません。自転車も歩道橋を昇降してくださいなんて書いてある有様)
なんで諦めて歩道橋上りましたけどねー。疲れるよねー。
住んでるひとどうなの? これでいいの?

ま。
それはともかくとして。

どぶ板側に行ってですね、とりあえず横須賀ハンバーガーショップの老舗&ネイビーバーガー事始めとされる
ハニービーでですね。
食べました。

ベーコンエッグバーガーを!

なんでやねん!

って前ネイビーバーガーは食べたことあったからなんですな。ハハハ。

baconeggburger.jpg

卵はがっつり両面焼き。デフォルトでは調味料かかってないんでチャップ、マスタード、マヨネーズはお好みで。パテは227g、出てきたときは「デカッ! 」とか思うんですが案外つるっと入ります。ベーコンエッグバーガー850円、ペプシ200円。

で、自転車できこきことどぶ板方面を散策します。流石米軍の町だけあって外国人遭遇率が半端ない。3割くらいは外国人。って、歩いてる人も結構少ないかも知んねーなーなんて思ったりして。道が広いからそう思うのかも知れんが。

で、ですね。
どぶ板通りの某所でですね。

あこがれの戦闘糧食をですね!

手に入れましたよ!

ration.jpg

某所と書いたのは一応横流し品であることを慮ってのことです。

こちらのページを参考に判定したところこれは2008年2月あたりに製造されたもの。
消費期限が3年くらいらしいので、なんとか食べられるでしょう。
なわけで、次の日に響かない金曜日にでも食べてみてですね、またレポートしたいと思いますので夜露死苦!
因みにMREのCHICKEN FAJITAとはこういうモノ。存外美味そうで楽しみだー!

あ、日曜日はどぶ板のお店あんま開いてないみたいです。でももうレーションだけで満足だー!
そのあたりの詳細気になる方はどぶ板通りの公式サイトへ!

さて、素敵なお土産も手に入れた私はもっぺん乗船場所へ向かいました。

ticket2.jpg

うむ、いい時間だ。
写真が目的ですからね。
「二階デッキ右手側船首」
という僕が考えるベストポジションに座るためには多少早めに行っておかねばね。

そうこうしてるうちに船が着きました。

seafriend.jpg

レッツ乗船!

というわけでここから先はドキッ! 軍艦だらけの横須賀港になります。

submarine.jpg
潜水艦3隻 向こうっ側にはもう1隻居たりしてもう潜水艦銀座

submarine2.jpg
近くば寄ってみた

submarine3.jpg
横から撮ってみた

スイマセンこっから先は軍艦同定してません。写真のみっす。

warship1.jpg

warship2.jpg

warship3.jpg

warship4.jpg

warship5.jpg

warship6.jpg

warship8.jpg

warship7.jpg

yokosukaport.jpg

さてこちらの素敵軍港めぐり、もーイージス艦潜水艦見放題、今日はちょっと練習行ってて会えなかったんですが運が良ければ停泊中の全長333メートルの空母ジョージ・ワシントン君にも会えるよ! というこの上ない素敵クルーズだったんですが、更に特筆すべきは
案内人の方々による生放送での案内。

これがまた面白い。
こういう場所だから蘊蓄塗れになるのは当然なんですが、お笑いポイントを取り交ぜてのタイミングの良いトークは必聴です!
面白くてためになる!
おまけにみなさん礼儀正しく愛想良くしかも容貌と体格に優れている!
そらぁ人気が出るのもよくわかりますよハハハ!

というわけでですね。
私の
第一回 ドキッ! 軍モノだらけの横須賀散歩
は成功裏に終わったわけであります。

が。

停泊する軍艦の種類はちまちま代わるようですし、
次回は魚藍亭行って
海軍割烹術参考書
通りのカレーを食してみたいし
自転車だとアクセス楽なのでもう少し足延ばしてみたいっつーこともあるので
何度も通うことになりそうです。

いやー楽しいとこだわ横須賀!
皆様もぜひお越し下さりませ!

あ。
あとですね。

横須賀市は非常に観光に力入れてるよーで
多分下手なガイドブックよりも駅や各施設で配布してるパンフが誠実な内容で必要十分条件を満たしておると思います。
ので、横須賀駅に降り立ったならば
以下のパンフレットを遠慮会釈なくゲットして
先ずそれとにらめっこすることから始めてください。
そして利用する店舗で配布される連動型特典案内パンフについても熟読のこと。
いやーすごいです横須賀市。
がんばってますねぇ!

駅配布のオススメパンフリスト
○横須賀歴史散歩 中世~近世編 幕末~近代編 軍港の時代~現代編
→三部仕立てになっていることからもわかる意欲作。とにかく地図が見やすい。名所についても要を得た説明がなされている上に写真も豊富。横須賀をもっと知りたいと思わせてくれる優れたパンフレットである。
○観光ボランティアが足で調べた三浦半島きままに散歩マップ付
→横須賀歴史散歩よりコンパクト。先にこちらで概要を把握してから歴史散歩に進むとよいかも知らん。横須賀ネイビーバーガー認定店リストがよろしい。
○よこすか海軍カレーGUIDE MAP
→「カレーの街よこすか事業者部会」の認定を受けたよこすか海軍カレー提供店、レトルトカレー、カレーパン、オリジナル商品(先にあげた三種に属さないカレー関連の商品及びその販売店舗)が網羅されているこれまた力の入ったパンフレット。地図がまた見やすい。でもインドレストランは流石によこすか海軍カレーとは関係ないだろなんて思っちゃうけどカレー仲間で掲載しちゃう心の広さが素敵だ。

○軍港めぐり切符販売所で連動サービス紹介のために配布されているヨコスカネイビーバーガーとヨコスカネイビーバーガーのガイドマップも秀逸。写真が奇麗、信号を目安にした地図もわかりやすい。だが特筆すべきは商品の特徴、店舗案内、価格(無料パンフだと結構載ってなかったりする)に加えパテの重量が明記してある点。いや基本ハーフかクォーターポンドかと思ったらそうじゃない店もあるんですな。
○同じく軍港めぐり切符販売所で配布してるオリジナルグッズカタログも良いです。つか販売所にこれと同じ説明表示するともっと売れると思うよ! ぜひやってくれ!
因みに購入したのはYOKOSUKA軍港めぐりラムネ

次点
○わいわいよこすかガイド
→上記以外の情報がほしければこちらとゆー感じのガイド。工場リストと宿泊所リストはためになるかもしらん。

ヲタ向け
○たまゆらの素敵な食べ歩き! よこすかグルメスタンプラリーマップ
→がんばれ。

もう少しです
○横須賀レンタサイクル利用案内&MAP
自転車向けの地図にしちゃ大味にすぎる気がする。
わかりづらいところには拡大地図を付けてほしい。ショッパーズ周辺とかややこしいわ!
表示についても、信号を目安にするとかの工夫がほしい。
説明文のポイントを下げて詰めて紙面半分に圧縮、空いたところに割引サービスのある施設とサービス内容をリスト化してほしい。あと地図と連動した番号つけてくれ。
体力に自信のある人向けコース、そうでない人向けコース、短時間コース、フルタイムコースとかモデルコースをいくつか構築して必要時間の目安と一緒に紹介するといいと思うよ! 帰れなくなるの不安だからね!

では皆様、楽しい横須賀観光を!

横須賀軍港めぐりのお土産のラムネが秀逸

商品名がなぜか
YOKOSUKA軍港めぐりラムネ
となっているのが微妙にアレなのだが(YOKOSUKAのあたりが、だ)
これは大変素敵なお土産であると思う。

なぜなら

sodapop.jpg

・デザインがイカス
・蓋がバッヂになる
・ラムネに碇マークがついてて芸が細かい

これで650円は素敵。このハイスペック振りをお土産処はもっとアピールすべきだと思う。
ちなみにラムネは10粒。ヨーグルトっぽい味だよ!

業務連絡

コメントする際に固有のハンドルネームを名乗らない方は全て御新規さんと見なしますのでご了承ください。

わかんねぇです。

絶対領域の凄さを再認識した件

過日妙齢の奥様方をザ・グランヴァニアに引率していったのだが
その節に
「あのスカートとソックスの間の部分
なんかちらちらしてすごい見ちゃうよねー! 」
というお言葉を頂いた。

絶対領域という概念に縁遠い奥様にも
その魅力はダイレクトに伝わるという
貴重な証言である。

なお、奥様にはすかさず
「あれは絶対領域というのです! 」
とお教えしたのだが
「えーと、あれ? なんだっけ? 
地域? 何地域? 」

なかなか覚えられない様子であった。

地域
とゆいたくなる気持はなんとなくわかるのだが
脳内で
恥域
とか変換してしまうので
やはり絶対領域は絶対領域と発音していただくよう
切にお願いする次第である。

俺様ちょっといい話@ザ・グランヴァニア大人の社会科見学

前の職場の人と
大人の社会科見学
と称してメイド居酒屋グランヴァニアに行ってきましたァァァン!

結論から言うと
大変ご満足いただけましてですね。

曰く
「ご飯美味しくて量多い! 」
「ここすごい! 可愛くない子がいない! 」
「ここならまた来たい! 」
「ネコタさんニタニタしすぎ! 」
「そんな笑顔私たちの前で見せたことない! 」
「ネコタさん向こうに座ってるサラリーマンとまったく同じ反応してる! 
好みの子呼び止めてうれしそうに注文するんだけど照れて顔が見れなくて目線が定まってない! 」
「ネコタさんの好みのタイプがわかった! 」


うーるせーよこれが正しいメイド居酒屋の楽しみ方なんだよ!。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン

とかなっちゃったんですけども。

ま、後半は置いといてですね、
ザ・グランヴァニアはですね、
ことほどさように味と女子の容姿にうるさいマダムの方々さえ御満足させる
素晴らしい場所であることが再確認されまして。
予約はコース限定なんですがまたこれが非常にうまいの。
うちはおつまみコースと飲み放題頼んだんですが
メイドさんが
「このコース量が多いですけど大丈夫ですか? 」
とかおっしゃって
いやーそこまでじゃないだろと思ってたら
ほんとに
フツーの居酒屋だったらこれ四人前で出すだろって量が二人分で来ちゃって
しかもマジでまいうーで
さらにオムライス頼んでお姉さんにお絵かきイベント設けようと思ってたら
コース最後の魔法陣ピザ(写真ないですすいません)で
おねーさんが現場で五芒星描いてくれるといううれしい誤算!
全くここは天国だぜぇー! ヒャッハー!

ちなみに素敵コースメニューはこちら。
gra1.jpg
グリフィンの巣ごもりサラダ 二人前 美味し!

gra2.jpg
フィッシュ&ポテト 二人前 あつあつ!

gra3.jpg
あさりのワイン蒸し 二人前 美味し!

gra4.jpg
ガーリックチキン 四人前 肉汁ジューシー!

あとピザの方は二種類出てました。マルゲリータと照り焼きですかね。味を変えてくれるところがまたよろしい。

というわけでイベント企画者としての自信を更に深めた次第なんですけども。

自分の後に入った新人さんの話とかになって、
「そういえば新人さんがネコタさんに会いたいって言ってたわよ! 」
っていわれて
なんだろまたいい方の風評被害か? 
とか思ったんですが。

「机の引き出し開けたら
がんばれ
って一言メッセージが入ってたんだって!
他にもいろんなとこにメッセージ残してくれてたらしくて
すごい感動してたよ! 」

何そのいい話。

全然覚えてねぇわ。

というわけで、大変充実した一日でありました!
付き合ってくれたみんな、ありがとー!
ジュリちゃんとりんごちゃんらぶー!

欧風ギルドレストラン ザ・グランヴァニア

何で女は好きなタイプにこだわるんだよ

大切なのは一緒にいて楽しいかどうかってことだろ?

子どもたち滞米中

今日は新橋のタミヤ行って軍艦雑記帳買ってきたりしましたよ、っと。






*クリックすると表紙が見れる。

誰だよ今年蝉が鳴かねぇとか言った奴はよー

朝の四時半からカナカナカナカナうっさくてしょーがんねーよー。

もー!

もー!

もー!!!!!!

無知と利口の分水嶺

利口になる人は
「これを理解できないなんて、自分は馬鹿なんじゃないか」
と考える。
無知に留まる人は
「これを私に理解できるように説明できないなんて、君は馬鹿なんじゃないか」
と考える。

ポケモン

進化というのは個体ではなく個体群に適用すべき概念なので
ポケモンのアレは進化ではない。
形態が変化するだけなのだから
アレは正しく変態というべきものなのである。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。