オールド・パーは17世紀の世界最長寿のじいさんの愛称だった

んだそうです。

思い出しますな。おじいちゃんの書斎に会ったでこぼこした茶色の瓶

かれはイギリスはシュロプシャーの農家の作男で、17世紀の人でした。かれは
152歳
まで生きたといっており、それをイギリス中の人間が信じ、国王に謁見するために都会に出たことで病気になり、あっさり亡くなったそうです。

とはいえ、宛てになる正確な出生届制度が確立された19世紀初頭以前の人間の長寿自慢は信用に足らんとオースタッド博士は言っておられます。

もろもろの調査の結果、現在記録から見て信用に足る最長寿記録は120歳だそうです。

それ以外は
出生記録が怪しく(本人というより制度の問題)
本人の記憶も怪しく
高齢者が年齢を多くサバ読みしたがり(若いといわれるから)
かつ年齢を「丸めたがる」(端数を切り捨てたがる)ので
ダメ。

愛すべき法螺吹き爺さんの名前を冠したウイスキー、けっこういい感じに酔えそうです。

スティーブン・N・オースタッド「老化はなぜ起こるか」草思社より
スポンサーサイト

最近…

最近なんだか
神様が
私の願いを……!



朝目新聞様、子ども≠子供ネタの紹介、ほんとうにありがとうございました。


また良質な「子供とお母さんが出会う教育現場の奇妙な風習」があったら、お伝えいたします。

マスコットキャラビバ☆ナルト

暗部時代のカカシというセレクトにクラッと来て買ってしまった食玩。
マスコットキャラビバ☆ナルト
高さ約4.5センチのデフォルメキャラなマスコットにボールチェーンがついている。
カラーリングはマット。
3.5×5センチのつやありのミニカードがついている。イラストもデフォルメタイプ(何回目かのエンディングで行列して歩いてたかわいいやつな)、裏は真っ白、特に能書きなし。

…暗部なカカシ、陰気だな。

何が入っているかが箱の上蓋に書いてある明朗会計。
はずれがないのでとてもいい感じだ。

一つ100円。
カカシ、サスケ、イタチの三つで300円。

ポケモンシールバトルピースコレクション

TOMYから出ているカプセルトイ。
一辺三センチの紙の箱(さいころキャラメルを思い出してほしい)の中にダイカット加工と角丸の正方形のシールが四十枚入っている。
モンスターは五体、一体のポケモンにつきダイカットと正方形二種類のデザインのものが四枚ずつ入っている。
おともだちと分けることのできる親切設計だ。
さらに一枚スペシャルとしてキラシールが入っている。
箱に書いてあるモンスターのキラシールが入っているらしい。

内訳は
カプセル1 ザングース、ソルロック、ラティオス、グラードン、デオキシス(ノーマルフォルム)
カプセル2 ハブネーク、ルナトーン、ラティアス、カイオーガ、デオキシス(ノーマルフォルム)
カプセル3 リザードン、アーボック、ウインディ、ストライク、デオキシス(アタックフォルム)
カプセル4 フシギバナ、サンドバン、キュウコン、カイロス、デオキシス(ディフェンスフォルム)
カプセル5 ラティアス&ラティオス、カイオーガ、グラードン、レックウザ、デオキシス
(太字が箱に描いてあるモンスター)

艶のある防水仕様っぽい表面、デザインのよさ、キャラクターの外れ感のなさ、結構コレクター魂をそそるものがある。

買って損なし。

一つ100円、二つで200円。

ナルトスタンプ忍者印

バンダイガシャポンナルトスタンプ忍者印
半透明のチャクラを周囲にめぐらせたナルトキャラの胸像、ベース部分が外れて浸透印スタンプになるという代物。
カカシ先生と君麻呂とリー君が当たった。
棚に飾っておくと、他の食玩類と高さが合わないためおぼれかかっているように見えるのがやや難だが、バランスもよく迫力あるいい仕上がりだ。

んでこのスタンプが楽しい。
公式サイトには「各キャラクターに関連したマークスタンプ」とあるが、このマークのセレクトがなかなかなのである。
ナルトはガマ吉、サスケは写輪眼、カカシはパックン、我愛羅は砂の里のマーク、リーはサムズアップ、そして君麻呂は呪印。
リーのサムズアップはとりあえず子どものドリルの頑張ったねスタンプとして愛用中。
ぴったりだぜ!

一つ200円、三つで600円なり。

くそ。

がんばってくれるわ。

やらないかな検索用語

こんな検索用語でお越しになった方が。

yaranaika.jpeg



いや、なんつーか、あの、そのね。

…男らしいですな(違うぞ)。

28万なら

ロボット買わないでセコム頼むだろ。

インテリア性を重視したお留守番ロボット、ロボリア。
http://www.roborior.com/about/index.html
以下引用。
自宅の異変を携帯電話(FOMA)のテレビ電話を通じてリアルタイムで知らせる「留守番モード」や、外出先から携帯電話(FOMA)のキーで移動・威嚇・会話の操作ができる「遠隔操作モード」などのロボット機能を搭載。また、在宅時には間接照明として実用的機能を果たすなど、家電としての可能性も十分に持ち合わせています。


こんなん泥棒さんにぽきってされちゃうんとちゃうか。
或いは持ってかれちゃうんとちゃうか。

…商品化なる前に、誰か突っ込んでやれよ…。

三浦一則「ネットノベル・パーフェクトガイド」ラトルズに紹介していただきました

ラトルズから出版された「ネットノベル・パーフェクトガイド」でサイトを紹介していただきました。
こちらは、ネットノベル概論、ネット小説紹介から自費出版との関わり、アクセス向上大作戦なども掲載されたまさにネットノベル・パーフェクトガイドの名に恥じない労作です。

本自体面白く、また紹介の仕方が上手なので実際にアクセスして読みたくなるというステキングな仕上がりです。
小島小鳥さんも絶賛しておられた「氷結の裁き」と小説の主張で絶賛されていた「なまぬるいスープ」は絶対に読むぞ! 読んでやるぅぅぅ!

(…って、「氷結の裁き」、リンク貼ろうと思って検索したらないじゃん! URL打ち込んでもないじゃん!
なんでやねんッッッ!?)
(なまぬるいスープは既に書籍化された模様。でも読める。色々な意味で流石だ。)


というわけで、ライターの嶋田さん、ほんとうにありがとうございました。
ようやく現物を手に入れて、きちんとお礼を申し上げることができました。
(注文した)

なお、紹介していただいたのは百物語第一夜其の七 洞窟ホラー部門です。

最近の方向性のずれがこっぱずかしい今日この頃…。

副会長だったのかー! @子ども会

皆さんご存知ですか。最近の教育現場では子どもはけして子供とは書かないそうですぜ。供と書くと
仏様へのお供えみたいだか
なんだそうです。


ま、マジかーーーーー!!!????



ども、ネコタです。本日初めて子ども会に行ってまいりました。もろもろの引継ぎでございます。んで今回会長がとても親しいやっちゃんまま、自分はやっちゃんままにスカウトされて何か役を頼まれたわけですが、これがまた名詞よりも意味でものごとを捉え覚えてしまう悪癖のせいで「文書作成ならまかせとけ」と答えたことしか覚えておりません。

んで今回の引継ぎは二時間もろもろを話し合っていたにも関わらず(そして自分が一番最初に社務所のおばちゃんにドアを開けてもらい中座もしなかったので話を全て聞いていたはずなのにも関わらず)集まった人々が引き継ぐ予定となっている役職及びその内容についてはついぞ語られることがなかった。

んでなんか書記かなーとか思って(もう一個学校の放課後児童育成事業とかいうやつの保護者会では事務班班長かなんかになった)ぼやぼやしておったのだが、先ほど主夫のりんパパよりメールが来て
「よっ!副会長! 」

うわ、自分副会長だったんか!

という次第であります。ああんバカも大概にしようね自分。



というわけで副会長だキャッホーイ。(やけくそ? )

しかし子ども会というのは各地区で地域ごとに小さくやっているものだと思っていたら
社団法人
だったのか。

世の中知らないことがたくさんあるのう。


んで子ども子供論、なんか差別用語全般に類似した構造を持つ問題のような

市川定春「武器事典」新紀元社

ファンタジー小説やゲーム製作者の座右の書なんではないかと思う、多分。
古今東西の実在した武器カタログ。
鋼の剣は銅鉄の剣に比べて軽く細くなるとか、剣の先を幅広にすると反動が付き威力が増すとか、魚の背骨のようにぎざぎざした剣(或いは剣のそういう部分)は相手を引き裂くためというよりは相手の剣を折るためだとか、いろんなことがわかる本。
掲載されている武器の種類
刀剣
短剣
長柄(いわゆる槍の類)
打撃(斧や先に球のついた武器など)
射出(弓矢、銃)
投擲(ブーメランや投槍など人力で投げて相手を攻撃するもの)
特殊(上記以外)
兵器(大型の射出武器)

なんというか、実に多様で、時には外連味のある武器が肝要なイラストと文章とで紹介されている。ただ読んでも実におもしろい本だが、中で一番気になった武器は

銅拳

というものだ。

引用すると

「銅拳は『三才圖會』に見られ…人の拳をかたどった金属製の穂先を持っています。さらに、その拳には釘のような杭が握られているという、いかにも鉄槌を加えるといった感じのする長柄武器です」

こんなんで殺されたらなんか悔しくて成仏できない気がするが、さらに

「この種の人の手を模した穂先には、いろいろとバリエーションがあって」

「釘の代わりに筆を握ったものを魁星筆(かいせいしつ)」

「握った拳の形だけで中指だけが突出したものを金龍抓(きんりゅうそう)などと呼んでいます」

…うわぁ。

流石中国である。
念のために書き添えておくが、出版元は民明書房ではない

高校教師のクラス全体へのセクハラ発言を思い出してみる

女子高でありました。

ヤジルシ。
書き方けっこう色々ありますが、さー何の先生だったか、何かの説明の途にこう、三角を書いて、そのあとに線を引っ張って、ヤジルシをかかれたんですが、何を思われたか先生は突然
「ヤジルシ、こういうヤジルシは男性の精子という意味になってしまいますから皆さん注意してください。こういうヤジルシを書いてはいけません」
とのたまった。

yajirusi.gif


おっさん、あんた飛ばしてるだろ。

なんつー突っ込みは今だから出るわけであって、まだ入学したての中学生に毛の生えたような(まんまやんけ)初々しかったワタクシは一体何故先生がそのような発言をなさるのかさっぱりわからなんだ。
あの先生は今も新入生にわけのわからないことを曰い、一人でも顔を赤らめる娘さんを見て達成感を覚えたり或いは何もわからず無垢なまなざしを向けてくる娘さんを見て不可解な悦びを覚えたりしているのであろうか。
いや、そんなこたぁ知らんが。


生物の先生がおった。
同じ系列の男子校の授業で
「女の子を悪酔いさせたかったら酒の中に目薬を入れろ」
と教えたらしく、問題になった。

一応女子高でも教鞭を取っているのだし、いや、そうでなくともそんな豆知識はやめとけ。

…今となっては昔の話ではある。
(目薬の中に酒精の分解を阻害する成分が含まれていたこと)

菜の花とひじきのサラダ

湯がいた菜の花 一~二束 二~三センチ大に切る
かにかま 一パック 二~三センチ大に切る
もどしたひじき(湯通し不要) 一パック

あれば 戻した棒湯葉 二束 一センチ大に切る

*棒湯葉とは?
中華の乾物。中華街で手に入る。ウェブ通販では少し検索したが行き当たらず。棒状の湯葉を二つに折りたたんだもの。芯が残るので長時間(三時間から半日? )水につけて戻す。特に味がついてないので何にでも合う。鮮やかな黄色なので彩りがよい。生食可、鍋などにいれてポン酢で食べても大変美味しい。また大豆食品なので健康的なイメージがある。

これらを混ぜてノンオイルの好みのドレッシングで軽く下味をつけておく。
食べるときにゴマドレッシングなどをかけると大変美味しい。

菜の花は苦いというイメージがあるがこの調理方法だと苦味が気にならないので春先にオススメである。

百物語第二夜其の六十八 地蔵堂 (子育てが苦しい)

 「いやよ私、そんなところに行くの。」
 道々何度も訴えた。だが相野は佐多の手を離さなかった。いかにも強引に、ぐい、と引っ張りながら、歩き続けた。
 「あなた苦しいんでしょ? 
 苦しいってことを私に訴えたっていうことは、時機が来ているっていうことなのよ。
 あなたは変わるの。
 私がお世話になっている先生に会えば、きっと楽になるわ。
 ほんとうよ。
 私も楽になったんだもの」
 何度も何度も言葉を変えて同じ事を繰り返し言って聞かせた。そして結局、佐多も相野の手を離さなかった。

 粗末なプレハブ。そこが相野のいう先生の教会だった。教会というからには新興宗教だろうか。新興宗教。在来宗教に比べてなんとまぁ不平等な扱いを受けていることだろう。そしてその不平等な扱いにふさわしくなんとまぁいかがわしいことだろう。
 佐多は思っていた。
 ほんとうに、新興宗教は、差別的な見方が許されているほとんど唯一の領域だ。あらかたの教義は在来で出尽くしている以上、新味を出せるのは宗教の名称と儀式ぐらい、一番根幹の、人が縋りたくなる或いは縋るに値する世界観人生哲学というのは、それが肝心だというのにもはや新味の出しようがなくなっており、困った宗教人は自分らの宗教の由来を少しでもそれらしくするという一大目的も含めて在来から借り受けた概念をモザイク様に組み合わせてお披露目するのがならわしのようになっている。この教義あの教義一番耳触りがよいのを合成しこれこそが現代社会に悩む人間に最適の宗教であると喧伝すれば、耳触りのよい言葉を聞きたくて自分と人生とにイエスといって欲しくて寄ってくる人がいる。
 新興宗教なんてそんなもんだ。
 では何故私はこうして相野についてきているのか。佐多は自問した。
 (耳触りのよい言葉を聞きたいからだ、自分と人生とにイエスと言って欲しいからだ)
 のっぴきならない函の中に居る、佐多はこのところずっとそう思い込んでいた。

続きを読む


というわけで百物語第二夜其の六十八 地蔵堂です。

私自身よく子供に手を上げる母親です。最近は少なくなりましたが(お尻ぺんぺんとかしかしない)、一人で育児をしていた頃には結構この小説のまんまでした。
でも、母親も苦しいのです。
母親が、苦しいのです。
というわけでこの小説を書いたのですが、なんつーかあれだ、そう、ほんとに子供を殺さずにおれなかった人の心理には分け入っておりません。

いつかそれを知らねばならないと思います。

子育てが苦しかった自分のために書いた物語です。
お読みいただければ幸いです。

新団体設立か? (プロレスでなし)

春は別れの季節でござる。
うちの職場でも七人ぐらい人が減って変わりに五人ぐらい入ってくるはずだったのか二人しか決まってなくててんやわんやである。
上司は明日も面接。
わー。

それはともかくとして。

自分が所属している団体の重鎮の女性が新しく来た専務との折り合いが悪く放出されてしまうことになった。
自分はその人に研修時にスカウトされて今の職場に来たという経緯があるので(就職活動しなかったんだな)、切実に残念である。
昨晩はお見送りパーティ。
職場に居たお歴々が実に38人も集まり(入れ替わりの激しい職場なのだ)門出を祝った。

仕事も人脈もスゴイ人なので、放出と同時に受け入れ先が決まりかねない勢いだったのだが、少し考え中とか。
実に意気軒昂であり、今後のさらなる活躍を予感させた。

新団体設立の折は、声をかけてくれるといいなぁ。

ぐあい

体調がなぜかヤバイ。
ので、グリーン車に乗ってやったぜキャッホーイ!
大変贅沢な話なんですが、以前似たような体調のとき乗ってらんなくなって新橋で降りて駅で寝かしてもらって結局グリーン車で帰ったという経緯がありまして。
機先を制してみた。

東京から新橋まで950円。

安いか高いか。

倒れるよりはマシだ。

で。
車窓というのはつくづくいいもんです。
今宵は満月でした。

ヘアスタイルとかヘアカタログとか美容院でのオーダーとかの微妙な問題

いやいやいやいやいや。
昨日ヲタ向け美容院が欲しいなんて書いたらとあるところからリンクを貼っていただいたようで。
へたれラボラトリー様、ありがとうございまっす。
ああいう需要は確実にあると思います。ビジネスモデルとして登録したいですな(大きく出たな)。
しかしこだわりも人一倍な方々なので、そのあたりのフォローが案外大変かも知れません。

小説を書いておって困るのはヘアスタイルの名称です。
あまり人物の外形描写はしないのですが、たまにするとき困る。
そういうときヘアカタログ見るより簡単なのがアバターです。
アバターのヘアカタログは肝にして要、イラストなので大変わかりやすい。
且つ流行の髪型がわりと早く導入される。
至便です。

で、そういうのと違って、美容院でお願いするとき、何を指針にすべきか。

ヲタな美容院というのはおそらく立地も限られ且つ実現したとしても案外自分のような半端な人には却って行きにくくなるかも知れないのでパスとして。
マンガやアニメの一片を持っていって冷静に応対してくれる美容師さんを一店舗に一人備えてくれれば若気の至りの若人やヲタの人に優しいチェーン店として名を馳せそうですが、それもなんか実現は無理そうなのでパスとして。

んで、たとえばこれも若気の至りの一環といえますが
「すいませんこういうのにできますか」
といってあややを持っていくのはどうか。
いや、あややはあれだな、他の言葉でも伝えやすそうだがな。
しかしそうでなくとも、「あややみたいにしてください」というのはどうか。
失笑を買いそうでおっかないわけです。
冷静に我が身を振り返ると若気の至り丸出しなわけです。
でもそういう好きなもんに自分を投影したい、同一化したいという心理というのは若気でなくてもあるわけで。
モンモンしますなああモンモン(日曜日ガッシュを見ましたとも)。

まあ、それは自身の外聞と美容師さんの戸惑いとを慮ってやめることにしましょう。

では今度は美容院においてあるカタログを見てみましょうか。
いいのがあった?
落ち着け。それはその女の子がかわいいだけではないのかッッ? その髪型をした自分をイメージしているかッッ? イメージできているかッッ?

そんなもんわかるかぁ! (ちゃぶ台をひっくり返す音)

ではとりあえずその髪型を頼んでみることにしよう。そうするとどうなる?
「髪質がちょっと…」「それにするにはここの長さが足りませんねー」「カラーリングしないと重くなりますよ」「パーマかけないと無理ですねー」

カットだけでいいんだよー! なんとかしろお前プロだろー!? 

などと内心で叫ぶことばかり。

んで結局「それじゃあここをこういうふうにしてこっちをこのくらい残す感じにしましょう。前髪はそれで横は耳にかかるくらいで」
と美容師さんの提案を幼子のように諄々と聞く顛末と成り果てしまうわけです。

結構毎回、今回はこういう風にしようと頭の中で漠然とイメージはしておるんですが、そのイメージが漠然としすぎておるためにまず自身で掴めたためしがないわけで。
そんなもん美容師さんにはいよいよわからないわけで。
そんでなんか自分でも思いもよらぬ未知の妥協点を提示されて結果自分のイメージと比べても曖昧な「それなりなんじゃないかね」というほどの仕上がりになりそこにもってきてここが手間のかけどころといわんばかりに丁寧にブローされて普段見ぬ自分を鏡の中に見出し帰ったらとりあえず髪を洗おうなどと思いつついかにも満足げな顔で愛想よく退出してしまうんですないつも。

他のお客さんのやりとりを聞いておると「ここはこういう感じに」などと明確なイメージを持っておられる方も居て、そういう方は素晴らしいとねたんでしまいそうですな。
そうでなくとも、おそらくファッション雑誌のモデルさんなどをサンプルにもってゆけばそれなりにイメージも掴みやすかろうが、それも自分にあてはめたらどうなるのかおぼつかず、かつファッション雑誌を定期購読するほどの器量もなく。

そんなわけで、美容院というのは自分にとっては大変ままならぬものなのであるが、他所人にとってはどうなのか。
やっぱり未知の妥協点を示されるものなのか。

…頑張れワカゾー。(自分に)

美容院いってきた

マッサージしてくれて眉毛カット無料でシャンプーカットブロー4500円な美容院。
よいのだが。

担当の人が坂口憲ニにそっくりのえらい濃いいい男であった。

ああいうわかりやすいいい男がダメだということをつくづく思い知った。

しかも
「以前はサーフィンやってたんですが今はやめてジム通ってます。
最近ではスノボを」
わ、わかりやすいなアンタ。
まるで大学のときの夏はテニス冬はスキーのナンパサークルみてぇだよ。

他にも中華街と呼べばテレビで放映したばかりの食べ放題の店にいってみたが云々。
みなとみらいと呼べばあのへんにできた映画館の音響がすごくいいそうですが云々。

おしゃれな最新スポットも完璧に押さえてるぜベイベー臭がぁぁぁぁ。

この人は雑誌を見て銀座のサンアイとかにお洋服を買いにゆく綺麗なOLさんの接客仕様なのだと思いました。

油断するとすぐヲタっぽいディープな話題に踏み込んでしまう私としてはえらい神経を使いました。

多分接客はうまい人なんだと思います。相手が悪かったんです。

ヲタな美容師さんにお願いしたい。
そういう話題に引かないでいてくれる人。
そんだけでいいです。
そんだけでいいですから。

ヲタな美容院に、私は、ゆきたい。

ヲタな美容院。
それは、アニメ雑誌の一ページを持っていって「こんな風にしたいんですが」といっても笑われない美容院。
そして髪質との折り合いをつけながら冷静に可能不可能を教えてくれる美容院。
そして切なる願いに応じて予算を考慮しつつぎりぎりまでイメージに近づけてくれる美容院。

ヲタな美容院。
それは、コスプレイヤーが「明日イベントなんで、こういうヘアメイクにしてもらえますか? 」と朝一の非常識な時間から頼める美容院。
そしてキャラクター作りを親身になって一緒に考えてくれる美容院。
必要に応じて化粧もしてくれる美容院。
着付けありで、着付けるものも、着物鎧あんなのやこんなののニーズに存分に答えてくれる美容院。
一番多忙且つ大切なイベントというのが成人式ではなくコミケであるというような美容院。

ヲタな美容院。
それは、ヘアカタログがアニメ・特撮キャラで一杯な美容院。
おいてある雑誌が同人誌である必要はないが、マンガ雑誌やマンガ単行本の新刊がさりげなく置いてあるような美容院。
美容師さんがコスプレをしている必要はないが、ヲタっぽい話題にディープについてきてくれるような美容院。
間違ってもドン引きしたりしないような美容院。

そんな美容院に、私は、ゆきたい。

子供と一緒に横浜な休日…って横浜美術館→中華街→東戸塚トイザらスって盛りだくさんすぎやんけ

当然へばってまっせ。第二子は電車で寝たしな。

というわけで昨日突然ワタクシが職場近くのチケットショップで横浜美術館で開催中のマルセル・デュシャンのチケットを買ってしまったことから子供たちに降りかかった春の不幸。
もともと今日は中華街か鎌倉あたりに行こうかと計画していたのだが、横浜美術館はどうなんだ。しかもデュシャン。
子供にダダは無理だなんてことは合点承知! (親指をグッとね! )

しかしんなこといってたってこの連休で終わっちゃうんだから何がなんでも行かなきゃならんのである。
というわけでケロロ終わる頃から自転車で駅に向かい、とりあえず乗車、桜木町に到着。
んでランドマークに向かう長いエスカレーターに乗ろうとしたところ、ポケモンののぼりみたいのが目に入るわけで。
「ただの春の客寄せキャンペーンだろ」とたかをくくっていたら確かにキャンペーンだった。ただし3月5日に横浜にできたばっかのポケモンセンター告知の。
予想外の展開である。
「行きたいー」と騒ぐ子供たちの手綱を「まぁ待てまずは美術展だそのあと連れてってやるから」と引いてゆく。この安請け合いがこの後自分の首をものすごい勢いで絞めることになった。死ぬから。
そしてデュシャン。
待ちに待ったデュシャン。よもやこの目で見ることはできまいとわけもなく思っていたデュシャン。
泉。大ガラス。遺作。
とくに遺作は見たかったもんで、実によかった。(ホログラムによる再生だったが)
まぁ当然子供づれでもって、ところどころに居る係りのお姉さんが「あの、お子さんは、手を繋いで」などとおっしゃるもんで、鑑賞も半ばといいたいところだが、どうしてどうして結構楽しめました。
オマージュ的な作品群もあるとは思わなかったのだが、数合わせかしら…。
さらには「おとなしくしてないとポケモンセンター連れてってやんないぞ」という呪文攻撃を断続的に続けなんとか常設展も見倒しました。ここのシュルレアリズムの展示と現代美術の展示はほんとうにありがたい。写真作品の展示もマンレイがわんさかおって大変楽しかった。
この後子供が参加できる動的な展示として冨岡雅寛さんの特別展がありこれは子供も楽しかった様子。鉄の粉を混ぜた水を中心に用いた作品で、振動や体温で働きかけることでおこる流動やさざなみを目で確かめることができるというようなもの。お母さんも面白かったよ。

しかしこの後事件は起こったッッッ!

ランドマークのポケモンセンター、入場二時間待ち。

ただのポケモングッズの店だろ!

だが、子供にはそうではなかった。あれはもはや巡礼すべき聖地なのだ。
しかし二時間も待ってられん。巡礼を阻止するためにお母さん頑張った。っていうかこっちも約束した手前かわいそうでしょーがんないわけで。
んでご機嫌取りに九州物産展にあった沖縄限定シゲキックスなどのセットを買った。
食べるが機嫌直らず。第二子はしくしく泣き始めるし、第一子はものすごいフテて中華街行かないとか言い出すし。
やむをえず最後に東戸塚のトイザラスに連れてゆくことを約束した。それでもぐつぐつ煮立っている。これ以上説得してもしょうがないと見切り淡々と歩き出した。電車に乗り、石川町で降りて中華街の門を見た途端第一子のご機嫌よくなる。
やっぱり中華街楽しいらしい。

というわけで今回の飯は市場どおりのはじっこのはじっこにある雲龍で食べた。
こちら10年ぶりのリベンジである。
何かというと93年にダンチュウで見て牛煮込みそばを食べにここに来たのだがなぜか休み、今回市場通りの別の店目指してきたら見覚えのある看板に出くわしたのでこれ幸いと頂いたという話。
うまかった。しかも安い。
ケチケチせずに載せた牛煮込み、そのたれでこくが出ている素晴らしいスープのそばが800円くらい。
子供が食べたのはワンタンそば。
いずれ幸せであった。
子供たちも美味しかったらしく機嫌直った。

その後これもまた前回のリベンジということで関帝廟通りの隆記という店で食材をバカ買いする。
こちら乾物が安くて前回お世話になったのだが、今回は前回臆して買えなかったお茶も買おうと思ったんである。
お茶。字が出そうにないんで検索はしないが、中にドライフラワー様の花が入った塊の茶葉で、
器に入れて湯を注ぐと茶葉がほどけて中の花が顔を出す
という麗しい代物である。
が、塊五つで750円。たけぇ。
と思ってやめてたのだがどうも気になるので買ってみたのだ。
*検索したら工芸茶という由。リンク先の方が高いがコンセプトは同じ。

あと体が温まり肌が綺麗になるというバラのお茶メイクイ、利尿効果(いらなかったぜ)の菊のお茶貢菊花を買う。こっちのうるわしい単品茶は各30g320円。
安いぜ。
他食材は棒湯葉(200円)、板湯葉(200g250円)、白キクラゲ(繊細な風味で絶賛愛用中50g確か300円くらい)を購入。

んで石川町に向かう途中国貿易公司中華街本店の店先にて黒タピオカ入りのライチとマンゴーのジュースを飲む。第二子はどーしてもマンゴーアイスが食べたいと言い張り、震えながら食べておった。バカか。いずれも260円。大通りでは似たようなのが350円であったので大変良心的である。
んでその向かいあたりにある萬勝という食材やでタピオカが安かった(200g150円)んで買ったのはいいがついでに目に付いたきぬがさたけの干物(50g500円)も買ってしまった。
どうするつもりなのかわからん(自分が)。

んで再び石川町に向かい乗車し東戸塚で降りてトイザラスでレゴのバイオニクルを購入し(1050円だった。安かった)帰ってきた次第。
終わりよければ全てよし。

なのだが。

横浜美術館常設展鑑賞中に
「子供にはわかんないわよねー」
と通りすがりにささやいてくだすったご婦人。

あんたにはわかるのかッッッ!

と叫びたくなりましたがな。
デュシャンならわかるが、常設展のほうだぞ。
ほんまにおとなしくしとったんやし、ほっとけやゴルァ!

パンダ的に、こういう写真はどうなのか。

自分ならいやだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050318-00000016-scn-int.view-000

実用的姓名判断@山本式姓名判断@朝目新聞

わかりやすい姓名判断サイト。
山本式姓名判断
年代ごとの運勢の強さとバランスがわかる。
無料。
朝目新聞さんより。

こういうのって身近な人を勝手に占いたくなっちゃうんだよな…。

セクシーチャーハン@中西君

チャーハンに欲情してチンコ出すような人に投票しちゃった人の悔恨を思うといたたまれません。
せめて生身にしておいてくれれば…(号泣)

…2ちゃん的には美味しいと思う。色々。

ドラえもんコミックカードガム

ロッテがドラえもんコミックカードガムを発売した。
原作準拠なのでなんかぐっと来るんである。
角度を変えると絵が変わるギミック付き。
上のサイトに「主なターゲットは小学生とその親です」と書いてあるが、すまんそのまんまだ

…「きれいなジャイアン」のが欲しい。

スーパーマリオブラザーズドットボトルキャップ@PEPSI

食玩チェックにセブンイレブン詣でをして見つけた。
スーパーマリオブラザーズボトルキャップ
ペットボトル売り場にルイージの方(ダイエットペプシだな)のボトルキャップが全種類陳列されてて、ものすごい物欲をそそるわけだ、これが。

んでうきうき買おうと思ったんだが、既に残り少なく(六つくらいしかなかった)且つ全て盲牌を切った後が。
大したもん残ってないだろうと思いつつわしわし触って、とりあえず30番のcoinはつまんないんでそれ以外のだったらなんでもえーわーと思いつつ買って来て開けたら21番のスーパールイージだったよ!
というわけで職場のモニタの上に飾った。
スーパールイージを見ると元気が出るよ!
いっつも兄ばかりちやほやされてる永遠の二番手、それがルイージだよ!
名前だってマリオに類似してるからルイージだよ!
ルサンチマンを心に抱えるルイージだよ!
僕はそんなあすなろ日記なルイージが大好きだ!
ルイージよ、永遠の二番手でいてくれい!
(迷惑な応援)

いや冗談はともかく、このドット絵の立体化がいい感じで、且つその台座であるボトルキャップもドット絵を意識しているせいであんまりボトルキャップボトルキャップしてなくて、マジで全種類集めたくなっちゃって危ない危ないって感じなのである。
ガンダムのときもアホみたいに買った記憶があるが、これ、行きつけのスーパーで売ってたらやばいなぁ。大量に買いそうだなぁ。

あと、四月中旬から1.5リットルペプシについてくるというスーパーマリオブラザーズテープもめちゃめちゃ欲しい。どうしたらいいのだ。どうしてこんなにいいものをオマケでつけてしまうのだ。ありがとうペプシマン(ちょっと違)。

誰が欲しがるのかわからないようなオマケを付けちゃうメーカーさんに爪の垢を飲ませたらいいとおもった。

マガジン拾った。

もう大人なんだから、もう子供もいるんだから、電車の網棚に乗っかってるマガジンを「わー」とかつぶやきながら取るのはやめようと思いました。

RAVEってワンピースそっくりなんだなー。
ツバサってハンター×ハンターみたいな感じになってきたなー。でもハンターはラフでも妙にアイキャッチィで思わず読みたくなっちゃう念能力かなんかこめられてるんじゃないかって感じだけどツバサは絵がうまくて綺麗でコマワリとかも文句ないのに物語世界からははじかれてるような感じがするなー。
覇王の剣って高校サッカー選手のコスプレ演劇祭って感じだなー。
すくらんのお嬢の伏目色っぽいなー。
一歩ちょっとしかないなー。
桜庭コハル先生のおにゃのこかわいいなー。


今回一番びっくりしたこと。


伝説の頭翔って、原作付きなのかー!

ほげほげするほど眠い。

こういうときはあれだ、子供とトンパチやっちゃってかわいそうなことになるんだな。
わりぃ。
お母さんに受け止める器がないとトンパチは飛び火するもんで。
今日は飯の後に三回ぐらい派手な野戦をやったあげく第一子ががーがーいうんで新しくできたコドモ部屋に布団をしいて「お前こっちで一人で寝やがれ」とやった。
第一子はもうすぐ二年生で意地っ張りなので黙って寝やがった。
不憫になってお姫様抱っこで連れ戻してきた。

しかし今日のナルトはかっこよかった。君麻呂と我愛羅なんてあんた美形対決じゃないのよ! そこにリー君をふりかけたらなんですかボキ専用の大好き詰め合わせですか!
あ、カカシ先生も好きですから。
どぉでもええわ。

まぁ今日は三週間ぶりぐらいにトレーニングに行って昼飯食ってちこっと横になったらマジで起きらんなくなって色々しゃれになんないんでもう寝ます。
銀の姫君上がったんでメールのお返事明日書きます。
うみゆきさんとか、ありがとう、すいません。
心配してます。役所から連絡は来ましたか?

百物語第二夜其の六十七 銀の姫君

百物語第二夜其の六十七 銀の姫君

 むかしむかしのことです。
 
 とある国に、一人の王様がおりました。ある日王様は森に狩にゆきました。そこで一匹の銀色の鹿を捕らえました。
 「なんと美しい」
 王様はほれぼれとその鹿を見据えていいました。
 「この鹿の毛皮でマントを作ったらどんなに素敵だろう」
 ところがこの鹿はただの鹿ではありませんでした。
 この森の近くにまだ人に知られていない銀の鉱山がありました。この鹿はその鉱山を統べる妖精の王が姿を変えたものだったのです。
 鹿は言いました。
 「私は銀の妖精の王だ。助けてくれたら、銀に関わる望みを叶えてやろう。」
 それを聞いた王様は喜びました。
 毛皮はどんなに美しくともたった一枚の毛皮に過ぎませんが、銀は色々なものと交換できます。
 少し考えて、王様は、あらゆるものを銀に変えることのできる力が欲しいと望みました。
 鹿は答えていいました。
 「その力をあなたに授けることは難しい。だがあなたが妻を差し出せば、見たもの全てを銀に変える力を持つ娘を授けよう」
 そこで王様は妻を銀の鹿に差し出しました。

続きを読む

金属フェチな天羽幻鷹様のために書き起こしました。
原稿用紙33枚の短編です。

加山雄三のブラックジャック最終回を見たよ

ケーブルテレビのホームドラマチャンネルで加山雄三演じるブラックジャックを放映しておりました。
製作は1981年。
ブラッククィーンことすずきこのみ先生が出てくる「終電車」がベースです。
あらすじも台詞もかなり原作に忠実だったんですが、致命的な欠陥がありました。

それは…

ブラックジャックが…

昼間は画廊を経営する青年実業家
(んでもって天才外科医ブラックジャックの仲介人)

という

おしゃれでアーバンな設定

です。

んでその青年実業家のバンドウ君はあの髪型のまんまの加山雄三なので、全編が

イカス俳優加山雄三のブラックジャックコスプレショー

にしか見えません。

加山雄三さんが無免許医なんていやだとか駄々こねたんでしょうか。(邪推)

それはいいんですが

せっかく加山雄三さんバンドウ君が夜の顔ブラックジャックの扮装をして
それが黒マント長髪(白髪はなし)つぎはぎ顔でかなり原作に忠実であったとしても
傷がメイクである以上

地雷を踏んで大怪我を負ったというブラックジャックの根幹に関わる設定



全つぶれ

なわけです。

ま、そんな次第ですから、自分の医師としての進退に迷っているブラッククィーンの背中を押してやるためにブラックジャックが憎まれ役を買って出るといういい話も

このみ先生がただの連絡役であるバンドウ君にブラックジャック先生への思い出を語り倒したり
医者としての進退を相談したり
バンドウ君は医者でもないくせに原作のブラックジャックそのままの意見を述べ倒したり
終電なくして泊めてあげたはずのバンドウ君が朝になったらいなくなっててかわりになぜかやってきたブラックジャック先生が突然このみ先生の代理の執刀を名乗り出て院長に3000万請求しちゃったり


などというねじれた話になっちゃってます。

んで院長もそれに惑わされて
「さてはバンドウ君とブラックジャックは計画的犯行でうちの珍しい患者をとったんだな」
などという珍説をご披露しております。

まぁ、もちつけ。

病院を解雇されたこのみ先生が画廊に訪ねてきて
「なんで睡眠薬を盛った」
と詰問するも、バンドウ君は
「始発で帰りました」
と華麗にスルー、さらに
「ブラックジャック先生はあなたに迷いを吹っ切ってほしかったのではないか」
「ブラックジャック先生は実はあなたに恋心を抱いていたんじゃないか」
とまぁ、
「これは私の想像なんですがね」などという情けない前振りしながら自分だと思って言いたい放題

んで最後にはこのみ先生も正体に気づき
「もしやあなたは」
みたいになるんですが、これもまた華麗にスルーして立ち去るバンドウ君。

……。

もとがいい話で、脚本の人も原作に忠実にしようと非常に頑張っているだけに、よくわからないアーバンな設定がつらいという結論に至りました。

あ、12歳くらいの少女が出てきまして、ピノコらしいんですが、万博のコンパニオンのような珍妙な服装をしておりまして、なんじゃこりゃと思ったら衣装がコシノジュンコデザインでした。
そんなオチ。

画像ありました。
加山雄三のブラックジャック
テレビドラマ探偵団さん、どうもありがとうございました。

どーも最近

疲れ気味でメールのお返事が滞ってましてスイマセン。

今日は第一子のサッカーの試合を見てきたのだった。
なんつーか、ポジション無視してボールに群がる様子がおたまじゃくしかごんずい玉かという感じで実に楽しかった。
ちびっこの試合がこんなに面白いとは思わなかった。
また見よう。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック