スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この秋、上野の科学博物館が菌たちに醸される模様

平成20年10月11日(土) ~ 平成21年1月12日(月・祝)、上野の科学博物館で「菌類のふしぎ」展が開催されます。
既に予告ページは菌たちに醸されてます。

国立上野科学博物館「菌類のふしぎ」展特設ページ

TBS「菌類のふしぎ」展特設ページ

同時期開催の標本の世界展もよさげだし、この秋は上野の科学博物館へゴーゴゴー!


スポンサーサイト

スク水小説三種バナを作ってくだすったので

SukumizuNovelBanner.gif

ひつこくてすいません。
でも先日の記事はあまりにも冗長すぎて
リンク張ってくだすった絵師さんに申し訳なかったもんで…。

というわけで改めてコンパクトにご紹介。

スク水紳士すくみうさま運営、主にスク水とニュースを扱っておられるすくぅうみうぎというサイトさんとの合同企画でスク水小説三種を書かせていただきました。

スク水少女と夏の終わり
こちらには
banner.gif
ダイアリエ「いないいないばぁ」のたまきさまの手になる美しい挿画が付いております。

スク水少女と夏の始まり
こちらには、イラストとかお絵かきの練習場のもーPさまの手になる愛らしい挿画が付いております。

スク水少女と夏の続き
こちらには、みりん屋の落書き保管庫のみりん屋の人による味わいのある挿画が付いております。

ぜひぜひご覧くださいませ。

紺の三連星? いいえ、これはスク水小説です。

もうタイトルからして何がなんだかわからん仕様なのですが、
スク水小説三連作が仕上がりました
という告知でございます。

事の始めは、スク水紳士すくみうさま運営、主にスク水とニュースを扱っておられるすくぅうみうぎというサイトさんがですね、うちのブログの記事によくリンクを張って下さいまして、で、紹介していただいたらありがたいもんで記事の紹介ありがとうございました、とリンクをお返しするんですがそのときに私はものすごい素でサイト名を

すくぅうみずぎ

って間違えてしもてですね、もうそんときにやっちゃった感がすごくてですね。どのくらいのやっちゃった感かというとですね。




yattyatta.jpg

こんぐらいのやっちゃった感でしてね。


で、もうそんときのことものすごい引きずっててですね、いつかこうですね、ブリーチのアレみたいにですね、

bankai.jpg

する機会をですね、虎視耽々と狙ってたわけですよ。

したらすくみうさんがですね、
スク水作文コンテスト
なんてものを開くという報が入ってまいりましてですね。


ちゃんせ

とばかり、筆を執ったわけです。

んが、まぁ字数制限がかなり少なかったのもあり、
初手から守る気なんざなくてですね。

んで序に
スク水でどこまで書けるかな
を試したくなってですね。

スク水の夏が過ぎたにも関わらず
「なんかお題チョーダイ」
と無茶振りをしたわけです。

したら素晴らしいお題を頂戴しましてですね。

それに従い自分的には綺麗にまとまった三連作を上げてですね。

あーもーよーやっと肩の荷がおりたわーなんて安心してたらですね。

なんかすくみうさんも越後屋並の策略家でしてですね。

「ちょっと公開待っててね」

なんて言われておとなしく待ってたらですね。

なんかご自分のご存知の方の素晴らしい絵師さんにこっそり挿画を頼んでいやがりましたァァァァァァ!






このときの心境







esidisi.jpg




いい意味で。

いやもうアレですよ、こんなんされたらお詫びなのかお礼なのかわけわかめじゃないですか。

そしたらもうできることなんて
立派に公開すること
以外にないじゃないですか。


というわけで、すくみうさまのお心尽くしで駆り出された絵師さんによる素晴らしい挿画のおかげで精神と時の部屋で修業した悟空以上にパワーアップしてしまったスク水小説を下記にご紹介いたします。長い前振りあいすみません。


スク水少女と夏の終わり
こちらには先日の記事でも紹介させていただきました通り
banner.gif
ダイアリエ「いないいないばぁ」のたまきさまの手になる素晴らしい挿画が付いております。

スク水少女と夏の始まり
こちらには、イラストとかお絵かきの練習場のもーPさまの手になる愛らしい挿画が付いております。

スク水少女と夏の続き
こちらには、みりん屋の落書き保管庫のみりん屋の人による味わいのある挿画が付いております。

各絵師さんへの御礼は、小説の最後に掲載させていただきました。
ほんとうにありがとうございました。

でですね。

こうやって、自分の小説にですね、ぴったり合った挿画を頂戴して併せ読んでみるとですね。

ほんと絵の力ってすごいなって思うわけですよ。

そりゃもうそもそもの部分で
自分が書いた文章を絵にしていただけた
っていうだけで鼻血で吹っ飛びそうなくらいうれしいわけですけども
それより何より
訴求力
が違うわけです。

あぢきないテキストをスクロールして読んでってですね。

超絶キュートな少女たちが立ち現れるその瞬間の驚愕と感動と至福と言ったら!

もう一読者として蝶サイコーなわけですよ。
物書きの立場なんて吹っ飛びますよ。

というわけで、
こんな素晴らしいサプライズの橋渡しをしてくだすったすくみうさま、
貴重な時間を割いて素晴らしい挿画を描いてくだすった
たまきさま
もーPさま
みりん屋の人さま

ほんとうにありがとうございました!

スク水小説をお読みになりますか?

以前すくみうさまのスク水作文募集時に書かせていただいた
「スク水少女と夏の終わり」
すくみうさまがご存じの絵師さんに当たっていただき、なんとイラストがつきました。
早速HTMLを更新、ブログではなく本家サイトの方で展示させていただくことにしました。

こちらです。
http://www.geocities.jp/nekotahanmyou/novels3/sukumiulastsummer.html

banner.gif
たまきさま、ほんとうにありがとうございました。


子どもを産むに当たってはおなかもマ○コも痛みます(えつらんちゅうい)

ぶっちぎり月経痛で辛いところに

続・妄想的日常さんで



315 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/09/21(日) 09:32:43 ID:o/bOEGRz
「おなかを痛めて産んだ子」って聞くけどさ、実際はどうなの?
「マムコを傷めて産んだ子」じゃないの?男の俺にはよくわからんのだ。

316 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 09:39:47 ID:hXTP+QVs
>>315
苦しいのは別に出産時だけじゃないので。

317 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 10:13:05 ID:uqwwg/Wl
お前の母さんは今も苦しんでるぞ。



というレスを読んでその言葉足らずが気になったモンで、

子どもを産むに当たってはお腹もマ○コも痛みます

ということを説明してみます。

なお自分は通常分娩しか経験していないのでそれ以外の事例については検索して下さるとありがたいです。


先ず
お産ではお腹が最初に痛みます。

臍と恥骨の間の距離をおよそ等分して下さい。
その等分した真ん中に掌をあてたくらいのとこに子宮がある
というのが月経痛の際の感覚です。解剖図などを見るともう少し下ですが、
お産の際の陣痛
も大体そのあたりを中心に起こったので、そんな感じで良いでしょう。

で、お産に当たっては、もう外界でいっちょまえに生きられるようになったおよそ3000グラム3180立方センチメートルの胎児が入った子宮に子宮収縮ホルモン(オキシトン)が作用し中身を押し出さんと試みるわけです。
(胎児体積算出参照元:胎児体重推定式を作るための準備

このときの痛みを描出すると

全世界の重力がみっしり胎児の詰まった子宮という体内の小さな皮袋に集まってくる感じ

です。

まるで
イヤな方の元気玉
ですね。

いや、これないと生まれてこんわけですから、そら大切なのはわかってますけどね。

なおうちの第一子の際は首の周りにへその緒が巻きついててなかなか出てこなくて13時間かかって出血も牛乳瓶二本分だったもんで感覚を言葉で描出する余裕なぞありませんでした。初産なところにもって気力も体力も尽き果ててなんかボーっとしてました。ああこの感覚はこう言う風に描出できるななぞという余裕があったのは第二子のときです。楽なお産だったなぁ(第一子に比べて)。

まぁそういう質の痛みなんで便秘や下痢の際の病的に危機的な痛みとはちょっと違います。
やっぱり子宮という袋を作ってる筋肉がすっごい勢いと強度で収縮するわけですから
筋肉痛
とか
筋トレで過負荷をかけたときの痛みを増幅させた感じ
に近いでしょうか。
未経験の人にわかるように説明するというのはなかなかむずかしいですね。

で、そういう筋収縮の間隔が段々縮まって来て、君たちがコリコリするのが大好きな子宮孔が開いてですね、特にトラブルがなければあの立派で愛らしい赤んぼのお鉢が出てくるわけですけども、その前に恐ろしい儀式があります。

会陰切開。

これはなんであるかというと、
男の子がみんな大好きな北京オリンピック時の聖火守備形態のですね。
肛門よりの部分斜め下のあたりをですね。

お鉢が出る時に裂けないようにですね。

ハサミで。

バチンと。

いたたたたたたたたた。

するわけですよ。

もうね。

なんてんですか、子宮収縮の痛みってのはね、忘れるんですよ。
だって雌がいちいちお産の時の痛みに躊躇して一尾しか子ども産めなくなったら種の危機ですからね。
進化の過程で記憶の中のお産の痛みを宥めるシステムは折込済みなのだと思います。
つかこんなに種として難産になっちゃったのヒトくらいですからね。
他の種はおおむねつるつる産みますからね。

で、ヒトという種限定としても
切るのは進化の過程的に想定外。

こんなん多分ここ数十年の慣習ですよ。

で、これなんでやるかというと、
切らないと裂けちゃう
かららしいんですね。

いたたたたたたたたたた。
もっといたいわ。

お産が適切に進むと、合わせて会陰も程よく伸展して、お鉢が通っても切れないらしいんです。
でもそういうのはなかなか難しいらしい。
で、ぶっちゃけ
裂けちゃったのを縫合するのは切ったのを縫合するより遥かに難しいらしく
治癒も遅い上に
傷跡も綺麗にならないらしい。
そういう
予防医学的に妥当な都合
で会陰切開というのは成り立っているわけです。

じゃあ俗に言う
自然なお産
ではどうなってるの? という話なんですが、
切らないお産
推進派があるという話も聞いております。
それでうまくゆく事例もあるんでしょうが、
病院でのお産でも極度に短時間で生まれたために切開が間に合わず裂けて大変なことになった
という話もあるらしいので、
まぁどちらを選ぶかはご本人次第
とばかり記しておきます。

で、この切開、フツーにハサミで切るわけですから痛みの質も推察しやすいでしょうが、男子の方は
肛門にハサミ突っ込んで切られた
感じで想像してください。

いたたたたたたたたたたたた。

まぁそういう施術を受けるとですね、
トイレ怖い
便意怖い
ウンコ怖い
となってですね、
ぶっちゃけ自分なんか
お産は別にもっぺんくらいしてもいいが会陰切開がイヤ、本気でイヤ
という心情にまでなっちゃったわけですが。

いや、もうしませんけども。

というわけで男子諸君、
子どもを産むときはお腹もマ○コも痛みます
という理屈、わかっていただけたでしょうか。

因みにこの縫合跡、プロの目には明らからしく
以前婦人科検診受けたとき
「切りましたね」
と指摘されて

うっせーよ
よけーなお世話だよ

などと思ってしまったわけですが

まぁ、
ここを読んでる人はすべからくお母ちゃんから生まれてきたわけで
正常にせよイレギュラーにせよ、お産ってのはいろんなとこが痛むわけで
まぁそういうのを知っておくのも、自分の来し方行く末を考えるための材料になるから、いいんじゃないかなぁ、と。

あ、あともう一個。

赤んぼがおなかから出てきた後
後産
というのを子宮から出さなくてはなりません。

これ、いわゆる
胎盤

その他子宮の中に残ったもろもろ
なんですが、これが残ったまんまだとまた不具合が生じるらしくて。

で、これ
赤ん坊に乳含ませると
乳首吸われる感覚で
さっき出てきた
子宮収縮ホルモン
が分泌されて排出が促進されるらしいんですが。

やっぱり予防医学的な配慮から
必要に応じてお医者さんがお腹の上から全体重かけて両の掌底で押して出してくれます。

これも痛かったわ。

この後産排出とかは、昔やってた
天井から吊るした縄に掴まって出産
とかだと解決しそうな気がしますが、っていうか
お産の時にはもっと積極的に重力使った方がいいんじゃないのかな
とか思うんですが
まぁ病院でのお産に当たっては
「何かあったときの施術しやすさ」
を最優先に、ああいう
寝転がって強制大股開きという拘束マニア垂涎の体勢
になっているんでしょうから、仕方ないのです。



というわけで、これを読んでる君。



よくがんばって生まれてきたね。



おりこうさん。


駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。
忘れたくても思い出せないさま、記事の紹介ありがとうございました。
すくみうさま、記事の紹介ありがとうございました。
あにゅーるさま、気記事の紹介ありがとうございました。

120と150のスク水買ってリアルに比較してみた

最前からスクール水着の構造、特にスカート型の水抜きというやつが気になっていてですね。
あの穴はどのくらい深いんだろうかなー、と。

で、今日ふと御徒町行ったらですね。

スク水250円で売られてました。

で、どうせそんな安いんだったら
二つくらい買っとこか、と。

120と150、2サイズ買ってみました。

何のためかというとですね。

120というのは小学校低学年のサイズなんですよ。

一方の150というのは、日本人女性の平均身長が158ということから鑑みても、まぁ発育のよい子なら小学校高学年、わりとタイトな作りを鑑みても中学くらいまでカバーするんじゃないか、というサイズ。

この間に人というものは心と体の大いなるビッグバンのファースト・インプレッションを迎えるわけです。

そうなると水泳時の制服スク水にも色々配慮がなされているだろうと。
っていうか150で胸元にカップがついていないというのはほんとうなのだろうか、と。

そのあたり気になってですね、わざわざ二サイズ買ってみたわけですが。

それでも500円ですからね。
てか、会員だと1割引になって450円ですからね。

スク水二枚とA6 版コミックス1冊がほぼ同じ値段っつのはすごすぎるだろ御徒町。

それはともかくとして。

sukumiudouble.jpg

ガワはこんなんです。

「スクール水着」の文字がまぶしいですね。

で、開けてみました。

先ずは120の方から。

sukumiu120front.jpg

なんとなくウエストのラインがセクシーですな。

sukumiu120back.jpg

裏はこんな。

sukumiu120frontunder2.jpg

sukumiu120backunder.jpg


で、気になっていた水抜きなんですが、一つ上の画像見ていただくとわかるように、胸宛ての白い布のすぐ下くらいに来てます。

なんてんですか、
「知ってる? スク水ってここに穴空いてるんだよ? 」
なんて素肌を見せるわけにはいかないようなわりと深い構造です。
まぁ穴が空いてるのを告知するのはいいですが、素肌見せたいんだったら肩ひも引っ張った方が早いだろ、くらいの。

更にわりと大きめの名札が胸宛ての真ん中に縫い付けてあります。

はい、皆さんこの特徴よく覚えておいてくださいね。

さて、次は150です。

sukumiu150front.jpg

sukumiu150back.jpg

120と取り立ててかわったことはない…と思ったら

sukumiu150frontunder.jpg

sukumiu150backunder.jpg

胸宛て他の布がベージュです。
更に名札はタグと同化してます。
そして名札のところに謎のリボン様のループがあります。
ひっかけて乾かすのだろうか…? (型崩れすんぞ)

で、こちらもやはり水抜きは胸宛てのすぐ下まで来ているということがわかりました。

さてこうなると
どのサイズから胸宛てが白からベージュに変わるのかな?
ということが新たなる謎として生まれてくるわけですが、まぁ使い様もないモンさすがにあと二つも買うわけにはいかんので、このあたりで止めておくことにしました。
(まめちしき:ジュニアの衣料は120から160まで10センチ刻みのサイズ展開だよ)

しかしこのスク水、150なのにカップを入れる場所がないというのはどうも腑に落ちません。
フツー女子の水着の胸宛て布にはカップを入れられるよう脇に穴が開いておりさらにそのカップを支えられるよう胸乳の下あたりがちゃんと縫い付けてあります。
それがないというのは、この年頃の女子の発育を否認しているのではないか、とさえ思えるのです(性的な意味で)。
教育現場で使われる運動用具としての制服である水着が性的なものであってはならない、またその場に身を置く子どもたちも性的なものであるわけがない、だから膨らみかけた胸乳や凍えて強張った乳首を隠すためのカップなぞ必要ない、というような教育委員会的な頭の硬さというか、いやそこまでいいやしませんが(いうとるがな)、たとえば製造コストを下げるためだったとしても、カップはつけずともカップを入れられるような構造にしておいてあげるのがお年頃の女子のための親切ではないかと思うのです。
色々ナーバスになり初めんとするお年頃に対し水着で濡れ濡れなんていう羞恥プレイを強要するのならそのくらいの配慮があってもいいんじゃないかなぁ、と。
それとも胸元にでっかい名札つけるからいいんだろうか。

と思ったんですが、職場でお嬢さんお持ちのお母さんに聞き込みしたところ
「泳いでる時にわかるように名札は背中につけていた」
「うちは腰のあたりに小さい名札をつけていた」
とまぁ、学校によってわりとバラエティがあるようです。

そうするとやっぱり目立つの嫌な子のためにお母さんがカップ縫い付けてあげたりするんでしょうかね。
それともカップ縫い付けるとそれはそれで悪目立ちになっちゃって、恥ずかしいけどそのまんまなんでしょうかねー。

というわけで、メーカーさんにもよると思うんですが、140あたりからカップが入れられるようなデザインに変更していただけませんか、と、お年頃の娘さんを持つお母さんになり代わってお願いしてみる次第です。

以上、全国のスク水好きさんに捧ぐスク水レポでした。
(お前は誰の方を向いているんだ)

おまけ
楽天で検索してみたところリアル学童が着るのかわかんないようなのも混在してる中に、
カップ差し込み口ついてます
を謳っているスク水が見つかりました。
さらにこれ
短パン
アイロンでつけられるゼッケン付き
とかなり至れりつくせりです。

スク水に短パン着るの……? (´・ω・`)


いやいやいやいや。
というわけで件の商品はこちらです。
シンプルなスクール水着&パンツ☆ゼッケンつき☆

他にも有名ブランドが出してたり、セパレートだったり、まぁそりゃそういう風になるわな、という商品展開でした。
うーむ、勉強になった!


スク水紳士すくみうさま、記事の紹介ありがとうございました。やっぱりそのAA来ましたね。喜んでいただけたようでこちらも大変うれしうございます。ところで特記されて気づいたんですが
「『心と体の大いなるビッグバンのファースト・インプレッション』」
これ明らかに
初潮
ですよね。
あらやだ。
春の目覚めぐらいの表現のつもりだったのに。
あらやだ私ったら。
ところでこないだ職場でおばさん口調で喋ってみたところ
「おねえマンズみたいだからやめて」
といわれてしまいました。
やぁねぇまったく。
なんでいきなりおかまちゃんなのよう。
るいんずめもりぃさま、記事の紹介ありがとうございました。ぶっちゃけ第二子なら120いけるんじゃね? と思いましたがトラウマになりかねないので着せるのはやめました。男の子だし。
究極最終兵器2ndWeaponさま、記事の紹介ありがとうございました。
ふぇいばりっとでいずさま、記事の紹介ありがとうございました。
駿河電力/スク水.jpさま、記事の紹介ありがとうございました。
カトゆー家断絶さま、記事の紹介ありがとうございました。
とある日記ver.γさま、記事の紹介ありがとうございました。
やくろあんてなさま、記事の紹介ありがとうございました。
CWD Diaryさま、記事の紹介ありがとうございました。
あにゅーる様、記事の紹介ありがとうございました。
ツキノツバサ様、記事の紹介ありがとうございました。

ぼくがかんがえたすごいりょうり(閲覧注意)

鶏レバを買ってきてですね。

なんかこう、生姜煮とかじゃない、洋風のですね、香草の効いた感じにしたいと思ってですね。

色々料理本見たんですがなんか食べたい味のが見当たらなくてですね。

自分で考えてみたわけですよ。

で、パテは食べ方が限定されるんで、パテと似たような組成で、お惣菜になるような、アレです、原型残ってるの作ろうと思ったわけです。

レバのね。

で、レバってのはとにかく加熱しすぎるとよろしくない。硬くなるわけです。蛋白質の繊維がくしゃくしゃってなる前にスンドメしなきゃいかん。

で、こんな材料こんな段取りでこさえてみました。



先ず紫玉ねぎ一玉とセロリはっぱんとこと大蒜一かけをバーミックスでペースト状にします。
で、それにペーストの三分の一くらいのエクストラバージンオリーブオイルを入れてですね、気持ち塩多めに胡椒振ってで玉ねぎがまろやかになるまで煮ます。
同時に湯を沸かします。
ハツは半分に切って水で中の血を洗い、レバは一口大に切って気持ち水に浸けておきます。
で、湯が沸いたら火を止めた状態でレバを投入します。
で、霜降りくらいでざるに上げてですね、先ほどこさえたペーストに、これまた火を止めた状態でレバを投入、蓋をして粗熱が取れたところでもう一度火を付けて一煮立ちさせます。
こうすると蛋白質の繊維が生と同じような状態で固定されますんで、一煮立ちさせても硬くなりません。
で、味見するともう
デリシャス
なわけですよ。
うん、完璧。この玉ねぎのやや辛味を残した甘み、エクストラバージンの高い香り、大蒜も効いてるし、想定通りの味と柔らかさ。俺って天才?
みたいな感じなわけですよ。
紫玉ねぎもgood。赤紫でちょっとおしゃれなスペイン料理っぽいですよ。

で、こらぁいいもん作ったなぁと満足してもっぺん蓋して味しみるの待ってですね。

もっぺん開けたらですね。

どこに隠れてたんだか、アルカリ成分がですね。

きっちり仕事しやがりやがってですね。













food.jpg


こんなんなりましたよ。


いやもうあれですよ、昔紫キャベツでものすごく食欲のわかない
青い塩ラーメン
作っちゃったことはありますけどね。
あれはかんすいがね、アルカリ性ってのが後から思い当って腑に落ちましたけどね。
これはどこにアルカリ成分いるんだかわかんないの。マジで。
あれだね、肉は酸性なんて嘘だね。だって青だもんこれあからさまに。紫玉ねぎが全力でアルカリ性って訴えてるもん。
それとも何か、大蒜とかセロリとかがアルカリ性ってか。

まぁお前らも、人口に膾炙してる食品の酸性アルカリ性なんて燃やした灰を測っただけのモンだから、ほんとのpH知りたかったら、紫玉ねぎか紫キャベツと調理してみなさいってこった。




というわけでなんでこんな色なっちゃったかおわかりになる方ご教授お願いします('A`)


註:このあと、スタッフがおいしくいただきました。


nni's blogさま、記事の紹介ありがとうございました。


すいません、そういやぁレバの下ゆでに
ラーメンの生めん湯掻いた後のお湯
を使ったことを思い出しました。
つまり
青紫の原因はかんすい
です。
謹んでお詫びと訂正とをさせていただきます。
どーもスイマセン。

板垣先生パネェと思った一コマ

itagaki2.jpg

itqgqki3.jpg

itqgqki4.jpg

この流れから





itagaki.jpg

迷いなくこの一コマを突き付けてくる板垣先生はパネェっす。



メイキャッパーより

モンスター○○に苦しめられても表沙汰にできないだろうひとたち

百貨店の子ども服ブランドの接客を、見るとはなしに見ていた。

ダンスやらせる親御さんが好きそうな、カジュアルとギャルとをうまくブレンドしたきらきらピンク英字ロゴ系の子ども服ブランド。
ニットのピンクのルーズウエストなワンピースを着て赤ちゃん抱いた微妙に水臭いお母さんがおとなし目カジュアルのギャルみたいなカッコした女の子と服を選んでおった。
娘さんは小学四年生くらい。
非常に親しげな雰囲気だったので、二人はお母さん友達同士だと思ったのだが、ギャルっぽい方は店員さんだったらしい。
それにも驚いたのだが、それ以上にそのお母さんと娘さんとに驚いた。

まずお母さんがピンクのニットのワンピースを子どもに試着させた。
さらに黒と茶の色違いのブーツを試着させた。
子どもが独力で履いたもんだから踵にしわが寄っておる。
店員さんまだこのあたりでは子どもべた褒め。かわいーですねーよくお似合いですねー連発。中々微笑ましい。
こちらは、ニットなんてメンテナンス大変な服を子どもにかってやるなんてすごいなぁ、いくらぐらい稼いでる人がこういうとこで服買えるんだろうなぁ、と感心していたのだが。

伸びやすいニットのワンピースだし、すぐ脱がせるだろうと思ったら、脱がせる気配がない。
娘さんはそのまま店のハンドバッグやら服やらを触りまくったり取りだしてしげしげ見たりりラブベリータイムを満喫。
お母さんと話しながら追いかけるように店内を整える店員さん。
お母さんはお母さんで店の棚に置いてあるニットを袖掴んで引っ張りだしたり(あからさまに伸びてるぞオイ)、カタログを見ては何かしら店員さんに話したり。
このあたりで店員さんお母さんに向かっていない時の顔が無表情。
で、何か思いついたお母さん、黒のブーツを脱がせ両方茶色の試着を指示する。
これもやはり踵に皺が。店員さんお母さんと微妙に距離を取り始め、棚をはさんだ向こうの通路で服を整え始める。
それを呼び戻すお母さん。
そうしてまたあれこれ話しかける。
さらに壁にかけてある服の試着を求めるお母さん。再び試着室にゆき着替える娘さん。
店員さんの作り笑いも凍りつき始める。
そうしてお母さん、服の置いてある棚の間から、自分で置いたらしい飲みかけのコーラを取り出し、鞄にしまう。

ここに至るまで、およそ40分。

ネットでは百貨店の子ども服売り場の店員さんがモンスターカスタマー兼業のモンスターペアレンツに困ってるなんて、全然話題にならないし、マスメディアでも今のところ問題になっていない。
おそらく店員さんたちは、立場的にそういうことを明かせないし、ましてや匿名掲示板に書き込もうだなんて社会的生活圏の関係上思いつきもしないんだろう。
でも多分、お客様は神様と自認しているうちの子はナンバーワンでオンリーワンなバブル世代辺りを真っ向から相手にしなきゃいけない百貨店のハイブランド子ども服売り場の店員さんというのは、想定以上に大変なんじゃないかと思ったのだった。


すくみうさま、記事の紹介ありがとうございました。

あの島耕作も!

kousaku.jpg

白ブリーフ派だった!

課長島耕作

切れる子どもを止めるのは道徳よりも損得だ。

今だから白状するが、うちの第一子は一頃大変な破壊魔であった。
明かすのが恥ずかしいほどに些細なことで切れて破壊したもののうちとりわけ重篤な損害をもたらしたもの
買って半年のノートパソコンの液晶
自分のDSLiteのヒンジ
第二子が大事にしてたドラクエ鉛筆

被害額およそ20万くらいか。
ドラクエ鉛筆は心情的にプライスレス。
つーかパソコンのデータもまじで飛んだ。ヤマダ電機に持ち込んでデータ引っ張り出してもらったんだが、完全とはいかずこれもまたプライスレス。

あれ以来エロ画像の秘蔵先はUSBメモリになったわけだが(←がんばるとこちがう)。

でまた上の子は実に的確に人が大事にしているものを狙ってくるわけだ。
てか、DSLiteのヒンジ破壊した時には正直驚愕した。お前それ自分のやろが。

道徳はさんざ説いた。人の大切にしてるものを破壊するということがどれだけひどいことなのか、それをすることで失われる信用が如何ほどか、無駄にある表現力でキリスト並の譬え話駆使して説きまくった。

しかしながらまるで効果がナッシングゥゥゥゥゥ! 奴はイラつくとすぐに
「またパソコン壊すよ」
などと脅しをかけて来やがるゥゥゥゥゥ!

のでもう道徳はやめだやめ! こういう手合いにはいっそ損得で話をするべきじゃなかったのか?

というわけで、こんなふーに説いてみた。

「もうわかった。お前には道徳方面でこの件について話しても多分どうにもならんだろう。
お前は道徳について一応弁えてる。普段のお前はわりときちんとしてるからな。
で、切れて何かもの破壊しても、それを開き直るわけでもない。後でちゃんと悪かったって思って謝ったりすごく反省して落ち込んだりする。だからお前は人が大切にしてるものを壊しちゃいけないっていうことはちゃんとわかってると思うんだよ。
でも思うとおりに行かなくてキレると、お前は物を壊す。そのときもうお前は悪いこととかそういう判断の上に行っちゃってるわけだ。悪いこととわかってるけども相手に報復したい、僕をこんな嫌な気持ちにさせた相手は傷ついてもいい、とか、そういうところにいっちゃってる。そうなるといくら普段のお前が
道徳についてわかってても無駄なんだ。もうお前は道徳をわかってる自分を越えちゃってるわけだから。
だからそういうときにはな、
「これをすると損するか得するか」
って考えてみろ。
お前DS壊したよな。で、お母さんトサカに来て暫く修理に出さなかったからその間遊べなかったし新品交換してもらったけど修理代として3500円かかったろ? で、そのうちの2000円と送料は自分で出さなきゃいけなかったろ?
もしお前があそこで切れてDS壊さなかったら、2500円分お前は自由に使えたわけだ。
でも我慢できなくて壊しちゃったから、遊べない期間が出て、そんなことしてなければ払わなくてもいいお金を払うはめになった。
お母さんのパソコンだってそうだ。ああいうことされてお母さんは買ってからまだ半年も経ってないパソコン買い換える羽目になった。新しいパソコン買ったお金はみんなでどこか旅行に行けるくらいのお金だ。それがお前のせいでなくなっちゃったわけだ。
第二子の鉛筆だって、お前は第二子が僕の鉛筆をおろうとしたから僕も折ってやったんだっていってるけど、実際に折ったのと脅しただけってのは全然違うだろ? 大体実際に破壊しちゃうとコストがかかるし証拠も残るんだ。お前がいくら第二子が折るって脅したって言ってもお母さんその現場見てないし証拠も残ってないから判断できないよね。でもお前が折っちゃった証拠は厳然と残ってる。だから第二子よりもお前が明らかに悪いと判断される。実際に折っちゃったからだよ。
なんでもそうだ。脅されるのと実際に壊されるのと、気持ちの上でのダメージは同じくらい大きいように思うかもしれないけども、他の人が後から判断する基準って言うのは客観的に被害が確認できるかどうかなんだ。
壊れたものは見えるけど、いやなこと言われて傷ついた心とかは見えないからな。
そうするとお前、いくら切れてもものを壊すのはものすごく損だろう。余計なお金かかるし人からの見方は悪くなるし自分も傷ついたんだって言う気持ちは無視されちゃうんだぞ。
口で悪いこと言うのはしょうがない。お母さんも言いすぎることあるし、第二子もお前が納得いかないようなことするのは知ってる。だからお前が相手に報復したくて相手を自分と同じくらい傷つけたくて口で悪いこというのはしょうがないと思う。それはたぶんある意味でお互い様だ。お前がひどいこと言いたくなるときっていうのは、やっぱりお前が嫌な気持ちになったときで、たとえお前が最初に悪いことをしたためにそういう風に言われることになったのだとしても、悪口いうことまで止めようとは思わない。言いたくなる気持ちもわかるからな。
でもものは壊すな。
お母さんがさんざ話したことでもうわかったと思うけど、得すること1個もないからな。
わかったか? 」

人間よほどの病質でないかぎり、およその道徳ぐらい身についているものだろう。
にもかかわらず、衝動的に違法行為を働いてしまうのは
損得が勘定し切れない
からだと思うのだ。
ムカついたから破壊
を容易くやってのけたうちの第一子を見ると、つくづくそう思う。
もちろん道徳だけで抑制できればどれほどよいか。
だが抑制できない場合、損得で説く、コスト感覚に訴えるというのは、大変有効なんではないか。
大体法律はそうやって成り立っている。
集団の秩序維持に反する行為をしたら個人的に大変な損をするよ、そういうふうに取り決めて集団にとって損な行為を抑止しようとしているわけだ。

一時的にせよ道徳の彼岸に立ってしまった人間に、道徳を行動基準に採用せよというのは結構無茶振りだと思う。
で、現行法からして、そういう状態の人間への最終的な抑止力が損得だということは明らかだ。
だから、道徳論だけでやんちゃ坊主を抑止しようなどと思わなくてもいいんじゃないか。
そういうことを、衝動的に違法行為を働いてしまった人々の、特に子どもたちの報道を見るにつけ、つくづく思うのだ。
彼らに必要なのは、道徳のお題目じゃなくて、
「それをしたらどういうコストをどれほど支払わなくてはならないか」
という損得勘定と、それをするための知識なんじゃないか。
もしそれができていたら、子どもたちも、被害者の方々も。



……無事な人生を送れたのかも知れない。


RinRin王国さま、記事の紹介ありがとうございました。
るいんずめもりぃさま、記事の紹介ありがとうございました。
すくみうさま、記事の紹介ありがとうございました。

ケーキ持って帰る時って

「お願いだから向かってこないでください! ケーキ持ってるんです! 」
って言いたくなるよね。







我が愛しの第二子よ、お誕生日おめでとう!



お母さんからのプレゼントは桃鉄だ。
そのうち買うから待ってろ。
(元旦那の実家から買ってもらったドラクエⅤがあるため今与えるのは危険と判断、延期に入ります)

たべたことのあるむし

小学校三年生の第二子が
「僕のともだちね、いろんな虫食べたことあるんだって」
という。
まぁイナゴハチノコあたりだろうな、と高括って続き促したら
カメムシとね、バッタとね、アリとね……」

………。

いきなりハードル高いな、おい。

お前に子どもを教育する権利をやろう

先日子どもが夏休みの宿題と称して愛鳥週間ポスター描きを始めたので、ここぞとばかりにお母さんのスキルを注ぎ込んでみた。

何しろ夜の七時に始めて九時にはなんとか終了させねばならん。いかに効率よく見栄えのよいポスターをでっちあげるか、それが最終目的である。

子どもたち二人ですでに昼のうちに
鉛筆で下書き
下書きした線を色にあったクレヨンでなぞる
というところまでは済ませておった。

そうすると次に来るのは一番失敗率の高い色塗りである。

さて、ではなぜ色塗りは失敗しやすいか。

こういうポスター描きでは大体において水彩絵の具での彩色が求められている。
んが、学校で支給される水彩絵の具というのが曲者だ。
何しろ大抵の場合
色を混ぜれば混ぜるほど濁ってゆくマット水彩
なんである。
で、こんなときに備えて私はハンズで一番やっすい透明水彩を買っておいた。
なんかおフランス製だが、この際どーでもいい。
やっと役立つときが来たのだ! いっけぇぇぇ! ルーブル水彩絵具

だが水彩絵の具だけの彩色では時間短縮にはまだ甘い。

チューブ式にはパレットが必要だ。そしてパレットには絵筆が必要だ。そーすると筆洗いやぞうきんも必要だ。作業終了時にはこれら全ての道具を水洗いし干さねばならん。またそれらすべての道具を広げる空間も必要だ。だがんな場所ないし手間もかけたくない。(その前にテーブルからパソコンをどかせ)

そうなると次は貴様の出番だ! ステッドラー・カラトアクェレル水彩色鉛筆、水を含ませると水彩画になる良質な顔料で作った水彩色鉛筆!
これでクレヨンでかいた羽の間を埋めろ! 重ね塗りバッチコーイ、これも透明水彩仕様だから色が濁ることはない。
塗り終えたら今度は絵手紙用の水筆ペンで水分を含ませろ!そうすると恰も最初から筆で塗ったような美しい発色が見られる。
それを繰り返してあらかた塗ったら乾き次第羽の質感を色鉛筆で加えていけ!
最後に空を藍色でぬろう! 透明水彩絵の具を小皿にチューブから出し水で薄めた後適当な大きさに切ったスポンジで拭いていこう! 筆だと一番太くてもむらになりやすいが、この方法なら滑らかで均質な色の空が書ける。夜から朝焼けに遷りゆく空に。
文字も適当に書いてはいかん。バランスを見て、定規で配分して、その中に丁寧に書けばそれなりにかっこがつくからな。

で、最後の仕上げ。第二子のが描いた熱帯の鳥はラメ入りのペンで縁取った。そういう色鮮やかな作品だったからだ。上の子が描いたみみずくは目と顔の周りにだけ手持ちの蛍光絵具を入れた。暗くなると光るという学校だと非常にわかりづらい拘りのギミックだ!

とまぁ。

鳥の図鑑をモデルにそういうお仕事を二時間で済ませて

ふひゅぅぅぅぅ いい汗かいたぜ!

だったのだが。

美術を専門になさっている方から見れば童貞ちんこにも等しく稚く拙いスキルに道具であることは自認している。
が、こういうスキルに関する知識を蓄え、また道具をそろえようと思った動機というのは、
小学校の頃にあまりにも美術系のスキルを教えてもらわずさらに道具にも不足を覚えたための不満
なんである。

もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに
という、少し前に話題になった増田の記事があったけれども、テクニック云々以前に、日本の子どもは(海外の事情は知らんが)マット水彩というものの特性を教えてもらうことなく、色はとにかく混ぜれば作れる、ということを叩きこまれてしまう。
さらによくないことに、当時の水彩絵の具の緑要員は
どうみても苔色です本当にありがとうございました

ビリジアングリーン

黄緑
しかなかった。
これでどうあの瑞々しい木々を描けばよいのか、幼い私は途方に暮れ、黄色だの藍色だのを混ぜくっては逡巡しているうちに筆洗いの水がドドメ色になっちゃうというのが落ちであった。

色鉛筆も同じだ。
基本として与えられる十二色には緑が入っていてまだ良心的だったものの、微妙な色はどうやっても出せず、薄塗りに薄塗りを重ねてやっぱりいま一つ綺麗な感じに仕上がらなかったりした恨みがある。

そういう恨みがあって、何故美術展で見る水彩画はあれほど美しいのか、自分で描く水彩画はなぜそもそも色を作る段階であれほど失敗するのか、その間にあるものを調べた結果、透明水彩というものの存在を知った。
さらに今は自分が子どものころより多色の色鉛筆が安くなっているのもあり、子どもに与えた色鉛筆は50色入りだ。
トンボの色辞典も買った。あれは美しい。
その他にも物珍しい画材があるとつい買ってしまう。もちろん素人さんのレベルだけれども。

増田さんの話はよくわかる。
あの頃の画材による見えない天井と考えあわせても、やはり学校の先生の指導には色々と不足があったと思わざるをえない。
画材そのものの特性やその活かし方(ポスターカラーの厚塗り時の堅牢さ・透明水彩のクリアな発色双方を目論んだ挙句どっちつかずになっちゃったようなマット水彩の活かし方というのが未だによくわからないのだけれども)の知識の不在、また一つの作品は一つの画材でのみ完成させなさいというような風潮、それらはもっと自由でいいポスター描きなどの足かせになっているだろうことは否むべくもない。
だが一方でそれらを教えろというのは授業の現状からしてかなり無理なんではないか、と思う。
モンスターペアレントを控えさせた子どもは悪い方の対極としても、一度授業を参観してみると、
技術を教えるなんてそんなバヤイじゃない
机に道具を事故なく揃えさせ、絵のようなものを描かせるだけで手一杯

というのがよーく理解できる。

求めだせば、いくらでも学校や先生に求めることは見つかるだろう。それこそ天井知らずだ。
だが学校とそこに集う子どもらの現状を思えば、
授業参観の度に廊下や教室の壁に貼り出される作品群
が途方もない偉業であると直観できるのもほんとうだ。
先生はたった一人で、教室以外ではけして絵筆を持つことなぞないような子どもを含む、家庭環境もまちまちな三十人からの子どもに、輪郭を鉛筆で描き絵具を水で溶き色を塗り心中のイメージを紙に落とし込むことを教えているのだ。
大変なことである。
勿論教えるのは水彩画のみではない。版画だの粘土だの工作だの、「嗜みとして一度は実践しておいたほうがいいスキル」を一通り教えてくれるのである。
先生というのはほんとうにえらいし、学校というのはほんとうに素晴らしいところだ。
基本的には先例を踏襲すればよいのだろうし、手の抜きどころってのはあるんだろうが、それでもあの作品群を見ると、あれはもう子どもの作品というより先生の指導力尽力の証左としか思われず途方もない感銘を受けるのである。

振り返れば大抵の場合、親も先生も、自分が疑問をぶつけても、
「そのくらい自分で考えなさい」
「そのくらい調べなさい」
「わかんない」
「知らない」
で強制終了するのが常だった。それがいい結果に結びついたのかどうかわからないが、とにかく自分は図書館なぞで手当たり次第に本を読み、いざというときに活用できるよう知識を蓄えておく癖がついた。
道具もそうだ。大人のまなざしで子どものころを顧みて「あれがあればよかったなぁ」「あのときの自分はこういうものが欲しかったんだなぁ」と思い至ったものを見つけると先んじて買ってしまう癖がついた。おかげでいざというときにはミニドラなみの活躍ができるようになった。
「おかあさーん、ポスターがうまくかけないよう」
「はい、透明水彩~」
なんつってな。

増田の人の不満や不足は大変尤もだ。だがその不満や不足は、増田の人自身がこれから出会う誰かの不満や不足の解消につながっていくものだと思う。
そも学校にも先生にも限界がある。それは多分、ごく少数の子どもに関わる機会しかない先生以外の人間には想像すらできないほどにシビアなものだろう。
だから増田の人にせよ、その他の先生の指導に後から不満や不足を覚えた人にせよ、その不満不足を覚えた瞬間に、こう言われたのだと思えばいい。



「お前に子どもを教育する権利をやろう」



子どもだった自分が覚えた不満不足は、今のあなたが今目の前にいる子ども(自分のとは限定しない)に対し、覚えさせないようにすればいい。
先生一人に教育させちゃいけない。そんな重荷は誰も一人では担えない。

というわけで、この増田の人は、きっとよい家庭教師や親御さん、ことによると先生になるんじゃないかなぁ、と、しみじみ感じ入った次第。


RinRin王国さま、記事の紹介ありがとうございました。
nni's blogさま、記事の紹介ありがとうございました。
明日は明日の風が吹くさま、記事の紹介ありがとうございました。
すくみうさま、記事の紹介ありがとうございました。

公文式のサンプルスケジュールこぇぇぇぇぇぇ

うちの小さい人が公文式やりたいっつんで調べてたところ
「「算数・数学」「英語」「国語」を学習している、小学校1年生のA子ちゃんの一週間を見てみましょう。」
というサンプルスケジュールを発見。

こんなの。

p_index_03.gif


いや、なんつーかさ。いくらサンプルっつってもさ。
節度っつーもんがあるだろーがよ、節度っつーもんが。

小学校一年生で友達と遊ぶ時間が週に二時間しかないってか?
家族と交流する時間なんざはなからないってか?

てか小学校一年生で昼の一時から五時まで県立図書館(また県立ってとこがなぁ)で読書ってそれマンガの設定でも没にされるから! 非現実的だっつって!


(もっ回見直してる)

…うーむ。
やっぱり無理。
なんかもう架空のA子ちゃんにもらい泣きするわ。

大体公文式行こうなんてやつはここまでみっちりやんねーだろ。サンプルとターゲット層が乖離しすぎだっつーの。
というわけで公文の広報部の方々、架空のA子ちゃんのスケジュールをもう少し緩くしてくださることを切に望みます。


もう勘弁さま、記事の紹介ありがとうございました。

スク水少女と夏の始まり

 あの頃夢見た大人に、俺はなっているのだろうか。
 
 子どもたちが水を撒き散らかす度に塩素の匂いが充満する。ここは神田のとある公園、駅前にはサラ金と居酒屋とパチンコ屋が並びながら十分も歩けば小学校とその最寄に作られた小さな児童プールのあるこんな場所に出る。都会のオアシスというにふさわしいこの場所だが、今日に至るまで俺は子どもが遊んでいるのを見かけたことがなかった。
 毎日水を入れ替え、監視員まで付けて、子どもを待ち構えている遊具だらけのこの場所に屯しているのはほとんどがサラリーマン。
 営業に行き詰ったのか、数多ある漫画喫茶やビデオルームに行くだけの金もないのか、煙草も禁じられたこの街で、サラリーマンたちはペットボトルを片手に子どもや親子連れのために作られたのだろうベンチに体を預けている。
 まるで真夏の死体のようだ。
 そう、この国の大人たちは死んでいる。生きながら死んでいる。貰える宛てのない年金や自分には回ってこない福祉、構築したシステムの天辺に胡座を掻き薄く広く長く静かに稼ぎを掠め取り続ける連中にそれと気付かず血を抜かれそれでも死に切れず蝉や蜂や蜻蛉やその他の虫けらどもが落ちては乾いてゆく黒い地面を彷徨い続けて。

 皮靴の爪先に、西瓜の汁が垂れ落ちた。

 親の時代、恙無く歩む者には昇進が約束されていた。万年平社員というのは敗北者に与えられる嘲りの言葉だった。今はどうだ。平社員、素晴らしいじゃないか。平だろうが何だろうが正社員なら万々歳だ。毎年の昇給なぞ望むべくもない。ただ会社に所属し続けることができるだけで、会社に雇用を保証されるだけで、一体それがどれだけ贅沢なことだったか。
 今ならわかる。
 そして、わかったときには何もかも遅いというのも、人生という物語のお約束なのだ。
 
 足の先に、新しい水が滴り落ちた。

 少し目を上げると、ピンクにラメの鼻緒のついたビーチサンダルを履いた、小さな足が見えた。
 子どものようだった。
 今の俺は、その子にどんな風に見えるんだろう。
 そう思うと、顔を上げる気にもならなかった。
 少女の足は暫くの間そこに留まっていたが、そのうちプールの方に戻っていった。
 それでいい。
 俺は真夏の死体なんだから、お前たちみたいに新しい心と交わっちゃあダメなんだ。
 絶望が伝染っちまう。
 そんな風に思いめぐらしていた俺の前に、またさっきのビーチサンダルが止まった。
 「あの……」
 差し出されたのは、水色の縁取りの白いガーゼのハンカチ。
 「これで、……あの……」
 その声が、いつか聞いたあの声に似ているように思われて、俺は顔を上げた。
 スクール水着を着て、体中を滴に濡らして、真っ赤になってハンカチを差し出している少女が、そこに居た。

 俺は食べかけの四つ切りの西瓜を膝に抱えて、少女を見ていた。
 少女は少女で吃驚したような顔でこちらを見ていた。
 「あ……泣いてなかった」
 呟いて、無意識に零れおちてしまった内心に羞恥して更に真っ赤になる。それからまた何かに気づいて気を取り直し
 「あの、これで、西瓜の汁、拭いて下さい」
 言い切った。
 「あ、いや、あの、汚れるから……」
 俺は、まるで少女そのもののように優しげなガーゼを庇いたくてそんなことを言った。それから、プールの監視員や、背中にある交番のお巡りさんが、少女と成人男性との交流を怪しんで飛んでこないことを心から願った。

 「ごめんなさい、間違えちゃって…私、お兄さん泣いてるのかと思って心配になって……」
 信じられないことに。
 少女はそのまま俺が座っているベンチのはじっこに座って、話しかけてきた。大人が泣いていると勝手に勘違いしてハンカチを差し出してしまったことを悪く思っているのかも知れない。そんなことは思わなくてもいいのに。
 「いや、……」
 何と言っていいのかわからない。
 「そこに……」
 少女は地面を指差した。
 「水の跡があって、お兄さん俯いてたから、泣いてるんだと思ったの」
 「…ごめん」
 ぱた、と少女のビーチサンダルが音を立てる。
 「お兄さんこのへんでお仕事してるの? 」
 お仕事、か。
 「うん…まぁ。」
 明日には通わなくなってるかもしんないけどな、内心で毒づく。
 そんな俺のやさぐれなぞ知りもせず、少女は、大切なことを伝えようとするように、ゆっくりと言葉を続けた。
 「私のね。
 お父さん、今病気なの。
 ずっとおうちにいるの。
 お父さんすごくまじめで、お仕事大変で、……それで、もうあんまり忙しくて心が疲れちゃったんだって。
 病気だってわかる前、お父さん、夜中に電気つけないで時々泣いてたの。
 私、そのとき、何にもしなかった。
 何していいかわからなくて。
 どうしていいかわからなくて。
 私、お父さんが泣いてたの知ってたのに、何にもしなかったの。
 あのとき私が声かけてたら、お父さん、病気にならなかったのかも知れなかったのに。

 だから、私、そういう人を見たら、絶対に……。」
 
 まっすぐな瞳。
 焦げ茶の虹彩に走る、星の始まりのような放射線。
 少女の肌は、いつの間にか乾いていた。

 「……でもお兄さん、西瓜食べてただけだったんだ……」
 落胆したように俯く。
 「いや、あの、確かに俺西瓜食べてたけど、ほんとは……」
 一呼吸して、自分のほんとうを明かすことを決意した。
 「……ほんとは、仕事でミスって、もうこの仕事向いてないって思って、やけくそになって、…そこのスーパーで無理言って西瓜切ってもらって食べてたんだ。」
 少女の顔が、先ほどの切実から好奇心へと豹変した。
 「なんで西瓜? 」
 くすくすと喉が音を立てる。
 「いや、……夏っぽいから」
 またビーチサンダルがぱたぱたと音を立てる。少女はひとしきり楽しそうに笑った後、
 「西瓜ください、お兄さん」
 下から覗きこむように。
 「…食べかけだから」
 断ろうとするのを
 「いいじゃん、夏なんだから」
 せがんでくる、その滑らかに白い肩と鎖骨のくぼみとスクール水着の紺色と。
 「…わかった」
 西瓜を押しやる。
 それから訪れたのは、夏のデジャ・ヴ。
 
 そうだ、あれは確か小学校六年の夏。
 同級生のスクール水着にやられた俺は、プールから上がれなくなって友達の呼びかけにも答えずじっとしていた。
 そこに来たのが、当時の学級委員長の崎野。
 何をどう誤解したのかわからないけれども、今のこの少女と同じように、多分あいつも何度も俺の様子をうかがい、そうしてわざわざ教室からハンカチをとってきて、俺の前に差し出したんだろう。
 顔を上げた俺の前にあったのは、少し傾きかけた夏の日差しに縁取られた、恥ずかしそうな崎野の仏頂面と、胸元から下だけ濡れたスクール水着だった。
 
 まぁ、そのせいで更に上がれなくなったわけだが。

 「ちょっと温くなってる。
 でも、ちゃんと甘いね。」
 
 西瓜を齧る少女の横顔を見ながら。

 もう少しがんばってみよう、と、思った。







えーというわけで、すくみうさんとこで開催しておりました「スク水作文コンテスト」にエキシビジョンとして参加させていただいたわけですが、折角のご縁なのでここらでいくつかスク水小説を捧げたいと思いまして、「もしご注文等あらば」とすくみうさまに無茶振りしましたところ大人の対応もって色よい返事を頂戴しまして、書きあがりました第一作がこちらの作品でございます。この作品に興味をもたれた方はスク水の素質がおありです。ぜひともすくみうさまのサイトにお越し下さりませ。
んではすくみうさま、今回はいろいろと本当にありがとうございました。
すくぅうみうぎ

3と8とを間違えて

職場の皆さんを20分残業させてしまいました。
ごめんなさい(´・ω・`)

明日ケーキ買ってくからね。

フォローしてくれてほんとにありがとう。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。