明日あなたやパートナーを救うかもしれない直腸から異物を取り出す三つの方法

1986年の9月、「直腸に挿入された異物をテーマにした論文の総合分析」という論文が発表された。この、これまであまり注目されて来なかった分野に光を当てた功績により、デービッド・ブッシュとジェームズ・スターリングは1995年度のイグ・ノーベル賞を受賞するに至った。この名誉をたたえ、今回は彼らがさまざまな論文から渉猟した
「直腸から異物を取り出す方法」
を紹介したい。

電球の場合
「目の細かいガーゼか布でくるんだ後、注意深く壊して取り出す。さらに高度な電球取り出し方法は、ホウキの柄と大きなキッチン・スプーンを使ってほじくりだす方法がある」

グラスの場合
「グラスは、周囲にヒモとともにプラスターを流し込み、プラスターが固まったところでヒモを引っ張れば、簡単に取り出せる」

ブタの尻尾の場合
「アシで作った棒に尻尾をうまくひっかけて取り出す」

なお、私は医者ではないので、施術方法の詳細についてはお答えできないことを申し添えておく。もし差し迫った関心があるなら、論文を取り寄せるか、或いは病院にいくことをオススメする。

註:プラスターとは石膏のこと。

論文のインデックスについては下記を参照のこと
福島俊三訳 マーク・エイブラハムズ著「イグ・ノーベル賞」阪急コミュニケーション


駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。
スポンサーサイト

大安ツバメ

職場の休み時間にトンデモなく面白い話を聞いた。

H先輩の近所にとある肉屋さんがあり、その軒先にツバメが例年巣を作っている。
先輩が先日コロッケを買いに行ったところ、もう巣に雛が一杯一杯になっていたらしい。
実際一羽が落ちて死んだという。
「まだ巣立たないんでしょうかね」
と尋ねるともなく聞いた所、お店の人が
うちのツバメは例年大安に巣立つ
と言ったというのである。
先輩はえらく驚いて
「いやそんなことあるわけないでしょ、また人をからかってー」
と言ったのだが、お店の人に
この話を信じなかったのはあんただけだ
と返されたというのである。
先輩はむしろそっちに吃驚したわァ! だったらしい。

そりゃそうだ。

いやしかし店の主人がそこまでいうというんだから
「きっとツバメカレンダーってのがあるんだよ、すごいちっちゃくて日めくりなの。んで毎日毎日めくって大安待ってるの」
「んで大安まで巣立ち待ちなさいっていうわけ。ツバメのお母さんは」
「でもままー、ぴぃちゃん落っこちてしんじゃったよ」
「それでも大安じゃなきゃだめなの! 一生縁起悪くなるのよ! お母さんはあなたたちのこと思って言ってるのよ! 」
そんくらいの確証があるんだろう、と小芝居が始まったりするわけだ。でしまいには
「ほら、珊瑚が満月の夜にしか産卵しないみたいに、あの六曜も突き詰めれば太陰暦なわけだから(うろ覚え)、なんかそういう月の満ち欠け的な理由があるのかも」
「ツバメにぃ? 」
というところにまで至った。

いやでもさぁ、やっぱ常識的に考えて、ツバメが大安に巣立つってのはないだろ…なぁ…。

世の中には貧しくてゴハンが食べられない人だっているんだよ、だからゴハンは残さず食べなさいという例のアレについて

自分はこの言説を用いる気になったことがない。
何故ならもしこの言葉を発したならば、自分の中の小さいこどもが
「じゃあどうしておかあさんはその貧しいひとたちを貧しいままに放っておいているの? おかあさんはそれでいいと思っているの」
と無心に尋ねてくるからだ。

途端自分の頭には
「売れる」作物の栽培を勧めておいて規格外を大量に廃棄させ小さな農家を途方に暮れさせた話や
ナタデココ工場の話
密林が潰されて海老の飼育池になっちゃってる話
それらがぐるぐるとめぐり始め、
「すいません、自分もそのあたり確かに責任を負っております。これは一朝一夕に解決できる問題じゃありませんし、どころか多分永遠に解決できない問題です、でも自分がそのあたりを全く気にしていないわけじゃありません、ごめんなさい、わきまえぬ発言でした、もうしません」
と土下座したい衝動にかられてしまうんである。

ほっとけない世界の貧困などという聞こえのよいスローガンで始まった瞬間風速的キャンペーンの結果世界の貧困がほっとける状態になったのかといえばぜんぜんそうではなく、まぁそんなファッショナブルなアクションで何とかなるほど情勢は甘くないわけで。
なんにせよ、ものが極度に豊かである状態というのは、畢竟誰かの持分を取りすぎている状態であるという印象が確かにある。計算上では世界にはおよその人間のおなかを満たすだけの食料があるという話をどこかで読んだ。問題は流通であったり国策であったり社会構造あるいは人々の意識や慣習であったりまぁ諸々複合しているのだろうが、いずれにせよ、どう考えてもものが不自然に豊か過ぎる国に住んでいる人間としては、やはりどう考えてもどこかの国の持分を余分に取りすぎているとしか思えず、そしてそうであればそのことについて責任があると認めざるをえないのである。
その上で
「世界には貧しくてゴハンを食べられない人もいるんだよ、だから残さずにたべなさい」
なんて、言えない。無理。到底無理。いえる奴はすごい豪胆な奴だ。帝王学でも習ってたんとちゃうか。そんな印象すら覚える。

まぁなんていうか、そもそもこの言説、論理が転倒している。この食卓でこの子どもがこの飯残すってことの原因は
1 飯が口に合わない
2 腹がくちくなってしまっている
3 あるいはもっと深刻な問題を抱えている
この三つのうちのどれかなはずだ、概ね。
そうであれば解決方法として
1については
自分の料理の腕を疑う
子どもの好みに限りなく迎合することを考える
口に合わないものを我慢して食べることも時には必要だと説く(自分の場合は概ねこれである)
胃腸の調子を尋ねてみる(これも結構重要だ 子どもはおなかの病気を患いやすい そしてそういうときはどんな飯でもうまくならん)
2については
そも適量であるかを学校の給食の量などと比較して検討しなおしてみる
おやつなどを食べさせすぎていないか遡って考える
必要があれば近親者にも質す(じじばばは結構敵だ 口止めしたりもするからな)
3については
子どもと自分との関係、家族関係、生活環境、学校の友人関係、教師との関係、或いは地域、習い事などもろもろの関係に問題がないかできるだけ平坦な気持ちで改めてみる
という処置が必要なんではないか。

そうすると、あれ? そもこの言説って何も意味なくね?


大学教員の日常・非日常さま、記事の紹介ありがとうございました。

アキハバラにうまい飯あり@過橋米線

まずはこれを見てくれ。こいつをどう思う?

unnnann1.jpg


すごく…うまそうです。

というわけでずいぶん前から気になっていた雲南料理の店過橋米線に行ってまいった。秋葉原というよりは末広町に至近なのだがたぶんアキバに行ったらまたここで食べたくなるだろうそんな店。そも雲南料理というのは日本では余り喧伝されていない。自分は以前子どもと幕張恐竜博に行ったとき恐竜の産地が雲南だったために食事どころの品も雲南料理、そこで初めて出会った記憶がある。そのときの感想としては、調理方法は蒸したり茹でたり、素材の味を損ねないあっさりした味付け、というほどのものであったのだが。そしてそれぎり雲南料理の文字を見ることもなかったのだが。
アキバにあったとは。
アキバの駅からドンキホーテに向かって末広町駅のある交差点まで歩いて歩いて交差点で左に曲がる。そこからジョナサンの看板目指してゆくとその手前二階にあるのが過橋米線である。入るとおそらくチャイナなお客さんがチャイニーズでしゃべりまくっておりどうにもこうにも期待が高まる。
ランチの伝統雲南風過橋米線をいただいた。980円也。写真向こうに見えるのはランチ繁忙期をはずしたご褒美の春巻きである。もちろんこれも問題なくうまかったのだが。
伝統雲南風過橋米線。
左上に見えるのがものすごいごゆいんだけども素材が素材なんであっさりしちゃう鶏メイン+豚のつゆ。上に分厚く浮いてるのは鶏の油とな。なんか絶対体にいいよこれ! コラーゲンとか大変なことになってるよこれ! と五臓六腑をその栄養価で覚醒させるが如き味。塩味は塩味なんだがなんか深い。
で、蓮の花弁のように広げられた具材が美しすぎてまたうれしい。あんま綺麗なもんでつゆに入れるの躊躇ってたらお姉さんが
「全部入れてくださいね! 」
しかられた。

この伝統雲南風過橋米線、鶏の油で蓋をした熱いスープで薄切りのもろもろにさっと火を通して食すのが値打ちらしい。

すんませんでした。

1 麺を投入しほぐす
2 皿の具材全てを投入 美しく並べるとよかろうなのだァー!
3 左上小鉢のもやしやうずらを投入
という流れでよろしいかと。

で、具材の明細なんだが
鶏肉
豚肉
宣威ハム
チャーシュー
いか
までは公式サイト通りなのだが、どう見ても竹の子の薄切り的なものがまじってる。そのあたりお姉さんに尋ねたのだがどうも伝わらなかったらしい。まぁええわ。
で、言われるがままに全てを投入した結果がこれ。

unnnann2.jpg


いや思いましたとも。
一口目からブログに載せる気マンマンだったのに、なんで綺麗に並べなかったかな、って。
すんません。

で、まぁとにかくうまい。
まずは汁の加減が絶妙。過不足がまるでない。初めて食べるのに今食べたかったのはこれなんだよな、うんうん、という味わい。
具材はバラエティに富んでいて大変よろしい。個人的にはハムが美味すぎた。
麺。
これがはじめての食感であった。こしのある麺ではないのだが、冷麦的になすがままかといえばそうでもない。なんともいえないしなやかな芯がありもちもちしこしこした歯ごたえである。
非常にうまい。全体的にうまい。アキバで飯食う機会を見つける都度浮気しないで通う自信があるくらいうまい。夜行って他の米線もいただきたい。布教もしたい。いや今してるからこの記事で。
そのくらい他所になく美味でしかも五臓六腑にありがたい逸品であった。

あと写真上部にあるのは辛さ調節用のとんがらし油的なもの。自分は別に食べ物を辛くしなくともよいと思っておるので最後に僅かばかり汁に入れ味を試しただけでしまいにした。
ぷちデザートのタピオカココナツもさっぱりして普通においしかった。(ここでの普通においしいとは「特筆すべきほどではないが標準的なタピオカココナツの美味さの水準を満たしているというほどの意味である)

以上、アキバのうまい飯処レビューであった。

ところで雲南ってアレの地方だよな。

アレ

朝の茶事(笑)

2011/7/25Hinaさまよりのコメントで
ミルクを入れない紅茶は砂糖が入っていてもストレートティーっていうんだよ。
もし何も入っていないものを求めるならブラックティーって注文する他ないね。
君がそんなに何も入っていない紅茶を望むのなら、僕と契約してよ!
というご指南を頂きました。
ありがとうございました!





(なんかまざった)


伊藤園が「朝の茶事」というペットボトル飲料を出した。

茶道を嗜んでいない人間が言うのもどうかと思うが、ペットボトル飲料に「朝の茶事」はいくらなんでも間違っているだろう。
そもそもペットボトルのお茶やら缶コーヒーやらで
「茶葉に拘り」
だの
「コーヒー豆に拘り」
だのと謳っているが、そういう仕事の裏で、一体どれだけの正当に入れられるべき茶葉やらコーヒー豆やらが工場に回っているのだろうか。
そう考えると胸が痛むのである。
商品開発にはさまざまな苦労があるだろうし、その恩恵を日々受けているのも承知している。
その上で申し上げる。
元来お茶やコーヒーは
「煎れる」
ものではなかったか。
特にお茶なんか湯で煎じればいいだけで、限りなくインスタントである。
その手間も惜しんで何が朝の茶事か。

私はペットボトルのお茶を蔑んでいるわけではない。
自分が高校の頃、自販機の飲料には甘いものしかなく、出たての午後ティーストレートに向かって
「なぜ貴様はストレートと名乗りながら甘みが添加されておるのだ! 」
と説教した覚えがある。いやほんとはそんなことしてないんだけど、まぁそんなぐらいの気持ちだったわけだ。
後に重度の左党になる人間は、女子高生の時分から飲み物の甘みが苦手だったんである。
甘みのない飲料のニーズはそんなにもないのか? てか水飲んでろってか? 飲んでろってかァァァ!!!??? と逆上したのもこの頃である。いやほんとはそこまでじゃないんだけどね。
それから少ししてウーロン茶が出、さらにしばらくして「おーいお茶」が出た。
これは緑茶好きの自分にとって福音であった。
だってちゃんと緑茶の味がしたんだもん。

それから時が経って、今はお茶の花盛りである。緑茶のペットボトルのメジャーブランドだけでも六つくらいの名前はすぐに挙げられる。じゃあそれを自分が喜んでいるかとそうじゃあない。

だって、自分で煎れた方がうまいじゃあないか。

ちなみに自分が愛飲しているのは通称「教会のお茶」である。母がカソリックの教会に行っているのだが、そこで出される契約農家の茎茶が頗る美味くて安い。ので家では専らそれ。職場では山本山の「お寿司屋さんのお茶」を愛飲中。これもまた安いわりに自分好みなのだが原産地にブラジルの表示があってちょっと驚いた。

まぁ、何がゆいたいかというと。

「朝の茶事」をやりたいなら、自分で煎れるぐらいしようぜ、ってことなんである。

ペットボトル飲料の至便はよく知っている。が、朝の茶事は言いすぎだ。
コンセプトも推察できる。でもそれをやりたいなら、伊藤園で出している茶葉や、譲ってティーバッグあたりで留めるべきだった。
茶事、という言葉には、お茶というものに向き合う時間、お茶を煎れる所作までもが含まれていると思う。いや、昔煎茶道についての本を読んだぎりなんだけれども。
だからやっぱり
店で買ってフタ捻子あけて煽り飲んでほかす
だけのペットボトルのお茶に冠すべき銘ではないと思うんである。

さて、ここまで言っても
「急須で煎れるのめんどい」
というあなたに朗報。簡易煎茶システムをご紹介しよう。

mag.jpg


保温マグは300均。ステンレス茶漉しは100円。いまいち茶漉しのサイズが合ってないのは先代の陶器のマグカップのを流用しているから。
これなら一緒に誰かの分を煎れるなどの気遣いも無用! マイ茶葉OK! 保温マグだから(所詮300円なのでたいした保温力はないが)長めに煎じて味の濃いお茶を楽しめるぞ! 勿論冷めにくい! 茶葉を捨てるのも楽らくだ!
ちなみに自宅ではサハラのマグを使ってる。これは半端ない保温力があるのでおススメだがちと高いぞ。

えー、まぁそんなわけで
そんな茶碗使ってる奴がどの口で朝の茶事に文句つけるのじゃ! この口か? ええこの口か? 」
という結びになってしまったんですが、いや、ほんとにこんな煎れ方でもお茶って茶葉から煎れるとおいしいですよ、という話。

我が家ではWiiの導入は延期となりました。

何故ならこれと言うべきキラーコンテンツが未だないから。
DSは2004年発売だけあってソフトが実に充実している。んが、Wiiはソフトの本数が未だ少なく、またその少ないソフトの中でもWiiの機能を生かし尽くし文句なし面白く長く遊べるというものがないように見える。導入検討のためにアマゾンを彷徨って立ち止まったというわけだ。Wiiのソフトにはまだまだ開発の余地があるだろう。全く新しいコントローラを備えたこのハード、これまでに出したソフトは様子見も兼ねているんではないか。もう少し待てばWiiの機能を十全に使い尽くした幸福なゲームが発売されるはずだ。それを待つのも悪くない。
というわけで子どもらにはDSソフトを買った方が良いことを伝えた。彼らはほんの少しばかりWiiはじめの一歩に未練があったようだが、
「あれはまだ発売前で操作性やゲームシステムについての評価がまだ定まっていない。世の中には私費を投じて出たばかりのゲームソフトのテスターを買って出てその評価を世にしろしめてくれるえらい人たちがいるのだ。そういう人は大変ゲームに詳しくまた厳しい。彼らの評価を聞いてから買った方が無難だ。それでなくても初期不良があるかも知れんだろう。慌てて買ってもいいことはないぞ」
と言ったら了承した。

さて次はDSソフトの検討である。
現在所有しているソフトは

ポケモン パール&ダイヤモンド
ジャンプアルティメットスターズ
ロックマン ドラゴン&ペガサス
ヨッシーアイランド
百ます計算
漢検

このうち長く遊んだのはポケモンとジャンプである。特にジャンプはキャラクターをコンプリートするまでに要する時間が長いこと、キャラクターを生かした技が面白いことなどから未だに取り合って遊んでいる。ロックマンは盛んに喧伝されていた頃によく考えもせずに買うことを許可してしまったが(クリスマスであったか)わりと早い時期に遊ばなくなった。ヨッシーアイランドは元旦那が買ったのでどうでもいい。てかやっぱあんま遊んでねぇ。百ますと漢検は勉強なのでいいとして。

あとお友達が持っているソフトで盛り上がっているのは
ウイイレ
マリオカート
ナルト
あたりであろうか。

子どもらの遊んでいる様子を見ているうちにあらまほしきソフトの要件が固まった。
1 長く遊べる
2 友達とのコミュニケーションツールになる(ダウンロードプレイや通信対戦ができる)
3 兄弟なので、二人以上のデータが保存できることが望ましい

これらを念頭に置きながら再びアマゾンに戻る。基本は星四つ以上、コメント欄にも目を通し、マイナスポイントも頭に入れておく。

結果以下のようなソフトが候補となった。

nintendogs柴&フレンズ
ニュースーパーマリオブラザーズ
おいでよ どうぶつの森
サバイバルキッズ
パワプロクンポケット9

ここまできたので今度は子どもらと一緒に検討。
した結果、
どうぶつの森(兄弟で1個ずつなので2個)
ニュースーパーマリオブラザーズ
サバイバルキッズ
を購入することとなった。

どうぶつの森は長く続けられるシミュレーションでロングセラー、本人もほしかったらしいので購入することにした。コミュニケーションツールにもなる。ゲームシステムがオンラインゲームっぽいところが気になるが(特に目的もゴールもない、かけた時間がゲームの成果)ウェブの向こうの誰かと競合したり待ち合わせしたりする必要は基本的にないので許可した。兄弟各人に必要なのかとも思うが、ジャンプ以来ソフトが各人に欲しい病がこじれているため、このあたりで手を打つことにした。独居だと出てこないアイテムがあるそうだが、お友達を住まわせてあげればよいだろう。
ニュースーパーマリオブラザーズは、まぁ基本なので押さえておいて欲しいという親の欲目である。もはやイコンとなったマリオのはじまりはここにあるのだ。もちろん高評価だし、新要素もあるらしいぞ。
サバイバルキッズは、これは余り聞いたことのないソフトなのだけれども、アマゾンで自由度が高い、面白い、という高評価がついていたので候補に挙げた。子どもらはテレビチャンピオンのサバイバル選手権も大好きだし、単純にいろいろと役に立ちそうな知識を身につけられそうだというのもある。実践にはかなわないが知っておいて損はなかろう。保存できるデータが一つというのが難だが、交替でやればよかろう。

自分はゲームといえばマリオドラクエウィザードリィからこじれてザ・コンビニだのホスピタルだのシムシティだのシミュレーション系に行き最後にダンジョンキーパーをやってしまいにしたような人間である。ゲーム好きとは言いがたいし、この年にもなるとゲームは時間のとめどない浪費のように思われてもったいなくてできない。ゲームに費やした労力はゲーム内の成果にとどまる。余り外に持ち出せるものではない。
自身はこのような認識でいるが、子どもらを見ているとゲームは立派なコミュニケーションツールである。友達同士貸し借りをするにとどまらず、みんなでわいわいそれはそれは楽しそうに仮想空間で盛り上がっている。これはこれでよいものだ。ひところのジャンプ放送局がゲームネタで盛り上がっていたように、子どもらもゲームネタで盛り上がり情報交換し、そして大きくなったら「あのゲームやったなぁ」と懐かしがるような、そんな材料になればよい。全く見知らぬ同士でも子どもの頃に共有していた時代の何かで親近感を覚えることができる、ゲームとは確かにそういうものである。こういう体験の引き出しを子どもの頃にきちんと作っておいてやることも、また親の義務だと思うんである。

どうでもいいがこんなに苦労してゲームの選定をやらなくてはならなくなったのは子どもの誕生日が間近いからだ。元旦那の父母と実家の父母、四つの財布が誕生日の度に兄弟それぞれに何かくれてやろうと待ち構えているんである。実家の父母はWiiを買う気マンマンだったのだがそんなわけで延期である。それぞれのところに二本ずつのソフトを頼んで、お母さんのお誕生日前の一仕事が終了という次第。

あ、元旦那のこと考えてなかった。参ったな。誕生日プレゼントいいから子どものサッカー合宿参加費出してくれよ(切実)。

ちなみに母からのお誕生日プレゼントはたぶん大人の科学の一個作る感じで。保管方法と場所とが決まったからさらに欲しくなってしまって大変だ。鉱石ラジオとニュートン式望遠鏡と蓄音機が欲しい。ヤバイ、大人の科学ヤバイ。てかむしろ自分がヤバイ。

巡回メモ

Flickr Color Selectrが面白くて仕方ない。
指定した色の写真をFlickerからさがしてきてくれるサイト。
綺麗だなぁ。写真撮ってくれた人も、システム作ってくれた人も、ありがとう。

GIGAZINEより。

今週のおそうざい

アスパラとマッシュルームのバルサミコ炒め
5センチくらいに切ったアスパラと縦四つ切りにしたマッシュルームと繊切りの人参をハーブソルトとグレープシードオイルで炒めバルサミコで調味。アスパラはそろそろ季節だ。

小松菜と本シメジのお浸し
小松菜はざく切り、本シメジは石突を切って湯がき薄口醤油とかつぶし粉を投入。

水菜ときうりのサラド
水菜はざく切り、胡瓜は繊切り、薄口醤油とかつぶしと擂りゴマを入れて混ぜる。

蓮根と人参とちぎりこんにゃくの煮物
まんま。蓮根と人参は皮を剥いて乱切り、こんにゃくは一口大に手でちぎって(この方が味がしみる)みりんと醤油で味付け、最後に気持ちめんつゆをからめてみる。

鶏腿肉のホワイトソース
鶏腿肉と玉ねぎを塩コショウとバタで炒め牛乳を投入、小麦粉をぽそぽそ入れていためるとホワイトソースになるぞ。なんてんだ、ホワイトソースなんて昔の欧州のおかみさんが牛乳で煮ただけじゃ嵩が増えないから小麦粉でも足してみるか的にこしらえたもんだからいちいち焦げないようにとか考えなくともよいんである。

ポークソテー
豚厚切り肉をハーブソルトで下味つけておき、片栗粉まぶして焼いたらなんかやわらかくてジューシーだった。弁当用子どもにとられた。

地カレイ
ムニエルにした。白身でやばいくらいうまかった。


普通に塩焼き。ゆず味噌で漬けるべきだった。

小松菜とまいたけとしなびた大根と葱の味噌汁赤だし風味

今週はこんな感じだった。

そして僕らはなくした心のかたちをさがしにゆく

アニキが死んで。

詰め込むだけ詰め込まれたエピソードの後にアニキが死んで。

超絶的なかっこよさを心中に穿たれた後当の相手を毟り取られて。

いやこれはただのストーリィだから、アニメだからと思えども。

不審なほどの喪失感が如何しても拭いきれないんである。

「カミナ死んじゃったねぇ」

「死んじゃったねぇ」

「グレンには誰が乗るの? 」

「デコスケじゃねぇの? 」

日曜の朝からこんな辛気臭い会話を交わして。

しまいには何度も死んだ死んだといわれるのに閉口して

「お母さんは今カミナ死んじゃってテンション低いから勘弁してくれ」

などとわけのわからないことを言い。

公式サイトのブログコメントを見たり

sleipnirの2ちゃんねるスレッド検索でグレンラガン実況の跡地に辿り着いたりして

そうしていまだに第八回を見返せずに居る。

そんな自身の営みを振り返っているうちに

(なんだ、自分と同じ、なくした心のかたちを探したかったんじゃないか)

とふと気づいた。

喪失は人生で避け得ないできごとで

しかもそれはおおむね極めて私的なものだ。

喪失の哀しみは

彼と我との固有の関係性のうちに集約されて

厳密には、他の誰とも共有できない仕組みになっている。

が、物語に於いて、その制約は解放される。

物語の中の人物を見る聞き手のまなざしは、語り手によって定められる。

どれだけ聞き手が居ようとも

物語の中の人物を見るまなざしには、さほどぶれは生じない。

現実では固有の関係性ゆえに共有できないもろもろを

物語を共に聞いた誰かとは共有できる。

互いが如何に遠くとも。

喪失の哀しみさえも。

だから人は物語を共に聞こうとする。

心の動きを誰かと共にするために。

そして、いつか誰かを喪くしたら、同じ物語の聞き手の中に、同じようになくした心のかたちを探しにゆくのだ。

まるで、誰かと共有したかったけれども共有しきれなかった、共有してやりたかったけれども共有してやれなかった、そんな現実の喪失の埋め合わせをするように。


天元突破グレンラガン

「帝国陸軍 戦場の衣食住」学習研究社

こういう本を読むと、つくづく日本というのは戦争に慣れない国だったのだなぁ、と思う。
学校教育の成果か、それともマスコミの刷り込みの成果か、高校の時分は日本はえらく戦争好きな国家であると錯覚していた。
が、こういう生活面の資料からの丹念な描出・追跡を読むと、わかる。
元来日本は対外戦争を避けるために鎖国をしていたんではなかったか。
それがペルリの「開国してくださいよー」(ここは当然宮崎吐夢の声で)でしょーがんなく開国したところ、なんかもう世界のトレンドの中心は侵略と占領しかもその末期、えらいときに開国しちゃった(一方の亜米利加的には国際情勢的にもうどうにも必要にかられて開国を迫っていたのだ)ということに気づく。
いかに食われずにこの危機を乗り越えるか、自分がそういうことを考えなくちゃならない立場だったらノイローゼになって死んでたんじゃないか、そのぐらいえらい時期えらい世界の最中だったわけだ。
で、たまーに朝鮮とかに出兵したことがなくはなかったけれども、基本的には国内、自己完結した戦争しかしたことのなかった日本が大急ぎで「対外的な戦争への備え」を整えてゆく、その慌てながらもなかなかの適切っぷりには本当に頭が下がる。
だって全てが「初めて」の連続だったわけだ。
今までは気候のある程度定まった基本的には地続きの場所同士で戦っていたのが、地形・気候・風習・言語すべからく異なる行ったこともない土地でしかも戦争をしなくてはならない。お引越しでもお遊びでもでもない、戦争なんである。そのための軍備は当然、加えて生活基盤をどう整えるか。
うわぁもう大変じゃぁん。
そういう大変さ、時に失敗しながらなんとか工夫したり欧州あたりのベテラン戦争国家連に教えを請うたりしてなんとか勝ちを拾いながら軍備の完成度を高めてゆく、その過程に伴う苦労を思うともうなんか涙ぐんじゃうもんね。
ああ、ほんとうに難儀だったろうなぁ。

で、太平洋戦争で大敗を喫して、戦争を放棄するに至ったわけだが。

なんか、向いてなかったんだよね。
あんまやりたくなかったけど、世界情勢があんなだから、生き残るためにがんばったんだよね。
がんばって、国民性のおかげもあって、なんとかいいとこまでいったけど、やっぱり向いてなかったんだよね。
いいんだよ。
向いてなかったんだからさ。
もう、やめていいよ。
武器を置いていいよ。
専守防衛でさ、いいじゃん。
とか声をかけてあげたくなるような、そういうなんかちょっと切ない日本の来し方に対して目が開かれるような、そういう読み方のできる本である。

勿論資料としても優れているのだろうと思う。余りこの手を読みつけていないので他との比較はできないけれども、時代ごとにトピックを簡潔にまとめてあり文章も非常に読みやすい。写真も豊富だ。
自分はどうも歴史が苦手だったのだが、こういう生活的な方面から入ると、少しは理解できるような気がするのである。

あとこれ読むと、新城サンのカバンの中に何が入っていたのか(背嚢とゆいなさい)、どんな飯食ってたのかなーとか、そういうことを考える材料が得られて大変楽しいです。(@皇国の守護者)

日本経済新聞社編「偏食アカデミー」日本経済新聞社

今なら2ちゃんねるのスレッドあたりが得意そうな「地方のちょっと変わった食」やら「まだあまり知られていない銘品」「余りスポットを当てられてこなかった食の分野」などについてのコラム集。日経の日曜版に連載されていたと言えば雰囲気をつかんでいただけるだろうか。ただ2ちゃんねるのスレッドと異なっているのは知識の分厚さ正確さ、取材力の強さである。ウェブではしばしば大手メディアというのはそのミスリードのあざとさによって批判されがちだが、日経のこと記事についてはそのような批判を聞かない。気質はかなりマニアックなのに偏ることを拒否するような立ち位置は、2ちゃんねるのvipperの人たちに通じるものがあるようにも思える。
尤も、自分2ちゃんねるはまとめスレの中の人たちが綺麗に整えて下すっているものしか見ていないので、そういう印象を受けるだけなのかも知れないけれども。
各記事には連載後の後日談も付記されておりこれがまた記者さんたちの顔が見えるようで面白かった。

以下メモ。

富山の山菜昆布締め 昆布にはさんでビニール袋に入れて18分熱湯に漬ける。これが味をしみこませるコツ。

CODEXであらわになった日朝のキムチの違い。日本独自のオプション材料としては以下のようなものがある。
1 醤油アミノ酸 醗酵海産物代わりに加えられているらしい。
2 パプリカ 唐辛子の代わり。
3 海草などから作った糊料 本場ではもち米粉や小麦粉をいれてとろみをつけるが高温多湿の日本では腐敗の原因となるため代わりに使用。
4 光沢剤 3と同理由

銀シャリ屋 げこ亭 大阪は堺市 日本一の飯炊き名人村嶋孟さんのいる店 

シルバーメニュー 高齢者向けのメニュー 食べやすいよう半分に切った寿司、味を薄めに全体の量を少なめにしたコースメニューなど

会津屋 大阪・西成区 たこやき発祥の地

森の雫 北海道 美深町 白樺の樹液ジュース

松江でおいしいもの 赤貝を空だきして界から出た汁をゴハンにかける。せりを刻んで混ぜる。

以上。読みやすくまた面白い本であった。記者さんが実に楽しそうに記事を書いておられるのもよかった。何より知識の分厚さ正確さはすばらしい。このような記事が書けるようになりたい。

だから暴力じゃあトラブルは解決せんと言っておるのだ。

子どもというのはほんとうにつまらんことで喧嘩をする。
本日の喧嘩の原因は
「お兄ちゃんのお古で今は弟のものになっている服をどっちが畳むか」
というもの。
弟は自分が着てるのを忘れてお兄ちゃんに畳めという。
お兄ちゃんはもう着てないんだからお前が畳めという。
で、様子見てたらお兄ちゃんから弟に蹴りが入った。

これは不可ない。

ダメなのは当然弟なんだが、暴力をその解決方法として使うのは不許可である。

なので説教開始。

「お前な、前から暴力をトラブル解決の手段とするのは間違っているといっておろうが。」
「だってIの方が悪いじゃん」(泣きながら)
「確かにそうだがたとえどんな理由があろうとも暴力を振るった瞬間に問答無用でお前のほうが全面的に悪くなってしまうのだ。それは大変損だぞ。
大体お前は最初何をどうしたかったんだ? 自分のじゃない服をお畳みしろといわれたんだろ。だったらお母さんに
「Iが僕にIの服を畳めっていうんだ。これ僕の服じゃないよね? 」
と聞けばよいことではないか。そうすれば
「そうとも、それは小さくなったからIに譲ったんだからな。I、お前が畳めよ」
となって何も問題はないだろう。それをなぜ暴力で解決しようとするのだ。
暴力を振るうのはむかついた感情をなんとかしたいからだろう。だが暴力振るったところでそのむかついた感情のもとになった問題は解決しておらんし、暴力を振るったことで叱られるし、暴力ふるってむかついた感情がなくなったような気がしても所詮一瞬だし、いいこと一個もないだろうが。
いいか、暴力をトラブル解決の手段として使うのはやめろ。暴力を振るうのではなく、むかついた感情の元になった問題を解決するために何をどうすればいいのか落ち着いて考えろ。自分たちで解決できない場合は暴力を振るう前にお母さんに言いに来い。わかったな。」

で。

いちいちいちいちいちいちいちいち何でもかんでも
「おかあさーん、Iがー」
「おかあさーん、Sがー」
といってくるようになった。

めんどくせぇよ。勘弁してくれよ。

「だってお母さんがいいにこいっていったんだよー」

うるせぇよわかってんよ。だからお前ら自分たちで解決できる問題は自分たちで解決してくれよ頼むから。なぁ。

違うから。

第二子を叱った後に睨みつけてたら、困ったような顔して
そんなに見つめられたら困っちゃう
などとのたまった。

違うから。

それは遺伝子のお仕事だから。

子どもたちが兄弟げんかをするのは親から与えられる定まった量の投資をより多く取った方が生き残って来たから。
親が兄弟げんかを拒否するのはどちらも自分の遺伝子を分けた大切な子孫だから。
どちらも必然、無駄のない遺伝子のお仕事。
でも生活するうえではすげぇ無駄。

どうでもいいけど長男の性格とか次女の性格とか兄弟間の力関係で身についてくる性格だけは遺伝とはまるっきり関係ないだろうな。
誕生の順序は遺伝子で定まらないもんな。

旨い駅弁ここにあり 深川めし@東京駅

久しぶりに食べたらやっぱり旨かった駅弁 深川めし。

20070519105626.jpg


寝坊して弁当作り損ねたもんでたまには駅弁でも買ってみるかと思って東京駅の駅弁やにいったんだが、なんだね最近の駅弁はのきなみ矢鱈豪勢で値段もやたら豪勢じゃあないかね。
1000円以上が価格帯の中心となりはてており、2000円以上もある始末。
そんな中、「ちゃらいおかずにゃ用はねぇ」とばかりに質実剛健な異彩を放っていたのがこの駅弁。以前はハゼはいなかったがリニューアルした模様。
ああいいよ、やっぱあんたにお世話になるよ、と新しい店検討しながら結局なじみに入るような気持ちで購入。

うまかった。

ゴハンはあさりの炊き込みである。
載っているアナゴは実にやわらかく、甘い。
ハゼは良い加減の佃煮、ぐだぐだではない歯ごたえが頼もしい。
小ナスのしんなりした漬かり具合、べったら漬けのしゃきしゃきした歯ざわりがこれまた新鮮である。
煮物も、いい塩梅でそれぞれきちんと煮含めてあり、正統派、まさに江戸の下町の味のイメージそのままである。

830円也。

東京駅で駅弁を買う機会があったら、是非一つ。

すごいぞ! ウンコ爆弾はほんとうにあったんだ!

あんま面白かったもんでまた帝国陸軍 戦場の衣食住からかいつまんでご紹介。

戦場のトイレは難儀だ。駐屯地はともかく、前線バリバリの塹壕なんかでは糞の始末も命がけである。
日露戦争の旅順要塞攻囲戦においては塹壕のはじっこに穴を掘り簡易便所に仕立てていたが、狙撃の危険があるためその場で済ませる将兵が続出、衛生的に大変なことになったらしい。
さて。
この攻囲戦では互いの塹壕が近かったために石合戦や爆薬の投擲合戦から始まり手榴弾の投擲戦闘に至ったのだが、これが発展して
腐敗した食物や排泄物を紙や布に包んだものを敵陣地に嫌がらせとして投擲する「汚物投擲」や「投擲人糞」が頻繁に行われ
さらに
この投擲人糞は英仏の観戦武官により報告されて、のちの欧州大戦の塹壕戦では排泄物を瓶に詰めて投擲する「手投人糞瓶」の起源
となったらしい。

日露の塹壕戦の汚物投擲→英仏にヒント→欧州での手投人糞瓶

…戦争は大変だ。


駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。
あにゅ~るさま、記事の紹介ありがとうございました。

我が家の必須調味料

天羽幻鷹様に捧ぐ。


これがないとうちの台所が立ち行かん! という必須調味料。


なんかよくわからんがスリランカの自然乾燥海水塩が近所のスーパーで有機で一番安いので。

砂糖
きび砂糖。

醤油
サンビシの無添加
薄口醤油

京風だしの素

味噌
近所の酒屋に季節限定で並ぶ無添加のが非常にうまいので愛用中。
後は有機の店で。
赤だしも常駐。

マヨネーズ
マヨラー(笑)なのでQP業務用1キロの。どんだけ食うんだ。


ミツカンのすし酢
うちはあんま寿司やらないんだがこれは旨みと甘みを兼ね備えているので酢の物やらサラダやらに多用。調整の手間が省けて大変便利である。

バルサミコ酢
醤油のない西洋料理界での醗酵調味料の雄。塩コショウハーブ入れてもものたりないのは醗酵風味が足りないからだ。そんなときはこいつを入れよう。酸味、苦味、甘味、そして不思議なこくと味の深みが加わって醗酵民族の日本人も大満足の風味になるぞ! 炒め物に入れれば味わいが深くなり、煮込みに入れれば臭みが消え、そしてスクランブルエッグに入れると塩のとがった風味がまろやかになるぞ! どうしてお前はそんなに万能なんだバルサミコ酢!

香酢
最近の中国の大活躍っぷりからするとあまり使いたくないのだが、中華風の炒め物や煮込みの際にはつい駆り出してしまう一品。


竹本油脂の極上ごま油
なんかオリーブオイル(エクストラバージンじゃない普通の エクストラバージンは風味が強すぎて加熱調理には向いていないそうなので)
グレープシードオイル(オリーブオイルより素直)
揚げ物用普通の大容量サラダ油

バター
カルピス無塩醗酵バタ
カルピス有塩バタ
私は醗酵が好きだが子どもらは有塩が好きだ。

ピーコックの中濃ソース

リケンの青じそドレッシング
QPのシーザードレッシング(なんにでもかける すげぇ好き)

ポン酢(ポン酢醤油より加減が効くので)

リキンキのオイスターソース
ナンプラー

GABANのペッパー&ソルト(メタリックな入れ物が美しいから いずれすべての調味料をこれで揃えたい)
GABANのパセリ

クレイジーソルト

バジル
ゆずぱっぱ
七味
ガラムマサラ
クミン
ターメリック
ホワイトペッパー
五香粉(料理好きの友だちに「中華料理がいまいち中華風にならん」と訴えたところ教えてくれた調味料。中華街で袋で買った。が、最近は中華街にも足がむかなくなった。寂しいのう)

ローズマリーとイタリアンパセリと紫蘇は栽培中。

味王

SBのカレー粉

かつおぶし粉(出汁とるのがめんどいから かつぶしの舌触りを紛れさせたくないサラダやおひたしにも投入する)

擂りゴマ(白)

脱脂粉乳(クリームシチューなどに)

片栗粉(調味料入れに入れといて鍋やら生肉やらに直接振り入れる。とろみづけの際も水溶きせずとも事足りる)

こんなもんかな。

で、最前から疑問なのが
なぜ調味料ストッカーの容量は800mlとか半端なのだ
という点である。
一般的な塩砂糖小麦粉の販売単位は1キロである。当然一般的なストッカーには収まりきらない。そこがわからん。なぜ一般的な販売単位が明らかであるにもかかわらずそれをきれいに収める容量のストッカーがないのか。あまった調味料を輪ゴムでとめたりストックバックに入れたり手間が二倍になるじゃあないか。おまけに一度開けたものだもの、貯蔵も不安だ。あんま腹立つから自分は一袋分が綺麗に収まる茶筒みたいのをストッカーとして使っているのである。


というわけでメタル好きな天羽さん、GABANおすすめですぜ。

君知るやサルミアッキ

サルミアッキ。
それは世界一不味い飴の称号を主に日本で欲しいままにするフィンランドの銘菓である。
(このあたり奇食の館に詳しい)
自分も以前奇異なる縁に恵まれてサルミアッキ風味のあれこれを食する機会を得た。その際のおもひではぐるなびに書かせていただいたのだが(世界一不味い菓子 その名はサルミアッキ 前編 後編)いやもうなんつーかまとめると
昆布飴と白樺の樹液と工事現場の火花を合わせたような味
と言っておこう(最後食べもんじゃない)。

で、そのような独自路線な風味を誇るサルミアッキ、よもや再び会うこともあるまいと思っていたのだが。

職場の同僚がオランダに旅行に行った。
土産として嬉々として差し出してくれたのがこのような袋飴である。

20070515221039.jpg


…うぬぅ。
この色、この面構え、どこかで見覚えが。

で、裏返してみてみたら。
忘れもせぬ
SALMIAKKI
の文字が!

ちょ、これ、フィンランドのあれ! 世界一まずいあれ! 塩化アンモニウムのサルミアッキじゃん! 」

とたん窘めにかかる同僚。

「だめだって! みんなには内緒で食べさせるんだから! 」

む、その気持ちわからなくもない。

で、入手経路を聞いてみた。

なんでも同僚、オランダの素敵レストランに入りおなかくちくなったところに
口直し
と称して籠盛りのミックスキャンディを差し出されたのだという。
同僚のだんな様、色からして黒糖飴あたりだろうと判断し、これを選び口に入れ。
暫時沈黙。

「…お前、ちょっとこれ食べてみ? 」
「どんな味? 」
「いいから、ちょっと食べてみ? 」

…無口になる日本人観光客二人。

そして彼女は思ったそうだ。
これは土産としてもって帰らねばなるまい! と。
そしてなんとしてでも同僚に食べさせねば! と。

その心意気やよし!

で、もう必死になってスーパー行って探したところ
「籠盛りのはいろんな味のミックスだったんだけど、この黒いのだけのがあったから大喜びして買ってきた! 」
との弁。

縁があるね! サルミアッキ君! (にこやかに)

まぁそこまでして買ってきてくだすったものだもの、食べないわけにはいかない。

で、頂戴した。

はっきりいおう。

今までのサルミアッキの中で一番キツイ。

日本人なのにそんなにサルミアッキ経験があるというのも正直どうかと思うが、一番キツイ。グミよりガムよりキツイ。
とにかく飴がでかい。大玉サイズ。
で、当たり前なんだがそれがすでにサルミアッキ。なんか似非昆布飴っつーか金属風味っつーかゴムっつーかそういう風味。
で、その風味が舐めるという営みと分泌してしまう唾液とでどんどん口の中に広がっていってしまうんである。
なんかもうやめろ! といいたい! もう舐めるのやめてぇぇぇ! 唾液出すのやめてあげてぇぇぇ! と。
でも生理的反応だから逃げらんないわけで。
で、じりじりと飴の外壁が薄くなってくると、次の攻撃が。

中身シロップ。これボンボンキャンディ

もうそれはそれは濃密なサルミアッキシロップがゆるゆると溶け出してくるわけだ。
この味がまた、昆布飴と金属とゴム混ぜたとこにさらにうまみのない塩辛とか魚醤をおまけしときました☆ みたいな、そういう感じ。

もう口の中がミラクルハッスルターイム! 未知の領域へゴー!

それが飴を舐めきるまで続くわけだ。ところどころ穴の開いた飴の外壁からじりじりと漏れ出てくる濃密なサルミアッキシロップ。この状態を早く終わらせたいのは山々だが噛み砕くわけにもいかずさりとて隣でワクテカしている同僚に悪いので出すわけにもいかず。

それは、久しぶりに体験した、長い長い時間だった。

ああいうとき。
人は自然と無口になるのだな。(遠い目で)

その後数人の同僚が挑戦していたが軒並み無口になっていて笑った。なんてんだ、舐めるという営み、唾液を分泌するという営みを放棄したくも適わぬ状態に置かれた結果、達磨の如き不動に陥ってしまうのであろう。
というわけで己の内部に向き合う助けとしては最適な素敵キャンディサルミアッキ、その中でもこのナポレオン印のボンボンキャンディは群を抜いて強烈なので、北欧土産として心からお勧めするしだいである。

あ、子どもには食べさせないように。泣くから。

テーマ : お取り寄せスイーツ
ジャンル : グルメ

驚異の説得術! 子どもにチャレンジを諦めさせる方法

うちの第一子がチャレンジ病に罹った。あれだ、赤ペン先生だ。
母が厳選して買ってきた問題集を打ち捨ててチャレンジをやりたいとのたまいやがる。
で、第一の説得。
「チャレンジにしたってなんにしたって問題なのは本人のやる気だ。今この問題集を自主的にやれないお前が届いたチャレンジを自主的にやるわけがない。」
これがまた全然効かねぇ!

で、また別の日に第二の説得。今度はチャレンジ代金とその解題から責めてみた。
「いいか、チャレンジは月に3000円くらいかかる。一年にすると3万6千円だな。一方でお母さんが買ってきたこの問題集はたったの800円だ。

さて、ここでチャレンジがなぜ月に3000円するか考えてみよう。
チャレンジではやった課題の数に応じてポイントをもらえてそのポイントを貯めるといろいろなプレゼントと交換できる。で、このプレゼントの代金はどこから出ているかというと、この3000円の中に入っているわけだ。
で、問題を送って添削してもらうわけだけれども、その添削をしているのはまぁ大体のところお母さんとおんなじようなフツーの人だ。チャレンジの会社からこの問題集の答えと同じようなのをもらって、君が間違ったところをその答えを見ながら直してくれる。さてその添削をする人のお給料はどこから出ているか。3000円の中からだ。
チャレンジの問題そのもののお金も当然3000円から出ている。
チャレンジをチャレンジの会社が送ってくれるお金も3000円から出ている。
問題集を作るお金も、チャレンジを送って添削させてそれを送り返したりプレゼントを点数に応じて送ったり、そういうシステムを運営しているのはチャレンジの会社だけれども、その会社で働いている人のお給料も3000円の中から出ている。

この問題集は800円だ。問題集を作る会社の人に支払うお金だけで済んでる。お母さんが添削をすればただだ。時間もかからないですぐにどこが間違っているかがわかる。何がどうわからないか、お前の考え方の癖や、わからない問題に向き合ったときのお前の態度だって、間違っていたら教えてやることができる。

はっきり言うが、チャレンジのプレゼントでもらえるのはお母さんが定価よりも安くかってやれるものばかりだ。毎月いろいろな勉強に役立ちそうな道具もついているけれども、どうもお母さんにはすぐ壊れそうでちゃちくみえる。そんなものより、チャレンジに月に3000円出すんだったら、お母さんは時々2000円で大人の科学買ってお前と一緒にすげぇもん作って遊びたい。

さて、どっちにする? 」

「問題集やる! てか、大人の科学次何買ってきたの? 」

すっかり説得されやがりやがりました。うはは。

「…映画…」

といっただけでやめたらもだもだしてやんの。うはは。
先日今年星について勉強するらしい第一子のためにプラネタリウムをこさえてお友達呼んで上映会やった。次は紙フィルム映写機だよーん。でもまだ教えないもんねー。

しかしこうやって書くと、やっぱり自分ちにはチャレンジは無用、その分のお金で大人の科学を買いたいと思う。
で、調べてみたら小学校四年生のチャレンジは月4000円であった。いよいよ無理。

というわけで驚異の説得術とは「え? この理屈お前理解できるようになってたの? うぉっ、嬉しっ! 」という意味における驚異の説得術でした。


RinRin王国さま、記事の紹介ありがとうございました。
趣味のWebデザインさま、記事の紹介ありがとうございました。
糸の切れた凧さま、記事の紹介ありがとうございました。
迎賓館裏口さま、記事の紹介ありがとうございました。

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

今週のおそうざい

蒸しキャベツのかつぶし和え
色を損ねないよう薄口醤油で。

大根と人参と胡瓜の繊切りサラド
大根を繊切りにして寿司酢と薄口醤油とで和えてから人参と胡瓜とを繊切りにして投入。同じく寿司酢と薄口醤油で合えてから擂りゴマ(白)をかける。

ズッキーニとマッシュルームのバルサミコ炒め
初物のズッキーニが出ていたので賽の目切に。マッシュルームは半分に切ってオリーブオイルと塩胡椒とバジルで炒める。

小松菜煮浸し
ざく切りにした小松菜と細く裂いたエリンギとをごま油で炒め、小エビをあわせる。醤油とみりんと鰹節粉とで味を調整する。

ナスとひき肉の炒め
みじんにした葱と豚ひき肉とをごま油で炒めながら軽く醤油で下味をつける。半月のナスを投入、いい感じになるまでいため合わせ塩コショウと醤油とで調味、最後に片栗粉をかけとろみをつける。

きのこ汁
葱の青いとこと本シメジと舞茸、油揚げ。汁は醤油とめんつゆの素と塩と鰹節粉とで調整。

豚肉炒め
ジンギスカンのたれで玉ねぎと豚薄切り肉を漬け込んでおく。

メジナ切り身
黒鯛切り身
塩しとく

手羽元
塩コショウしとく

以上。

軍人さんの吃驚性生活

今学研の「帝国陸軍 戦場の衣食住」という本を読んでるんですが、この中に軍人さんの性処理事情についてのコラムがあって、あんま面白いんでかいつまんでご紹介。

*性病防止のためのコンドーム「突撃一番」は有名だが、この他性行為の後に使う性病予防の薬剤「星秘膏」があった。チューブタイプで性交後に局部に塗りこみ一部は尿道から注入して殺菌の途に用いたようだ。(間に合うのか?)
*女性用の膣内挿入型性病予防薬の名は「貴女之友」。(宝塚か少女雑誌か)
乗馬部隊では、乗馬中に局部を蔵に押し付けて快感を得る「鞍遊び」という自慰方法があった。(…。)
*当時ダッチワイフは「胴人形」と呼ばれており、電熱線が仕込まれたぬくもりタイプもあった(感電しそうだな)。軍にも供給されたがその多くは警察の風俗取り締まり時に市井から押収されたものであった(ダッチワイフ違法かよ! てかお古かよ! )。
*陸軍軍医学校で大正時代より軍隊用の自慰機材の開発が進められていたらしい。女性の形をした「甲型」と局部のみの「乙型」があり、「擬似女体」と呼ばれていたようだ。昭和期に入ってからは「擬似女体」の「乙型」をベースにした、将校、下士官、兵に提供する「甲」、「乙」、「丙」の三タイプがあったらしい。
*大東亜戦争下では出征将校の婦人の性欲処理と戦死した将校の夫人の背徳行為の予防のために陸軍軍医学校で女性用張り型をスポンジにて試作、寂しさをまぎらわす任を負ったそれは「空閨兵器」と呼ばれていた由。(大きなお世話じゃねぇか。てか、そんなもん支給されたら死ぬほど恥ずかしいわ! )

そしてきわめつけはこれ。

「明治43年に南極探検に赴いた白瀬大尉指揮の「白瀬探検隊」は、「ダッチワイフ」などの自慰器材を携行しなかったため、マスターベーション以外の性欲処理方法として、ペンギンを使った鳥姦を行っている」

逃げてー!

ペンギンさん逃げてー! (号泣しながら)


軍人さん大変だと思うけどさ、他種の生物に迷惑かけんなよ…orz
てか今よりよほど過酷だったろう明治期の南極探検中にも血気盛んな白瀬大尉に、敬礼!

台所でのすげーくだらないちっちゃなふたつの発見

* 魚焼きグリルは小口オーブンに転用できるのか!
ココット皿を使って焼きカレーを作ることにした。
が、電子レンジのオーブンは予熱だのなんだの効率がいまいち。
そういやぁ魚焼き器だって天火じゃあないか!
で、水は張らず直接ココット皿入れて焼いてみたら大変よい具合に焼き目もついた。
今度から小口のオーブン料理は魚焼き器で焼こう。

参考
先人
魚焼きグリルのお掃除

* マルチスチーマーの代わりにやかんでいいじゃん!

お茶を飲むためにやかんで湯を沸かした。
たまたま蒸気の噴出す方向をいつもと違う壁に向け、たまたま沸騰してから止めるまでに間が空いた。
で、台所の壁みたら汚れが雫状にたれているではないか!
なんだ、スチーマーになるじゃん。
なわけで、湯を沸かすときはときどきそのような使い方をすることにしました。
五徳周り限定だけどね。

巡回メモ

「あの」絵師さん再来。クオリティ高ぇ。

安価でJOJO風に描く 戦闘潮流
個人的には間田っぽいR・田中一郎が。デスノもいい!

安価でJOJO風に描く
カービィと御茶ノ水博士。うしとらは待ち受けにしました。

ゴルゴ31さんより。

腑に落ちない女性の仕草五態

一 なんか怒ってる

→わけはよくわかりませんがいつも険しい表情の女性がおります。そういうひとは大体顔の筋肉のみならず骨格までもが険しい容に固まってしまっております。如何してそんな勿体無いことをするのかわかりません。装うなら皮膚ではなく筋肉から始めてほしいものです。

二 腕組みして歩く

→昼食時にOLさんたちが胸元に財布を抱えるようにして歩く姿はしばしば見かけましたが、これが嵩じたのか腕組みして歩いている女性を稀に見かけます。何を守ろうとしているのか、自分を守ろうとしているのか、どうも不自然で目になじみません。そんな仕草は柔和というより剛直な印象を与えます。ではそんな仕草をしている女性は剛直に装っているのかというとそうでもなくごく普通の女性なのです。その仕草は愛らしくないと誰か教えてやってください。私には勇気がありません。

三 歩くとき爪先が外を向いている

→爪先が外を向いていて美しいのは踊り子だけです。歩くときにつまさきを外に向けるという習慣はどこで身についてしまったのでしょう。誰か教えてやらなかったのでしょうか。前を歩くそこのお嬢さん、足先はまっすぐでよいのではありませんか。

四 始終携帯を操作している

→どうしてどこのファッション誌にも示唆がないのか理解に苦しむのですが、美しい姿勢美しい所作で携帯を操作している女性を私は見たことがありません。大概俯いて背中を丸め手に持った携帯の小さな文字を覗き込むようにしてひたすら字を打ち込んでいる、そんな姿はどうしたって美しいものではないのです。加うるにそのような一心不乱の状態にある女性からは大概周りの状態への観察力が失われてしまっている。二重に美しくない有様です。社会性を打ち捨てて小さな媒体のそそのかしてくる自己愛的な関係状態に没入してしまうという携帯でのメール交換はそも好もしくありませんが、それでもなさりたいというのならせめて伸びやかな姿勢でお願いします。あなたの美しい横顔を私たちは見ることもできないのです。

五 化粧やファッションやらのランナウェイプロセスがハイエンド化している

→ランナウェイプロセスというのは進化生物学の用語で、異性にアピールするための身体的な特徴の発達が生存に不利になるぎりぎりのところでようやく停止する、その過程そのものを指します。孔雀の無駄に長くて派手な羽を創り上げた過程などが例としてあげられます。ところが女性の化粧・ファッションにおけるランナウェイ現象は時に行き過ぎて異性へのアピールすら欠落してしまっているようです。何がしかの理想を求めて鏡に向かい己と対峙しているうちにどう考えても閾値から外れてしまったあらゆる化粧、女性同士の価値観だけで探求しているうちに何か違うところに来てしまったファッションなどです。その目力はほんとうに男性が欲しているものでしょうか。作りこみすぎた顔貌はときにそれを落としたときの素顔の底知れなさで見る人を恐れさせます。体の線を押し隠しすぎた重ね着は女性の体の持つ魅力を隠蔽します。かわいらしさを女性同士で追及しすぎるとこのようなランナウェイプロセスが起こりやすいようです。というのも女性同士のかわいいは素材のかわいらしさよりも努力や工夫の如何について評されることが多いためです。勿論最たる戦犯はうわごとのような惹句を繰り返す女性向けファッション誌ですが、そんなものに惑わされてはいけない! 彼らは商人と結託してあなたに何かを買わせるためにそんなにも多くの提案を差し出してくるのです。男性グラビア誌に提示される装いと女性ファッション誌で提案される装いがこんなにも乖離していることに何故あなたは気づかないのですか。どうか重ね着しないでください体の線が見えません勿体無い。そんなにも顔を作りこまないでください素顔が知れなくて恐ろしい。あと自分は過度なマニキュアが苦手です。あの爪先は女性のナルシシズムの結晶のように思われてならないのです。

他、メールを打ちながら歩いているがために周囲のことがまったく見えなくなっている女性、あんなにもよろけているのに頑なにどこにも掴まらない電車内の女性、理に合わない寸法のジーンズを履いている女性、サンダル履き故に猿のオリバー君のような歩き方になってしまっている女性、サンダル履き故に足早にエスカレーターを降りる音が殺人的になってしまっている女性、発車ベルが鳴っているのになぜかドアの前で立ち話を続け閉まる瞬間にようやく乗って「危なかったー」などとのたまう女性、そういうひとを見るたびに、私はいつも勿体ないなぁと思っているのです。

「誰も知らない」というやさしい嘘

映画のもとになった「巣鴨子供置き去り事件」を知ると、映画「誰も知らない」はやさしい嘘だということがわかる。
真実を真実のままに書いてはこの映画はここまで多くの人に見られることはなかっただろう。
このようなことが起こったということがここまで多くの人に知られることはなかっただろう。
そしてこの映画を見てもとになった事件について知ろうとした者にのみ、映画と真実との間隙が明かされる。

映画は虚構ではない。それはファンタジーだ。
真実を知った人がせめてかくあってほしかったと願うファンタジーだ。
そんな人のために監督が長い間かかって創り上げたやさしい嘘だ。

誰もやさしい嘘を願わずに済むように。
私はせめて私の子らをいとおしんでいよう。

パソコンが不調なのでリカバリかけた

どういう不調かというと

*起動すぐにマウスクリックが聞かない。タスクマネージャ出して一旦閉じると反応するようになる。
*起動時以外にも突然今利用しているプログラム以外にマウスクリックが反応しなくなる。これも解決はタスクマネージャで。
*マウスクリックが効かないときはショートカットキーも効かない
*EXCELで表を作ろうとしたところ左クリックを押したままの状態となった。つまりいけどもいけどもセル選択。起動しなおしても同様。

で、ハードっつーよりシステムの異常じゃないかと判断してリカバリかけたんだが上記不調は解決せず。おまけにSleipnirのフォルダをDディスクに移し忘れてお気に入りが全滅。ふはっ!
まぁ嘆いていても仕方ないので毎日ここだけはと見ていた巡回サイトだけ検索してお気に入りに登録。ほかは思い出すつど足してゆく心積もりである。

すずめのこと

数ヶ月前、エアコンのダクトの中にすずめが巣を作った。
それがようやく孵化したらしく、ごくごく小さな鳴き声がしきりに聞こえてくるようになった。
鳴き声、少し変な譬えなんだが、線香花火の最後の段階、散り菊に似ている。非常に細く儚げなのだが絶え間なく繰り返される、そんな感じ。

雨だ。

朝から雨だが、か細い鳴き声は続いている。親のすずめは雨のなか餌をとりにゆくのだろうか。ゆくのだろう。寒いところに持ってきて飢えさせては弱ってしまう。今日はそれほど強い雨ではないけれど、雨足強く風の吹く日も行くのだろうか。行かないかもしれない。そんなことが数日続けば雛は飢えて死ぬだろう。
自分と子ども、どちらにコストをかけるだろうか。子どもより親が大事と太宰は言った。餌の量を確保できないとき、少ない餌をやせた雛にやるだろうか、太った雛にやるだろうか。強いものをより強くするか、弱いものを底上げするか。資源の分配はすずめの本能においてどうなっているのだろう。

人間でよかった。
自分で日々食料を探しに行かずとも子どもを飢えさせずに済む人間でよかった。

雛は何羽残るだろう。

いくつ玉子生んでも一番が再生産できるのはせいぜい二羽というのが、こうして日々巣と環境を共にできるようになって、ようやく真に迫ってきたのである。

GWなのにIKEAに行ってきた

IKEAってどんなとこ?

一般的な見解
スウェーデンから来たデザイン重視でシンプルで値ごろな家具やさん。食器やファブリックも扱ってるよ!

個人的な見解
商品
無印っぽいシンプルで白っぽい商品(ややクオリティ高い)+ダイソーっぽい安値先行型の商品(クオリティ?)+欧州デザインながらなんか大味な商品(クオリティ普通)+UNIQLOデザイナーズアワードのようにデザイナーを前面に押し出した商品(クオリティ高いが値段もそこそこ)=IKEA

店舗
基本COSTOCO。大店舗で倉庫的だが全体的に商品イメージとデザイン性を大切にしている。とにかく広い。
公式サイトにもある通り店舗はショールームとマーケットホールに分かれている。
ショールームは顧客がイメージを膨らませやすいように部屋の用途・トータルイメージに沿った形で家具が配置されている。客の一人が「人の家に遊びにきたみたいな感じだね」と言っていたがそういう印象。その中に小口商品を満載したワゴンが点在している。
マーケットホールは普通の陳列棚。販売数がとにかく大量で圧倒される。あとなんか花瓶とか鉢とかやたらでかい。子どもくらいの高さとか大きさとかのが普通にある。商品のクオリティは上に書いたとおり正直かなりレベルに差がある。


というわけで連休中にIKEA詣でという自殺行為をやらかしてみたんですがそんなでもなかったような気がするけど普段どのくらい混んでるのか知らないのでなんともいえないわけで。とりあえず電車で新横浜行ってシャトルバス乗ってIKEA行って商品選んで買ってまたバス乗って帰ってくるというのがつつがなく済んだので全てよし。
以下レビュー。

IKEAに辿りつくまで
横浜から市営地下鉄に乗って新横浜駅へ。新横浜駅のバス乗り場でIKEAバス停を探す。と、一人のお姉さんが三人連れのお姉さんに「あの、IKEAのバス停留所どこですか? 」と聞いているところに遭遇。「私たちも探してるんですよ」と言っていたがこの三人連れについていけばたどり着けるであろうとストーキング。無事ついたよありがとう!
バス停にたどり着いた途端バスが満員になって出発したんだが結果次のバスでは座れてラッキーであった。サイトには1時間に4本とあったが連休中なので10分も待たずに次のバスが。すぐに満員になって出発。道路はやや混んでいたようで帰りは10分もかからなかったところおそらく20分弱はかかったんではないか。
車内では公式サイトにもある「お店での一日」ビデオがぐるぐる流れてて飽きる。
で、IKEA到着。

IKEAお買い物のお作法
イリグチにIKEA五種の神器が置いてある。
ikea1.jpg

フロア案内
紙製メジャー
ショッピングリスト
メモ用鉛筆
これに通称ブルーバッグというでかい肩掛けできるプラスティックのショッピングバッグが加わる。カゴより幅をとらなくて合理的だ。

で、先ずはショウルームへ。
行くのだが、自分は家具を買いに来たのではないので流して見る。デザイン性がそこそこでシンプルな家具は嗜好に合うため、見るだけでも結構楽しい。

で、腹が減ったのでレストランへ。

正直連休中なので入れないと思っていたのだが、意外と空いていた。時間が5時頃だったせいもあるかもしれないが客捌きもよいのだと思う。

IKEAレストラン&カフェ
カフェテリア方式。先ずはプレートを取り、お好みによりフリードリンク用のカップを選ぶ。冷製の前菜的なコーナー(スモークサーモン、パテ、オープンサンドなど)、パフェ・ケーキなど甘味コーナー、デンマークと日本・アルコールとノンアルコールが混在する飲料コーナー(棚上部でバナナなど生の果物も売っていた。デンマークビールもあります)、クッキーなどのお菓子コーナー、その次に店員さんがサーブするホットミールコーナーがある。こちらではサーモンの焼いたのやらミートボールやらがいただける。何故かカレーもあったがデンマークにカレーあるのだろうか。で、次にスープ、サラダ、フォカッチャのセルフコーナーがあり、ワインとパンのコーナー。レジにちゃんとお箸も揃っているカトラリーコーナー、で、フリードリンクのコーナー。
自分が選んだのは
スモールミートボール 5個 495
クレイフィッシュとサーモンのパテ 295
エルダーフラワージュース 180
ikea2.jpg

うまかった。
エルダーフラワーというのはニワトコの花のエキスのジュースとのこと。味は、パンチの弱いライチとでもいおうか、果糖的な非常に純粋な甘さ。匂いもパンチの弱いライチ。悪くないがあまり日本では普及しなさそうだ。ミートボールのソースが美味かった。ホワイトソースベースに肉汁的な旨みを加えた感じ。あとはクランベリーソースと刻みパセリ。サーモンのパテも悪くない。やや酸味の勝るマヨネーズっぽいソースにつけていただくのだが、魚卵らしきものがまざっていてそのぷちぷち感が楽しい。
ミートボールもパテも果てはミートボールのソースまでフードマーケットで売っていて、これを金出して試食したと考えるか、お店の味をお持ち帰りできると考えるかは人次第である。ソースを買おうかだいぶ迷ったのだが気力が足りなくて挫折した。

マーケットホール
今回の目的は常夜灯として使うランプと一番安いカトラリーセットの購入。何しろフォークナイフ大小匙六本ずつで1900円って安いだろ。で、散策したんだが非常に楽しくインテリアのこまいものが色々欲しくなって困ってしまった。ランプはGRÖNÖLAMPANで最後まで迷ったのだが結局LAMPANに。だってGRÖNÖ硝子だから重かったんだもん。
で、LAMPAN。
ikea3.jpg

シンプルミニマムでよい感じなんですが
ikea4.jpg

裏がこうなってるのも決め手になった。電球に埃つかないよ! 表面の拭き掃除だけですむよ!
うむ、よいデザインだ。

IKEA流価格表示 ちっちゃくなってます
IKEAはお安い商品の値段はかなりでかいフォントで書いてあるのだが、割安感がまるでない商品の値段はなんか申し訳なさそうな小さなフォントで書いてあるのだ。もうかなり近づかないと読めないほどの商品説明と同じフォント。このランプも本体は490円とアホみたいに安いのだがオススメの電球は二つで1600円。その1600円の見にくいこと見にくいこと! なんかかわいいぞIKEA。

で、とことんシンプルなカトラリーFÖRNUFTも購入。やや薄いが問題なし。
後はHEMLISというハンガーの赤と黒(これで110円だぜ? )とFORMAの玉子たてにもなるちびボウル。

他に欲しかったけど今回は見送ったのがKIRPという壁に固定する本棚。これはかっこいい! と思ったのだが金属製なので重いこと重いこと。持って帰ったら死ぬる。
もう一つはDROPSという壁掛けフレーム。8ミリフィルムを模しており非常にイカしているのだが割安感がない。あとこれ公式サイトだと写真用って書いてあるけど絵葉書サイズ。そこがまたよいのだが。

で、レジにたどり着いたら商品をレジのベルトコンベアに載せお会計。
紙袋か最初に渡されたブルーバッグを買うよう薦められるがマイバッグでなんとかなった。これから行く人には大きめのマイバッグを持参することをオススメする。

お帰り
バス停にゆくと相変わらずピストン輸送状態らしきバスが止まっていた。帰りは渋滞もなくじき新横浜に。かなり満足して帰路についたのである。

結論
わりと楽しいところではあるがクオリティはばらばらなので注意が必要だ。ファブリックや子供用品のデザインもわりと大味だったりして好みの分かれるところであろう。が、家具については確かに割安だしデザイン値段とも文句のつけようのない商品もある。よいところだ。次は車で来たいなぁ。でも駐車場は混むんだろうなぁ。

追伸
乳児持参だけは控えたほうが無難。でもレストランにベビーフード売ってた。それがIKEA流。

影送りのこと

子どもと一緒に道を歩いていると、女子牛学生五六人が道幅一杯に広がり立っているのに出くわした。
邪魔は邪魔なんだが、それよりも会話の内容が耳に止まった。

「あーほんとだ、見える見える」
「私も」

言い乍彼女たちは、何もないただの道に向けて携帯のカメラを構えたり、しきりに道とそらとを見返しているんである。

何をしているんだろう。知りたいぞ。

「ごめん、何してるのか教えてくれる? 」

少し不審そうにこちらを見る彼女たち。が、子ども連れであることに安堵したのか、それとも通行を邪魔していたことに罪悪感があったためか、じき一人が口を開いて教えてくれた。

「影送りです」



「それはどういうものなの? 」

こうやって自分の影をじっと見てそれから空を見ると、自分の影が見えるんです。それを影送りっていうんです

うぉぉ!
そのネーミングはセンスあるぞ!
ただの残像だけどな!


私は彼女たちにお礼を行って立ち去った。

それが不思議、というのは、残像という効果を彼女たちが知らないからなのか、それとも知っていても何かミスティックな印象を覚える現象だからなのかわからない。
が、いずれにしても、一見非常に呪術な行為であり、少女たちが一斉に道端で耽っているところに、強い興味を覚えたのである。
おそらくうわさで伝わってきたのだろうが、いずれ影送りとは、ほんとうにセンスのあるネーミングであることよ。


まななさんより
「ちいちゃんのかげおくり」
という物語のことを教えていただいた。
「http://www.ina-ngn.ed.jp/~yoshiday/kageokuri.htm
1年の教科書に掲載されていたそうだ。
かげおくりというのは、古くからあった遊びだったのだな。

まななさん、どうもありがとうございました。

あんまり暇だったからiPodのイヤホンカスタマイズしてみた

いやほんとはそんな暇じゃないですすんません。あと大したカスタマイズでもありませんすんません。

最近EAR DROPSという商品をしばしば見かける。イヤホンにラインストーンを貼り付けたものだ。結構綺麗なんで欲しくなったのだが、二つの理由で買うのを躊躇っていた。
理由1 余分のiPodイヤホンがあるから
理由2 いまいち好みの色目のがないから
で。
好みの色目がないなら作ればいいじゃない。
とゆーわけで作ることにした。

準備したもの
スワロフスキーのラインストーン クリスタル、モンタナ、ジェットの三色
ロックボンド
ピンセット
定規
そしてイヤホン
earphone1.jpg


ロックボンドを紙の上に出し、つまみ上げたラインストーンを寿司の醤油的に付けた後イヤホンに載せる。全部載せたら定規で左右から整える…のはずだったのだがどうも微妙な大きさの違いがあるようで中心線がずれる。ので定規は上から押さえるだけのために使い、中心線は結局指で微調整した。
earphone2.jpg


完成!
earphone3.jpg


材料費スーパーの手芸屋で揃えて800円くらい。新しく買うよりは安上がりであった。
店先で見て綺麗だった青と黒と透明のラインストーンにしたんだが、なんか本体に貼ってある若冲シールからすると赤にしても良かったかも知れない。
今度赤買って別の作ろうかな(←はまりみち)。

なお、ロックボンドを使わずアロンアルファなどで済まそうとすると、折角のラインストーンが白くなってしまうのだそうだ。お店のお姉さんの体験談である。お姉さん、あのとき「アロンアルファでつきますかね」といった私に手芸用を使うことを教えてくれてありがとう。お陰で満足のゆくものが作れたよ!

自分はこういうことをするのが始めてな上にぶきっちょなのでうまくできるか心配していたが、いかに繊細な仕事といえどやることは子どもの工作レベルなので失敗のしようもなかった。よかったよかった。

これやってて子どもの頃玉子の殻を細かくしたものに色をつけ貼り込んで作ったモザイクを思い出した。今の子はやるのかなー。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック