ていぱーくに一人で行ってはいけない理由

「パラポラアンテナで小声で会話」
とか
「昔の電話で喋ってみよう」
とかが一人だと遊べないからです。

さびしかったです。

スポンサーサイト

深イイ話は

深くていい話を浅く紹介する番組なんだな。

ユニクロのサンデーマガジン50周年記念Tシャツが微妙に第三の選択っぽくなっている件について

少年サンデーと少年マガジンが同時に50周年を迎えたのを機にいろいろタイアップしてがんばってるわけですが、なんというか
ジャンプスクウェアは創刊号買って帰るつもりになりましたが
月刊少年ライバルはあまりにもでかすぎて持って帰る気分になりませんで。
いやー人間の期待感とコスト感覚というのはほんと難しいもんですよね。
創刊号ぐらいご祝儀含め買うつもりあったんですけどねー。
いやほんとあれはでかすぎて無理。

で、これからは二誌組んでがんばっていくのかなーと思ってたら
小学館集英社プロダクション
なんてのがでてきたりして
読み手としては
もぉいいからお前ら三人でやれよ
なんて気分になったりもして。

で、ユニクロが今年2008年の3月17日から
サンデーマガジン50周年記念Tシャツを出してることはご存じのことと思います。
が、このTシャツ、なんかもう考えすぎて斜め上にいっちゃったような、そういう
「第三の選択」
な匂いがしまして。

というわけでここで第三の選択について糸色先生に説明していただきましょう。



第三の選択とは?
thirdselection.jpg


thirdselection2nd.jpg


thirdselection3rd.jpg


というようなものです。先生、ありがとうございました。


さて、こういう企画だと

数ある名作から作品を選ぶ

さらにその中から名シーンを選ぶ

それを元にデザインする

という
考えるだに大変な仕事があるわけです。

で、ファン的には単純に王道行ってほしいんですが、
「何故この漫画でこのシーンこのデザイン!!!??? 」
という
第三の選択
的デザインが今回の記念Tシャツには溢れているのです。

たとえば、はじめの一歩のTシャツ第一弾のデザインが
これ↓
takamura.jpg

いや、すごい名シーンだと思います。思いますけどもね。

第一弾が一歩じゃないのはなぜだろう
とか
名シーンだけど折角鷹村さんならもっとガチファイトのシーンにしてほしかった(主人公じゃない以上二枚目は出ないだろうし)
とか
なんでこのうすぼんやりした色目なんだ? さらになぜグレーとオレンジという組み合わせなんだ?
とか、そういう疑問が自然と出てきてしまうわけです。

で、初回が鷹村さんだったらさすがに一歩のも出るだろうと首長くして待ってましたらですね。

joeippo.jpg


こんなん出ました。
いや、ジョーも一歩も大好きですよ。少年誌における金字塔的ボクシングマンガのコラボなんて企画的には素晴らしいと思うんですよ。でもね。

なんで一歩こんな辛気臭い顔してるんだ、と。

燃え尽きたジョーの方がよっぽどいい笑顔してるじゃないか、と。

折角なんだから一歩のいい笑顔見たかったなぁ、と。

あとなんかクロスさせた腕、位置不自然な上にでかすぎね? とか。

そんな気持ちになってしまうわけですよ。

じゃああなたの考える王道的なデザインとは何か? という話に当然なるわけですが、たとえば

これとか

sanpei.jpg


あ、着てみたいなぁ、かっこいいしキャラクターもいい顔してるよなぁ、うん、この作品ってこういうんだよなぁ、と思う、そういう仕上がりになってると思うんですよ。

でね。
今回、こんな
結局のところ個人的主観
に過ぎないような記事を書こうと思ったには、ユニクロさんとマガジンさんがほんとうに衝撃的なデザインのTシャツをぶち上げてきたといういきさつがございまして。

これです。

third.jpg


もう一目見ただけでその圧倒的な火力に完敗ですよ。
両腕だけじゃなくてケツにまで白旗さして降参しますよ。

ファンに対する踏み絵なんでしょうかね、これは。
しかしこれは第三の選択というよりは
明らかな確信犯ですよね(間違った使い方で)。
なんかもう、ほくそ笑む編集さんが目に浮かびます。
「買うよね? 」
といいたげな。


で、
こんなもの一体どこで着るんだ
と思考実験すると、当然
ビッグサイト方面
という結果しか出てこないんですが、
しかしまぁこんなにアレゲなデザインのTシャツというのも珍しいんじゃないんでしょうか。
しかもこれ
ファンが個人的に作った
というレベルでなく
ユニクロで
出版社公式で
発売されたわけですからね。

なんだか大変な歴史的事件に立ち会ってしまったような気がします。

というわけで、これからいったいどの作品からどのシーンを選んでどんなデザインのTシャツがが出るのかはわからないんですが

これぞ王道!

というデザインの方が、買い手としてはうれしいかなぁ、なんて思ったりもしているのです。

個人的には

nandatte.jpg

これと

hyottosite.jpg

これが出たら速効買います。はい。

あといろいろあろうが王道デザイン子どもサイズでガッシュのを出してほしいです。やってくれたらサンデー編集部神。


すくぅうみうぎさま、記事の紹介ありがとうございました。
かーずSPさま、記事の紹介ありがとうございました。
ふぇいばりっとでいずさま、白い戯言さま、ネギま!部屋さま、Into Eyesさま、GA MAnga Bookmarkさま、カトゆー家断絶さま、まとめアゲ~!さま、痕跡症候群さま、人生模様さま、GIGAZINEさま、記事の紹介ありがとうございました。

暴力に慣れていないものが暴力に訴える情況というのは

暴力以外の手を尽くしても自分の意志が伝わらないときだけだ。

だから僕は君の言葉を聞こう。

君が暴力に訴えなくても済むように。

小学校五年生の第一子の林間学校のテーマソングが「残酷の天使のテーゼ」になった件について続報

林間学校を日曜に控えた息子に
「そういやぁ残酷な天使のテーゼはどういう風に使うの? 」
と尋ねてみたところ
「みんなでキャンプファイヤーのときに輪になって歌う」
('A`)
「もしかして…踊るの? 」
「うん、振り付けあるよ」
「…そこで踊ってみて? 」
「やだ、無理無理無理無理絶対無理! 」

('A`)

…振り付け……('A`)……・?

(正直付き添いたいと思いました。ハイ)

第一子の小学校で催される林間学校のテーマソングが残酷な天使のテーゼに決まったそうです。

最近観光先での学生・生徒さんの落書きがよく発覚しますが。

観光先の歴史的な建造物に落書きしやがるバカチンは昔から居たと思うんですよ。



rakugaki.jpg



なわけで

● 最近の学生さん生徒さんには落書きはまずいんじゃないかと想像する頭はないがきちんと学校名を書くだけのゆとりはある

● 最近のマスメディアさんには学校名から特定された学生・生徒さんの落書きをネタにできるだけの紙面・メディアのゆとりがある

さぁどっちだ。


知人の結婚式に参加する際の衣装選びで気をつけたいこと

先日職場の後輩の女の子がお友達の結婚式に参加してきたらしいんだが
私以外みんな黒のドレスにピンクのショールだったんですよー
という話を聞いて正直驚愕した。
(ちなみに本人はピンクのドレスだったらしい)

で、うる覚えなんだけど、働きマン
わりと落ち着いた年齢になった友達の結婚式につい黒のスーツで行ってしまったけれども、花嫁を華やかに見せる意味でも、場を華やかにする意味でも、もっときれいな色のドレスを着てゆくべきだった
というエピソードがあったように記憶している。

黒というのは「どの色でも合わせやすい」「わりとシチュエーションを選ばない」ということで、一つドレスを持っておきたい、というときについ選んでしまう色だと思う。
んが、上記のようなビミョーな状況を避けるためにも、また場を華やかにするためにも、きれいな色目のドレスを着た方がいいんだなぁ、と思ったのだ。
そのドレスも、花嫁さん花婿さんへのご祝儀の内、ということで。
うぉ、きれいにまとまったぜ!


雷句誠先生ってすげぇ! と思ったコマ。

victreme.jpg


金色のガッシュ!!

どうしてお前らはスク水がそんなに好きなんだ。

ウェブではぶっちぎりの大人気ながら、ガッコ以外で着用していた場合これほどドン引きされるであろうブツもなかろうなのだァー! なアンビバレントなアイテム、それがスク水。
いや実際二次では異界からやってきた女子あたりが人間の女子に借りてフツーに海に着てったりしてますが、三次でそれをやったら多分潮が引くように遠巻きにされます。それほどに危険で現実離れしたアイテムなのです。
また一方で女子は水着買うのが大好きです。高校生なんざ毎年買うらしいですからね(職場の先輩お母さん談)、「流行ってて」「見せたいように私を演出してくれる」水着を山ほど持っている女子がスク水をガッコ以外で着用するっていう状態は想像できないわけです。

んではなぜにそれほどに現実と乖離したアイテムスク水がウェブにおいてとてつもなく人気なのか?

一つは郷愁だと思うのです。性知りそめし頃に目の前に突きつけられる制服としての水着。親しい付き合いをしている近所の女子と海に行くという経験があったとしても、クラスで気になるあの子や到底口もきけない高嶺の花のあの子の水着姿が全部まとめて大量放出されちゃうわけです。それはもう
塩素の匂い
こんなとこに卵うみつけにきちゃうトンボ
と同列に、学校のプールに欠かせない風物です。あと大体水泳の授業って夏休み前に始まるから「まだ一度も海にいってない日焼けしてない白い肌を包む紺」というコントラストも印象的ですしね。ここにおいてスク水というのは、懐かしいからいいのか、初めての春情の発露とほぼ同時期に半裸の装丁として提示されたために特別なのか、なんだか知らんがとにかく男子の春情史において特別なポジションを占めることになるわけです。

さて。
実はスク水、並びにスク水とよく混同されたり並び称されたりしてお互いのマニアが「一緒にするな! 」と壮大かつ無駄な喧嘩をやらかしたりする競泳用水着。
この二つには、もうひとつの、そして男子連があまり言語化していない(意識化もしていない)大いなる特徴があると思うのです。

それは
「ごまかしがきかない」
難しく申しますと、
「体型補正機能を付加する余地がないからたやすく裸が類推できる」

スク水は水泳用の制服ですから、当たり前ですが体型補正機能もパッドもありません。このパッドがないというの、胸ポチの見地からするとどうかと思うのですが、とにかくスク水というのは伸縮性のある水に強いただの一枚の布を縫い合わせたものです。
そーすると華奢な骨格からぽっちゃり系、ちびっこからモデル的長身まで、あらゆる体型が何の加工もなく提示されます。
さて、翻って考えてみましょう。男子が水着着用時の姿に抱く期待とはなんでしょうか。
「その子の素の状態、つまりは裸を類推したい」
というものではないでしょうか。
で、水泳時の制服たるスク水を着用した風景というのは、水泳帽に隠された髪、化粧を落とさざるを得ない情況と相まって
もっとも正直に本人の素を提示している
状態なわけです。普段はアイぷちなあの子も、めばりがごっついこの子も、ブラにパッドがんがん入れてるあの子も、わりと細そうなあの子も、みんな取り繕いようのない、最も正直で最も未加工なからだを晒すことを強要されている。
そりゃあ凡百の水着が束になってもかなわないすさまじいシチュエーションですよ。バストアップブラ化して「もはや器」と日経の記者さんにいわしめたビキニなんかの真逆の機能ですからね。かわいい子はかわいいしそうでない子はどうがんばってもそうでないということを検閲可能にしちゃうわけですから、そらあ男子にはありがたいし、女子としてはできれば敬遠したい選択肢となるわけです。

で、「貧乳にはスク水だろ常考」という例のアレもですね、体型補正機能がついていないので貧乳を貧乳のままに鑑賞できる、という貧乳好きにはとてもうれしいシチュエーションを可能にしているからこその箴言なのではないか、と。
ほんとに最近の女子用の水着は足りないところは足して余分なところは絞ってと
「お前ら脱いだらどーすんだよ」
と突っ込みたくなるほど体型補正機能が充実しておられます。
現在のはやりもの水着界というのは、ちょっと古いんですが
見掛け上の一億総エビちゃん化
を目指してるんじゃないのか、と。
そーすると、もう貧乳は見掛け上絶滅してるわけですよ。余分を絞るのは至難ですが平らなところを補充するのは難しいことじゃない。そうすると浜辺やプールには
「脱いだらAだけど見掛け上はCだよ! 」
という女子しかおらんようになってしまうわけですよ。
で、そういう状況に対する抵抗が無自覚に表出したのが
「貧乳にはスク水だろ常考」
であると考えるわけです。
けして女子の水着はワンピースとビキニとスク水ぐらいしか知らないからだろうなんて突っ込みませんよ、ええ。

えーというわけでそろそろまとめますと
ウェブでのスク水人気は
郷愁をそそるから
春の目覚めの頃にいろいろ役に立ったから
加工不可能だから
そのぐらいしか知らないから
によるものと分析されました。

あ、あと、上記につらつら書いたような理由で、女子にとってのスク水は特段に懐かしくもないどちらかというとうれしくないアイテムだということを申し添えておきます。


駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。
究極最終兵器2ndWeaponさま、記事の紹介ありがとうございました。
痕跡症候群さま、記事の紹介ありがとうございました。
気にな・る・こ・と♪ さま、記事の紹介ありがとうございました。
なにもなしさま、記事の紹介ありがとうございました。
すくぅうみずぎさま、記事の紹介ありがとうございました。
やまなしレイさま、記事の紹介ありがとうございました。

貧困見物。

食べ物の大切さを教えるために東南アジアに行くっつったお母さん友達がいた。

足元見ろよ('A`)

中学生にほのぼのしたよ。

電車の中で今朝買ったばかりの「金色のガッシュ!! 」最新刊を読んでいたところ。
三人組らしい中学生のうちの一人が表紙をじーっと見て
「マンガ…」
と、無意識に呟いた後、はっと我に返った様子で
「ま、マンゴープリンっておいしいよね」
とお友達に脈絡のない無茶振りしとった。

お友達突然の振りにわけわかんない様子で
「あ…? うん、…お、おいしいよね」
と答えてた。

そーゆーのってあるよなー。
電車の中でふと見た何かや聞いた会話なんかに触発されて友達に話振りたくなって、でもなんとなくこっぱずかしくて我慢しちゃうの。
とほのぼのしたのだった。

そのあとの三人組。
自分は山手線の長椅子の一番はじっこ扉前に立ってて、マンゴープリンの坊やははじっこから二つ目の席に座っておった。
お友達二人はその前に立っておったわけだ。
で、一番はじっこに座ってた男性が下りて、
「おお、坊やたち座るんだろうなー」
と思ったら座らないでこちらをチラ見。
なんか座ってもいいよ、といいたげな気配なので、少し頭を下げて座った。

で、次の駅でマンゴープリンの坊やの右隣の男性が下りたところ
前に立ってた坊やがそれこそ「ぽよん」と音のしそうな勢いで腰を下ろした。
んが、どうやら坊やたちも降りる駅だったらしい。
直後にマンゴープリンの坊やが立ち上がり、ぽよんの坊やも立ち上がり、乗降口に向かう途中
「なーなんでお前座ったの? 降りる駅なのに」
「いーじゃん、なんとなく座りたかったんだもん」
なんてやりとりをしておった。

なごんだ(*´ω`*)

手塚治虫の「MW-ムウ-」映画化でこのシーンを再現したら神ベスト5

5位 足の不自由な信心深い女性をだまくらかして連れ込んでレイプ

stopdoing.jpg




4位 快楽殺人

kairakusatujinn.jpg




3位 ペットにかわいがられる

juukann.jpg



2位 BOY'S LOVE

boyslove.jpg



boyslove2nd.jpg



1位 ヒゲオヤジ受難('A`)

higeoyaji.jpg




…ほんとーに玉木宏と山田孝之でやるんだな?

MW


いじめ対策のコスト感覚

うちの第二子がいじめられよった。
相手はサッカーのクラブチームの子供二人。
試合後フツーに帰ってきてフツーに試合報告受けたんだが、洗面所にゴミが落ちているので質したところ、一緒にお風呂に入った第二子が
「あ、それIちゃんが友達にパンツに入れられたんだよね」
としれっと言う。
その場はどーせ子どもの悪ふざけだろと思ってスルー、とりあえずゴミは捨てておきなさい、といったのだが。

夕食の後に第二子から
「僕ちょっといじめられたんだ」
と告白される。

話によると、
帰りの配車があまり仲のよろしくないA君のお父さんの運転する車になり、A君とB君と一緒に乗ることになった。
A君とB君がドラゴンボールのカード払い出し式アーケードゲーム(ムシキング的なアレ)のカードをvびりびりに破っていたのでもったいないので注意した。
するとなんかパンツの中にさらに細かくちぎった破ったカードを無理やり入れられた。
さらにその後、試合の後に配られるおやつのドーナツをぐちゃぐちゃにされた。本人はおうちに帰ってから食べようと思って楽しみにしていたらしい。

で、やっぱり二対一で来られるとやり返せなかったんだと…。

カードだけなら子どもの悪ふざけで済むが、食べ物を粗末にするのはいかんし、人が大事に取っておいたものを粗末にするのもいかん。
また一部始終を見ていたはずのA君のお父さんがスルーというのも理不尽である。

で、このA君には実のところいわくがある。
A君はうちのチームのC君という大変強い子とどうしてもいっしょに試合がしたい! と言って別のチームから移籍してきたのだが、
A君とその家族の悪評は事前から結構なもので(C君のお母さんが聞いていた)、A君が入ってくるがどうしようか、と学年で集まりが開かれたほどだったのである。

自分は
「会ってもいない相手の悪評を信じるのもどうかと思うなぁ」
などとのんきなことを考えていたのだが…。

第二子、A君に試合の自殺点を長く長くとがめられて(ちなみにその試合には結局勝ったらしいが)一時サッカーを辞める、とまで思いつめた過去もあり。
さらにA君のお母さんも一度お話しした時にかなり自己顕示欲が強い上に子どもに「ストレスたまってるんじゃないの? 」と突っ込まれるような育児をなさっておられるタイプであることが判明(それを誇らしげにいう姿に周りのお母さんたちはどん引きであったぞ)。

どうしてくれようか、と考えたのだが。

実はA君、別の小学校なのだ。(だから最初チームも別のところだった)

もしも同じ小学校であれば、関わりが多方面にわたるので真剣に何らかの処置を取った方がよかろう。
だが現在関わりのある場所はメンバーがおよそ20人余りのサッカーにおいてのみである。
そうであれば、A君や親御さんに直接話をするよりも、第二子自身にA君との関わりを回避させるほうがリスクとコストが低い。

というわけで、取り急ぎそのとき同行した役員さんに電話、今日あったことを話し(絶句なさってた)、とりあえずお手数ですが今後車は別にしていただけますか、とお願いした。
すると役員さん「気がつかなくて申し訳ありません、今度からはきっちり目を光らせておきます、機会を見つけて保護者の方にもお伝えしておきます」と激しくお詫びしてくだすってこちらが恐縮なので、
「A君とB君、二人揃わなければ別に問題ないと本人も言ってましたし、子どもにも人間だから相性があると思うんです、これだけたくさんメンバーがいる中の一人と気が添わないだけなので、気になさらないでください。役員さんのお仕事だけで大変なのにお気づかいさせてほんとに申し訳ありません」
と謝っておいた。いやはや汗顔焦燥の至りではある。

そのあと同じサッカーチームに所属する第一子にも相談がてら話を聞く。

A君はどんな子か?
「なんかえらそう。A君とIのチームの友達が話してて、なんかがっかりした顔してるのを見た」
お母さんが直接A君に話をするのはどう思う?
「いや、やめたほうがいいと思う。もし話すんだったらA君のお母さんに話したほうがいいと思う」
うーん、でもお母さんの見立てではA君のお母さんに話しても多分注意してくれないと思うんだよなぁ。

というようなやりとりをして、第一子がこういう相談に乗ってくれることに心から感謝したりもしたのだが。

今回のことを考えるに、やっぱりニポンのお母さんというのはまだまだ素晴らしい、と思ったのだ。
お母さんの間の評判や噂話には、想定以上の信憑性があるし、またどのように対応すべきかを集まって考えるという頼もしさも存在する。
そしてトラブルについて聞いたら真摯に対応策を考えてくれる。
ありがたいなぁ、たくさんの人に守られてるなぁ、と思う。
お互いで手を差し伸べ合うから、トラブルが起きた時の一人当たりの対策コストが少なくて済む。
いいチームに所属しています。

あ、B君はA君がいるときだけ「調子に乗っちゃうタイプ」らしくお母さんもフツーです。というより今回の話を聞いたらすごく気にしそうなお母さんなのでむしろそっちが心配です…(´・ω・`)

母乳が噴出する状況なんて、エロティックでもロマンティックでもありませんよ。

母乳育児をすると授乳前にもれなくカップが二サイズは上がる。これまめちしきな。
んが、その上がり方はあまりありがたいもんじゃない。これ別に韻踏んでるわけじゃないからな。
母乳育児してるさなかの胸乳はどうなってるか。乳腺が発達しておる。それでサイズが一つ上がると思いたまえ。さてあと一つはどうして上がるか。乳汁が溜まって上がるのである。微細な乳腺の一つ一つに薄白く鉄くさく仄かな甘みのある乳汁が充満して上がるのである。するとどういう状態になるか。パンパンである。乳腺が張ってパンパンなのである。乳汁の非常な充実によってパンパンになるのである。腫れあがるといってもいい。で、乳腺に乳汁が充実してパンパンになった胸乳というのはどういう風になるかというと、歪な岩のごとく乳腺の発達しているところが硬く盛り上がりおまけに痛むのなんのって。そういう乳腺が乳汁で充実した胸乳を触ってごらんなさい。やわらかくなんかありませんよ。ごつごつしてますよ。で、もうそういうふうになっちゃった胸乳ってのは乳汁を出さんといたたまれないわけです。んが、そういう風にぱんぱんになるってのはまず吸ってくれるあかんぼが手近にいない状況なんですね。普段母乳育児して2・3時間ごとに吸わせてるのがちょっと一人で外出したとか預けちゃったとか。そういうときのお母さんは乳汁漏れに備えて乳パッドしたりタオル持って当てたりするんですけども、もうどうにもならないときには絞らにゃあかんのですよ。んでしょーがんないからトイレいって乳ほりだして洋式便座にむかってちょーと絞り出すわけですよ。乳腺ってのは乳首にいくつも空いてるわけですからまさに如雨露ですよ。もうもったいないやら痛いやら、おおう自分の体からはこんなに乳汁が出よるんかいなかなかに哺乳類じゃのう、なんて感心してる場合じゃないですよ。細い噴出が「ちゃー」と水面に落ちるその音が気になったり、明後日の方向に飛んでった乳汁の行方を心配したり、まんべんなく絞れたか硬いところが残ってないかを触ってよく確認したり(残ってると乳腺炎とかになりかねないからのう)、もう大変ですよ。で、乳搾るのもエロティックに「ああんああん」みたいにやったりしませんて。右掌と左掌ではさんで力をかけてまさに搾乳ですよ。ロマンのかけらもありませんよ。んで乳押さえてたタオルかえたりするんですがまたこれが乳臭いんですよ。「みるくのにおいー」なんてかわいいもんじゃなくてもう遠慮会釈なく乳臭いんですよ。そんなんがあなたまれに薄い白のブラウス着てるときに急にしみてきちゃったらもうこれなんて羞恥プレイですよ。乳汁でぱっつんぱっつんになった胸乳からなんかの拍子に(他人のあかんぼの泣き声聞いたとか、ただたんにキャパシティオーバーしたとか)乳汁があふれ出て止めらんなくなるわけですよ。これはしっことちがってほんと意識したところで止められるもんじゃないですからね。みるみるうちに乳汁で透けてゆくブラウス…あああああ。
あと搾乳は痛いです。あれです、腫れたニキビを無理につぶすがごとき痛さ。おんなじですよ、狭い腺から絞り出そうとしてるんですから。あれを胸乳全体でやると思いねぇ。そらあ痛いさ。
まぁそんなわけで、授乳中のサイズアップは授乳のためのサイズアップであって、なんつーかそんなに楽しいことはないんだよ、さらに母乳噴出とはイタくつらく見苦しいものであって「ああんああん」などという余地はないのだよ、というお話でした。


駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。
ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅさま、記事の紹介ありがとうございました。
いつか見上げた、あの青空の下で・・・さま、記事の紹介ありがとうございました。
神コップBloG_ver.?さま、記事の紹介ありがとうございました。
あにゅーるさま、記事の紹介ありがとうございました。

イエスズメヤバイ

…スズメはつがい相手を何羽かもつことがあり、ヒナを殺す雌は二羽の雌とつがった雄の二番目の妻である。雄は最初のつがい相手のヒナの給餌を手伝うだけで、二番目のつがい相手のヒナは面倒を見ない。二番目のつがい相手は最初のつがい相手のヒナを殺し、雄の気を自分に再び向けさせるのである。
鳥の生活より)

これはつまり
愛人が正妻の子どもを殺して男の気持ちをこちらに向かせる
ということですね。

なんて火サスな繁殖事情。

もうスズメをかわいいなんて思えなくなっちまったぜ…('A`)

かーちゃんになれるかな

2ちゃんねるのまとめスレにはかーちゃんが住んでる。
一所懸命で、ちょっと頭と体が弱くて、世話好きで、心配性で、息子が大好きなかーちゃんが住んでる。
息子のためなら笑って自分は我慢する、そういうかーちゃんが住んでる。
時には厳しく息子を叱るかーちゃんが住んでる。
2ちゃんねるのまとめスレにはかーちゃんがいっぱいだ。
たくさんの息子が書いたたくさんのかーちゃんの思い出がいっぱいだ。

自分もかーちゃんになれるかなぁ。

こないだの日曜日、雨が降ったから親子サッカーがお休みになって、せっかくだからとお友達を呼んだ。Wiiでしばらく遊んだあと、
「うちでごはん食べてくー? 」
と提案すると大喜び。親御さんに電話させる。
それから子供たちは小学校の校庭に遊びに行った。

帰ってから焼きそばを作る。
そうしてふるまう。
子どもたちが群れで食べているのを見るのは楽しい。
もりもり食べているのを見るのは楽しい。

子どもたちにとって、友達のうちにお泊りしたり、そうでなくても遊ぶだけじゃなくて一緒に御飯を食べたりするのは、とてもよい思い出になる。
だからおかあさん、よい思い出のお手伝いするよ。
小さいことだけれども、お友達のおうちでご飯食べるの楽しいよね。
他にも、学校が月曜休みのときとか、みんなでツアーみたいにしてどこかに出かけよう。
家族単位じゃなく、学校単位じゃなく、お友達のお母さんとお友達単位っていうのは、また別の楽しみ方ができるから。
一度みんなで浅草の花やしき行きたいなぁ。パスポート持って子どもたちは遊びまわって、お母さんは浅草散策するのさ。お昼はどーすっかなー。値頃で浅草らしい何かを調べてみよう。

かーちゃんは楽しい。みんなにどんな思い出作ってやれるか、考えることができる。
贅沢じゃないけれども、子どもたちだけで遠出してみんなでわいわい楽しむってのは、別件の楽しみだと思うんだ。家族で行くのと違う、友だちだけで行くの。トラブルがあってもみんなで考えて解決して、そういうのって、楽しいにきまってる。お母さんは引率だけ。あとご飯食べさせるだけ。団体でうまくやるこつを気の置けない連中と一緒に学んでいくいい機会だ。がんばれ。
小学校五年生くらいで浅草花屋敷で一日パスポートで遊ぶってのはスケール的にも体験的にもちょうどいいと思う。んで観音様くらい参って、土産買って、のたのた帰るのさ。
ああ今年やろうぜったいやろう。子どもたち引率するのって楽しいんだよ。わくわくしてる顔見るの楽しいんだよ。協力して楽しそうに何かやってるの見るの楽しいんだよ。考えただけでわくわくしてきたよ。お母さんちょっと体力なくなってきててきついけど、そんなことよりお母さんはお前たちが楽しむところがみたいよ。行ったことのないところでたくさんの新しい体験をする、その驚きや喜びを報告してくれるそのときのお前たちのきらきらした目、伝えたくてしょうがないという感じの一所懸命の説明が大好きだ。
運動会の次の月曜日はお休みになる。そのときお母さんも有給とって、一日お前たちに付き合いたいな。

前は科学博物館にみんなで行って楽しかった。こういう経験をするたびに子どもが大きくなるような気がした。うちは男親がいないからそんなふうに思うのかも知れないが、子供たちは子供たちの中でもまれる方が楽しそうだし伸びるような気がする。家族単位は閉鎖系のようでわりと自己完結しやすいけれども、群れだと自分の知らない子供の姿を見物できたりする。そういうのが楽しくて、そういう姿を見たくて、ほんとうは体さえ空けばいつだって気心知れた子供引き連れていろんなとこいきたいんだけどなー。

ピザを…食ってる…

pizzaeva.jpg

第一子の小学校で催される林間学校のテーマソングが残酷な天使のテーゼに決まったそうです。

多数決で。

unexpected.jpg

「貧乳のコの三角ビキニが世界で一番エロイ」というありがたいご意見に対する真摯なお返事

どれだけひんぬーネタ引っ張れば気が済むのかと問われればどこまでもとお答えしましょうネコタ斑猫ですこんにちは。
先日書いた
重度の貧乳に適切な記事を考える
という記事に対する
貧乳のコはビキニの水着が着られない?? 
という記事を拝読いたしましたので、補足がてらお返事書かせていただきます。

先ず、
「貧乳のコがビキニを着ると、引っかかる部分がないので水圧で上にせり上がってくる」
というのは、説ではなく実のところ実感ですらありません(単品で着たことないから)。それは貧乳の抱く恐怖であり、先見であり、自虐であります。つるぺたようじょ向けの三角ビキニがフツーに売られている以上、多分おそらくきっと引っかかる部分がなくともせりあがってくるなどということはないのかも知れません。んが、そもそも貧乳の持ち主はビキニなぞ着たくはないのです。少なくとも十全に引っかかる余地のある適乳巨乳の女子連と同じ土俵に上がりたくないのです。「へぇあいすいません、こちとらこんな貧しい胸しか持ち合わせておりませんチンケな輩でござります、はなからあなたがた乳神さまと勝負しようなどと思っておりませんで、どうぞお見逃しくだせぇませ。いえいえパッドで底上げなんて滅相もない! そのような大それたことなぞ考えたこともございません。へぇ、みすぼらしくてあいすみません」などという気持ちでおるのです。もちろんいろいろ手練手管を講じて下剋上な野望満々の貧乳さんもいらっさるかも知れませんが、そういう人の精神は貧乳ではありません。そういう精神の持ち主はきっといつかいろいろがんばって適乳以上を手に入れることでしょう。プッチ効果で世界が何巡しようが貧乳以外のあり方を許されなかったような貧乳、精神面においても身体面においてもわきまえすぎた貧乳のみが真の貧乳を名乗る資格があるのです(そんな資格に意味があるのかはここでは議論しません)。

さらに言うならば、貧乳を三角ビキニから遠ざけるのは同性の身も蓋もないまなざしであったりもします。貧乳者がビキニを着たとして、最近のバストアップ機能を駆使して上げ底をすれば「見栄張って」、三角ビキニでつるぺたのままであれば「あんなのさらして恥ずかしくないのかしら」などと言われかねないのが女子の世界の恐ろしさであります。そのあたりも貧乳さんの選択肢を狭める一因といえましょう。

といって適乳以上の女子が苦労してないわけじゃない。そのあたり「女子の水着にはデザインの自由なんてなかったんだよ…。」で書かせていただきました。

というわけでやまなしレイさま、結論としては以下のようになります。

hinnnubikini.jpg


貧しい乳も豊かな乳もそれぞれの体型のままにビキニを満喫できるのは二次だけ!
いぬみみずかんより)

えー、やまなしさまのようなご見解は貧乳さんの希望です。貧乳の彼女さんをゲットした暁にはぜひ三角ブラの水着を二人だけの場所で差し出してあげてください。貧乳故の水着の不自由をかこっていた子であればきっと照れながらも喜んでくれると思います。がんばれ貧乳! がんばれ貧乳ラバー!

おあとがよろしいようで。

「子どもを叱ってはいけない3つのタイミング」についての素朴な疑問

よく
「子どもを叱ってはいけない3つのタイミング」
として
食事中
出がけ
寝る前
なんてのが挙げられる。

でもこれって育児現役の保護者から見るとユートピア(ギリシア語でどこにもない場所、という意味らしいぞ)的な命題だ。

食事のときに叱ってはいけない理由として
「消化に悪い」
「ごはんがおいしくなくなる」
というのがあるけれども、そうであったとしてもお行儀悪ければそれを正さなくてはならないときがあるわけで。

出かけるときに叱ってはいけない理由として、
「フォローができない」
というのがあるけれども、たとえばその日期限の親がらみの提出物や細かい集金なんかを出されたら、もっと早く出しなさい、と正さなくてはならないときがあるわけで(妙に具体的なのは苦労してるからです)。

寝る前に叱ってはいけない理由として、
「健やかに眠れない」
なんてのがあるけれども、やっぱりとても悪いことをした場合は(誤解で人を詰ったとか、人の話を全く聞こうとせず我を通そうとした挙句ものを破壊したとか…苦労してます)、やっぱり反省するまで叱らなきゃいかんわけで(反省した様子を見せたらすぐ仲直りしますがあまりにひどいことをした場合は和解は次の日の朝まで持ち越し)。

で、素朴な疑問。

じゃあそのタイミングで叱るのを避けている人は、どういう風に上記のような子どものやんちゃを乗り越えているのだろうか。

考えられる状況としては三つある。
1 そういうことを叱らないでも理解してくれる天性のお利口さんを相手にしている
2 タイミングを外して後から叱っている
3 そういうタイミングで子どもがやんちゃしても叱らない

1なら言うことはない。うらやましいなぁ、というのが本音である。

が、2と3であるとしたら、却ってまずいんじゃないか。

2というのは俗に「蒸し返す」というヤツである。
この「蒸し返す」という所為、実のところ世間では「子どもを叱ってはいけない3つのタイミング」以上に忌み嫌われていると思うのだ。
なぜなら
A 状況の想起がしにくいため、問題点を整理しにくくなる
B その場その場で保護者が結局どう思っているのかがわかりづらくなるため、保護者を信用できなくなる
からだ。
そしてAよりも実はBの方が弊害が大きい。なぜなら、幼い子どもにとって世間のほとんどを占めている保護者がそういう
行動の肯定の裏切り
を繰り返した場合、世間には裏があり、今受け入れてくれるように見えている相手であっても実際には受け入れてくれていないんじゃないか、実は内心でダメ出しされているんじゃないか、と恐れるようになりかねないからだ。
こういうの、身に覚えのある人がいるんじゃあないかと思う。後から蒸し返されることを繰り返すうちに自分の行動に自信を持てなくなり、相手の笑顔の裏にありもしない否認を探すようになり、結果的にうまく行動できなくなってしまうのだ。
そうなると、結局処世術としては
世間を信用ならないものとみなして独善的にふるまう

自分をダメなものとみなして世界から遠ざかろうとする
か、どちらかになってしまう。
で、そういう侘しい処世術の根っこが、もしもこの
「タイミングを外して後から叱る」
というのにあるんであればそっちの方が問題なんじゃないのか。

なお、もちろん世間的に今叱るわけにはいかねぇ! という場合があることは重々承知している。
が、そういうとき自分の場合はいっそ積極的に叱るか、目で叱るか、いずれ
「君の行動を肯定しているわけではない」
ということを全力で伝えるようにしている。
さもなくば子どもはそういう例外規定を積極的に悪用しようとするからだ。
いずれルールには例外があることを知り、またそれを活用することを学ぶべきときが来る。だがまずはルールというのは基本的に遵守することを求められるものだということをきっちりと叩き込まねばならんと思うのである。

3については、子どもを叱ってはいけない3つのタイミングを考える前にしつけを考えるべきだと思う。天性のお利口さんを相手にしていないのなら、少なくとも食事の時間に叱らずに済むことはないと思うのだが…。

というわけで、ここまで読んでくださった方には、
「子どもを叱ってはいけない3つのタイミング」
というのが、わりとナンセンスであることをおわかりいただけたと思う。

正直、命題に挙げられた3つのタイミングに子どもを叱らずに済めばどれだけよいかと思うことは多い。だがやはり
「そのうちわかるだろう」
などと手綱を緩めてしまったそのとき、子どもはその行動が肯定されたと認識してしまい、結果後からの訂正が難しくなってしまうのである。
それは結局のところ、子どものためにならないことだ。

保護者というのは、将来の子ども自身から、そして将来子ども自身が関わる人々から、子どもを預かっているのだと思っている。
「どうしてあのとききちんと教えておいてくれなかったんだ、あのときあなたが肯定してくれていると思ったから僕はこのまま来てしまったじゃないか」
「どうしてあのとききちんと教えてやっておいてくれなかったんだ、あのときあなたがきちんと教えておいてくれなかったからこいつに付き合っている僕たちはこんなにも苦労しているじゃないか」
と言われないように、何かとがんばる心づもりである。ハイ。

今週のおそうざい

なすの生姜炒め
しょうがを薄切りにしごま油で炒めておく。半月切りにした茄子を生姜で炒め、塩こしょうし、しなっとなったあたりでざく切りにしたニラを入れる。にらに思いのほか生姜が負けたので醤油に支援してもらう。

大根ときうりの酢の物
きうりは薄切りにして醤油と黒の三杯酢で和えておく。繊切大根を合わせさらに醤油と三杯酢で加減する。

ラタトゥイユ的な
薄切りにしたにんにくをオリーブオイルで炒める。筒切りにしたズッキーニを投入、炒め蒸しにする。やわらかく油が回ったところで八切りにしたつゆだく熟女トマトを投入、塩コショウやクレイジーソルトで炒める。水分が多すぎたのでレンズ豆に支援を要請する。ばらで入れても平ぺったいのですぐに戻ります。

春野菜の蒸し物
ざく切りキャベツとアスパラガスと細切りじゃがいもをすべて蒸してクレイジーソルトとオリーブオイルで和える。

かつおのオイルマリネ
かつおを薄切りにしてオリーブオイルと塩で漬ける。醤油につけるとうまいぞ!

生姜焼き
生姜すったのと醤油だけ。肉は肩ロース。

まぐろの刺身

メンチカツ

塩ジャケ

大根と玉ねぎと人参の味噌汁
(カレーになりきれなかったトリオ)(原文ママ)

今週はこんな感じで。



氷村様、コメントありがとうございました。

oraora.jpg

yesyesyes.jpg



こんな気分です('A`)
とゆーわけで今後とも適格なツッコミ、心よりお待ち申し上げております。

リアル裸エプロン

ふと振り返ったら明日調理実習を控えた第一子がおぱんついっちょにエプロン試着しててリアル裸エプロンに見えた件について。

意外といいもんじゃなかったぞ…。

JRで携帯を忘れたときにとるべき手順

ハイ、電車にPHS忘れました。

1 忘れ物センターに電話する。
聞かれるのは
電話会社
電話の形状(折りたたみかそうでないか)
電話の色
電話のメーカー(わからなければそれでよし)
電話番号
あっという間に検索してくれた。ブラボー!

2 保管している駅と番線、管理番号を控える。
忘れ物センターの方に「いつまで保管しているのか尋ねてください」と教えていただきました。

3 至急必要であればそのままとりにゆく。

4 そこまででなければどこでもいいから最寄り駅の忘れものセンターにゆき、着払いで配送の手続きを取ってもらう。必要なのは
どこの駅にあるか
何番線で管理しているか
管理番号
電話番号
で、送付先を書く。すると駅員さんがパソコンで検索した後当該駅に電話して手続きをとってくれる。
携帯電話、パソコンなど個人情報を含むものはゆうパック、それ以外はペリカンのようだ。

というわけで本日うちのウィルコム君は無事帰ってきました。
大きめの封筒に入れただけの超簡易包装でしたが、無問題!

いやー忘れ物に着払いでの配送サービスがあるとは思わなんだ!
ありがとうございました駅員さん!

女子の水着にはデザインの自由なんてなかったんだよ…。

先日
重度の貧乳に適切な水着を考える
という記事を書いた。
その際念頭にあったのは、
「何故現在の水着デザインに多様性がないのか」
という切実な疑問であった。

が、日経トレンディネットの記事を見て驚愕すると共に得心した。

何故現在の水着デザインに多様性がないのか。

それは女子連が強力なバストアップブラ同様の
「寄せて上げて機能」
を水着にも求めているからだ。


そのために水着のほとんどはパッドを入れてもそれとわからない分厚いビキニスタイル、胸元の補正機能を隠すためのリボンあるいは飾り、というデザインに落ち着いてしまうのだ。

なるほど、普段からがっちがちのバストアップブラで胸元を固めている女子連がフツーの水着だとそれこそ「こころもとない」気持ちになるというのはよくわかる。
また、ギミックがブラに準じる以上、デザインの基準がビキニになるのもよくわかる。ワンピースだとそういう機能を持たせにくい(というよりぶっちゃけ持たせられない)のだろう。
それゆえに、あれほど毎年「今年の新作水着ショー」を謳っておきながら、変化があるのは柄や飾りや周辺の小物(例:パレオやタンクトップ)ばかり、ベースのデザインはビキニから微動だにせず、「デザインそのものの目新しさ」は望めないという現状になり果てているのである。

だがちょっと待ってほしい。
そのようなデザインの水着の隆盛とそこから当然のごとく導き出される多様性の磨滅は、すなわち
それぞれの女子のプロポーションを活かすデザイン
という視点を殺戮してはいないか。

誰もが理想的なプロポーションの世界など、銀河鉄道999の蛍の町とコブラだけで十分だ(寺沢先生は大好きだが電気使いのミスティーが貧乳という設定には殺意を覚えた)。そうであれば、ぽっちゃり系ならぽっちゃり系、ひんぬーならひんぬーで、それぞれの特性の活かしどころがあるはずだ。というよりそうであってほしい。
が、現在のがっちがちのバストアップブラに代表されるのは
「マスメディアに提示される理想的なプロポーションに多様な個性を持ったからだを押し込めるのが当然の世界」
である。
そこに個性を活かすという視点は、ない。

化粧もファッションも、そしてそれらのベースになるからだまでも、マスメディアに提示される定型に押し込めるのが当然という世界では、化粧、ファッション、そしてからだの自由なぞ望みえないのだ。

そしてこの世界には、実のところ驚くほどに男子目線が欠けていると思う。

男子は触ってもやーらかくない胸に魅力を覚えるだろうか。
動いても揺れない胸に魅力を覚えるだろうか。
そして、いざことに及んだ時、外から想像しえた適乳とも華奢な貧乳とも異なり、
背中や脇の余った肉を寄せて上げて拵えた虚乳
であったと知ったとき、どれほどの失望を覚えるだろうか。

その落胆は、たぶん女子が想像しているよりも遥かに大きい。

さらにいうなら、己の個性を殺して定型に押し込める営みにも無理がある。
個性を無視した化粧やファッションをすればするほど、逆に個々人の持つ多様性が際立ち、結局のところ「ほんとうに容姿に恵まれた人」に軍配が上がってしまうからだ。

とはいえ、女子連が個性を無視した定型に自分を押し込めようとするのも理解できなくはない。
ファッションとは個人が社会のどの階層どの集団に所属するかを示す最もわかりやすい記号だからだ。
そうやってどこかに所属していることを積極的にファッションという記号で表すことで、女子連は安堵するからだ。

だがあえて言おう。
バストアップブラは記号以前の問題だ、と。
そんなものより、多様な個性を活かしてほしいのだ、と。
定型化されたからだに、フェティシズムを発動する余地などないのだと。

だがメーカーは今後も売れる水着を作るだろう。
そうしてバストアップ機能は今後も充実してゆくだろう。
そして水着というものの持つほんとうの意味でのデザインの可能性は削られてゆくだろう。

女子の水着には、デザインの自由なんてなかったんだよ…。

参考記事
“水着のプロ”が全貌公開! 最新「パッド&寄せ上げ」事情【2008年水着トレンド報告:その4】

ゆうちょ銀行の「JP BANK カード」の発行に伴い郵便貯金共用カードが完全終了する件について

知らんかったわ。

「カード発行会社が発行するカード(クレジットカードなど)にゆうちょ銀行のキャッシュカード機能を付与し、一枚のカードで、両方の機能がご利用できるようにしたものです。クレジット決済によるショッピングのご利用代金は、通常貯金から自動的に引き落とされます。
なお、2008年4月18日のプレスリリース「新規業務の認可取得について」及び同月22日のプレスリリース「「JP BANK カード」の発行開始について」に記載いたしましたとおり、共用カードは、順次取扱いを終了して参ります。カード発行会社と協議の上、各共用カード取扱終了の詳細が決定しましたら、その都度、取扱終了時期等をお知らせいたします。」

end.jpg


参考:http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/card/kj_tk_crd_joint.html


アホか、と思った会話

彼氏彼女という関係ではなさそうな男女が電車で隣の席に座ってきた。
男の方はものすごく空気読めない系、その煽りで女の方はかなりローテンション。
で、のたくた聞こえてきたこんな会話。
男「もしかしてあんま寝てない? 」
女「…なんで? 」
男「いや、俺の前の席に座ってた○○って女の子覚えてる? 」
女「…」
男「ほら、いたでしょ○○」
女「…わかんない」
男「その子がすごい肌奇麗だったんだけどね、その子に比べて今日荒れてるから、だから寝てないんじゃないかなって思って」

アホか('A`)

これから何の用事か知らんけど、女がんばれ。超がんばれ。

マリー・アントワネットのおっぱい型ミルクボウル、並びに西洋文化と乳房についての個人的なあけぼのとなった絵画の話

以前渋澤龍彦さんの本を読んでいた折に
マリー・アントワネットの乳房から型取りした器
というものの写真を見た覚えがあったので、検索してみた。

あったわ。

mary.jpg


ttp://www.musee-ceramique-sevres.fr/pages/page_id19225_u1l2.htm
(こちらおフランスのセーブル陶磁器美術館さまのサイトなのでびびってh抜き)

思えば型取りというのは無茶かも知れないので「モデル」くらいなんだろうけども、なんにせよ美乳だぁ。
実物を見てみてぇ。

さらにwikipediaでは
マリー・アントワネットはワイングラスを発明している。これは自分の乳房を模って作らせたのである。
とあり、検索してもそれらしき挿話が散見されるが、私個人は紙の本のソースに未だ巡り合ってないため真偽の判断は各人でね☆

上記の器も記憶の中ではワイングラスだったのだが、実際にはミルクボウルだったしな。というより記憶している写真は同じだがワイングラスとラべリングされてしまっていたようだ。頼りにならないなぁ。

それにしても西洋文化と乳房についての個人的なあけぼのとなった作品といえばこの絵画だ。

肖像

「ガブリエル・デストレとその姉妹ビヤール公爵夫人とみなされる肖像」という矢鱈長たらしい作品名がついている上に作者も詳らかではないようだが、おそらく西洋美術史また西洋史において重要な位置にある作品であろうにも関わらず
静謐な雰囲気の中描き手を意識しつつ乳房放り出した貴婦人二人、片っぽが片っぽの乳首つまんでいる
という不自然さによりそんじょそこらのシュルレアリスム作品よりよほど深く脳髄に楔を打ち込まれたわけで。
そしてその強い印象は
「王様の愛人が妊娠したかどうかをその姉妹が確かめているのだ」
という解題を知った後でもまるで消えず、むしろ
「なんでそんな場面をわざわざ? 」
といういよいよ強い疑念へと取って変わったわけで。

そういやぁこの絵って後のシュルレアリスム画家ポール・デルヴォーの作風に似てるような気がしたけど調べたらそこまででもなかったぜ!

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック