【医療未満】転んで前歯を痛めたときの歯の磨き方【管理人実践済】

何らかのトラブルで前歯を強く打ち付けてしまい、折れていないけれども唇の粘膜が内出血し歯根が痛くて仕方がない。
内出血した唇の粘膜の感染症を防ぐためにも歯の清潔を保たないといけないのに、歯根が動いただけで痛む歯をどう磨いたらいいのかわからない。
そんな君に朗報だ。

とにかく歯根を動かさぬよう、
前面を磨くときはいつもよりしっかり歯を嚙み合わせよう!
裏面を磨くときは軽く指で押さえよう!

それだけで痛みが軽減され、歯を磨くことができるのだ!

あ、まず、打ち付けたら歯医者行ってください。
スポンサーサイト

医師以外は医療について語るな。

やけどの治療方法検索してたらドメイン雑なキュレーション系ばっか出てきて最終的にヤフー知恵袋とWikipediaしか確からしいものにたどり着けないという現状。

メルクマニュアル家庭版のような確かなサイトほど1ページ目に出ないといけないというのに。

消費者大惨事だよ。

何やってるんだよグーグル。

SEOに負けないで、消費者にとって一番適切な記事を提供してくれよ。

それが、あんたの検索から世界に入る意味だろうがよ。

メルクマニュアル:「医薬品の研究開発力で高い評価を得ているMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つ」です。

やばいはてぶのほうがアクセスよくて泣きそう

なんもしてへんのに!

もういっちゃってもいいですかね?
どす黒い記事はここに残して。

最近のウェブ広告が空気を読みすぎてキモイ件について。

黒執事のキャストドールが出るというニュース見てDOLKのページに飛んだらよくいく2ちゃんまとめサイトの広告が人形だらけになった。
別の日に彌刹ってのが好みだったから見たら美少年だらけになった。
さらに別の日にドール用のパンツ見たらパンツだらけになった。
今もまとめサイトの広告はパンツだらけだ。

最近のウェブ広告、空気読みすぎててキモイ。

(聞こえますか…謎肉祭りに参加する人々よ…私は今…あなたがたの心に…直接…呼びかけています…

謎肉祭りに…挑むときは…必ず…スプーンを…用意してください…さもなくば…謎肉を箸で摘まむ作業に…いつか疲れ果て何もかも投げ出してしまいたくなるてしまうでしょう…そうならないためにも…スプーンを……あとは…途中で味を変えることのできる…そう…ごま油や…梅干を…用意しておくのです…単調な味のスープには…じき飽きてしまい…それでも食べ進んでいるうちに…いつしかそれは苦行となり果ててしまいます…そのような悲劇を避けるためにも…好みに合いそうなちょい足しを…用意しておくのです…)

翻訳:
謎肉ヌードルは謎肉しか入ってないから食べながら謎肉をひたすら拾ってゆくのだが結構数がある上に味が濃く「謎肉を食べてるのに謎肉を放棄したい! 」という厄介な衝動にかられる。更に、レギュラーメニューとほぼほぼ同じスープでいつもより多い麺を食べるってのにも飽きがくる。カップラーメン食べてて紫蘇の実の醤油漬けがほしくなったのは初めてだ。


「25周年おめでとうSMAP! 」

もはや修復できないレベルにまで破綻して年内に離婚します宣言してる夫婦に向かって「銀婚式おめでとう! あなたたちは最高の夫婦だよ! 」って言ってるみたいでもやもやする。

うちのおとんのドアノブ交換の匠の技がすごい

円筒錠用の内径のこの穴に

S_4837024456610.jpg

このタイプのドアノブを設置可能にした匠の技とは!?

ドアノブ










これだ!

S_4837025184417.jpg

一週間でもげました。
匠マジすげぇ。


あの、下手にとりつくろわないで「部品が合わなかった」って言ってくれたほうがありがたかったんですけど…。

とりあえず自分で取り付けなおすために前のドアノブ返還依頼中。
それにしてもおとんのドアノブ交換作業の後帰ってきたらトイレの鍵壊れて閉まりっぱなしになってたし、鍵なしドアノブから鍵付きドアノブに交換してくれた結果がこのありさまだし、なんだろうドアノブの悪霊にでも取りつかれているのだろうか。

ありがとう個人ニュースサイト、ありがとうはてブコメント

希薄・雑駁な記事が増えたせいだろう。
テキストリンクの横にはてブカウンターがついてる記事については、まずはてブコメントを読んで
「当該記事を読む価値または意味」
を量るようになった。

ブログ含む最近のテキスト関連サイトのデザインの傾向が
インスタから引っ張ってきたアイキャッチ用のイメージ写真トップにどーん
箇条書き程度の内容を希釈して無理に段落に引き伸ばしダメ押しで無駄な目次ぼーん
段落ごとにやっぱりイメージ写真どーん

と、妙な間延び感を持つようになってきて、スクロールするのがめんどくさくなってきたからだ。

そうなると、はてブコメントの
今北産業機能
立ち位置偏向センサー機能
はてな互助会フィルター機能
業者乙機能
を頼りに、
自分にとって読む価値のある記事
を選択する作業が必要になってくる。

キュレーションメディアの台頭に伴い、ネットの情報密度は恐ろしく希薄になりつつある。

ツイッターまとめは、ツイートという「ともすれば霧消してしまうかもしれない情報のかけら」を有意味な形に再構築してくれるものとして非常にありがたい。

キュレーションメディアは真逆だ。

思いつきのトピックに係るキーワードを検索、上位記事の抜き書き数行と記事へのリンクを羅列したものを有意味な「記事」のように仕立てるだけである。

リンク先の内容の確からしさには、一切責任をもたないままで。

キュレーターよりもひどいのが、にわかライターの書いた「検索すらしていない、ツイッターレベルの個人的な思いつきを垂れ流した記事のようなもの」の増加である。
一記事いくらで引き受けるものなのか、先日SmartNews中の「ポケモンgoに行けない理由」(うろ覚え)などと題した記事を開けてみたら「週末になったら上野公園にポケモンgoやりにいきたかったのに嫁が暑いっていやがるからいけないはい残念! 」みたいな6行と借り物の写真一枚、小並感ですらまともと思わせる凄まじい低劣ぶりである。

こういうものがサーバーやらネットワークやらのリソースを食い散らかしているのかと思うと具合が悪くなってくる。

さて、ネット全体が膨張して情報密度が希薄になりつつある今、宛てになるのが古株の個人ニュースサイトである。
磨きぬいた慧眼と蒐集方法で目の肥えた情報乞食に良記事を定期的に供覧してくれるのだ。
以下、私が巡回対象としている個人ニュースサイトを紹介したい。

朝目新聞
更新頻度週二回。ジャンルについては手広すぎるので実際に確認して頂きたい。しかし量が膨大すぎて、おろへまへん・・・・・・! となること必定。個人ニュースサイト界の無限階段。はてブカウンターなし。なくてもセレクトとコメントが的確なので安心して読める。

Everything is gone
沖縄に行かない限り毎日更新。時事ネタ以外は、えのげ、小太郎、ガラパイア、2ちゃんスレまとめなどいくつかの巡回先から記事を拾ってきている模様。はてブカウンターがついているのではてブの諸機能を活用することができる。おまけとして柱に「はてぶほってんとり」「他サイトのRSS」「はてブ注目エントリ」があるのだが、ここにもはてブカウンターがついているので便利。

駄文にゅうす
トピック掘り下げ系個人ニュースサイト。こちらのサイトの異色な点は、ニュースサイトと言いながらトピックを理解するのに資する記事であればどんなに古い記事であろうが紹介するところだろう。更新頻度は4日に1度らしい。トピックは、IT、時事、同人、ヲタ、考察ネタなど手広い。はてブカウンタなど必要のない安定の濃密さがたまらん。

まなめはうす
日曜以外ほぼ更新。IT、ビジネス、ラブライブ。自分が知りたいネタを中心にはてぶ注目エントリと他の個人ニュースサイトからめぼしいのをピックアップしてる感。したがってはてブカウンタ装備、はてブの諸機能活用可能。

「ホンモノのキュレーションてのはこういうもんだぜ! 」ということを知らしめるためにも、個人ニュースサイト管理人さんたちの末永い活動を切に願うところである。

職場のちょっとダメな話

職場の先輩が、「うちでもとうとうWindows10入れましたよ」と言った。
NHKの視聴料を払わないような割と吝嗇節約家な人だったので、
「無償アップグレード期間終わりましたよね」と振ったら
「裏技があるんですよ」などという。
「なんです? 」と伺うと、
「障碍者向けの無償アップグレードってのがあってね…」

無償アップグレード期間が終わったとこでわざわざ障碍者向けの無償アップグレードするとかわけわからんかったという話。

農水省の「消費者の部屋」で開催してた「カレーのヒ・ミ・ツ」展行ってきた

そこでアンケートに答えてもらったレトルトカレー(特に名を秘す)晩御飯に食べたら嘔吐と下痢と腹痛でえらいことなってるんだけどどうしたらいいのこれ…?
炊き立てご飯と熱々になるまで温めたレトルトカレー、どっちが犯人なの…?
レトルトカレーのパック保健所とか持ってったらいいの…?
そろそろ眠剤服みたいんだけど下手に服んだら出そうでヤダ…。

というわけでトイレ行ってきますorz
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック