スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーズフォンデュ@ガーナフォンデュセット

近所のスーパーで。
ガーナフォンデュセットが700円強で売っていた。
チョコレート二枚、陶器の鍋のフォンデュセットにフォーク4、専用へら1、ろうそく3がついた異常にお得なセットだ。

img10232031332.jpg

(画像は公式サイトより)

んでへやに置いといたら子どもたちがやりたいやりたいとうっさいので本日フォンデュ敢行。

初めてなので全て略式で。
野菜はブロッコリ、人参、じゃがいも(インカのめざめ)、マッシュルーム
肉はソーセージとチキンナゲット
主食はフランスパンをかりかりに焼いたの

これを
牛乳で伸ばしたピザ用チーズ

につけて食べる。

一番うまいのはフランスパンですな。食パンを牛乳につけてふやかして食べたことありますか? あの牛乳があったかくてチーズ味なわけです。うまくないわけがない。
次点がじゃがいも。
他は実はいまいちチーズがからみにくいわけで。しかし十分うまかった。
子どももイベント性があるため喜んでよく食べます。第二子が実によく食べた。えらいぞフォンデュセット。

次にやるときにはナゲットを塩茹でした鶏腿肉とかやっぱり定番の海老とかにするかも知らん。はんぺんもうまいかも。

しかしこのフォンデュセットはすばらしい。過不足のなさがすごい。末永くお付き合いしようと思っております。ありがとうロッテ。

というわけで次はいよいよチョコフォンデュだ。ましゅまろさつまいも食パンばなないちごなどやってみる予定。わーい。

あ、具材が少しあまりまして。
グラタン鍋の底にフランスパン敷き詰めて、人参をやや小さく切ってマッシュルームも入れて、その上からがっと残ったチーズ汁(汁いうな)をかけて、パセリを振って。
明後日あたりグラタンとしていただきますよ。つぶしが利くぜチーズフォンデュ。
スポンサーサイト

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

今週のおそうざい

今夜はチーズフォンデュの予定
にんじん、じゃがいも、ブロッコリ、マッシュルーム、ソーセージを茹でておく
ナゲットはオーブンで
フランスパン角切り
にんにく、チーズ、ミルクでフォンデュを仕立てる

上記茹で野菜は大目に作っておき、あまった分は次の日の温野菜サラドに

鴨汁
鴨肉薄切り、白菜、椎茸、人参、大根で味噌仕立て

紫キャベツときうりとにんじんのサラド

黒鯛を昆布と塩とでしめとく。焼くだけよ。

こんなもんかな。

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

我が息子ツンデレ

先日子どものガッコで客員講師をやったときのこと。
うちのコゾーの態度が非常に悪い。何か話しかけても「なんですかぁ? 」話は聞かない、しまいにはお話の感想に
「ゲストティーチャーへ わかりきった問題を書かないでください」
と書く始末。

んで帰ってきて様子を見てたらイチャイチャしてくるんだなこれが。
ガッコでのあの態度の悪さはなんだったのかとゆいたくなるぐらい甘えてくる。もー甘々。「なんでガッコであんな態度悪かったんだよっ! 」と責めると、上目で見ながら「ごめんなさい、僕がわるかったの」などとのたまいやがる。

なんだこの行動パターンは。
外ではものっそ態度悪くて、うちでは甘々。

ツンデレじゃぁん!

というわけで、男の子というもんはきっと、外ではお母さんに素直になれないけど、家では甘えちゃうツンデレ様なのだろうと改めて知った秋の日であった。

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

フェリシティ・ローレンス著 矢野真千子訳 「危ない食卓 スーパーマーケットはお好き? 」河出書房新社

イギリスの食卓もスーパーマーケットが支配しているようだ。

地産地消が提唱されて久しい。輸送コストや栽培コストを考慮して、できるだけ近い場所で獲れた旬のものを買うようにしてきた。だがそれは野菜に限ってのことだし、それにしたってアボカドなんかは輸入品である。魚は地元の魚屋で買うが、肉やその他の加工食品はスーパーで買う。
様々な食材の正体について、おぼろげな輪郭ぐらいは掴んでいるつもりだった。ブロイラーがどんなふうに飼われているか? 東南アジアから輸入した形の整った冷凍食品が誰の手で作られているか? 水産加工品会社のひとが書いた本も読んだ。 添加物についても、ある程度の知識はあるつもりだった。

この本はこれら私が溜め込んだ知識を全く別の方向から照らし出してくれた。何故それがそうあるのか? 国家の認めたシステム、もっといえば、豊かな国の認めたシステムにその根はある。小規模の生産者・加工業者・販売業者、貧しい国をけして豊かにさせない巧妙な関税システム、規模の優位性がそこにある。

末端での軋みは食卓からは見えない。大手スーパーや多国籍企業のフィルターを通したとき、質は均一化され、多様性は殺戮される。

大手スーパーの全てが悪いわけではない。だが、販売業者は徹底的に優位だ。生産者も加工業者も「消費者の手に届くところに賞品を置いてもらうために」販売業者のいいなりになる。そして販売業者は言う。
「あなたたち消費者が安いものを望んでいるのです」

著者は言う。
私たちには力がある。何が、誰によって、どのような条件で生産され取引されているのかを知り、そして選ぶ力が。安さによって何を犠牲にしているかを知らなくてはならない。それは将来的に高くつく。

これを読んだとき。
私たちの親の世代が浪費してきた環境コストが思い起こされた。まさかそれがこんなにも高価なものとは知らず、永遠に完全無料のものだと思い込んで、親世代は浪費し続けた。そして今世界はどうなっているのか。
今私たちが浪費しているのは食品を生産するシステムそのものだ。土壌、環境、生産者、生産方法、それを流通に載せる方法、全てが「そんなにかけがえなく高価なものだとは知らないままに」私たちは浪費し続けている。永遠に完全無料のものだと思い込んで。
環境コストという先代の高いツケを、私たちは知らぬ間に負わされ、支払う宛てもないままその重さに悩まされている。
その教訓がありながら。
私たちは、食品生産システム破壊という高い借金を、子どもたちに負わせようとしている。

テーマ : 手作りごはん
ジャンル : グルメ

リチャード・シュヴァイド著 西田美緒子訳「ゴキブリたちの優雅でひそやかな生活」徳間書店

文学チックで社会派なゴキブリ解体新書。
ものすごく読みやすく、ゴキブリとゴキブリを取り巻いている現在の状況がわかる。

結論。

人間はゴキブリに勝てない。

ゴキブリすげぇとこ
酸素がなくても数時間は生きられる!
雌は一回の交尾で一生分の精子を手に入れる!
チャバネゴキブリの雌は一生の間に160000個のたまごを生む!
ゴキブリが一番好きなのは砂糖付きのシナモンパンだ!
ゴキブリはぜんそくのアレルゲンだ!

交尾の効率がすごいです。チャバネさんは一回の交尾でゲットした精子を使って40回にわたって40個入りの卵鞘を産み落とすそうです。細く長く大切に。勝てるかよこんないきものに。無理だー!

本日購入したまんぐゎ

シグルイとヒストリエ。
なんかすごい背表紙の題字が似てるんですけど。

シグルイ
この人の絵はすきなのかきらいなのかわかんない。好きになれそうなのだが感覚の底の部分で手放しになれない、しかしきらいなのかと問われれば妙にひかれるものがあると答えるだろう。そんな感じ。
牛股さんが死んじゃったよう。
頭部がほぼ二倍に膨れ上がっちゃった夕雲の異形にどきどき。
足を閉じても尻穴が見えるほど痩せてたら尻は三角になると思います。

ヒストリエ
ベルセルクを読んでいたとき、伝説の生まれるところに立ち会っている気分になった。ヒストリエを読んでいるとき、歴史の生まれるところに立ち会っている気分になる。台詞回しが現代的過ぎてあざといという見方があるようだけど、承知済みのあざとさとものすごい遠景で歴史のあれこれを眺めている目と、およそ馴染みそうにないこの二つをハイブリッドさせて漫画に仕立てている、そういう遠近感が私は好きだ。

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

ウェブ拍手御礼

11月21日に頂いたウェブ拍手コメントに対する御礼でございます。
お読みいただいた掌編が「Troubadour。何やら妖しく、どきどきしました。」、お気に召した点が「ミダス王の話を思い出しました。おもしろかったです。」、お読みになりたい掌編が「幻想、変態」、残念ながら嗜好については「すいません内緒という事で」というわけで明かしていただけませんでした。

百物語第二夜其の七十 Troubadour

自分でも書いていて「なんかどんどん隠微になるのう」とどきどきしておりました掌編です。
お読みいただき、またご感想を頂きまして本当にありがとうございました。
大変励みになります。
またお口に合う掌編をものしたいと思っております。

それでは、ほんとうにありがとうございました。

ネコタ斑猫 拝

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

北斎展

金曜朝一9時40分入場すれど既に第一展示室はやや込み。
なので第二展示室より観覧。
結果的にこれが吉と出た。
第二展示室の方が数が多い。その数200。
さらに脂がのってきたころの絵なので見ごたえがある。
百物語も富嶽三十六景も北斎漫画も肉筆画の軸もこちら。
好みにあったのは
百物語の小はだ小平二 髑髏の影の表現が秀逸
森治版短冊シリーズ 構図と遊び心
富嶽三十六景 構図
百人一首についてはもう少し時間をかけて解題したかった。
扇面三図 なんとも鮮やかなり。
あと少ないようだが若衆シリーズのなんともなまめかしく。
もちろん酔余美人図もあでやかであった。

花鳥風月を描かせれば国芳の方が好みだ。全体的にこの人の生物は丸っこいし。この人は人間と人間の周りのものを描くのが楽しくてしようがなくて、世相なんかがすきですきでしようがなくて、なんだか花鳥風月とかは練習とか請われたとかそういう画題が慣習としてあるからとか、そういう理由でしか描かなかったんではないかと思われる。だって楽しそうだもん人の表情とか描くの。鳥羽絵集会なんかどうしますか。
で第二展示室一通りみて第一展示室に戻ったらもう人の列が壁に沿って四層ぐらいになってるの。いやもうダメ。無理。俺ら工場で処理されるブロイラーですか。狭苦しい列に並んでのくのく歩いて。
そんなわけでまぁ第一展示室は撫でるほど。一割はおそらく見ていないと思われる。

デェトにここ使わないほうがいいぜ、お二人さん
とか
バーゲン会場じゃねんだから割り込みすんなよ奥さん
とか色々あるが、とにかくもうやっぱモノがいいので行ってよかった展覧会であった。

土産には絵葉書を少々。150円であったが、値段に見合う非常に再現度の高い印刷と和紙を思わせる良質な紙だったので高いとは思わなかった。

上野の山は紅葉。

アメ横まで行き、ネットで調べたみなとやさんに参る。こちら卸問屋のやっている刺身丼の店。中トロ800円。天気もよくオープンエアの店でもまるで気にならず。大きめ厚切りの切り身が10枚ほど、さっと醤油をかけてある。飯は白飯。味噌汁などつかず、麦茶はセルフだが、何の不満も感じさせない素材のよさ。
なお上記リンク先には大トロ丼があるが、この日は見当たらなかった。

よい上野であった。

追伸 お土産の都まんじゅう地味に好評。一ヶ50円也。

テーマ : 展覧会案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

ナイトメアビフォアクリスマスは季語として

ハロウィンなのかクリスマスなのかはっきりしてほしいとおもう。
ハロウィンからクリスマスまで出ずっぱりなのがどーも気になるのだ。
いやこの際だ、ハロウィンの魔物たちという設定なんだからハロウィンはよしとしようじゃないか。だがクリスマスはなんだ、なんでジャックがサンタのカッコしてるんだ。やめなさいってばよ。お前らハロウィンでしょ。ジャックオランタンでしょ。三ヶ月も「今が俺らのシーズン」みたいな顔で出てるのやめなさいってば。ほんと。
そこの女子の鞄についてるキーホルダー。君に言ってるんですよ。

おっぱいの単位を考える

職場でおっぱいを数えるときの単位の話になった。

奇跡的なメリハリボディのFカップさまがいるのだが、そのような巨乳については
「房」
が最も適当であろうということになった。
あの重量感、これほどまでによく実ったものだという驚きと感動を与えるスケール、これ以上に適切な単位もなかろう。
用例としては今はすっかり大人チームのヒトになってしまった(とおもったらヤンジャンからザ・モモタロウのパート2が出てたので今度買いにいきまーす)のにわのまこと先生の「真島クンすっ飛ばす!!」における「おっぱい一房なんぼやー! 」などがあげられる。

薄乳、板乳などの異名を持つ貧乳或いは微乳については
「枚」
でよいとおもう。
いや、まぁ。
(我が身を振り返りつつ)

それではBからCの、ほどよい乳についてはどうだろうか。
考えたのだが、ここは掌に収まったときの感触の理想性を生かして
「揉」
あたりがよいのではないだろうか。

そんなわけで

A或いはA-については
「枚」

BからCについては
「揉」

D以上については
「房」


ということでいかがだろうか。

…ご意見お待ちしております。(マジかー? )

テーマ : 萌え学
ジャンル : サブカル

青木雄二「青木雄二のゼニの超節約道」ゴマブックス株式会社

かのナニワ金融道をモノした青木雄二先生の本。
おそらくほとんどの部分をライターさんが書かれたのだろうが、途中に入っているコテコテのエッセーが面白く、またライターさん部分もアイデアと最終チェックは青木先生によるだろうし、そもそもライターさんの記事もためになるし、無問題。
全体は二者択一になっている。
キャッシングとカードローンどちらがトクか? とか、保険掛け捨てと年金型どっちがトクか? 持ち家と賃貸どっちがトクか? 予備校と在宅学習どっちがトクか? 等等。
小口の節約ではない。けっこう大きな金が動く(のにけっこう比較せず勘で決めてる人が多そうな、ていうか比較の方法を知らなさそうな)人生の諸場面においてどう節約するかが書いてある。
2003年の著作なので変わっている部分も多いだろう。だが重要なのはものごとの見方考え方だ。何と何を比較すればいいか、どこで損得を考えればいいか、それがわかるのがこの本だ。
いちばん面白かったのが、
借金は親と友達どちらにするか
という二者択一だ。

親の方が借りやすいのでそちらにと思いますか? ダメなんだな。
親はほんとうの再出発のときのためにとっておくのだそうだ。
友達が貸してくれるのは余剰金なので、いざとなったら踏み倒してもピー

とにかく人生における大口の損得勘定を養うのに大変役に立つ本なので、激しくオススメ。

テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

おてがみ

先日小学二年生の子どもたちに「みぢかにいる がいのある生きもの」についての話をしました
今日一人一人からお手紙が来ました。うわぁい☆
ので大変うれしくそれにまた勢いでお返事を書いたんですが、そこでおもったこと。

例の
「ありがとう」という言葉に応えて美しい氷の結晶ができる
という話。
あれについて質問されたら、どう答えましょうか。

というわけで
ゲストティーチャーネコタ先生のバーチャル質問コーナー! ぱふ! ぱふ!

しつもん
ありがとう ということばをきいたみずが とくべつきれいな ゆきのようなけっしょうをつくったというのは ほんとうですか

ゲストティーチャー ネコタ先生の こたえ
きれいな ゆきのけっしょうを 作ったというのは ほんとうです。みずを あるじょうけんに おくと ゆきの ような けっしょうが できるのは ふつうのことです。ただし ありがとうという ことばと かんけいが あるかといわれれば あまり ないと おもいます。ことばは ひとと ひととが いしを つたえあうための どうぐです。みずは ひとではないので ことばは わかりません。
かがくの じっけんに おいて いちばん たいせつなのは さいげんせいです。かがくしゃの ひとは いろいろな じょうけんを げんみつに ととのえて たくさんの じっけんをし そのけっかを ひかくし おなじじょうけんで ほかのひとが じっけんを やっても おなじ けっかが でるように しています。そこで はじめて かがくてきに しょうめいされたといえるのです。
ゆきのけっしょうのじっけんは あまり じょうけんも ちみつではないので ただの かんさつけっかと いわざるを えません。ありがとうを いわなくても おなじような こおりのけっしょうは できますし また それが きれいとか きれじゃないとかは こじんのかんがえに よるので きゃっかんてきな きじゅんでは ありませんね。せめて こちらのけっしょうの ちょっけいが さんじゅうばい おおきくなった! というのでしたら きゃっかんてきだと いえるかも しれないのですが…。
ありがとうを いったら ごはんが くさりにくかったとか きれいな こおりの けっしょうが できたとか そういうじっけんを おもいつくのは おもしろいと おもいますが みずや ごはんに ひゃっかいも ありがとうを いうのなら おかあさんや おとうさんや せんせいに ひゃっかい ありがとうを いうことを すすめます。こおりの けっしょうが きれいになるより もっと すてきな ことが おこると おもうよ。

そう。

何でことばもつうじん水やご飯にありがとう百回もいわなあかんのじゃ!

そんだけいう暇があったらまずはおかんやおとんにゆえや!


ということです。

ていうか
ごはんや水にむかってなんどもなんども真剣にありがとういってるとこ想像すると笑えてしんぼうたまらんのは私がダメ人間だからですかそうですか。

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

こどもたちとしょうがっこうで

先日、我が子の持ち込んだ毒蛇に級友がかまれ救急車騒ぎになるという事件が起こりました。
結果的には無事だったのですが、事態を重く見た私は
「この機会に子どもたちに害のある生き物について話す機会をいただけませんか」
とお願いしてみました。
すると先生、快く一コマを分けてくださることとあいなりました。
学校へ行こう週間の初日というのがアレなんですが、ともかくも一週間の間に資料を作り複写をお願いし、様々な危険生物の画像をプリントアウトし、当日に臨みました。

おかげさまで恙無く話を終えることができました。
頭の中では
害のある生き物カードを見せての「この生き物には毒があるかまるぺけクイズ」
プリントを読みながらの説明
プリントの最後にある問題を解いてもらう

このあとにさらに
害のある生き物に遭遇したときどうすればよいかを各班に答えてもらうコーナー
というのをやるつもりだったのですが、タイムアウト。

全体的に、わりと皆静粛に真剣に聞いてくれていました。

もちろん話し始めのときには茶々入れる子どももいたのですが、そんなこのために私は
マスクに黒のビニールテープでバッテンを貼ったもの
を用意しておりました。そして話し始めの際にそれを見せ、
「うるさくて目に余る子にはこれをつけてもらいます」
とやりました。
で、話し始めて5分以内に3人に配布。一人が噛まれた子、もう一人がうちの第一子といつもつるんでいる子、そしてもう一人が我が子という予想通りの顛末だったのですが、それもそこそこ効果があったようです。
が、何より皆が耳を傾けてくれたのは、級友がヤマカガシに噛まれ、そしてスズメバチに刺されたのがごく最近のことだったからでしょう。

さて昼休みの時間を迎え慌てて問題の採点をしている私のもとに、先生からありがたい申し出が。
詳細はヒミツなんですが、いやー、美味しかったですありがとうございました(バレバレ)。

そのあとの昼休みになぜか腕相撲と指相撲大会となってしまい、よせばいいのに意地になって対戦しつづけ、結局子どもとはいえ30回くらいぶっつづけで右腕を酷使するはめとなってしまいました。
腱鞘炎ぎみだったのになにやってるんですか。
おかげで今腕痛いです。
でも子どもたちとものすごい遊べたのでいいです。楽しかったなー。疲れたけど。

でそのあとの五時間目が授業参観、三時から懇談会ということで
結局11時から4時半までガッコに居た私。

先生ですか。

あと、懇談会の折に、先生が私の話を大変ほめてくだすったのですが、
「ネコタさんは子どもたちに近い位置にいらっしゃるようで」
というのはなんですかスイマセンはい自分子どもだと思います。

というわけで。
充実した大変楽しい一日でした。

ところで今回非常に悩んだのですが
こういう授業のためにネットで検索した画像をプリントアウトする
というのは著作権的にはだいじょうぶなのか、と。
営利目的でないこと、また一度だけ教材にするのであればギリギリセーフではないかとおもっているのですが、自信がありません。

以前自分が大変痛いネット初心者だった頃(今は時折痛いサイト管理人ぐらいなもんでしょうか多方面にご迷惑おかけしていると思います申し訳おざいません)馬鹿親丸出しの私は子どものためにカルタを作ろうと思い立ち大変以前子どもの好きだった漫画の原作風味のイラストを描いておられた同人サイトさんを見つけて狂喜し、ばりばりダウンロードした挙句掲示板にそのお礼を書くというハイレベルの愚行に出ました。ああ馬鹿だ。とてつもない馬鹿だ。そうするとその管理人さんから、こんなことは申し上げたくないのですがプリントアウトは絶対禁止です、画像保存も絶対禁止です、閲覧のみにしてください、小学生なども見ている掲示板なのでそういうことは書かないでください、というレスをくださいました。サイトの決まりにもそのように書いてあり、それを見もしないでこんなはた迷惑な書き込みを、初心者というのはほんとうに恥ずかしいばか者だ、と、なんというか、大変申し訳ない気分になりましたが、
同人のヒトってそもそもの部分で原作の著作権違反じゃないのか
と小さく突っ込んでみました。ごめんなさい自分の所業棚に上げてごめんなさい。
なんというか、その後ネットに入り込むにつれて、同人同士のパクリが結構横行してたり、サイト乗っ取り厨なんてのがいたりすることを知りまして、あの管理人さんの気持ちもわかったような気がいたします。

画像ということで、たとえば名画の画像がとあるサイトにあったとする。その画像をプリントアウトして部屋に貼って楽しむのは違法か? その画像を使って学校の授業をするのは違法か? その画像を自分のサイトで公開するのは違法か?
写真についてはどうなのか?
個人が書いたイラストについてはどうなのか?
営利目的で無断で用いてはならないというのはわかるのですが、営利でない場合、どこまでがネットのコモンセンスとしてOKで、どこからがダメ出しなのか?

いや、アレです、要はそれぞれのサイトの管理人さんにメールでお伺いを立てればよかったんですよね。
こんだけ考える暇があるならちゃんと筋を通すべきでした。
ゴメンナサイ。

テーマ : 学校での出来事
ジャンル : 学校・教育

すべてのオトコはレイピストの子孫である

「アダムの呪い」という本をご存知だろうか。

「七人のイブ」の研究をしたブライアン・サイクスさんの書いた本だ。

七人のイブとは、ミトコンドリアが卵細胞を通じて受けつがれることに着目して(つまりミトコンドリアには男性側の遺伝子は一切介在しない)、ミトコンドリアRNAから現在いる女性のルーツを特定したというものだ。
結果、現在のミトコンドリアは七つの型に分けられ、現在のヒトは七人の女性にルーツを遡ることができる、ということが判明した。
それが七人のイブである。

さてそのサイクスさん、今度はY染色体をトレースすることで男性のルーツを辿った。
その成果が「アダムの呪い」だ。
この本については以前記事にしたのだが、以来
現在の男性は全てレイピストの子孫である
とみなしうると私は考えている。

正確な理論や資料については本を読んでいただきたいのだが、集団生活を始めたヒトという種の居る風景がどんなものだったか、少し考えてほしい。

そこにあるのは絶え間ない征服、占領の繰り返しだ。

勝った男が負けた男とその男の子どもを殺す。

そして女を犯す。

女は犯された男の子どもを孕み、生み、育てる。

そして女になり、男になる。

哀しいことだが、世界中でこの風景が繰り返されてきた。そしてその結果として、私たちは今ここにあるのだ。

犯さない男は居たかも知れない。だがそういう男は、より少なくしか子孫を残せない。

孕んだ子どもを泣きながらおろした女も居たかも知れない。だがそういう女も、より少なくしか子孫を残せない。

結局より多く子孫を残せるのは、
レイプの結果孕んだ子どもを泣きながら育てた女たち、いや、喜んで育てた女たちと
(何故ならそういう女のほうが新しい夫に愛でられより手厚い保護を受けただろうから子どもの生存率が高くなる)
そして
より多く女を犯し、孕ませた男たち
なのだ。

何事にも例外はあるだろう。
だが、有史以前、いや有史以降も、連綿と続けられてきた占領と征服の歴史の中で、人類という種がそのような潮流に呑み込まれていかなかったなどと、誰にいえるだろうか?

そんなわけで、男性の本能には
自分の好きな女は、よその男性にレイプされないように守る
他の女は、できるだけレイプして、遺伝子を残す

という考え方が遺伝子レベルで築かれていると考えてよいのではないか。

是非を問うても仕方がない。

流れを変えるなら今だ。今の平和な時代だけだ。

女がレイピストを拒否すればよいのだ。

穏やかでなかなか手出しできないタイプの男を受け入れれば、子孫がちょっとは楽になる。
平和な間だけかも知れないが。

(平和な時代が過ぎれば、またレイピストにひっくり返される恐れがあるので。)

さて。
この大変有効っぽい女性主導型男性遺伝子改変案にもちょっとした難点がある。

長い長い、ヒトという種の歴史の中で、女性もまた
レイピストに服従する考え方を導く遺伝子
を養い、さらにそれが勢いあまって
レイピストをかっこいいとおもってしまう遺伝子
を養ってしまったのではないか。

そんなわけで、なかなか手出しできない穏やかな男は遺伝子レベルでかっこよくないと分類されてしまうかも知れない。

というような話をもっと緻密に書き上げたブライアン・サイクスさんの「アダムの呪い」、なんだか男性であるブライアン・サイクスさんが「呪い」という言葉をタイトルにつけざるをえなかったようなそんな内容になっているので、男性の性行動にいらついているアナタ、男はみんな馬鹿でレイピストかと罵りたいアナタは是非手に取るべきだ。
そこにみんな書いてある。

以前書いたブライアン・サイクス書評

テーマ : エロス
ジャンル : アダルト

こさえたお惣菜

お惣菜。

なすとしいたけのオイスター炒め五香粉風味

紫キャベツときうりと人参の繊切りサラド

れんこんの乱切りゆがいたの
→ごまドレをかけると絶品なのだ。

春菊のゆがいたの

白菜のお味噌汁。

そんだけ。

テーマ : 手作りごはん
ジャンル : グルメ

しにさうです

子どものサッカーの観戦にいってきただけなのにこんなことになるとは…orz
まぁ市民大会だったので12時から5時という長丁場ではありました。
頭が痛いんですが(比喩でなく)明日の「害のある生き物のはなし」の準備をせねばなりません。
しかし今回は第二子の所属する年長さんチームが二勝一敗、第一子の所属する二年生チームは三敗ながら我が子が非常によく動きいいとこについていたので大変観戦のし甲斐がありました。
第二子、けっこう足速いな。よくあんだけ走ってああいう位置にいけるな。
と感心しきり。
いやようございましたとも。

そんなわけで、体力ゲージが明日までに回復してますよーに。

女のひとが萌えるカフェ

世の中にはメイド喫茶やら妹系喫茶やら男性の萌え心にお応えするカフェは数多あるんですが女性向けというのはあまり聞いたことがない。
ニーズがないのか? いや、ホステスさんのいてはるお店に比べて市場が小さいとはいえホストクラブだって厳然として存在するわけで。
じゃー女のひとが萌えるカフェってなんやいな?
というわけで、職場にいる極普通の嗜好を持つお母さんと若妻さんにリサーチしてみました。自分ひとりじゃあ心元なくてのう。

最初に自分なりにシミュレーションしてみたもの。

執事カフェ
→おじいさんのイメージがあっていまいち。世間様はハヤテのごとく! なんざ知らない。個人的にはHellsingのウォルターみたいのがお迎えてくれると嬉しいんですが。全年齢ありありで。
弟カフェ
→リアル弟がいるといまいち。それはまぁリアル妹がいても同じだとおもうが。

んでリサーチして出てきたもの。
お兄ちゃんカフェ
→女の人にとっては弟よりもお兄ちゃんのほうがいいんじゃないですか? との意見を若妻より頂いた。「こんな遅くまでどこ行ってたんだ? 心配してたんだぞ」と迎えられるのがよいそうです。ははは。
弟カフェ
→ビミョーかと思いきや、「もこみちみたいな弟ならありですね」。
後輩カフェ
→先輩! と慕われるのもまぁいいかな、と。
先輩カフェ
→…は出なかったですな。すいません。

そして現在中学高校生の息子を持つお母さんが認めた萌え萌えカフェ。それは?

息子カフェ!
→デリケートなお年頃の息子を持つお母さん、息子が口を利いてくれないのが悩みだそうです。そんなあなたに息子カフェ! 「お母さんお帰りなさい! 」と迎えてくれるかわいい息子、今日何があったのか話してくれる、自分の話を聞いてくれる、そして存分に甘えてくれる息子さんにもうあなたはメロメロ! 現実の息子に落胆しているあなた! さあ息子カフェにレッツラゴー!
調査対象にした年齢層が高すぎるという苦情は受け付けません。

これお父さん向けの娘カフェでもいけそうですね。んで、
「お父さんなんか大嫌い! 」がオプションで付くの。(吉田戦車)

他に
ナイトカフェ
→あなたというプリンセスを守ってくれるナイトのいるカフェ。「お帰りなさいませプリンセス」とか迎えてくれる。
ダディカフェ
→現実にはありえないスーパーダンディなダディが迎えてくれるカフェ。ダディクールとは違います。
殿様カフェ
→おお、おぬしのくるのを首を長くして待っておったのじゃ。ささ、ちこうよれ。 とか迎えてくれるカフェ。嬉しくありません。
とか考えてみましたが段々どうでもよくなってきましたね

とりあえず息子はともかくとして女性は愛でるより愛でられたいようなのでおにいちゃんカフェという選択肢が出るのですね。うーむ勉強になりました。
というわけでどなたかホスクラとは違う息子カフェ、やってみませんか。あ、あんまり濃い接待しちゃいかんのか。風営法に引っかかる。

テーマ : 萌え学
ジャンル : サブカル

フランソワーズのこと

東京駅で電車を下りるとき、いつも一緒になる女の子がいる。
大きな目、白い肌、栗色のストレートの髪、少し小柄で最近はいつもびろうどの上着を着ている。
なぜか鞄がピエールカルダンで(註1)、そのあたりも私のツボを直撃した。

清楚な雰囲気がサイボーグ009の003に似ていたのでフランソワーズと脳内命名。

明日も会えるか楽しみにしています。

註:いまどきブランド物の鞄を持つならヴィトンかシャネルかエルメスであろう。ピエールカルダンはビミョーだ。

ウェブ拍手御礼

ちょっと遅くなっちゃったんですが11月8日にいただいたウェブ拍手コメントへの御礼です。

「新作、読みました。文体の少し鄙びたやわらかさが好きです。」

ありがとうございました。
百物語第二夜其の七十八 真白き珠 真白き蓮 
でございますね。
頂いた大切な記憶にあわせた、柔らかい文体にしてみました。

次の方からは多くのコメントをいただきました。
およみくだすった掌編が
「イッショニ死にまセウ」
百物語第二夜其の六十 イッショニしにませウ
ありがとうございました。
ネット心中という微妙なテーマなので、どきどきしておりました。
お褒めいただきまして、本当に励みになります。

およみになりたいジャンルが
「幻想 コワイ」
秘密の嗜好が
「自殺 耽美 ゴシック 少年少女 秀才」
ありがとうございました。
秀才というのはなかなかそそる題材です。がんばって手がけてみたいと思います。
「頑張ってくださいo(^-^)o☆」
「掲示板いけませんでした 泣」
掲示板申し訳ありません。なんかリンクがうまくはれないのでいっそ外してしまいました。

それでは、ほんとうに、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

ネコタ斑猫 拝

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

かみあわない会話

バキ外伝のスカーフェスを買って机の上に置いていたところ

好きな俳優はヨン様と藤原竜也
大学生の長女様がアニメゲームのコスプレにはまり夏のアレや冬のアレや夏でも冬でもないアレにはせ参じているせいでアニメやゲームやマンガを心から憎んでいる


という

A先輩

に見咎められました。

「なにあなたはこういうのが好きなの? こういう顔の人が好みなの? へー」
「いや顔というかなんというかこの人は大変オトコとしての生き様がかっこよくてですね」
「前のだんなもこういう人だったの?」
「いや違いますどちらかというとやさおとこでなんというかくみちゃんのだんなのほうがこっちに近いそうで(くみちゃんは同僚ダンナは元ヤンで今でも格闘技をやっているらしく時々血まみれになって帰ってくるというもっぱらの噂だ)
「私だったらこういう顔の人を前にしてごはん食べらんないなぁ」
「いやだから元旦那はこういうんでないんですが」
「じゃあこういう顔の人きらいなの? 」
「いや嫌いではなくどちらかと問われればむしろ好きなほうに」
「やっぱり好きなんじゃーん」
「いや顔がこれだからいいというのではなくこういう生き様の上にこういう顔であるから大変かっこよいのであって」

などと延々と続く不毛な会話をしました。
いっそすがすがしかった。

ごはん計画

作る予定のお惣菜。

紫キャベツときうりと人参の繊切りサラド
鴨と玉こんにゃくとねぎのたきあわせ
インカのめざめはじゃがバタがよかろう
小松菜炒め ポン酢でもかけよう

あとはいくらとまぐろの人がいて。

こんなもんでオケ?

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

ねこみみモード☆

職場の先輩が講談をやっている。
30代後半の方なのだが、もちろん同じサークルの人は全て年上ご年配。
で、古典芸能サークルなもんで、ついでに南京玉すだれなんかも始めた。
それでいよいよ人様の前で公演することになった。

先輩は考えた。
年配の女性にはいまいち華がない。
何か付加価値が欲しい。
華を添えるような付加価値が。

というわけで先輩が思いついたのが
ねこみみモード☆

「いやーねこみみつけたらかわいいかとおもって」
↑この発想わかんない。

結局この案は没になり、フツーの頭巾姿でやることになったらしいのだが、
ご年配のおばあちゃんのねこみみ姿というのもなんかちょっとみたかったような気がする。
新境地か?

金さん銀さん(古いが)のねこみみ。
市原悦子さんのねこみみ。

意外といけるか!!!????

…ねこみみは汎用かも知らん。

テーマ : 萌え学
ジャンル : サブカル

横浜トリエンナーレ 国際屋台村お品書き

先日の土曜日に横浜トリエンナーレ2005に行ってまいりました。
実に素晴らしかったんですが、それはそれとして
食事情
について取り急ぎ記事にさせていただきます。

トリエンナーレでは屋台仕様バンが国際的な食事を提供してくだすっております。
価格帯は500円~800円、味は本格的で割安感があります。
以下屋台の方に許可を頂いて撮らせていただいた写真でメニューのご紹介を。

屋台村左端から。

greencurry.jpg

展示も出しておられるキュレーターマンさんのグリーンカレー。
トッピングも充実。

omrice.jpg

その右隣にあったうまそうなアジア風シチューオムライス。なんとオムライスをいちいちフライパンで焼いて仕立ててくださる本格ぶり。

pasta.jpg

中央にはゆでたてパスタ。自家製ミートソースと温泉玉子つきハッシュドチキン。あげたてニョッキもあった。ちとかたかった。

kankokuyatai.jpg

その右には韓国屋台。色々迷ってここの韓国風ラーメンを頂きました。麺は米。ちょっとうでがたりなかったような気がするが、辛すぎないつゆとよく煮込んだ牛肉と野菜の風味が絶品でした。100円で温泉玉子をのせてもらいました。これにニョッキをつけたんですが、ラーメンだけで十分でした。ものすごい満足です。

singapo-ruyatai.jpg

そして一番右手にはシンガポールのチキンライス。これ食べようか相当迷いました。好みのタイプ。

土曜日のお昼なのにそれほど込んではいませんでした。ビバトリエンナーレ。ビバ国際屋台村。

えー、あと飲み物や軽食は結構いろんなところで売ってます。自販機もあります。

あと特筆すべきはアトリエ・ヴァン・リースホウト。
こちら消化器を模したアート作品の中がカフェバーになっているというコンセプトなんですが、
カウンターの向こうに居る五人ぐらいの若いのは自分たちのおしゃべりに夢中で接客どころではありませんな。
入って「暖かい飲み物は何がありますか? 」ときいたところ
「こちらになります」
といって
淹れてどんだけになるのかわかんないコーヒーメーカーやらティーバッグやらココアやらの並びをぞんざいに指される始末。
そして本人はすかさずおしゃべりに戻る。

品書き出せや。
口で並べろや。


とりあえず300円も出してインスタントを飲む気にもなれなかったのでコーヒーにし、ソファで飲んだが、若いのはずーっと与太話だよ。

わかった。お前ら。
だべりたいなら店の外にいけ。
仮にも人から金取ってんなら、きちんと接客しろ。
プロの接客は求めてないが、人としての礼節だけは弁えろ。
ここは学園祭か。


というわけで全てが素晴らしかったんですがここだけ損した気分のトリエンナーレ食事情でございました。

大変感じ悪いのでここにだけはいかないように。絶対。

テーマ : 横浜トリエンナーレ
ジャンル : 学問・文化・芸術

ヤマカガシ顛末記

*R君は無事でした。
*色々あって 学校で危険な生物について子どもたちにお話をすることになりました。わー。

イジョー。

ヤマカガシに噛まれたら

水曜日のことだ。
第一子が小さな蛇を拾ってきた。近くの池に色々採りにいったお土産である。お友達二人と誘い合って、網を三つと小さな飼育箱を三つ持っていった。一つにナナフシ、一つに蛇、一つにザリガニの赤ちゃんと小魚。
他の生き物は見当が付くのだが、蛇については調べねばなるまい。というわけで図鑑で調べてみたところ、
ヤマカガシ
であった。

毒蛇である。

「お前手でとったのか!?」

と問い詰めると、第一子、自分は図鑑で見て毒蛇だというのを覚えていたけれども(名前は忘れたらしい)、お友達が持ってきて飼育箱で学校に持ってきてくれといった、というのだ。まあ危なっかしいがそれも教育であろうと思い持たせることにした。

ヤマカガシは性質のおとなしい蛇で毒のあることも最近になってわかったようだ。毒のあるのは奥歯であり、毒の種類は血液毒。出血が止まらなかったり血尿が出たりするようだ。余り噛まないといわれているが、1984年には中学生が噛まれた死んでいる。大変危険なので一緒に池に行ったT君とR君の家に電話し、上記を伝えた。
登校の前に毒蛇情報をプリントアウトして一緒に持たせるつもりだったのが、すっかり忘れて寝てしまった。

これが間違いのもとであった。

昨日の朝に持たせたとき、
「学校に行ってみんなに見せるだけ見せたら必ず元の池に持って行って逃がすんだよ」
といって聞かせたのだが、逃がさなかったらしい。

今日になって、R君が噛まれたというのだ。

今日の夜仕事が終わって家に帰ったところ、R君のお母さんから、ヤマカガシのことについて教えてほしい、という留守電が入っていた。
電話して初めて事の次第を知ったのである。

R君のお母さんは、折角毒があると教えてもらっていたのに、そして子どもにも言い聞かせていたのに、休み時間に取り出して遊んでしまったらしい、という。
そこで噛まれた。
担任の先生は、ヤマカガシには毒がない、と思っていたようだ。
他の先生がネットなどで調べて初めて毒蛇だということが判明、しかももし毒が血液に入っておれば死に至る。
それで救急車沙汰となった。
搬入された病院では、血液検査もせず返されたそうだ。残念なことだが中毒について対応できる病院が少ないというのは予測できるので、これはある種仕方がない。

お母さんによれば、おそらく奥歯で噛まれてはいないのだろう、という。また特に出血などの症状も見られない、という。
が、症状が出るのは早くて三時間後、遅いときには二日後だという。
大変心配である。

というわけで、お母さんには中毒110番に電話してもらうことにした。つくばでやっている有料のサービスだ。普通の病院では毒蛇への対応がわからなくても仕方がない。が、中毒110番なら様々な臨床例のストックがあるだろう。蛇の大きさ、噛まれた状況、現在の状態などを聞いて、適切な指示をしてくれると思われる。

上記の毒蛇情報を引っ張ってきたドクトルアウンのサイトでは、噛まれた男性に症状が出てから血清を取り寄せるためにパトカーによる緊急輸送を行った、と書かれていた。
血清がどこにどれほど用意されているかはわからないが、間に合わない、という事態だけは避けなければならない。
できるなら、血清だけは近くに取り寄せておいたほうがよいのではないか。
そのあたりの判断や指示を、中毒110番に期待したのである。

毒が血液に入っていなければいいのだが。

R君のお母さんにその旨伝えた後、担任の先生にことの顛末をお詫びしようと電話したところ、お疲れで既にお休みであると言われた。
一言もありません。ほんとーにすみません。


今回の顛末はどう考えても私の判断ミスである。

まず、いのちにかかわる毒蛇を小さいとはいえ気軽に学校に持たせてしまったこと。
毒蛇であることを知っていたにも関わらず、子どもを頼みにして情報をつけなかったこと。
逃がすといった子どもの言葉を信用したこと。


うわぁぁぁぁぁぁぁぁ。

とにかく、できることはした。
あとはR君の無事を祈るばかりである。

ちなみにこの毒蛇事件、第一子はひとっこともいわなんだ。
忘れているのか何なのか。もうちょっと色々伝えてくんないと困るってばよ。

テーマ : 爬虫類・両生類
ジャンル : ペット

ミクシーさんとサイトさんと

職場の後輩(美人、巨乳、歳は上)にmixiへのお誘いを受けたことがある。
お誘いを受けるまでは結構入りたいなーなんて思っていた。
色んな人(絵師さんとか)が「mixiでしか入手閲覧できない情報」を発信しておられるという話を聞いて、それを覗いてみたいな、と考えていたからだ。

だが実際に「mixiへのチケット」を手にすると、それは期待していたような輝きを放っていないことに気づいた。

私がサイトを始めたのは
「縁故のないところでコンテンツを見て欲しい。
縁故がなくても見る価値のあるコンテンツを提供しているという実感を覚えたい」
(もちろんリアル知人に見られるのが恥ずかしいというのもある)
と思っていたからだった。

たとえば中学高校の文芸部のような
「付き合いで買う、作品を見る、そして当たり障りのない(或いは評価される側には真意のよくわからない)評価をする」
というような流れで小説を公開したくなかったのだ。

「遠慮や気遣いや義務のない状態」で、読んで欲しかった。そしてそこに面白さがあればもう一度来て欲しかった。

そういう状況を実現するために、電脳空間は最適だった。
そして今、多分私は望んだ通りの場所に居る。

mixiは正反対の場だ。

前提は付き合いだ。
実際にやったことがないのでわからないのだが、「招待」されて初めて
参加を許され、身分もある程度明らかにされねばならないらしい。
リアルと等しいお付き合いの場所だ。
「遠慮と気遣いと義務」の世界だ。
これがいいと思う人が居るだろう。基本的には全員名無しさんに等しいウェブは怖い、と。リアルの関係で結び付けられたmixiの世界なら、悪いことをしようとは思わないだろう、悪いことは出来ないだろう、と。
だがその世界がリアルの延長、縁故の延長であれば、当然、リアルの世界、縁故の世界と同じような臆面もない弊害(RinRin王国さまより)が起こる。
またまるっきり逆に、その甘えの隙を突いたえげつない状況も生起する(ワンクリ詐欺の人のサイトより)。

言いたいのは。
結局、mixiって大変じゃね? 紹介でリアルと同じ「遠慮と気遣いと義務」と引き換えにリアルと同じ信頼性を期待しても、知り合いの知り合いをどんどん辿ってゆけば結局全人類に行き着くように、その先にあるのは実のところ有象無象の正体不明じゃねぇの? それなのにそこが
何で安全だと信じてるの?

ということなのだ。

で、安全危険の議論も必要だと思うのだが、それ以上にビミョーなのは、紹介制とかお互い身元が確かだという期待が甘えを生んで
過度な身内意識の場 およびそれに基づいた世界観とルール
を養っているのではないかということだ。

上にリンクさせていただいたミクシーちゃん問題がとてもよい例だと思う。
教えてちゃんという用語すら知らなさそうな純真無垢なミクシーちゃんを相手にするのは、いかにも大変そうだ。
とはいえそれは極論を言えばmixiに参加していなければ避けて通れる問題なのでよしとしたい。
そういう世界観で成り立つ閉鎖されたコミュニティが必要とされているから、mixiが隆盛しているのだろうとも思う。

問題は、
mixiの世界観、mixiのルールを、閉鎖されていない電脳空間に適用しようとする人々だ。

よしあしではなく、電脳空間とmixiとは異なっている。
極論を言えば、名無しさんしかいない世界だ。
そこでサイトやブログを開いたりしている人間は、前提として名無しさんを相手にしている。
開設当初は「誰が見ているかわからない」を頭でわかっているつもりでも、リアルでその状況に面すると、現実は常に予想の斜め上をゆくということを理解する。
そうやって、苦しんだり嘆いたり時には浮かれたりして、この「名無しさんの世界」に順応してゆく。

そういう「名無しさん」に慣れ、あたかもプロの情報発信者のように、誰ともわからない人に対応しなくてはならない状況になんとか慣れ始めたサイト或いはブログ運営者にとって、これまで一番対応に戸惑う相手は
「うっかりサイト或いはブログを教えちゃったリアルの知人(ネット初心者)」
だったが、その地位を近年になって
「リアルの知人で、且つ、情報を交換する場がmixi世界に限られているひと」
に取って代わられたのではないか。

リアルの知人であっても、mixiでない電脳空間への慣れがあれば、「名無しさんのまなざし」を考慮に入れたあるいは内在化した行動を取ってくれる。
そういう人からの書き込みは嬉しいもので、リアルの知人を匂わせながらも親しさを露呈しすぎず、おかげでサイトへの信頼性を増してくれるのではないかとさえ勝手に思っている。

リアルの知人で、且つ、mixiしか知らない、mixiに慣れている、或いは電脳空間はmixiのようでなければならない、と考えている人への対応は難しい。
自分の身に付けたルールが限定されたものであるということに無自覚で、むしろ「自分はmixiに招待されるほどネット通」だと自認している。こういう人の電脳空間での行動には周囲との温度差が生じる。それは時に、サイト管理人を困惑させるほどに、微妙だ。

ネットは怖い(事実だ)けれどもmixiなら安心、ネットで情報を発信していたけれども通りすがりの名無しさんにコメントされるのが鬱陶しいからmixiに言った、ネットはそもそもmixiのようであるべきだというような人は、
リアルの延長としての電脳空間であるmixiに馴染んだだけで、リアルとは全く異なる電脳空間のルールを理解しない(或いはできない、或いはしようとしない)立ち位置にある
といわざるをえない。

過度な身内意識に基づいたコメント或いはレスは、mixiなら大歓迎されることだろう(よく知らないけど)。
だがここは名無しさんの行き交う場所なのだ。よしあしではなくそうなのだ。
そこにmixiのルールを持ち込むのは、
空気が読めない
所業ではないか。

mixiで情報交換に慣れたとしても電脳空間では通用しないと思うのだ。紹介とリアルが前提のmixiルールと、名無しとバーチャルが前提の電脳ルールとは、異なっていて当然なのだ。


だから私は、電脳空間に出てきて情報交換しようとしているミクシーちゃんに問いたい。

その記事は誰に向かって書かれていますか?
その場所は誰に向かって開かれていますか?

あなたは、mixiと電脳空間とが異なるものであるということを、理解できていますか?

と。

ぶっちゃけ、
リアルの知人としての重要な情報交換は名無しさん前提の場でするのはやめましょうよ、メールにしましょうよ。
ここはmixiじゃないんですから。

ということなのだ。


で。
結局私は「閉鎖された空間でのみ公開されている様々な情報」「招待制によって構築された信頼のおける空間」というメリットよりも、「お互いがリアルにつながっているという前提から生じる遠慮や義務や気遣い」「おそらくその空間に満ちているだろう馴れ合いの雰囲気」を厭うて、ありがたい招待をお断りした。
だから私は結局のところmixiのシステムを知らない。
その場の信頼や安全がどのように守られているのかもわからない。
私が想像しているよりも、よほど、mixiというのは安全な場所、馴れ合いを許す場所なのかも知れない。
だが、最近になって、mixiの中でのみ公開されているはずの様々な情報が流出しているのをしばしば目にするようになってきた。
そうであれば、一部の参加者の持っているらしい「名無しさんのいない場所としてのmixi安全神話」「外に情報は漏れないというmixi安全神話」がほんものなのか、疑うべき時期に来ているのではないか。


そこはほんとうに、あなた自身をさらけ出してもいい、安全な場所ですか?

参加者の増えた今、電脳空間に近い場所に変わってしまっていませんか?

そこにはほんとうに、名無しさんはいませんか?

テーマ : インターネットの利用
ジャンル : コンピュータ

きょうのできごと

今朝方のことである。

朝の通勤電車、私はいつものように腰掛けて眠っていた。
頭をがくりと垂れているときもあるが、今日は後ろのガラス窓に頭をもたせかけていた。
新川崎を過ぎたあたりであろうか、ふと目が覚め、前の携帯を持っていた会社員と目が合った。

「あ、す、すみません、すみません」

会社員は突然謝りだした。
そして携帯をちこちこ操作しはじめた。

何がなんだかわからん。そもそも自分に謝っているのかどうかも定かではない。
あれか、携帯でメールでもやっててミスったのかな、と思ってまたすぐに寝てしまったのだが。

どうも腑に落ちない。
なんか変だ。

んで職場に行ってこの話をしたところ

それは盗撮されていたのではないか
といわれた。

あー、そうかも知れない。

しかし、別にミニスカ履いてたわけじゃないし(そもそも持ってない)、胸の谷間のあからさまになるような切れ込みのごっついカシュクールを着ていたわけではない。
てか「胸の谷間なんて34年生きてきて一回もできたことない」(銀魂一巻より)。

何を撮っていたのか、それを知りたいものだ。

デブラ・ニーホフ「平気で暴力をふるう脳」草思社

暴力行動を起こす人間には二種類のタイプがある。一つは必要以上に脅威を感じる人間、そしてもう一つは、なにも感じていないらしい人間だ。
つまり、暴力を導くのは、トラウマから来る過剰防衛と、攻撃的行動に対する社会的限界に対する不感症、この二つなのだ。
性質が違うので、別の対応が必要になる。
いずれにしても必要なのは神経系のフィードバックシステムの正常化だ。

というようなことを何とかこの本から読み取った。この「暴力の原因は二種類ある」とうのは私にとって非常な発見だった。攻撃性か、過度な防御かはわけがちがうというのに表面的には同じに見え、同じような対応をされている。これは問題だ。
正直言うと、私は子どもをしかりつけるときにお尻をぺんぺんしたりすることがある。このとき私は「追い詰められて」「暴力を」振るっている。少なくとも私において、体罰はけして攻撃ではない。変な話だが、子どもの「いうことを聞かない」という攻撃を受けて、親が追い詰められてしまっているのだ。
暴力と一くくりにするのはたやすい。が、何から生まれた暴力なのか、自分自身がそのひずみに迷っているのであるならなおさら、よく見極める目を持ちたいと思う。
私が知りたかったのは自分自身や子どもやそれから子どもの友達や彼らがとる「乱暴な行動」の理由だ。暴力という手段は愚かしいものだと誰もが知っている。もしかしたら愚かしくはないのかも知れないけれども、少なくともそれを解決方法として取ることは「理性ある大人」ではないと見られる危険があることを、多くの人が知っている。それでもいい、いや、むしろ好んで暴力を振るうのか、それを承知しておりながらやむをえず暴力に訴えるのか、目に見えるものは同じだけれど、質は全く異なっている。
弱さの生む暴力、それはとても寂しくて哀しいけれども、永遠にあり続けるだろう。
暴力は、攻撃性の表出のみではないのだ。


暴力的な家系のマウス、極めて臆病な家系のマウス、どちらも集団の中で過ごすことで社会的な行動パターンを身に付けることが可能だ。攻撃性が最悪の状態になるのは、暫くの間一匹で過ごし、突然集団の中に放り込まれたマウスだ。

これも私には非常に勉強になる概念であった。正しい距離感を養うのは集団生活のみなのである。引きこもりが体に悪いのもこんなわけなのだ。


脳神経の配置や受容体の状態は定まっているわけではない。一つの行動それに対するフィードバック、一つの体験を通じて絶え間なく変化している。脳の反応パターンを変えることはいつでも十分に可能なのだ。
それなのに何故人の行動パターンが余り変わらないように見えるか、それはその人にとってそれが有効であると見なされそのような行動パターンが定着しているから。他の行動パターンが有効であることを脳が実感すれば行動パターンは変わる。

他にも、暴力というキーワードを手がかりに、何が人の行動を決定付けているか、どのような道筋で人の行動は決まるのか、脳の中では一体何が起こっているのか、について書かれている。やや難解で一読しただけではかなり理解が不安だが、手元に置いてもっと深く理解したくなる本。
というわけで買おうと思いました。

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

子連れで武器や訪問記@山海堂

職場の先輩の娘さん(女子大生)がコスプレやってるそうでして。
先日なにやらプラ板かなんかを丸く切ってたって言うんですね。
んでお母さんは尋ねました。「あんた何作ってんの? 」
武器

えーそんなわけでですね、(↑マクラらしい)行ってまいりましたその筋では名高い武器や鎌倉は山海堂
こちら探偵ファイルさんにアレな武器を提供していたり、有名漫画家さんの資料仕入れ先になっていたりと、いやもう
私みたいな人間にとっては血が騒ぐ以外にどうすればいいのか
という素敵店舗なのでございます。
しかし今日の今日まで行ったことがございませんでした。
なぜか。
微妙に遠いから

場所は長谷は大仏前。この大仏ってのが微妙なハードルなんでございます。大体大仏なんてのは一生に一度見れば十分なもんで、ああん大仏サイコー毎月見たいいやいや隔週でいやいや毎週毎日お目にかかりたいぃなんて具合にはなりりにくいんじゃないか。自分は修学旅行の折に東大寺は戒壇院の四天王広目天にほれ込んで今でも機会があれば今一度といわず二度三度と詣でたいと思っているんですがなんだか大仏はそういうことのほかな吸引力のある仏様ではないという気がいたします。与謝野女史は美男におわすと歌ったけれどもまぁそう言われればミナミゾウアザラシも美男象を名乗る世の中、なくはないという程度でございましょうか。あっ私今まずいこと言った罰が当たるようなこと言った言いましたね。
スルーしてください。
まあそんなわけで物理的距離よりも心理的距離のせいで遠ざけられていた武器やさんではございますが、今日午後突然暇がやってきたので行くことにしました。
子連れで。友達の子供も誘って
そして行く先は告げません。サプライズをあなたに

まっとうな観光客で込んでいる江ノ電に乗って鎌倉から長谷まで。そこから大仏まで歩く歩く。途中迷うかと思いましたが(ナンも調べてこなかった)多勢のゆく方向で間違いなかろうとおもっていたらその通りでした。見覚えのある大仏殿の前に。
ネットで見たとおりの店構え発見。
既にしてショウウィンドウに刀剣が! いかにもなデコラティブな刀剣が!
そこでこどもたちに「ここがその店だ、興奮しすぎて触ったりしないように気をつけて見なさい、騒ぎ過ぎないように」
と指示して入りました。

ああ、素敵。

表の薄皮一枚は鎌倉彫やら全国展開のみやげ物やらのある普通のみやげ物やを装っているのですが、奥の間とショウウィンドウがほとんど全てアレです、武器事典です。ロープレですネトゲです剣と魔法の大冒険ですわー。なんかもうあんな武器やらこんな武器やらがごそっとあってステキング過ぎ。子どもは手裏剣コーナーであれこれ言い合って選んでいるのですがお母さん逆上。むしろ逆上。
これがわりと空いてたせいか知りませんが店員さん(観光地のためか皆さん妙齢のご婦人)が異常に親切なのです。実に丁寧に子どもたちに対応してくだすって、一つ一つ手裏剣を取り出しては見せてくださる。ショウケースはご自由にお開けください、と大人方面への声掛けも万全です。ついでにいうとけっこう美人でした。
個人的には武器方面は武器事典を一読した程度なのでさっぱりなのですが、やはり金属の重厚さと輝きとは格別です。ぞろりと壁に飾られまたショウウィンドウに並べられた武器を見ると脳みそから気持ちのいい汁が出て止まらない止まらない。
子どもたちは二つずつ手裏剣を買うことに決めたようです。クナイにも色気を見せていましたが刃がついているようで店員に止められていました。ありがとうございます。
んで私の方はミニチュアソードをペーパーナイフにしようと思ってきたわけですがどうも作りが気に沿わない。ので結局うしとらやハガレンで出てきたアレにしました。

20051105231523.jpg

アレ

ケースがついてたんで。しかしもう少し刃が鋭利かと思っていたら大分断ち切ったまんまで「封を切れなくはない」という程度でした。でも見た目がよいからいいの。

んでふと天井を見たら尾田栄一郎先生とか牛さんとかのサインが。「いつもお世話になっております」なんて文字を見てちょっと感動。

購入済んで大仏を見たことのないうちの子達のために大仏を見に行き帰る前にもう一度入りたいというので入ると、
その筋っぽい青年たちがガッツの大剣を持たせてもらっていました
木製だがかなり重そう。んで漫画に忠実に作ったのだそうですが
柄が軽い(というより刀身の部分が重すぎ)るので実際には非常に使いづらいらしい
しきりに「蛍光灯にあてないように」と気になさっておられます。店長危ないです
子どもたちも感心してみてます。
んでその後その店長さんらしき方に
「よかったら剣持ってみる? わざわざ来てくれたみたいだし」
と子どもたち声をかけていただきました。
はい、ワザワザ来ました。大仏は刺身のツマです。
といいたいのをこらえて刀身の細いのを持たせてもらっているのを見守っておりました。
その後もう一本グラディエーターの使っていた剣というのを持たせてもらっていたので便乗して持たせていただきました。
重い。
まるで鉄アレイを持っているようです。
持ったときの感覚が丁度アレなのです。ずっしりとこぶしに来ます。おそらくガッツの剣とは正反対のバランスなのでしょう。
というわけで「こういう風に手元に重心が来るほうが使いやすいのですか? 」と尋ねてみたところ、そうなんだそうです。
鎧なんかも実際に着てみたらかなり重いのでしょう。
そんなもん着て刀持って水に潜ったりしたタルカスとブラフォードはほんとうにすごいなぁ、と感心しました。
ジョジョかよ(しかも第一部)。

そんな嬉しいオマケつきで山海堂を後にした私たち。
店長さんはどきどきするほどフレンドリー(声かけてくだすってほんとーにありがとうございました)、店員さんは観光地仕様をはるかに超えて親切、武器は豊富という
その筋の人には天国のような店、それが山海堂です
これを見ている武器好きのアナタ、金属の塊を見ると血が騒ぐというアナタ!
是非お越しください。

んでショウケース見ているときに
なんかの漫画のための資料集めに来たらしいフジョシの方二人組と居合わせたのですが
なんでああいう人たちは異常に早口なのか、よくわかりません。
話が自然と耳に入って来るんですが
テープの早回しですか
というぐらい、もう聞いててキルキル言ってるんじゃないかっていうくらい早口。
いや、それだけです。

あとやすゆきくん切符なくさないように(怒)。

というわけで山海堂店内。

20051105231552.jpg

20051105231609.jpg


おまけで大仏。
20051105231627.jpg

どう撮っても観光絵葉書風になるのは気のせいでしょうか。まぁなんというか、そういう卓越したお仕事は土門先生じゃないと無理です

テーマ : 剣や魔法のファンタジー
ジャンル : サブカル

百物語第二夜其の七十七 真白き珠 真白き蓮

随分間が開いてしまったのですが、百物語更新いたしました。

百物語第二夜其の七十七
真白き珠 真白き蓮

久しぶりにエロでもグロでもナンセンスでもないスタンダードな幻想譚です。(何やってたんだか)
お読みいただければ幸いです。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。