スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親は子どもの教育費に糸目をつけてはいけないなどという風潮があるがそんなわけあるか。

教育は商品だろうが。
安くていい商品と高くて悪い商品どっちが得だよ。
安くていい商品の方が得だろうが。
高くて悪い商品に金出すやつはバカだろうが。
なのになんで教育だけ例外規定なんだよ。
「教育費については、親は出せるだけ出してやるべきだ」ってそんなんどのバブル世代の理想論だよ。
大体お前ら団塊の世代が学業ほっぽらかって学生運動やったおかげで国立大学の補助金が減らされたんだろうが。
ちったぁ口に気を付けて物言えよ。

あとそこの金銭感覚のずれてる予備校生、そう、そこのうちの息子だよ。
「なんで奨学金とらなきゃいけないの」とかおまぬけな発言するんじゃねぇよ。
大学が設置してる給付型の奨学金取ったらな、それがそのまんまお前の小遣いになるんだよ。
いいか、お前はなんと勉強「するだけで」稼ぐことができるのだ。
もちろんバイトも大切だ。バイトは楽しいし商売感覚も付く。おまけに儲かる。
だが、バイトの他に奨学金をもらったらもっとお得だろうが。
いいか、入学前にきちっとその大学の給付型奨学金の制度を調べろ。
そして一年生のときにでがんばって良い成績を収めろ。
一年生の一般教養課程は比較的専門性が低くて「楽勝」科目もある、おまけに周りは合格したばっかで浮かれてるやつらが多いからうまくやれば抜け駆けしやすい。
一年の間にちっと小遣い貯めるつもりで、浮かれずに頑張って勉強して「給付型奨学金」を稼いじまえ。
そうすれば二年になって金がもらえる上に勉強が楽になる。
あと大学によってはサークルが新入生勧誘期間に一般教養課程の授業の難易度や教授の個性、試験の出題パターンを細かく分析した冊子を売り出してるからそれを必ず入手しろ。
もちろん公的に配布される授業の時間割から選ぶのもいい。
だが、教授本人が書いた紹介文と、学生が体感した内容は当然異なる。
行ってみればアマゾンの商品紹介文と評価のようなものだ。
お前がアマゾンで商品買うときに紹介文だけ見て買うか? そんなことはしないだろ?
どっちかっつーと評価の方読み込んで選ぶだろ?

金を出す以上、教育は商品だ。
よりいいものを選ぶために情報を集め、そしてそれを身に着けるために努力しろ。
それが、「自分でお金を出して買うわけじゃない」教育を受けるお前のすべき、たった一つの努力だ。

なお、入学前参考情報としては偏差値よりも東洋経済あたりがネットで公開してる大学ランキングシリーズがイメージしやすくて面白い。
さらに、ゼミを選ぶにあたっては教授の持ってる企業とのコネが重要だから十分に調査しろ。コネのある教授のゼミにその企業に行きたい学生が集まり、情報が集まり、すでに就職してる先輩との繋がりもできる。

夏休みも後半だ。そして受験に引き続く大学生活はもうすぐだ。
お母さんの出す教育費を、せいぜいしゃぶりつくしてくれ!
スポンサーサイト

上の子にされてる地味な嫌がらせ

飲み物に炭酸水を要求してくるくせに冷蔵庫に入れず蓋開けっ放し。
水道水飲んでろよ。

生きようと思ったとたんに第一子が死ね死ね団と化す

まぁ死ぬ死ぬ詐欺やってたから仕方ないんだけどね。

下の子がバイト代で母の日にカーネーションを!

カーネーションを! カーネーションを! カーネーションを!
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!

死ななくてよかったと初めて思った日。

そろそろ死ぬなという話

酔っぱらって料理してて左手親指爪先削いだのと
自転車で転んで右手薬指から小指の関節おろしたの下の子に見せたら
「おかあさん、しなないでね」といわれた。

ごめん、しぬかもしれん。

ヤングキングチェリーを数冊持ち歩いてたぐらいで

「エロマンガ先輩」というあだ名がつくのもどうかと思う。

子どもに毎日の洗い物お願いしてる。

「お母さんはお前の生活を頑張って支えるから、お前の時間を毎日少しだけ分けてくれないか? 」とお願いしたら引き受けてくれた。
すげーうれしー。

それは二択ではない

調理中手が滑って包丁で親指の先をざっくりやった。
割と血が出てビビったが調理は完了。
んで病院行ってみてもらったら先生しばらく

「どうしようかなー」

考え込んでおられる。

アルコールで患部を拭いた後、

「治療用テープ巻くか、
爪剥がして縫うかどっちかなんだけど
どうする?」

すみません二つ目の選択肢が
憲兵の拷問にしか聞こえないのですが。


いくじなしだからテープにしてもらいましたよ!
テープに!

んで指先の保護には指サックがたいへんよろしいのであったのであった。



JR新橋駅から銀座線新橋駅への人の流れの悪さを流体力学応用してなんとかしてくれよー

新橋、横須賀線のホームからそれは始まる。

横須賀線、地上に行こうとすれば、地の底にあるがごときエスカレーターを二本ほど乗り継がねばならない。
そのいずれも、
左側は粛々と運ばれる側
右側はひたぶるに歩いててっぺんを目指す側
となっている。
右側は当然流れが良い。
が、右側のふりをしておりながら、エスカレーター乗り口の直前になって「あらやだ私歩くつもりなんてなかったのよ」といわんばかりに左側に潜り込んでくる輩がおる。
そういうのを見ると、順番を守って、時には列を見てわざわざ後ろに並び直した人なぞのことを考えると、自分のことしか考えてねぇなぁと思っちまう。

改札。
自分は実は今だに磁気定期券だ。分割定期券はスイカでは利用できないのでこのような措置をとっているのだが、一方で昨今の改札はスイカ優遇である。便利なのは認めよう。問題は磁気定期券を利用できるのが限られた改札のみということだ。そういうところに、特に考えぬスイカ持ちがただわらわらとやってくる。おいおい、お前さんのスイカはあちらでもこちらでも使えるだろうよ、なぜここでしか抜けられない僕のところにより来るのだ?
といって、分割定期券は好みで選んで居るものだから、仕方がないのだが。

そしてあさ9時ごろの地獄の銀座線である。
いかように地獄かというと、まずホームにたどり着けない、階段上で待機、運良くホームにたどり着けたとしても1本は見送り、二本目で変な形になりながら吐き出されるのを待つ、という程のもの。

そのような、極めて日常的ながらよく考えれば非日常な通勤を強いられている私たちなのだが。

「ああ、ごめん、君がそういうタイプなら、ほかにどんなに魅力的な部分があってもアウトだわ」
という
地下鉄利用のマナー基準から見るタイプじゃない人々論
を確定させてみる。

1 なんとなく立ち止まっている
朝の銀座線の民族大移動はすごい。その中でぶつかられるのをものともせずひたすらスマホに集中している人がいる。しかもそのような状態を続けているにもかかわらずぶつかられると、にらむ、体当たりを返すなどの威嚇行動をする。
事情もあろうが流れの中の石になってはいけない。せめてそこの壁や柱を寄る辺にしないか?
2 急に立ち止まる
立ち止まったのはあんたなのにぶつかったこっちが謝らなくてはいけないのが理不尽。
3 改札前で定期券探しまくる。もちろん改札入り口を占有しての所業なので、ほかの人は一切使えない。
4 ダメだしされたスイカでリベンジ大好きっ子。腰は低いが成功率も低く、結局駅員さんのところにいくのはどうなのだ。
5 待ち合わせ団子。スゲー混んでる新橋銀座線の改札あたりでもホームでも車内でも団結団子になっている。団子はとにかく流れを阻み、あまつさえそれを突破しようとした人を殺意を感じさせるほど迷惑そうな顔で見たりするのはよろしくない。
そもそも君たちが迷惑になっているんだよ。
6 頑なマン。扉が開きました、降りましょうとなれば、混んでいる電車であるほど出口近くの乗車客は一旦降りるのが通例であると思っていた。しかし、頑なはいるものである。そこを動いたら自分が死ぬのか、あるいは何かの守護者なのかと思わせるほどに、めっちゃ人が降りようとしている電車の入り口付近で頑なにおのが立ち位置を死守しようとしている人は確かにいる。先日なぞ鉄砲水のごとく人が降りてゆく中電車乗り口の最上部と最下部に手足を固定し一人回転扉みたやうになっていた豪の者がいた。その根性は認めるしあるいは一門の人物なのかもしれんが傍から見ればただのバカである。
7 鈍い。ゆっくり歩かないと自分自身の優雅さは表現しきれないという信条をお持ちなのか、ベニス観光の途中でもあるようにゆっくりとした足運びを楽しんでおられる高そうなお召し物のご婦人。渋滞は一人のへたくそな運転手が引き起こすものだという雑理論があるが、地下鉄ではそれを目の当たりにできる。こういう人に限ってスマホなんて見ないわ下品だものオーラが出てるのがまた不愉快。こういう人の後ろに並んでしまうと不幸だ。乗れる電車に乗れなくなることがある。てかそんな優雅なご出自なら銀座線使わず運転手付きのハイヤーでも使って通勤しなはれハァー。

このような不測だらけの通勤、なんかもう日本人の辛抱も極まれりというところであるが、いやほんと、流体力学でちょちょっと柱の位置とか改札の配置とか階段の位置とか変えりゃだーいぶん改善されると思うんですがねぇ。毎日毎日降りる方のために縄張って声かける人を駆り出すよりも、もっとこう、抜本的な対策は望みえないのかい?

無理なんだろうなぁ。

【保育園問題】自分の子どもがお世話になった公立保育園では市販にない園指定サイズのお布団を用意するよう言われたもんだぜ

冷食使うなの弁当問題に事寄せて。

冷食使うなはどちらかというと衛生問題だと思うのだ。
現在、弁当用の冷食には
「自然解凍可」

「加熱必須」
の二種類があるのをご存知か。

自然解凍可は、凍ったまま弁当に入れることができる。
おそらく通常の冷食より衛生管理を厳しくしているのだろう。
だが厳しい分加熱必須よりちょい高く数も少ない。

加熱必須は、規定に従って電子レンジでの加熱が必要、さらにそのあと冷まさねばならない。
不測の事態だらけでただでさえ死ぬほど忙しい朝のお母さんにとって、このタイムロスは大きい。

「自然解凍可」
の冷食がでたことで、
「加熱必須でも弁当の隙間埋めに入れるくらいいいんじゃないかな? 保冷材の代わりになるし! 」
として使っちゃうお母さんが出たんでねぇかな、と邪推。

しかしながら、加熱必須を自然解凍すると、自然解凍可の冷食より水っぽくなったりしてよろしくない。
何より、厳密な衛生管理をしているであろう自然解凍可の冷食に引き比べ、やはり衛生的な問題が予見される。

斯様な理屈で、保育園幼稚園によっては冷食全面禁止の戒厳令を発せざるをえなくなったのではないか。

ソーセージ禁止は手厚いロハス系私立保育園幼稚園による取り決めじゃないかとは思うが。

ところで。

思い起こせば10年以上前のことだが。

うちの子どもがお世話になった保育園では、取り違えないよう、子どもの好きな柄の市販にない園指定サイズの上下オフトゥン(とそれを納められる同じ柄の肩掛け袋)を用意するよういわれたものだった。

オフトゥンなんて作れるわけがないだろう! 家庭科の授業のパジャマですら難航したというのに!


その説明を受け
(今私が出席している入園説明会から入園まで○週間ぐらいしかない! 一体全体どうすれば…)
と蒼白になりおそるおそる質問する保護者に向かってしたり顔で園長が言うことには
「ご安心ください! このあたりの和裁の得意なご高齢者様をご紹介できます! お子様のお好きな柄の布をこれこれこのような分量でご用意いただければ、たったの××円で製作をお願いできますよ! 中綿も買わなくて大丈夫、ご高齢者様の方で用意できます! 」

今思えば。

どう考えてもキックバックありあり或いは近所のご年配支援のために園が画策していた裏ビジネスサービスだったのだが、公立保育園に入れただけでラッキーマン状態の保護者には選択枝なぞなかった。

かくして私は子どもと一緒に青空に真っ白な雲がぷかぷか浮かんでいる綺麗な木綿の布を買いにゆき、最終的に当時一万円弱(強だったかもしらん、詳細忘却)あたりがふっとんだというのも、思えば良い思い出なのであった。
確かに市販よりは上等な作りだったからなぁ。
ベビー布団では小さいし、大人布団じゃあ取り回しできないのもわかるからなぁ。
確か粗相したら、あるいは一週間ごとに、持ち帰って干さなきゃいけなかったしなぁ。
でもきちんとクリーニングしたら園で使いまわすことも可能だったんじゃないかなぁ。

総論。

人生は大変だ。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。