ナルシシズムのメイク

私は女の子が全般的に大変好きなんだが、どうもいただけないことが二点ばかりある。
気合の入りすぎたアイメイク
気合の入りすぎたネイル
どちらも女の子の自意識の濃密な結晶のように思われて、どうにも苦手なんである。
アイメイク、なるほど瞼に色を乗せたり睫を長く見せたくなるのはわかる。目の周りを黒く塗ったりすると目立つというのもよくわかる。だが睫を長く太く見せようとするあまりになんかダマになっちゃってるのとか見るとうへぇとなるのだ。いや、そんなことしなくても
そのまんまでもかわいいからさ。
等というと、
「でも私マスカラつけないと睫ない」
とか言い出す娘がいたりするんだが、んなこたーない。そりゃあマスカラつけてるのがデフォルトになってしまっておればそれに比べて素の睫は物足りないであろう。だがその脳内デフォルトの状態が異常であるとは思わんのか。一体どこまで睫を厚ぼったくすれば気がすむのだ。そんなのより、そんな状態より、そのままのまなざしのほうがかわいいと思うのだが。
あとなんかもりもりビューラーで睫挟んでる娘。そもそもビューラーって手術道具みたいだし、目ってデリケートなのにそれをみしみしやってるとこもこわいし、睫がこうくるってなってるのも日本人としてはなんか不自然だし、大体あれなんですよ、睫くるってなってると伏せ眼のときいまいちなんですよ! 睫がまっすぐだからこそ伏せ目のときに翳が出来ていろっぽいんですよ! 全く最近の若いもんはそんなこともわからんのか!
アイシャドウもね、やたらてらてらしたこうゴールドっぽいグラデーションカラーとか、どうしたんですか、と。ああいうのはポスターだから綺麗に見えるんであって、そんなの、女の子の普通の白い肌の瞼の方がきいに決まってるじゃないですか!どーしてもやりたいなら目じりに朱でも入れてくだされば色っぽいと思います。はい。(狐? )
アイラインはね、目の周りの粘膜ってデリケートじゃないすか。その粘膜すれすれにかいたりしてると、なんか色素沈着しませんか? アイメイクを懸命に落とすなんて、そのためによいクレンジングを使うなんて、ちょっと待て、ほんとにそれ必要か? 自分はそのままの瞳の方が好きだぞ。
マニキュアもね。
なんか気つかっちゃうじゃん! 色々きらきらしたモンとか使ってるとね、うわ、なんか水仕事とかしてもだいじょぶなのかな、とか、手作業してはがれちゃったりしないのかな、とか。んでそれを一所懸命やってるとことか、それを綺麗にしてもらうために店にいってるとことか想像してみ? なんかね、女のナルシシズムの凝縮ですよその風景は。テレビ見ながらとか、一つ一つ爪を磨き下地を塗りマニキュアを塗りそしてそこにあれこれの装飾を置いてゆく。簡単には行きません、一つ一つの過程を過たず注意深くこなし、指先にできあがった宝石をうっとりと満足そうに眺める。それを男は素敵といってくれると思っているんでしょうが、まぁそれはね、よくがんばっているなぁとか、よくできてるなぁとか、きれいだなぁとは思いますけどね、なんかむしろコワイ感じすらしますよ。ものすごい自意識の結晶みたいですもん。自己愛の結晶みたいですもん。きれいでしょといわれても率直に賞賛はできませんよ。すごいねとは思うかも知れませんけど。そういう仕事に時間と手間をかけるのに驚異を覚えるかも知れませんけども。しかも爪は女にとって立派な武器ですからね。そういう鋭い刃物のようなものを手入れして飾りつける、そういう営みに熱心である、そのような振る舞いする女というものに対し、私はその美しさ愛らしさにいつもあくがれながら、同時に怪物的な恐ろしさをも感じているのです。
んでも美肌製作がんばるのはおけ。
手入れされた眉毛も好き。普通の形のでね。
唇もリップの上にグロスとかも好き。
上気した感じの頬紅もぐー。

かわいい女の子は世界を幸せにしますから皆さんがどんどん可愛くなるといいと思いました。おわり。

スポンサーサイト

脱兎の如く。

今日第一子が提出書類を出していないとの連絡が先生からありましてそれで結局学校に確認に行くことになってしまったのですが(家庭の事情により)それで母がガッコまで車に乗せていってくれまして着いてドアを開けたところで脱兎の如く子ども逃走。

マジかー!

と真っ白になりつつ追いかけなんとか捕まえたんですがそのすばやさにこいつは車で拉致されそうになっても心の隙をついて逃げ出してくれるんじゃないかとスゲー嬉しくなったのはやっぱ私がバカ母だからですかそうですか。
んで提出書類出したかと思っておりましたらやっぱり引き出しの中にありました。今日出したと言い張っていたのは別の書類でした。だから連絡袋の中の書類を引き出しの中に入れるのはやめろと小一時間(略)。

子どもに読ませるブラックジャック

アニメ版が余りにもぬるいのでイヤになったのとなんか子どもが風邪ひいて休んで漫画読んでいいっていったらチャンピオンのブラックジャックスペシャルを読み始めて「これは原作の前に同人誌というダメルートではないか」と危機感を覚え慌てて古本屋でブラックジャックの文庫本を買ってきたら振り仮名がなかったというオチ。多分チャンピオンの単行本なら振り仮名あったと思う。仕方ないのでもう二冊買ってきたドラえもん読ませました。

ないちちを慰めてもらう

子ども二人に腕枕して添い寝してるとき、左右の子どもの視野が余りにもまっすぐなことに気づいた。
ちちがねぇんだな。
その直前にBLEACHを見てたモンで
「お母さんもっとおっぱいおっきかったらよかったねー。これじゃへんぺーだねー。織姫ぐらいあったらいいのにねー。横になったお母さんごしにお互いの顔が見えないくらい。」
といったら
「お母さんにもいいとこがいっぱいあるから大丈夫だよ」
と上の子に慰めてもらった。

いい子に育った。

テーマ : こどものひとこと
ジャンル : 育児

今週の晩御飯

よく働くようになったのでまとめづくりです。味はしっかり火もしっかり。
というわけで以下作ったもの。

ブロッコリーのバジルソース炒め
ピザについてたバジルソースに塩を入れ冷凍天海老の刻んだのを炒め、湯がいたブロッコリーを投入、さらに炒める。

きうりとかにかまのマヨネーズ和え

牛蒡サラダ
人参と牛蒡の繊切り、それから大根の葉のざく切りを湯がいて醤油で洗いマヨネーズとごまドレで和える

筍土佐煮
まんま。頂き物のかつをの粉としょうゆだけで。

筍の姫皮の梅肉和え

*筍皮から湯がいたよ!

蓮根と本シメジのアーリオ・オーリオ
とかいうとカッコいいかな。大蒜刻んだの入れた多目のオリーブオイルで強火で蓮根と本シメジを炒めてみた。きんぴらあきたから。

ほうれん草とひじきのオカカ和え
湯がいたほうれん草ともどしただけのひじきをおかかと醤油で。

大根と人参とカキノキダケの味噌汁

あとは牛の焼肉と豚の焼肉とすずきと先週の残りのカレーとアジの開きと鶏腿肉とでなんとかしましょう。あ、鶏腿肉ハーブ塩コショウしとかんと。

メモ すずきは塩と一緒に柚子振ろう!

テーマ : 手作りごはん
ジャンル : グルメ

スゲー呑んだ。

友が遠方より来たもんだから鎌倉行って馴染みんとこでスゲー呑んでそのあとカラオケいって一時間くらい歌って鎌倉で別れて一駅で帰るはずだったのに寝こけて目が覚めたら久里浜で終電じゃなかったけど次ののぼり来るのに30分くらい待たなきゃいけなくて余りに寒くてへたれて逗子までタクってしまいカードで支払ったはいいが目が覚めてカードが財布になく青くなって探したら別んとこにあった。こんなダンナいたら別れます。ああ一人身でよかった。

ほめかたをほめられる

こどものべんきょうを見ていると鬼になるのですよ。
こどももそれを受けて泣くのですよ。
ところが奴は公文や家庭教師はいやだというのです。

今日風呂に入ったとき、
「どうしてお前はお母さんにお勉強見て欲しいの? 」
と訪ねてみました。
何しろ私は(子どもの)勉強が行き詰ると
「あーもうお母さん仕事から帰ってきておまえたちの勉強見てると多分死ぬ。もーすぐ死ぬ。頼むから公文いってくれよ! 」
と大叫びしているのです。
そしてその度に、そして実母が勉強を見るといっても
「どうしてもお母さんがいい」
といって聞かないのです。

「お母さんのほめかたが上手だから」
と奴はいいました。お母さんのほめかたがじょうずだから、僕はお母さんとお勉強したいんだよ、と。

いいこというじゃねーかコンチクショー。

「そ、そーか、わかった。じゃあしょうがんねぇな、お母さんが勉強みてやるよ」(ツンデレっぽく)

…という次第。

ほめかたをほめられるってのも、ありがたいモンですね。

百物語第二夜其の八十六 ラブドール・ラブソウル

 ghost。魂のようなもの。魂ではないもの。亡霊のようなもの。亡霊ではないもの。縁はなく、芯もなく、曖昧で、常にその形を変え続け、しかし確かにそこにあり続けるもの。
ghost。
 ghost in the shell。

 自分と彼女との営みのことを考える度にその言葉が思い浮かぶ。
 映画は見なかった。
 
 平野は自宅にラブドールを持っていた。昔流に言うならダッチワイフだが、今のレベルはそんな陳腐な呼び方から予測される製品をはるかに凌駕していた。進化する造型技術、そしてより人体に近い新素材の開発。そこにあるのは、人間とは異なるけれども確かに柔らかく弾力を持つ新しい肉の肌、人間とは異なるけれどもよほど白く傷も毛穴もない白く透明な肌、人間とは異なるけれどもこの世のものとは思えないほどに整った顔立ち、あまりにも美しい瞳と優しげな唇。
 平野には、自分が一体最初人間を求めてこれを購ったのかどうか、もはや思い出せなかった。人間の代替物として買ったのだったか? だがそれでは余りにも自分が悲しすぎるし、それになんだかラブドールにも失礼だ。では最初からヒトガタを備えたオナホールと承知して買ったのだったか? いや、認識の底ではそんな風に把握していたかもしれないけれども、今の自分の抱き方を思うとそんなものじゃない。
 僕は彼女に魂を見ている。


全部読む



というわけで私がこよなく愛してやまない(ダメな大人)オリエント工業ネタでございます。
お読みいただければ幸いです。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

今日のおかず

いや、エロじゃなく(聞いてません)。

今日のご飯は充実していた。わーい。
ホウボウの塩焼き 身離れよくうまい!
菜の花とわかめのおかか和え
菜の花と湯葉、かきのきたけの味噌汁

あと作ったもの。

茄子とほうれん草と本シメジ、豚肉、トマト水煮のカレー

蒸しキャベツ

キャベツと人参の繊切りサラド 寿司酢と醤油で味付け

蒸しじゃがいもと人参のマヨネーズ和え

まぐろのづけ(めんつゆでつけたよ! )

これにお肉やさんで買ったトンカツと鶏からあげ

これで今週がんばります。

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

いいまつがい

IT関連全般苦手
カタカナ文字苦手
英語苦手
という属性の持ち主である友人と話をしていた。どのくらい苦手かというと、ダウンロードをタウンロードと言ってしまう程である。

んでその友人と、高校生にもウェブの怖さを教えたほうがいいね、という話をしていたところ
「あ、でもあたしこの前警察の講演聞いたよ。インターネットのサバイバル犯罪の話

サバイバル犯罪
(サバイバルナイフを使った少年犯罪か? いやネタが古いな…とすると何か極限の状況において起こるIT犯罪の新名称か? )

いや、それをいうならサイバー犯罪であろう。
と突っ込んだところ、顔を真っ赤にして恥ずかしがってわけのわからない言い訳をしていた。
萌えた。

萌えキャラ。

うちの職場では某省庁の委託事業を請け負っております。
んでですね、今回その委託事業に関わるサイトを大々的に変えることになりました。
なんつんですか、今まではどうもわかりにくかったわけで、それを
「子どもからおじいちゃんまでわかりやすくしろ」
とのお達しが某みどり嬢から(これこれ)出されまして。
ゆりかごから墓場までかよ! と突っ込みたくなりましたが、いや、その手前か。
んで色々考えてですね、省庁との付き合いの長い人がご満足いただけるようなサイト案を作ってですね、持って行きましたら、
大変よろしいと。
んが、たった一つ。
「省内の女性陣に見せたら最近は親しみを持たせるためにキャラクターを入れるといっていたので一つキャラクターを」
と。

いやぶっちゃけ最初の打ち合わせのときに
「萌えキャラ入れましょう萌えキャラ! 下妻市のシモンちゃんみたいなやつ
とうわごとのようなことを言っていたやつがここにおりますがね。

まさかほんとうになるとは。

あっはっは、吃驚したわ。

というわけで「こういう感じで」と持っていくためのサンプルを記憶から渉猟中。
しかし
萌えキャラだけでは偏っているので
ゆるキャラや
カタキャラ(?)も入れようと思ったんですが
なんか萌えしか出てきません。

ちなみに今提出しようと思っている候補が
鉄道むすめ
OSたん
マイクロソフトオフィスの冴子先生他
ワードについてくる糞つまんねぇやつ
なんですが。

なんていうか、省庁に行く前にチェックする予定の上司が大変アタマが固いのでまず無理なんでしょうが
むしろ上司を何かにはめくってやろうというやる気がマンマンではございます。

しかしなー、ああいう省庁関連事業に萌えキャラ出来たら快挙なんだけどなー。
やりてー。まじで。

あ、そうそう、うちの事業の関連用語+擬娘化でググったらうちのブログが引っかかったときには泣き笑いでしたわははは。

さらに子どもより収集した替え歌

えーと、曲アレで。

森の小さな男子便所
中から小さな声がする
ない ない ないないない

紙がないから葉っぱで拭いた
葉っぱで拭いたらケツ切れた
痛い 痛い 痛い痛い痛い

出血したから包帯巻いた
包帯巻いたらくさいから
くさい くさい くさいくさいくさい

我慢しすぎて内臓破裂
俺の葬式誰もこない
なぜ なぜ なぜなぜなぜ



だそうだ。

ちなみに自分の代は同じ曲に載せて以下のような歌詞であった。

大阪駅前トイレの便所(?)
トイレの中から声がする
いや ばか そこはだめよ(いーじゃないかー)

というものであった。
「そこはだめよ」に低音で「いーじゃないかー」とハモるのが子どもながらに好きであった。

サザエさん替え歌@恐怖バージョン

ということで子どもが学校で覚えてきた。面白いので掲載。

トイレで死んでたサザエさん
タラちゃんびっくり
カツオは喜び
ワカメは自殺した
マツオは浮気して
あぶれて(?)出て行った
うーううううっうー
波平毛が抜けたー

というものである。
ちなみに何故カツオが喜んだかの新一年生よりの説明。
「あのねーカツオはいつもさざえさんにマンガばっかり読まないのとか怒られてたからもう怒られなくなったから喜んだんだよー」
そーかい。

…フネは?

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック