MICHAEL JACKSON CALIFORNIA RAISIN TOY

jacksonraisin-1.jpg

こないだMTVでマイケル・ジャクソン特集見たばっかだったので吹いた。
アメリカ人のキャラクターセンスはわからんが、マイケルのセンスはもっとわからん。
参考:http://www.stupid.com/stat/RAIS.html
スポンサーサイト

どうして最近のお雛様が親王飾りばっかりなのかについての超くだらない話

最近のお雛様は親王飾り(男雛と女雛だけ)ばっかだねーという話から始まった職場での超くだらない会話。

「親王飾り多いよねー」
「やっぱり最近の家はスペースないからかねー」
「昔は十三段飾りとかあったんだよ」
「何をそんなに飾るんだよ」
「お道具とか」
「うち七段飾りあるけど数年出してないなー」
「白髪になってたりして」
「怖っ! 」
「いやむしろ久しぶりに出したら女雛のおなかおっきくなってるんだよ。
で左大臣(じいさんの方)がものすごい険しい顔してんの」
「出来婚かよ! 」
「で次の年見たら今度は三人官女の一人がおなかおっきくなってんの」
「浮気かよ! 」
「で実はそのパパが男雛なのか五人囃子の一人なのか右大臣(若い方)なのかわかんないっていう…」
「乱交かよ! 」
「つまりそういう事態を防ぐために最近は親王飾りなんだな」
「なるほどー」

超くだらねぇwww
てか日本の伝統全潰れwww
ごめんねお雛様呪わないでねwww

あと今回この記事のためにお雛様を調べていて
本来「内裏雛」とは雛人形の男雛と女雛の一対を指すが、男雛を「お内裏様」、女雛を「お雛様」と呼ぶ誤りは「うれしいひなまつり」の歌詞から一般化している。(Wikipediaより)
という事実に正直、驚愕。

眠剤まいすり鬱剤デパス

寝つきが微妙になってきたのて先に心の臓を見てもらった折に頂戴してきた眠剤マイスリーさん。気分は上々横合いから鈍器でなぐられるようなはっきりした睡魔の急襲っぷりに満足しておったのだが次第に切れてきたモンで近所のいつもの医者に行って「これと同じの出してけれ」とやったが出てきたのはデパスとやら。うちではこれをだしてますとわはるのではぁはぁそれではそれもよからんとうけとり帰って寝際に服用したが全然こないの。もうお店でペットボトルでがぶがぶ水のまされてそれでもこないぼうこうのおっきい狐子ちゃん状態。しょーがんないからいくらか残ってた酒飲んでしまいにはマイスリー半欠け持ち出して服用しましたがな。であんまきかないんで調べてみたらマイスリーは眠剤デパスは精神安定剤欝にも効くよ! ってあんたこちとら微塵も鬱でなくそこそこアグレッシブに人生生きてますのでこんなん効きませんやろ! 不安で眠れねんでねぇですどちらかというと眠る間際にも脳神経がりんりんとしていてそのためにただ眠れねぇんです。そこを見抜いたかんだクリニックのお医者さんえらい。たすかりました。

ぼーくは子宮の腺筋症。

なーにをするにもたっぱたぱ。
経血経血たっぱたぱ。

たーすーけーてー。

風邪っぽいのもあいまって午前中お仕事やすみますー。

土曜日に空が黄色くなったせいで外出してたひとが体調悪くなったって
まじですかー。

今週のおそうざい

スズキの塩したの

ポークソテー

取りもも肉のづけやき

ししゃもおイル焼きカレー風味(第二子が苦いのがやだといったので)

アジ開き

焼肉

白菜と大根とナスと人参とこんにゃくの味噌汁

白菜サラド ざく切りにして 焼肉用の塩垂れをモデルにしたたれ(ごま油、塩、ゆず汁、すりごま、青ねぎ)をまぶす

京菜 蒸して鰹節と醤油で

ジャガイモとブロッコリーのバルサミコ風味 ジャガイモは先にフライパンに入れておく 蓋をして蒸しあがったらオリーブオイルとプロッコリ投入、クレイジーソルトとバルサミコスで調味。

ナスとほうれん草の香油炒め
ごま油とにんにくと生姜をいため塩胡椒してナスを投入、ナスがよい状態になったら世つわりにしたブロッコリーを投入、オリーブオイルと塩で調味。

今週はこんな感じで。

子どもとデートしてきたよ。

第一子がお泊りで子ども会の土星を見る会にゆき、第二子がどうもつまんなさそうなので
「んじゃお母さん病院行ってきてなんともなかったらお外にゴハン食べに行く? 」
とついうっかり言ってしまったわけで。
婦人科の方は子宮腺筋症という診断を頂戴した。それほど酷くはないので投薬もなしで様子を見ることに。序に癌検診もしてもらった。先日の不整脈のときもそうだが、診断で毎度安心を頂いている。お医者さんありがとう。
で、夕方近くになると妙に冷え込んできたもんで家でいちゃいちゃコースを進言してみたのだが、どうしても行きたい様子。
んじゃま、と二人で東戸塚を散策することに。

先ずは西武の一階イートインに入ってるちよだ鮨でゴハン。いっつも大船の立ち食いでお世話になっているこのチェーン店、東戸塚はテーブル席でちいさいお子様にも安心である。8貫690円からというのはありえないだろう。たとえ味の似た別のサカナだったとしても、日本の偽装は所詮健康には関わらないかわいいものだし、それも企業努力、無問題である。もちろん本物だとは思うけども。
ていうかここめちゃめちゃテイクアウトの人多い。自分なんぞは握りたてを店でやるのが好きなんだがなぁ。
で、食べてから西武を散策、服など見るつもりが飽きてきた第二子にトイザラスを催促されそれじゃあと行くことに。
久しぶりのトイザラスではグレンラガンやエンキのフィギュアが1000円で叩き売られていてほんのちょっぴり食指が動いたが辛抱した。定番おやつをテーマにした文房具コーナーがあり、ガリガリ君ダブルマーカーコーラの香りペンを二つ買い、自分はうっかり3D球体パズル 月球儀を買い、さらに子どもがどうしてもとせがんだのでキョロちゃんサッカーゲームを買う。これが余程嬉しかったらしく、チーム名をキョロキョロリトルとキョロキョロキッカーズと名づけて家に帰った後長い間遊んでいた。自殺点入ったりダメリアルな展開になってた。
で、自分はといえばつい帰宅すぐに開けて作り始めてしまい最後までやらないと気がすまない性分、んが月の地理などさっぱりわからずネットで検索しまくったがなんかもう月の地図特に裏側ってないのね。でしょうがないから完成図にすら頼れぬ状態で(箱に完成図ついてるんだがちっちゃすぎて文字がろくに読めん)しくしく泣きながらようやく組みあがった。達成感はあれど目が疲れました心も疲れましたもう寝ますという次第。

しかしいつも兄弟二人を相手にしてると群れの管理人みたいになってしまいいかに二人の間を調整するかに腐心して日が暮れてしまっているのだが、こうやって家の用事の気にならない外に出てゆっくり一緒にサライを読んだり色々話をしたりごはんをぱくぱく食べたり一つ一つの仕草やものいいを見ているとほんとうにかわいくていじらしくてがんばっていて無心でたまらん。また機会があったらこうやってデートしたいものだ。新鮮でいいなあ。
帰りの電車の中でなんども「お母さん、とっても楽しかったね」という第二子がかわいくてもう。来年はお母さんサッカー役員卒業になるから、月に一度くらいみんなでこういう機会を持とうな。またお友達を連れてどこか博物館に行くのもいいな。

ようやく子どもとの共通言語となしうるサッカー漫画にめぐり合いました@GIANT KILLING

キャプテン翼は少年マンガとしての読み応えは十分だが非現実的にすぎ
シャンペン・シャワーはチームのあり方は相当にリアルだがやはり戦略がお茶目に過ぎ
2ちゃんねるまとめサイトの最高のサッカーマンガスレを逍遥したがぐっと来るものがなく
子どもとの共通言語として本採用したくなるマンガなぞこの世にないのか! と絶望していたところ。

出会った。

GIANT KILLLING

モーニング連載中の、サッカーチーム監督を主人公としたマンガである。

なれそめはR25の記事。一読した途端
「これこそが私が探していたサッカーマンガである」
という確信がむくむくと立ち上がり、その日の昼休み、本屋に行って全巻大人買いしてきた。
そうして予感は当たった。

多くのサッカーマンガは、記事どおり選手を主役としている。
それらにおいてチームメイトやチーム、サポーター、監督、運営母体などについて描かれることがあったとしても、所詮選手のまなざしや文脈から大きく逸脱することはない。
そしてそれは、既に選手が知っているまなざしであり文脈だ。
既知のことを知らせる役は私にはない。
子どもたちが持てないまなざし、文脈を知ることのできる、そのような共通言語を、私は欲していたのである。

シャンペン・シャワーは、
「プロのサッカー選手」
をかなり大枠で切り取って描いてくれた点で、私にとってはかなり上記の条件を満たしていたマンガだった。
ていうかそういうの抜きに面白くてしょうがんないんだけど、やはり子どもに読ませたいと思った第一のモチベーションはそのようなものであった。
ただ、いかんせん、現役の選手には実用的でない。
全面的にお茶目に過ぎるのである。(褒めてます)

個人の練習の大切さや戦略、才能や資質をどう生かすか、チームメイトとの関係、監督の指示やまなざし、移籍についての葛藤など、そういう、例え幼くとも既に選手が類推しうる視点での物語はいくらでもあった。
そうじゃない。
選手に見えないものを見せてくれ。
それを伝えるための共通言語をくれ。
それが私の、このマンガに出会うまでの、未詳の欲動であった。

幼くとも、チームに所属するサッカー選手には、
点として動く自分
線としての現在から将来
平面としてのサッカーの試合
は直感できるだろう。

だが、
チームの中の自分が傍からどのように見えているか
そして
自分が今身を置き、ことによると将来身を投じてゆくかも知れないサッカーの世界
がどのようなものであるかについての恐ろしく奥行きある三次元的な構造は、直感では到底得られないだろう。

GIANT KILLINGは、監督が主人公だ。
35歳、現役で活躍していてもおかしくない年齢の元エースが、英国のダメアマチュアクラブをプロチームに勝てるほどに育て上げたところから物語は始まる。
描かれるのは、国内の地元密着型の貧しく弱いクラブチームとそこの元エースであった監督とのやりとりだ。
選手・キャプテンは勿論、広報やサポーター、チーム運営母体、さらには日本サッカー界がどのようなものかまで、流石はモーニング連載らしく、ぞくぞくするような確からしさで描かれている。
そうして戦略がリアルだ。チームとして勝つために誰が必要なのか? 誰が何を求められているのか? そもそもチームとは何か? が直感できるような(それでいて十分にヒロイックな)ストーリィ。
だが、自分が一番ぐっときたのは、下のコマであった。

giantkilling.jpg


子どもたちにはこのようにあって欲しいと同時に、子どもたちをこのように見るまなざしがあることを知ってほしかったのだ。
お前たちを見ているまなざしがある。
それは監督でありベンチにいる友達であり手伝う保護者役員であり或いはもっと上の誰かである。
なんであれ、お前たちは常に見守られている存在であり、そうであれば自分で考えている以上に強くなる可能性を潜めているということを。
お前たちの好プレイが、誰かを確実に励起するかもしれないということを。
そのことを知らせたくてこのマンガを推奨するのである。

とりあえず上の子同学年の選手全員に回すぜオラァ!
コーチにもお貸しするぜオラァ!
監督やコーチのお仕事を理解しきっていなかった自分がお恥ずかしいぜオラァ!
じゃなオラァ!

綱本将也さま、ツジモトさま、超有用にして超サイコーなサッカーマンガをありがとうございました!

ウェブ拍手コメントありがとうございました!

2月13日
4:49 もはや 哲学です 凄い!!!! パチパチパチ!!!!!

ありがとうございます。どの作品だかわかりませんが、もったいないお言葉です。

2月21日
4:18 頑張れ!!!!

なんかエクスクラメーションマークの付けかたからして同じ方のような気がします。ご期待に沿えるような作品をこれからも書き続けてまいります。

では、今後ともバー理科室をよろしくお願い申し上げます。

ネコタ斑猫 拝

元気になりました。

母を生まれて初めて言い負かして(というより論理的説得を放棄して)主張を通してファビョらせてようやく生きる勇気を取り戻しました。人間ズンドコまで落ち込んだら一皮剥けて変われるもんなんだなぁ。っていうか論理的でない人間には論理的に立ち向かわなくてもいいんだよなぁ。なんで今まで気がつかなかったのか。とりあえずネコタさんは生きるための武器を新しく手に入れました。でも悪用はしないよ! イヤッフー! 

私は一生幸せにはなれないだろう

中途に賢しくて
誰かの都合に身を引いたり
誰かの非論理に圧倒されたりする
そんな性分の人間はもう一生幸せになれないのだろうと思った。

よその都合がどうであろうが自分の欲を貫いたり
誰かの理を断り自分ばかりひたすらに言い立てたり
そういう人間こそ、畢竟この世界の勝利者であり、幸せの占有者なのだろう。
そういう人間にこそ、この世界で幸せになる資格があるのだろう。

身の程ほどだの
世間と自分の欲との折り合いをつけたいだの
より多くの人が幸いになるようにだの
そんなことを志すのは古からの空虚で役立たずなロマンチストだ。
敗北を自覚せずに徘徊する哀れな痩せ犬だ。

そして私はおそらく一生この性分を捨てられないだろう。

だから私は一生幸せになどなれないのだ。

中途に賢しいこの性質のために、人の欲の強靭さや非論理に驚きながら、恐らく一層苦しむのだ。

お母さんが息子のためにエロ画像フォルダを用意してやらねばならない時代

古きよき時代。
それは店頭にビニ本が並び河川沿いにエロ本自販機が設置され道端に裏本のきれっぱしが落ちていた時代。
その頃からすれば、
「少年よ冒険なくしてエロに辿り着くなかれ」
という箴言が意味を持たない今日の状況は隔世でありましょう。

今日のエロは着メロと共に携帯に届けられます。
えげつない(時には独創的にすぎる)誘い文句。
あけすけな(或いはチラリズムに過ぎてその先を求めたくなるような)添付画像。
そしてついクリックをした先には、
インド人もぽっくりなワンクリック過重課金サイト
インド人もあんぐりな有料サイト同時登録サイト
そしてごく稀にインド人もしっとりな無料サイト
などがあるわけです。

そこで突きつけられるのは経済的な負荷だけではありません。
優しく柔らかくうぶな未成年の心には頓狂に過ぎるような画像や動画が、あたかもこれがエロの類型であるといわんばかりの顔で並び閲覧を待っているのです。

パソコンはもっと難儀です。
あらゆるキーワードにすかさず答える画像検索。
以前はニッチであり、孤立せずにはおれなかった嗜好さえ、仲間を見つけ情報交換するに難くないのです。
いえ、そのような市場の成熟を否定しているのではありません。孤独な嗜好に悩み己の存亡を疑うなど、悲しいことです。それらは所詮嗜好です。存亡の是非にまで考えいたらずともよいのです。

ただ私が憂慮しているのは
子どもが生物学的に期待される次第を飛び級していきなりハイエンドな行為嗜好を当たり前のごとく刷り込まれてしまう
という事態なのです。

もっと素朴に、アダルトビデオを考えて見ましょう。
今でもよく覚えています。自分が大学の頃、先輩がはまりこんでいたアダルトビデオが
「葉山レイコ」
さんのものでした。
そう、あのスペイン語講座に出た葉山レイコさんです。
先輩は
「こんな美人がアダルトビデオに出るなんて! 」
と驚愕しつつ愛用なさっておられました。
自分もそれを拝見する機会を持ったのですが、彼女のような美しい御方のなさる
お口での行為
本番
が大変過激な行為として意識されておりました。

隔世でございます。

今日日のエロ動画では
フェラチオ
クンニ
中出し
シックスナイン
顔射
アクロバティック体位
コスプレ
オトナノオモチャ
このぐらいは当たり前で、更に
アナル
フェチ
レイプ
乱交
露出
もわりとニチジョーチャメシゴトになっちゃってるキライがあります。

畢竟今日日のエロ動画というものは、既に食傷気味のエロ好きの方々の鑑賞に十分に堪えるように作られているわけです。
お行儀のよさに食いつくベテランなぞいません。
つまりエロ動画とは、絶望先生風に言えば、既にして
「一見さんお断り」
の状態なのです。
それをうっかり一見さんが見てしまったらどうなるか。

百見さん向けの熟成されたエロ動画を、あたりまえ、標準と認識するでしょう。

けれどもそれらは女性がされてありがたい行為なのでしょうか。
それとも男性の劣情を過度に掻き立てるための非実用的な記号の羅列なのでしょうか。

いずれかと問われれば、女性として、後者であるとしかいいようがありますまい。

それゆえに私は子どもらのためにエロ画像フォルダを用意するのです。
微エロな写真集を集めるのです。
子どもらが生物学的な飛び級をしないように。
生物学的に妥当な段取りを踏まえた上で、生物学的な正当を弁えた上で、世界に撒き散らされているハイエンドなエロに立ち向かえるように。


障害報告@webryさま、記事の紹介ありがとうございました。
「本来であればおとうさんの仕事やもしれぬな
ひょっとしたら兄や学校の先輩の指名(使命? )なのかも
無菌室みたいな育て方をするよりもまともな子供に育つと思う」
お兄ちゃんや先輩に任せると多分驚愕させようとしてハイエンドな方向にいきなり行きそうでおっかないです。因みに先日子ども会でのお泊りを経てきた子どもが
「部屋に変態が居て眠れなかった」
というので驚愕して
「何? どんな変態? 」
と尋ねたところ
「羊が一匹の替わりにパンティが一枚って数える奴がいてそいつのせいで眠れなかった。あとそいつエロ本持ってるんだって」
というので
「それは変態だな。あとお母さんもエロ本持ってるけど読む? 」
とついでに聞いたら断られました。うちの子供たちはお母さんがエロフォルア他を標準装備しているせいで自重気味です。一番大事な写真集はビビアン・スーのファースト写真集です。大変綺麗なのでまずはあれから見せたいものだ。

電車の中で化粧なんて目じゃねぇです

ホームで歩きながら化粧してた剛の者に出くわした際はさすがに仕上がりを心配した。
あとくそ込んでる東京駅通路で前のやつが突然立ち止まったのでなんぞやと追い越しざま確かめたら目薬差してたのには吃驚した。もすこしはじっこでやりたまえよ。思わずしげしげ見たこちらを「なんぞ」といわんばかりの不審な顔で見返すのやめたまえよ。

小学校バレンタイン抄

なんてんですか、この時分はどの小学校にも慈悲深い母と子がいてそういう母と子は手作りチョコレートをあたかも全員プレゼントのように満遍なく配るわけです。何しろ小学校二年の第二子のクラスでは200個拵えた剛の者もいたらしいですからね。で、小学校二年のクラスで一番多くもらったのは12個達成の通称健さん。お母さんもお父さんもモデル並の美形(というより絶対モデルだったと思う)で本人もいい顔してるんですが、それにしたってすごい。本人の性格や社交性なのでござりましょう。好きな子からもらったらしいですからね。小学校二年生にして両想いバレンタインかよこん畜生。
うち? うちは小学校四年の上が4個、下が1個です。慈悲深い母と子により名誉は守られました。なお小学校四年生あたりの方がだんじょだんだんじょだんじょッ状態になるんで本意からのバレンタインチョコはなくなるようです。義理義理義理義理義理ーッッッ! この部分勘違いしてたので追記にて訂正。 200個も作る女の子と親御さん、ほんと頭が下がります。ご苦労様です。さぁ今年のホワイトデーは何にしようかな。因みに去年は
ブーケキャンディー
ローズフラワーキャンディー
スウィートドレス
ミニバスケットキャンディー
だったんですが、今年は
派手なのはやだ(すまん)
ホワイトデーにはチョコレートを返すものだ(そうなのか? )
という第一子の進言により、なぜか
パステルシュガー
になりそうです。一緒に楽天みてて
「かわいいねー」
「女の子こういうの好きじゃない? 」
となったブツでございます。
簡単な手作りホワイトデーキットがあればこちらも手作り返すのですが、もはや無印の手作りキットは売り切れておりました。残念。
なわけでいまどきホワイトデーではメッセージによりキャンディだのマシュマロだのクッキーだの使い分けるってのはなくなったようです。そういえば最近そういう戯言聞かないよなぁ。
古い常識でものをいってすまん息子よ。


2月16日追記。
追跡取材によると、第一子の4個はけして少ない数ではないことが判明。もらっていない子もいる一方で、実のところ4個はクラスでマックスらしい。4個ゲットしたのはクラスでもなかなかいい顔の(うちもだ! )3人、で、さらに聞いたところ
「本チョコも一個もらったよ」
との話。
3人の+一個は本チョコだったのか!
イヤッフー!
いやーなんで息子がもてるとがこんなに嬉しいんでしょうかね。
で、なんでその本チョコの存在を私が知らなかったかと言うと、
なんか恥ずかしいから先に食べちゃった
からなんだと。
そか。

第二子はもらえなかった子もいるなかで一個もらったのは中堅というべきか。
しかし第二子は
「もっとチョコ食べたかったから欲しかった」
などとかわいいことを言っている。うん、わからなくもないな。
しかし健さんおそるべし。
クラスに女子が13人いる中で12個ですからね。
うちのにも来年はがんばってほしいです。

私の気持がお前にわかるか! といわれたらどう答えますか。

相手の立場になって考えることも、相手と同一の気持になることも、ほんとうは誰にできるはずもない。
自分と他者とは、異なる個体だからだ。
同じになぞなれるわけがない。
それでもヒトは集団で生活することを選び、うまくやっていくために、お互いで守ってゆくべき了解事項を洗練させてきた。
動物にも種内で記号としてやりとりされる振る舞いや行動がある。あれが原初だ。
「この振る舞いは降伏と解釈しよう」
「この振る舞いは好意と解釈しよう」
動物において、そういう了解事項は、単純に、
「それをそれと解釈しえた個体同士が性淘汰上有利な位置につき結果子孫を遺しえた」
ということであって、別に個体同士がこれをこうみなそうと話し合って決めたわけではない。
そうして私たちの高度に複雑化された法律などは、そのような了解事項が最も先鋭化されたものだけれども、それにしたってそれをうまく行動内に取り入れることのできる個体の方が競争に勝ち残り子孫を残しやすくなるという原初の一大必定に背くものではけしてない。

私は、子どもの教育の目的は社会化にあると了解している。
古人の言葉を借りると
「七十にして、心の欲するところに従い、矩を越えず。 」
感情や欲求を殺すのではなく、社会における了解事項と己の感情や欲求がおのずと折り合っている状態、それこそが教育と己自身の研鑽との最終目的であり、またそれこそが心の安楽な状態であると考えている。

私は子どもの頃、感情や欲求をむき出しに表出するのは恥ずかしいことだと認識していた。
わりと抑圧的な子どもであったことは認めよう。
だが、それにしたって、やはり、感情や欲求をむき出しにあからさまに表出してそれが当然の権利であると主張する人を見ると、躊躇いと違和感とを覚える。
それは、本来、幼子ですらたしなめられるべき振る舞いではなかったか。

教育現場でも、どこでも、よく使われる、だがどうも腑に落ちない言い回しに
「だれだれさんの気持を大切にしましょう」
というのがある。
この言葉自体はそう悪くはないのかも知らん。確かに多対一で一方的に感情行動を抑圧されている場合は、第三者がそのような言葉で多に相手を大切にすることを喚起することが必要だ。
だが、そのような場合であっても
「気持」
という言葉を持ち出すべきではないんではないか、と正直思う。
気持と言うのは曖昧模糊としたもので、結局のところ、他者がどう思っているかなぞわかるわけがない。
脳内分泌のバランス一つで気持なぞ変わってしまうのだから、何もそんな宛てのないものを頼まずとも、ただ
「だれだれさんを大切にしましょう」
でいいんじゃないかと思うんである。

が、そうはいわれない。

多対一の抑圧の現場で用いられるのは、やっぱり
「だれだれさんの気持を大切にしましょう」
なのだ。

その上、だれだれさんの気持を大切にしましょう、という言葉は、それが出てきたら思考停止しなくてはならない一種錦の御旗のように使われはじめたキライすらある。
何しろ他者と同一の気持になることなぞけしてできないんである。
気持ちはこのようなものであろう、と推察したところで、そんなもんじゃねぇよ、とけっぱくられたらどうしようもない。
お手上げである。
そしてこの曖昧模糊と量りがたい「気持ち」というものが、社会における了解事項に切り込むための伝家の宝刀のように頻繁に持ち出されているのが、畢竟今日の状態なのではないか。

自分の「気持ち」と社会における了解事項とを長い時間かけて折りあわせた結果、多くの同じような立場のひとびとに道を開いた山口県光市母子殺人事件の本村洋さんのような方も居れば、
自分の「気持ち」と社会における了解事項とを折り合わせることを拒んだ結果、多くの同じような立場のひとびとの医療を受ける機会と場とをなくしたひとも居る。

勿論社会における了解事項が不適である場合もある。だからといって「気持ち」を伝家の宝刀のように振りかざし了解事項を切り刻むようなことはすべきではない。長い時間をかけて了解事項そのものの改善をもくろむ、それこそが人としてすべきことだし、実際に本村洋さんはなさったのだ。

尊ぶべきは、社会における了解事項と折り合った形で表出される「気持ち」なのだ。

気持ち優位主義の蔓延する日本は、幼子の社会だ。

お母さんフィルタの必要性を子どもたちに説明してみたよ

個人ニュースサイトさんご紹介から選び抜いて子どもたち用お気に入りに登録しておいたyoutube動画、たまに私が留守のときにも見ているらしい。
動画なれしてきたし、そろそろだな、と思って、お母さんフィルタの必要性について子どもたちに教えることにした。

先ず子どもが好きそうな童画風のアニメ(ただしタイトル紹介文から中身はやや暴力的と推察される)をデスクトップに出しておく。
「見たいー」というので見てみる。
やっぱり大量殺戮もの。童画風だからいいが残虐である。

というわけで諭しターイム。

「お前たち今の動画見てどう思った? 」
「うーん、ちょっとこわかった」
「そうだな。最初出てた画面からすると普通に面白い動画みたいだったけど、ちょっと内容残酷だったよな。
動画の表紙だけでは内容って言うのは結構わからないものなんだ。
で、お母さんはお前たちに面白そうだからと言ってそこらじゅうをクリックして色々な動画を気安く見て欲しくないと思ってるんだが、その話の前にお前たちに見せてるこういう動画が置いてあるyoutubeっていう場がどのようなものなのかについてまず説明しておこう。
youtubeっていうのは動画の図書館みたいなものなんだ。 
ただ、普通の図書館には司書っていう人がいて、みんなのためになる本はどんなものか、みんなが読みたいと思う本はどういうものかっていうのを考えてそれを基準に購入してるんだけど、このyoutubeっていう図書館にはそういう人がいないんだ。
さらに普通の図書館に置いてあるのは本屋さんで売ってる本だけだけど、このyoutubeっていう図書館に集まるのは、
「自分でこういう動画作ってみたけどみんなに見て欲しいからここにおいとくね」
「僕が見て面白かった動画でみんなに見て欲しいからここにおいとくね」
「他の人が作った動画をうまく組み合わせて新しく動画つくってみたんだけどみんなに見て欲しいからここにおいとくね」
「うちの会社で作った動画なんだけどみんなに見て欲しいからここにおいとくね」
っていう四種類の動画なんだ。
で、選ぶ基準がないところにもってきて、色んな人がみんなに見て欲しいって思ったものをどんどん置きにくるもんだから、集まるのはほんとうに色んな動画なんだ。
そのなかには、お気に入りに入れてあるようなすっごく面白いやつもあるけど、君たちみたいに新しくて柔らかくて真っ白な心の子どもには、まだ見て欲しくないものもある。
君たちがきらいなえっちなのとか、すごくこわいのとか、気持悪いのとか。
お母さんはそういうのがyoutubeっていう場にあることが悪いことだとは思わない。人の趣味というのは多様であっていいんだ。
ただ、まだ小さい君たちにそれを見て欲しくないだけなんだ。
だからまだ小さい君たちは、お母さんが選んだものだけ見ておくようにしておくれ。
動画の周りにどんな素敵に見える表紙や言葉があっても、けっしてクリックしてはいけないよ。
わかったね」

この話をすると、
「僕たちいっぺんもそういうのクリックしてないよ」
「僕たちお母さんが選んでくれたのだけ見てるよ」
と口々にいわれた。
そうか。
そうだろうな。

しかしいつ「ちょっと見てみようかな」と思いつくかなどわからないわけで、時機を逃さずこういう話ができたことに、私は安堵したのである。

因みに子どもたちがえっちなのをことさら避けるようになったのは私がしょっちゅうエロ画像を見ていて覗きに来た子どもに
「あー第一子えっちになっちゃったー」
と冷やかしたり、テレビで巨乳様が出る度に
「おっぱい! おっぱい!  (AA略)」
をリアルでやったためだと思われる。
反面教師大成功! (←ダメ人間)
因みに子どもがえっちに興味を持ち始めたら見せてやろうと思ってる選び抜いたエロ画像フォルダも標準装備、メンテナンスもまめにしている。
計画は完璧だ! (←大迷惑)

ついでに最近ものっそ子供たちがはまった動画。
ミクランカー
全部覚えて兄弟で合唱しちゃってる子どもたちに、お前ら頼むからそれ外で歌うなよ、色々ばれるから、と言い聞かせながら家族で中毒状態。もう大好き。
作者の方、楽しい動画をありがとう。


駄文にゅうすさまがなんか記事上げたとたん紹介してくださいましておまけに惹句がそれですかという感じで明朝から赤くなったり青くなったりしながらのたうちまわっております。
恥掻きついで折角なので俺様のエロ画像フォルダが火を吹くぜ! (←前向き…? )

というわけで初級編
1621m.jpg


中級編
WindowsLiveWriter_ed48314fff50_38F_up2_viploader_net_pic_src_viploader547591_2.jpg


上級編
lady.jpg


全部拾い物ですんで、問題がござりますれば緊急にお知らせくださりませ。
ネコタ斑猫 拝


あにゅ~るさま、記事の紹介ありがとうございました。
障害報告@webryさま、記事の紹介ありがとうございました。

ヤバイヤバイこれほしい

声が出る、ドラゴンも出る「ドラゴンボール」グッズ

これでなんぼするかと思ったら525円の食玩ですよ! きゃー!
全種類欲しい! しかし競争相手多そうだ! がんばるぞ!
(がんばるところを間違っているという苦情は受け付けません)

元旦那が私のブログをブクマしたもようです

はてブに本名そのまんまのID使うのもどうかと思うぜ。
リファ元見ればすぐわかるから。
まぁSEの君にいうこっちゃないけどもね。

同定された経緯を推察するに
自分は弱者の代弁者だと思っている強者が現実をややこしくしているのかもしていないという仮説について
が大手ニュースサイトさんにリンクされ、興味もってぽちっと押した元旦那、記載された矯正の内容が第一子のものに余りに酷似しているので気になってブクマした、というあたりであろう。

というわけで、

元旦那ですら読みたくなるような記事タイトルをつけた自分、えらい。

えっへん。


それはおいといて。

まぁこちらも君の渡米にあたってヤフメのアドレスを渡すわけだし、それで検索したらこのブログも本家サイトもすぐばれるわけだし、時間の問題だとは思っていたのでどうということはない。

まぁ近況報告代わりに読んでくれたらこちらも楽なのでドゾー。

但しコメントはノーセンキューだ。

あとアクセス解析のリファ元で毎回君の名前見るのも胸糞悪ィので、できればお気に入りに登録するか、別のIDで登録しなおすか、ID変更するか、なんとかしていただきたい。

振込み欠かさずよろしく。

第一子が中学になったら養育費上げてね。

では。

子どもと共有する文学体験@DS文学全集

今朝方夏目漱石の「こころ」を読了して、読んだ本が四冊目になったことを知らされた。
自分は「こころ」しか読んでいない。さすれば他の三冊を読んだのは第一子のはずである。
一体何の本を読んだのだろう、と探してみる。既読の本は背表紙の色が変わるからすぐにわかる。
新美南吉の「てぶくろをかいに」「ごんぎつね」を読んでいた。
それぞれに
「心温まる」星八つ、「切ない」星十
との感想が付けられていた。
なんだかとても嬉しくなった。
子どもと同じ本をなぞって、子どもと同じ心の道筋を辿って、そうして、子どもがその物語にどのような印象を受けたか、素直なところを知ることができる。
これは紙の本では共有できない宝物のような楽しみだ。
学校で子どもがどんな本を読んでいるか、親にはなかなかわからない。
たとえ自分の知っている本を同じように読んだとして、感想を尋ねたところで
「おもしろかった」
以上の言葉を引き出せるとも思えない。
このDS文学全集では、読了後、感想を
感動的 泣ける 切ない 心温まる 悲しい 怖い 痛快 衝撃的 感慨深い 不思議
の中から選択できるようになっている。
この簡便さが逆に子どもには丁度いいのだ。
自分なぞは
「こんな一言で納まるかァァァァ! 」
とか思うわけだが、子どもがこうして感想を選んでいるのを見ると、
ああ、そうか。
お前はこれを読んで、心温まると思ったのだな。切ないと思ったのだな。
と、一つの物語を読み終わった後にひっそりとしまっておいた心のかけらを見せてもらったような気持になる。
そうやって、子どもが極めて個人的に得た文学体験を、感動を、お互い意図せず共有できるというのが、なんとも不思議でくすぐったいのだ。
一見そっけないようなこのシステムの却って優れた効用に、私はふいに心付いたのである。

さて、もう一冊読んだのはなんだろう。
本棚を見ていくと

葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」
感想「衝撃的」星九つ


…ってお母さんが衝撃的だわァァァァ!
なんでプロレタリア文学!!!??? なんでよりによってダウナー文学の代表みたいな「セメント樽の中の手紙」!!!??? 新美南吉のあとにそれってどうなんだ! どうなんだァァァァァ!


んで帰って、セメント樽の中の手紙読んだの?、と質した。
読んだ、と答えた。
なんだかおかしくなって、衝撃的だったんだ、と確かめたら、衝撃的だった、と答えた。
ま。
重いは重いけどもこれもまた一つの読書体験だし、いいか、となんとなく納得。
とりあえずソフトを渡し、
「色々読んでごらん。宮澤賢治とかいいよ」
と勧めておいた。

風呂から出て、熱心な背中に
「何読んでるの? 」
と声をかけたところ

「地獄少女」

ちょっと待てェェェェェェェ!
それ少女地獄だァァァァァ!
地獄少女ちゃうゥゥゥゥゥ!
小学生は夢野久作禁止ィィィィィ!


というわけで、DS文学全集も油断できないことが判明、読み始める前にお母さんに聞いてね、という結論に至ったのである。

それにしてもセレクトが別の意味で的確すぎる。ネタか。ネタのつもりなのか。

DS文学全集


nni's blogさま、記事の紹介ありがとうございました。

活字中毒者 meets DS文学全集

□読む本がないと不安になる
□ウンコには活字が欠かせない
□読むものがないときは洗剤やトイレットペーパーの裏書で糊口を凌ぐ
□一度甚大な量に膨れ上がった蔵書を古本屋に頼んで以来、図書館で読んでどうしても欲しい本を買うだけに抑制しているつもりだ
□マンガは抑制しないが代謝を活発にしているつもりだ
□古本が好き
□古本屋の匂いが好き
□出版年度が古い方を選んでしまう
□裏移りした活字跡の指ざわりにエクスタシー
□旧字体フェチ

こんな私ですが、DS文学全集はとてもよいです。

なんでかって、携帯しておくと活字のない不安から解放されるからです。

読むつもりだった本を携行していなかったことが発覚したときの絶望感は異常です。
口に合うだろうと思って借り出した本が口に合わなかったときの絶望感は異常です。
DS文学全集はその絶望感のセーフティネットです。
選び抜かれた100作品が名文でないわけがありません。
大体100冊も本買ったらうちの本棚は食い倒れです。
それがこの小さなチップに納まっている。

日本はいい国です。

 
開発者の方々、ほんとうにありがとうございました。

ナチュラルに視点を変えること

第二子が勉強途中に号泣しだした。
繰り下がりのある引き算が苦手なのはあるが、それ以前に異常にテンションが低い。
質してみると、所属しているサッカーチームの子どもたちに以前オウンゴールしてしまったことを日々からかわれひやかされはやされているらしく、
「もう学校いきたくない」
「サッカーもやめたい」
とウルトラネガティブモードに突入中の様子。

とりあえず知り合いのお母さんに状況を相談し、もしそういう場面を見かけたらお子さんにとめていただくようお願いしたのだが。

第二子のネガティブはとまらんわけで。
あいつらが悪口やめるわけない、とか、あいつらは嫌なこというのが楽しいんだ、とかぐだぐだぐだぐだ続けるもんだから、とうとう切れてみることにした。

「お前な、お母さんをなめるな。大人をなめるな。
お母さんは絶対にその子達に誰かをからかったり人が嫌がってることを言うのをやめさせるぞ。
それはお前のためだけじゃない。
その子達のためもあるんだ。
だって嫌なことを言ってそれが楽しい子なんて、だめじゃないか。
人の嫌なことを言うのが楽しいっていう感覚を持っている子には、問題があるじゃないか。
そんな子は誰も幸せにしないじゃないか。
嫌われちゃうじゃないか。
現にお前はその子のせいで嫌な気持になって、その子が嫌いになってるだろ?
次に別の子に同じように嫌なこといったとして、そしたらその子に嫌われちゃうだろ?
そんなのって、誰も幸せじゃないじゃないか。
だからお母さんは、その子達のために、それをやめさせたいんだ。
だってその子達はサッカーで折角知り合った大切なお前の友達だから。
お前の友達だから、いい子であってほしいんだ。
誰かの悪口を言うのが楽しい子のままでいて欲しくないんだ。
わかったか。
お母さんが、その子達が嫌がるこというのをやめさせたいと思ったのは、お前のためだけじゃないんだよ! 」

こう説いたら、第二子の顔から極度の閉塞感は失せ、いつものしょげているときの表情に戻った。

その子達のやっていることがただのからかいや悪乗りのレベル或いはそこからほんの少しだけ行き過ぎたレベルであるのは想定できる。
だが、いやだといっている相手にしつこくするのは、余りよろしくない。
といって真正面からあいつらは敵だとやらかしたところで、実りある結末は見込めない。
相手のためにならないからやめさせるんだ、と問題点をずらすことで、彼らのせいで自分はがとても不幸になっている、という偏り塞がれた多対一の構図から、彼ら個々の事情や心のあり方へと焦点が遷移し、結果少しは目先が明るくなるはずだ。
さらにこの意図的な焦点の遷移を事前に行っておれば
僕が我慢しさえすればいいんだ
という子ども論理による問題解決の放棄を未然に防ぐことができる。
自分が我慢することが解決ではない、その子がそういうことを楽しみにしないようになれば、今の自分だけじゃない、将来の誰かやほかならぬその子自身も助かることになる。
そのように問題を展開し子どもと共有しておくことで、自分が我慢して問題のない振りをすることが解決ではなく、その子達が人が嫌がることをやめるようになり、そのことを楽しいことだと思わないようになることこそが解決なのだと思ってくれるだろうからだ。

嫌なことをいう相手を敵に仕立てるのはたやすいことだ。
だが、そういう相手とも折り合っていくための考え方を今から身につけておくのは悪くない。
そして焦点の遷移や問題の展開は塞がれたように思われる状態を鳥瞰するのに非常に有効だ。
こちとらオトナだもの、子どもと一緒の目線になるより、そういうことを教え導きその上で共に解決していかなきゃあ、かっこ悪くて仕方がない。

理解力だぶるすたんだーど

大体あれだよな、子どもには「わからないのはあんたの頭が悪いからだ」とか「努力が足りない」とか「もっと勉強しなさい」とかいうくせに大人に対しては「あたしにわからない説明するあんたが悪い」「プロだったらあたしにわかるように説明しなさいよ」っていうのはおかしいよな。説明が理解できないんであれば君も頭が悪いのだからもっと努力と勉強したまへよ。

病院は診療の場ではなく健康という一律の商品サービスを提供する場になったようです

医師も患者も、病院を店と勘違いしてないか。医師を店長と勘違いしてないか。患者を客と勘違いしてないか。診療を商品サービスと勘違いしていないか。
店であれば一定の商品サービスを対価に応じ提供するのが当たり前で、客にはそれを求める権利がある。
だが病院はそういう場所ではない。
病院とは個々の患者の個々の症状に対し診療を施す場だ。そこで施される診療が一律であっては逆に患者に不都合だ。実際の診療において用いられるのが検査であったり薬剤であったり機器であったり施術であったりするからあたかも一定の商品サービスの組み合わせであるかのように錯覚され、結果診療そのものも一律に提供されうるもののように誤認されているが、実際には極めて精妙な個々の患者個々の症例に対する判断とそれに基づく診療とが必要だ。
にも関わらず患者は診療を商品サービスと同一視し、健康と言う一律の診療結果を要求して迷わない。
個々の体質、体調、状態、症例が千差万別であることは、顔立ちの違いを見てさえ自明であるというのに。

病院によりよい経営を、患者によりよいサービスを、とばかり言い立てているうちに、患者も当の医師までも、病院が診療の場ではなく健康と言う一律の商品サービスを提供する場のように誤認し始めたのではないか。
だが、それは間違いだ。大いなる間違いだ。

病院は店ではない。
医師は店長ではない。
患者は客ではない。
診療は商品サービスではない。

診療は過程だ。
医師はただの触媒だ。
医師はあなたを快癒しない。
知恵と術とを尽くし、あなたの体が自ら治ろうとするのを可能な限り効率化するだけだ。
それが診療というものだ。

それを弁えず、対価を払ったのに快癒しなかった、などと医師を謗る患者は、まず己の体を健康な状態に保てなかった自分を恥じるがいい。
その上で厚顔にも自分の体の不具合の始末を他人に見てもらおうとしている自分を恥じるがいい。
あなたが一律の診療結果を医師に求めるのであれば、そも何故あなた自身が一律の健康状態を過たず維持しなかったか。
それもできずに、己の責任下において生じた己の身体の不具合を他者に始末してもらわねばならないそんなあまりにも無知で未熟な個体であるくせに、知恵と術とを尽くして始末してくれる他者を悪し様になどいうな。

もう子どもを信じるのはやめようと思った。

冬休みお母さんに学校から宿題が課された。
「お母さんから子どもへのお手紙を書いてください」
との注文である。

考えた。

便箋と言うのは案外保管が難しい。
なんか保管しやすい形式がよかろう。
というわけで無印の文庫本ノートの薄型を買ってきてふるい外国の切手を貼って装飾、中に文章を書いて子どもに託した。

ほぼ一月後の先日、出ていないのはうちだけだとクラス委員の方から電話があった。

こちらは渡したわけで、本人に質したところ
「確かに先生の机に置いた」
という。
もうどういうことかわからないわけで。
で、先生にも電話し、色々話した後、ふと思い立って鞄の中身をどじゃーと床に空けたら。
あった。

で、もう一ヶ月の間何度も質して出したはずだの一点張り、先生にもご迷惑をおかけし、自分としても思いいれのある作品だったので、正直かなり激怒、きつくしかりつけた後切なくて泣いてしまったのだが。

次の日、なんで自分はあんなに乱心してしまったのだろうなぁ、と思い返して、気づいたんである。

裏切られたと思ってしまったんだなぁ、ということに。

では私は何故裏切られたと思ってしまったのだろう。

「信じて」いたからだ。

では信じるとはなんだろう。

人は他者の言動から帰納してその人の言動パターンを仮定し、さらにそこから演繹してその人の言動を予測する。
「信じる」とは、他者の言動パターンに自分が望む方向への補正をかけ、その補正がかかったまなざしで他者の言動を予測することに他ならない。

「あなたのことを信じてたのに」と恨みごとを吐かれたときに覚えるうすら寒く鼻白むような思いとは、自分の現実的な状態に関わらず他者のひとりよがりな補正を一方的にかけられ手前勝手に行動を予測された挙句そんなことは露知らずただ自身の理屈で動いた際に押し付けられるこちら側の事情とは縁もゆかりもない感想に対する距離感、、居心地の悪さ、面映さそのものなんである。

そう思い至ったとき、自分は、子どもを信じるのはもうやめようと思った。

「信じる」ことをやめても、あらまほしき子ども像なんかを仮定しなくても、問題の都度よい解決を一緒に真摯に考えてゆくことで、子どもをよい方向に導いてゆくことはできるはずだから。

「信じる」などという言葉を使う相手は、畢竟、自分だけで十分なのである。

納得いくまで説明を! という底なし沼

確かに以前一部の医師は患者に難しい話はわからんだろうと断じて説明を省いてきた。
また確かに以前一部の患者は難しい話をされてもわかりませんからお任せしますといって医師からの説明を遠慮してきた。
そのような風潮の下、遠慮していないのに説明を省かれてしまいそのことに納得いかなかった患者が、
患者に説明を!
と声をあげ、尤もだ、ということでインフォームド・コンセントが義務化された。
その頃には
患者の求める説明
は、以前一部の医師が省き、また一部の患者が遠慮してきた
正確且つ必要十分な説明
を指すものと見込まれてきた。
が、いつのまにやら
正確且つ必要十分な説明
が、
患者が納得いくまで説明を!
になってしまった。

いくら説明してもわからない人にも説明を続けなきゃいかんですか。
いくら説明してもわかろうとしない人にも説明を続けなきゃいかんですか。
あなたが納得した「気分」になるまで説明を続けなきゃいかんですか。

納得のいく説明というのは、理の通った説明ですか、それともあなたという個人の「気分」を大事にした説明ですか。

あなたの納得とは、なんですか。

はたから見てさえこんなに思うんだから、現場はもっとつらかろう。

もうお産のお医者なんてやらないよ絶対

病院には真相明らかにしてもらえなかった

「「(結果が悪かった)責任を(患者の身体状況に)転嫁しないでほしい。何が欠けていたのか、なにがミスだったのかを厳粛に受け止めてほしい」」

「「弁護側は、医師の処置には問題はなかったというが、問題がないならなぜ妻は亡くなったのか。人間の体はさまざまというが、それに対応するのが医師の仕事だ。分娩室に入るまで健康だった妻はどうして亡くなったのか。病院は不測の事態のための設備を整えているはず。ということは、ミスが起きたのは医師の責任だ」」

「女性の弟もまた、手術中に家族への説明がなかったことを批判し、「その状況に光を差し伸べてくれたのは警察・検察。亡き姉に代わって感謝したい」と話した。」

「しかし公判で弁護側は、癒着胎盤の発生率は1万分の1程度できわめてまれである、予見は難しい、女性の胎盤が通常より大きく、異常も認められる、とする証言を重ね、医療過誤を否定した。

 これに対し、女性の父親は、「『だから助からなかった』といわれるのは、娘の人権を否定し、誹謗中傷するもの」と断罪。」



この患者さん(被害者とはいわん)の遺族の方々は、つまり
「身体状況がどうあれ正しく手術すれば全ての患者の命は助かって当たり前」
であり
「不測の事態のための設備が十分であれば全ての患者の命は助かって当たり前」
であり
「一刻を争う手術の最中でも新しい事実が発覚すれば患者をほっぽって手術室から出てきて立ち会っている親族に理解できるようきちんと説明しその判断を仰いだ上で改めて手術に戻るのが当たり前」
であり
「身体状況がこのようであったから命が助からなかったという医学的な説明を行うことは患者の人権を否定し誹謗中傷するもの」
と考えておられるらしい。

「『無茶苦茶』という言葉が、そのまま当てはまる陳述だった」

あとこの記事に
「妊婦は健康な状態で入院する。この点が、病気やけがで入院する人と決定的に違う。その状況で、分娩中に何かが起こると、生まれた子どもに脳性まひなどの障害が残ったり、母体に危険が及んだりする。」
という記述があるが、妊婦が健康であることと、妊娠が正常であること、胎児あるいは産児が健康であることとは、それぞれ全く別の位相にある問題である。
また、健康な状態で、というが、妊娠自体が免疫学的な異物を抱え込んでいるという異常な状態であり、それを維持するために体全体が変容しているということを、この記者さんはどのくらいわかっておられるのだろうか。
即ち
妊婦の正常状態=非妊婦の異常状態
であり、そうであれば妊婦における健康と妊婦でない人間における健康とを一律に語るべきではないのである。

100円グッズで作る総経費840円のタクティクスボードのご紹介

サッカーのアクセサリにタクティクスボードというのがございまして。
こんなの↓。
img10292908801.jpg

フォーメーションなどを説明できる便利グッズなんですが、まぁ2000円くらいするわけです。
で、実物みたら
ものすごく簡単に作れそうな仕様
なので作ってみることにしました。

用意したもの
キャンドゥ ホワイトボード21×30cm 品番33676
キャンドゥ ホワイトボード専用マーカー2本入り 品番CD109B
キャンドゥ カラーマグネット レッド 直径20mm8個入 品番MG20RD 3パック
ダイソー A4Zファイルクラフト表紙ストライプ柄 品番 ZファイルNo964
ボールペン (以前100円ショップで購入)
コイルキーホルダー (以前100円ショップで購入)
以上で840円見当。

他予算外
透明強力両面テープ

30センチ定規
油性マジック
除光液

つくりかた
1 ホワイトボードを分解し白の鉄板のみの状態にする。
2 ホワイトボードに正規品を見本にしながらコート模式図を書写してゆく。
このとき定規ではかりながら作業を進めるが、あたりをつけるときは赤鉛筆がやりやすい。
あたりの上から油性マジックを入れてゆく。
書き損じは除光液で消す。
赤鉛筆のあたりはティッシュでこすれば消える。
3 Zファイルに両面テープで貼り付ける。
4 キーホルダーの先のリングをはずし、先の輪をボールペンのフックに通す。
5 Zファイルの適当なところに錐で穴を開け、そこにキーホルダーをひっかける。
6 マグネットに選手の名前を書き入れる。

tactics board


完成!
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック