スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の常識私のトリビア

車両最後部からホームに降りた。
そのあと車掌さんが降りてきたからなんとなく見てたら、先頭車両まで指さし安全確認した後、ホーム最後部に設置してある発車ベルボタンを押しておった。

すげぇぇぇ!
あれって車掌さんが鳴らしてんのな!


鉄の常識は私のトリビアだったという話。
スポンサーサイト

夕方になると流れてくるあのチャイムのひみつ

5時になると、「ゆうやけこやけでひがくれて」などの旋律のチャイムが流れる。
黄昏に沈む街の家の明かりや料理のにおいが懐かしくなるころだ。
自分はずっと「ゆうやけこやけ」の歌の締めが「カラスと一緒に帰りましょ」であることから、
このチャイムはいとけなき児童らに「早く帰らないと人攫いが来ますよ」と通告しているものだと思っていた。

んだが、違ったのである。

あれは、市町村防災行政無線の毎日の動作試験だったんだよ!

Ω ΩΩ< な、なんだってー!!

時報とか帰宅を促すチャイムという名目で使っちゃうと防災無線の目的外使用となってしまう可能性があるため、このような処置としているとか。

身近でなじんだつもりのものにも、いろいろな秘密が隠されているものなのだなぁ。

ソース


駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました!
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。