澤乃井 春ノ雪

その酒は、いかにも若くやさしかった。まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき、と瓶を愛しくなでてしまうほどに。
会員店限定商品と仰々しく銘打たれている澤乃井は純米吟醸春ノ雪ささにごり。無濾過生酒、緑の4合瓶に眞白き澱が沈んでいるという体だ。
やらぬうちからこの美味を確信した。1600円であがなえるであろう喜びの中で最上級を確信した。
だから立春朝搾りをずいぶん遅れてお迎えに行った際にこいつに一目ぼれして次回身請けの約束をしたんである。

結論から言おう。
きわめてまっすぐな、まるで春の草が雪を超えんとしてただひたすらに地上を目すような、伸び上がるような、ただの率直な育ち。
でも若いから微弱な発泡感がある。ほんのり甘くて、雪に負けぬように凛と冴えていて、それでいて大人をくすぐるような発泡感があって。余地なくいかにも若いのに穂先は薄紅を帯びているような、自覚せぬ艶の発露。
たとえばまだおさない天から降ってくる牡丹雪をたわむれに口で迎える遊びをしよう。それがこれだ。実際は埃くさかったりして興ざめになるのがおちだが、これはたぶん、やわらかな春の降り初めを君の妄想のままに再現してくれるだろう。
純米吟醸春ノ雪。蛇の目お猪口をほの白く濁らせて、口中でほろほろと溶けかけて、四季のめぐりを予感させてくれる丁寧に育てられた酒。

こういうことをやらかしてくれる澤乃井酒造、自分はほんとに惚れてます。
そして僕にこういうお酒との出会いを設けてくだる高崎屋本店さん、自分はほんとに感謝してます。

原材料名:米(国産)、米こうじ(国産)精米歩合:麹、掛け共55%
アルコール分 15度以上16度未満


スポンサーサイト

美味いというよりエロい酒 若戎酒造株式会社「2013 純米吟醸 神の穂 別囲い 生」

佳い酒が入っていそうだ、という漠たる勘を以て鎌倉は高崎屋本店に詣でたところ
若戎酒造株式会社に拠る神の穂という酒を勧められた。
何でも「本当なら流通しなかった筈の酒」であり
「うちにしか置いてありません」という。

うちにしか置いてありません、は本当だろう。
だが、「本当なら流通しなかった筈の酒」という触れ込みとそれそのものの美味さとは一体比例するものか。

心中薄く疑いながら、当然の如く連れ帰った。

1575円也。

口開けから驚愕した。

香りが恐ろしく艶っぽい。
甘いのだが、酸味旨みを奥深く湛えているのをひっそりと隠しているような、複合的且つ蟲惑的なる香り。

注ぐにあたってごくわずか手に付いたのをつい口に含んだところ、これまた素直に甘く、しかしながら緩やかなる五味満足の予感。

呑んでみた。

一口目。

香り立ちながら味わいは主張せず、「端正に涼やか且つ豊かな美しい甘口」という印象。

三口目あたりから。

空気に触れたせいか、
「なんだこいつ、気強いじゃん」
という主張が口中をめぐる。

高崎屋さんの言う
「本当なら流通しなかった筈の酒」
が、何を意味しているのか、どのようないきさつによるものなのか、自分のような素人には測りがたい。

だが、裏書きからも推察できるように、これが米の品種、育成から心砕いたものであるとすれば、
或いはこれは数倍の値で取引されるべきところを
試しに卸されていたのに運よくありついたのではないか。

そんな僥倖すら夢見うる酒であった。

kaminoho01.jpg

kaminoho02.jpg


五橋 純米生酒

五橋 純米生酒 720ml

五橋 純米生酒 720ml
価格:1,244円(税込、送料別)

帰山 与番 特別純米 ひやおろし

高崎や本店にて入手。

誕生日なのでー

新政(あらまさ)「佐藤卯兵衛(さとううへい)」大吟醸ひやおろし
呑んだったー

超うめー

http://www4.ocn.ne.jp/~awaya/aramasa.htm
このサイトの中程にあります。
一升瓶換算約800本限定らしいっす。おきょー。

『新政 六號』 初しぼり生原酒特別純米酒



すっげぇ旨い。
搾りたてなので炭酸がしゅわっと来るんですが
新しさ故に甘くうまく米って果実か? ぐらいな気持ちになる。
味わいは中程度の膨らみ、すっきりというほどまっすぐでない、ふくよかというほどでもない、
なんともいえない程良さ。
雑味みたいなのも微かにあるんだけどそれがバランスよくて旨みにしか転化してないよーな。
これもまた飲めば吉の酒だ!

美しい酒 真澄



こいつぁ美味い。

多くの人が「旨い日本酒」と聞いて想像するようなそんな味わい。

主張はない、そのくせ嫋。

冬山の泉のような素直さ、仄甘さ、雑味のなさ。

もしどこかで見かけたらぜひ飲んでいただきたい。

そんな酒である。

うまみとさんみとこくがある



これもまた旨い。
こういう酒に慣れると
安酒を飲めなくなるというのが大変な欠点。
春鹿ほど突き抜けていない、佳い加減で留まっているのだけれども
多分味の傾向はアレに近い
甘みとこくのある味だと思う。
うーまーいーよー。

目からウロコの旨い酒

誕生日なんでちょっと佳い酒を! とお願いしたら

を勧められた。

口開けの瞬間からわかる
圧倒されるような芳醇。

何これうめぇ。つかごゆい。
甘みとこくが振りきれんばかり。

幸せな誕生日をありがとう。

※誕生日は11月24日でした。

津波に耐えた奇跡の酒を頂く

こちらは逗子の三河屋さんで買ったもんなんですが。

彼の津波でもともと十三基あったうちの十基のタンクがながされ無事で残ったのがたった一基。
その残った一基を精製して作られたのがこの「奇跡の酒 復活」である。

いやー呑むことができようとは思わなんだわー。

otokoyama.jpg

味は上々。バランス取れてて美味いです。やや甘くて優しい酒だなー。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック