スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキッ! 軍モノだらけの横須賀散歩

ちょっと時間が空いたもんで、ふと横須賀いこーと思ったんですな。
で、横須賀線で先ずは横須賀駅までいってみました。
したらこの駅驚愕するほど何もないの。で、すぐ左手にもう海が見えてですね、軍艦が丸見え。

hyuuga.jpg
(ヴェルニー公園よりヘリコプター搭載護衛艦ひゅうが)

超わくわくですよ。

でとりあえずのところ海にひかれて左手の
ヴェルニー公園
方面に向かったらですね。
渡る手前に
レンタサイクル
の幟が。

横須賀駅ではスカチャリという
9:00~17:00まで乗り放題500円(+1000円保証金)
のレンタサイクルサービスをやっておったんですな。

そらぁ乗りますよ。速攻で乗りますよ。

とまぁ、衝動的に、あまりにも衝動的に、私の横須賀の旅は始まったのでありました。

さて、せっかくなので手続きしながらレンタサイクル受付のおじさまに
「どのへんが面白いでしょーかねー」
とお伺いしたところ、
「軍港めぐりの船がね、12時に戻ってくるからそれに乗るといいよ! 」
と勧めていただきまして、ヴェルニー公園をちくちく撮りながらダイエーショッパーズプラザ近くの乗船場所へ。

verny.jpg
ヴェルニー公園の洋風あずまや

ticket.jpg
横須賀軍港めぐり乗船場所。右手に浮桟橋、左手の黄色いバンが券売所。

ところが12時のは既に完売状態。
なんで散策の余裕見つつ2時の便のチケットを確保、とりあえず海軍バーガーでも食うかいとどぶ板方面に向かうことにしました。
因みに乗船券購入に当たってはレンタサイクルのチケットで割引を受けられます。1200円が1080円の1割引に! オトクネー。
更に軍港めぐりの券買うと横須賀ネイビーバーガーのガイドマップもらえまして、券見せると記載のお店で特典を受けられます。イモヅルオトクネー。

んですが難が一つ。

殊ショッパーズプラザ近くは自転車に優しくない作り。何しろ横須賀駅方面からショッパーズの向こうに行く道筋がよくわからん。車道沿いの歩道は歩道橋にぶった切られるし、公園からの道はショッパーズの駐車場にせき止められるし。
ショッパーズ越すにもどぶ板側に車道渡るにも、どうもどうやっても歩道橋を上らなきゃいかん仕組みのよう。
(レンタサイクル利用案内にも「この交差点では海側は路上を通行できません。自転車も歩道橋を昇降してくださいなんて書いてある有様)
なんで諦めて歩道橋上りましたけどねー。疲れるよねー。
住んでるひとどうなの? これでいいの?

ま。
それはともかくとして。

どぶ板側に行ってですね、とりあえず横須賀ハンバーガーショップの老舗&ネイビーバーガー事始めとされる
ハニービーでですね。
食べました。

ベーコンエッグバーガーを!

なんでやねん!

って前ネイビーバーガーは食べたことあったからなんですな。ハハハ。

baconeggburger.jpg

卵はがっつり両面焼き。デフォルトでは調味料かかってないんでチャップ、マスタード、マヨネーズはお好みで。パテは227g、出てきたときは「デカッ! 」とか思うんですが案外つるっと入ります。ベーコンエッグバーガー850円、ペプシ200円。

で、自転車できこきことどぶ板方面を散策します。流石米軍の町だけあって外国人遭遇率が半端ない。3割くらいは外国人。って、歩いてる人も結構少ないかも知んねーなーなんて思ったりして。道が広いからそう思うのかも知れんが。

で、ですね。
どぶ板通りの某所でですね。

あこがれの戦闘糧食をですね!

手に入れましたよ!

ration.jpg

某所と書いたのは一応横流し品であることを慮ってのことです。

こちらのページを参考に判定したところこれは2008年2月あたりに製造されたもの。
消費期限が3年くらいらしいので、なんとか食べられるでしょう。
なわけで、次の日に響かない金曜日にでも食べてみてですね、またレポートしたいと思いますので夜露死苦!
因みにMREのCHICKEN FAJITAとはこういうモノ。存外美味そうで楽しみだー!

あ、日曜日はどぶ板のお店あんま開いてないみたいです。でももうレーションだけで満足だー!
そのあたりの詳細気になる方はどぶ板通りの公式サイトへ!

さて、素敵なお土産も手に入れた私はもっぺん乗船場所へ向かいました。

ticket2.jpg

うむ、いい時間だ。
写真が目的ですからね。
「二階デッキ右手側船首」
という僕が考えるベストポジションに座るためには多少早めに行っておかねばね。

そうこうしてるうちに船が着きました。

seafriend.jpg

レッツ乗船!

というわけでここから先はドキッ! 軍艦だらけの横須賀港になります。

submarine.jpg
潜水艦3隻 向こうっ側にはもう1隻居たりしてもう潜水艦銀座

submarine2.jpg
近くば寄ってみた

submarine3.jpg
横から撮ってみた

スイマセンこっから先は軍艦同定してません。写真のみっす。

warship1.jpg

warship2.jpg

warship3.jpg

warship4.jpg

warship5.jpg

warship6.jpg

warship8.jpg

warship7.jpg

yokosukaport.jpg

さてこちらの素敵軍港めぐり、もーイージス艦潜水艦見放題、今日はちょっと練習行ってて会えなかったんですが運が良ければ停泊中の全長333メートルの空母ジョージ・ワシントン君にも会えるよ! というこの上ない素敵クルーズだったんですが、更に特筆すべきは
案内人の方々による生放送での案内。

これがまた面白い。
こういう場所だから蘊蓄塗れになるのは当然なんですが、お笑いポイントを取り交ぜてのタイミングの良いトークは必聴です!
面白くてためになる!
おまけにみなさん礼儀正しく愛想良くしかも容貌と体格に優れている!
そらぁ人気が出るのもよくわかりますよハハハ!

というわけでですね。
私の
第一回 ドキッ! 軍モノだらけの横須賀散歩
は成功裏に終わったわけであります。

が。

停泊する軍艦の種類はちまちま代わるようですし、
次回は魚藍亭行って
海軍割烹術参考書
通りのカレーを食してみたいし
自転車だとアクセス楽なのでもう少し足延ばしてみたいっつーこともあるので
何度も通うことになりそうです。

いやー楽しいとこだわ横須賀!
皆様もぜひお越し下さりませ!

あ。
あとですね。

横須賀市は非常に観光に力入れてるよーで
多分下手なガイドブックよりも駅や各施設で配布してるパンフが誠実な内容で必要十分条件を満たしておると思います。
ので、横須賀駅に降り立ったならば
以下のパンフレットを遠慮会釈なくゲットして
先ずそれとにらめっこすることから始めてください。
そして利用する店舗で配布される連動型特典案内パンフについても熟読のこと。
いやーすごいです横須賀市。
がんばってますねぇ!

駅配布のオススメパンフリスト
○横須賀歴史散歩 中世~近世編 幕末~近代編 軍港の時代~現代編
→三部仕立てになっていることからもわかる意欲作。とにかく地図が見やすい。名所についても要を得た説明がなされている上に写真も豊富。横須賀をもっと知りたいと思わせてくれる優れたパンフレットである。
○観光ボランティアが足で調べた三浦半島きままに散歩マップ付
→横須賀歴史散歩よりコンパクト。先にこちらで概要を把握してから歴史散歩に進むとよいかも知らん。横須賀ネイビーバーガー認定店リストがよろしい。
○よこすか海軍カレーGUIDE MAP
→「カレーの街よこすか事業者部会」の認定を受けたよこすか海軍カレー提供店、レトルトカレー、カレーパン、オリジナル商品(先にあげた三種に属さないカレー関連の商品及びその販売店舗)が網羅されているこれまた力の入ったパンフレット。地図がまた見やすい。でもインドレストランは流石によこすか海軍カレーとは関係ないだろなんて思っちゃうけどカレー仲間で掲載しちゃう心の広さが素敵だ。

○軍港めぐり切符販売所で連動サービス紹介のために配布されているヨコスカネイビーバーガーとヨコスカネイビーバーガーのガイドマップも秀逸。写真が奇麗、信号を目安にした地図もわかりやすい。だが特筆すべきは商品の特徴、店舗案内、価格(無料パンフだと結構載ってなかったりする)に加えパテの重量が明記してある点。いや基本ハーフかクォーターポンドかと思ったらそうじゃない店もあるんですな。
○同じく軍港めぐり切符販売所で配布してるオリジナルグッズカタログも良いです。つか販売所にこれと同じ説明表示するともっと売れると思うよ! ぜひやってくれ!
因みに購入したのはYOKOSUKA軍港めぐりラムネ

次点
○わいわいよこすかガイド
→上記以外の情報がほしければこちらとゆー感じのガイド。工場リストと宿泊所リストはためになるかもしらん。

ヲタ向け
○たまゆらの素敵な食べ歩き! よこすかグルメスタンプラリーマップ
→がんばれ。

もう少しです
○横須賀レンタサイクル利用案内&MAP
自転車向けの地図にしちゃ大味にすぎる気がする。
わかりづらいところには拡大地図を付けてほしい。ショッパーズ周辺とかややこしいわ!
表示についても、信号を目安にするとかの工夫がほしい。
説明文のポイントを下げて詰めて紙面半分に圧縮、空いたところに割引サービスのある施設とサービス内容をリスト化してほしい。あと地図と連動した番号つけてくれ。
体力に自信のある人向けコース、そうでない人向けコース、短時間コース、フルタイムコースとかモデルコースをいくつか構築して必要時間の目安と一緒に紹介するといいと思うよ! 帰れなくなるの不安だからね!

では皆様、楽しい横須賀観光を!
スポンサーサイト

職場近くに平将門の首塚があるので詣でて来た。

大手町はフジサンケイビルの左の角を曲がり、皇居に向かう道の右手、見上げるようなビル群の間に取り残された静謐な空間。
先んじて詣でた職場の同僚の
「不思議なんですよ、朝九時くらいなのに、サラリーマンの人が何人も来てお参りしていくんです。
お花も新しいのが供えてあったし…。」
という話に痛く刺激され、そういやぁ勤めはじめのころから近所にあることを知って一度訪ねようと思っていたのに訪ねておらなんだ、と立ち寄ることにした。

自分が詣でた折も異様な光景があった。

立て札なぞを見回っているうちになかなかに立派な黒塗りが敷地の前に駐まった。
だが誰も降りて来ない。
迎車か何かかと思いながら気が済むまで見物し、境内を出たのに合わせるように二人の男性が降りて来た。
そのまま首塚に向かい熱心に拝んでいる。

(あれはどうしたって自分が立ち去るのを待っていた様子)

仄かな違和感を覚えながら少し歩き、ふと別件の疑念に押され立ち戻った。

首塚の周りにどうも蛙の置物ばかりあったようで、それを急に確かめたくなったのである。

件の二人連れは丁度お参りを終えたところのようで、今度は私のことなぞ気にせぬ様子、車に乗り込みそのまま何処かへと走り去っていった。

私は再び首塚を見物した。鳴る程花は新しい。少なくとも三日以内に活けられたものと見える。香炉に供えられた一把の線香から煙がゆるゆると立ち上っている。賽銭箱の上にストラップから取り外したような極小さな合成樹脂の蛙が一つ。その右手にはやはり小さな焼き物の蛙、首塚をぐるりと取り巻くように大小の信楽の蛙がいくつか据えられている。

さて将門については若い頃少しばかり読んだことはあるが蛙とのゆかりはとんと記憶にない。調べねばと思いながら再び境内を後にした。

職場に戻り、「将門の首塚」で検索したところ、二つの謎はじき合一し氷解した。

将門の首級は京都で曝されたがこの地に飛んで帰ってきた。その帰ってきた首級の落ちたのがこの首塚の辺りである。
元居た地に帰ってきたということで、左遷された会社員が元の会社に無事帰れるように祈願する、首塚とはそういうところであり、また蛙の置物は「帰る」にかけた供え物であるとのことよ。

洋行前に此の二冊! ナショジオトラベラーによる俄語学学習法のススメ

此度ハワイに行くに当たって英語を少しは勉強しようと思ったのだがどうにもヤル気が出ない。
そこでナショジオのトラベラーの原本と邦訳とを取り寄せ引き比べて読むことにした。
これが頗る良い。
何しろ訪ねる先は英語圏なのだから各名所の英語による描出表現を知っておくに如くはない。
勿論殊科学・地学・史学方面の精緻さと文章の堅牢さは他の及ぶところにあらず。
また近々訪ねるという必要に迫られての読書なので頓挫のおそれも少ない。
もし諸兄に洋行の予定があり、且つ旅行先地域のナショジオのトラベラーが出版されていたならば、この対訳式俄語学学習法を心より推奨する次第。

ハワイで実弾撃ってきた。

ハワイはホノルルで実弾射撃を体験してまいりました。
DFSギャラリア・ワイキキ(免税品売ってる高級なショッピングセンター、ここらで借りれるトイレここしかないので必ず覚えておくこと)の前辺りで三つのガンクラブ
Waikiki Gun Club
waikikigunclub1.jpg
waikikigunclub3.jpg

HAWAII GUN CLUB
hwaiigunclub1.jpg
hwaiigunclub2.jpg

S.W.A.T.GUNCLUB
swatgunclub1.jpg
swatgunclub3.jpg

がビラ配りやってまして、そのうちの
S.W.A.T.GUNCLUB
のにーちゃんが日本語タンノーで良かったのでそちらに行こうと思ってたんですが
単純な誤認で間違って
HAWAII GUN CLUB
に行ってしまいまして。

値段的にはチラシ見ていただいてもわかるとおり
ルガーライフル
リボルバー
ベレッタ
グロック
マグナム
が撃てて70ドルだったんで、問題なかったんですが。

まぁ初めてのことなので色々ありましたや。色々。

というわけでハワイ実弾射撃体験記です。

事前に貰ったチラシで価格比較、先も述べたように
S.W.A.T.
にゆこうと思っていたんですが
チラシに記載されていた「ハワイのガンクラブで唯一の日本人オーナー」
に惑わされて間違って
HAWAII GUN CLUB
のおっちゃんに声をかけてしまいました。

最初にチラシくれて親切にしてくれたパツキン兄ちゃんが休憩中でわかんなかったんですな('A`)

で、ものすごい片言の日本語のおっちゃんに連れられてカラカウアアベニューにあるHAWAII GUN CLUBへ。

gunclub1.jpg

で、階段を上がってゆくとそこでおっちゃんとはお別れ。
二階ではこんな展示が射撃気分を盛り上げてくれます。
gunclub2.jpg

ここで受付嬢に希望のコースを告げ支払いをします。
で最初に
びんらでぃん
の的(6ドル)をめちゃめちゃ勧められたんですけども、
いやですよそんなの。いろんな意味で。

で、一番フツーのにしました。5ドルね。

その後自分筋力とか貧弱なんですけど大丈夫でしょうか、と確認、大丈夫だと思いますよ、とお姉さんに言われCコースに。まぁ商売ですからね。
事故にあっても訴訟しないよ! という紙に署名、支払いを行って支払い済みの紙を貰って射撃場手前の待合に向かいます。
gunclub3.jpg

そこでロス疑惑の某三浦さんに酷似しているインストラクターのおじさまに消音イヤホンと説明の紙を渡されます。
gunclub4.jpg

でシングルアクションの銃の撃ち方のみ簡単に実習して、いきなり射撃場へ。
gunclub5.jpg

gunclub6.jpg

gunclub7.jpg

最初に射つのが
22口径ルガーライフル 30発。

これが
確かに的には当てやすいんですが
重い。めちゃめちゃ重い。
もう保持してるだけでふるふる手が震えてくるの。
10発くらいで「もう無理」って気分に。
10発打ち終わると某三浦がマガジン交換してくれるんですが
もうほんとに
「あ、まだおわんないんですか」
って感じに。

その時点で心が半ば折れかけていたんですが
次にいわゆる拳銃を打ちまして。

これ。

めちゃめちゃ怖いんですよ。

手伸ばしたくらいの距離ででかいかんしゃく玉鳴らすようなもんですからね。
目開けてらんないの。ほんと。
どーしても。
反動がすごいとかよくゆわれますけど、マグナムでも反動はそんなに厳しくなかった。
つよりライフル30発で筋肉が既に参っててよくわかんなかったってのはあると思うんですが。
それより
目の前でちっけぇ爆弾を爆発させなきゃいかん!
そこから逃げられない! つか自分が撃ってるっつの!
という事実の前になすすべもなく。

とりあえず
9mmベレッタ
38口径S&Wリボルバー
45口径グロック21
44マグナム
一通り撃ってまいりましたが
そらまぁマグナムは重たいなぁとか、ごっついなぁとか、ベレッタは扱いやすいような気がするなぁとか、そういう気はしました。
でも一番狙いやすかったライフルが何しろ重いし、撃ったときにどーしても目開けてらんないんで他のは当たったんだかどーだかもわかんないし、いやもうホントおっかないですよ。
とにかく筋力ないとダメですね。あとは肝っ玉。あんな重いもんを素早く取り出して照準合わせて射つなんてね、相当慣れないと無理ですよ。
すげー勉強になりました。

で、色々あったっつー話なんですが。

とにかく全て終えまして、某三浦に御礼申し上げまして、
なんとなく買い物とかしたりしながらDFSの前通ったらですね。
パツキン兄ちゃんがおるんですよ。
んで、「やってきちゃいました」って貰った的を見せたら
「どこで! 」
と。
でよく見たらにーちゃんが持ってるチラシ、行ったとこと違うんですな。

にーちゃんのとこは
*チップいらない(行ったとこは「お気持ちで」とゆー日本的な箱があり結局10ドル入れた)
*的タダ
らしく。
にーちゃんが
「みなさーんハワイガンクラブには気をつけてくださいねー」
と周りに声をかけ、俄サクラみたいな立ち位置になって苦笑したんですが。

そういやぁ某三浦、薬莢よけのメガネも貸してくんなくてちょっと
オイオイ大丈夫かよ
とか思っちゃったよーな気も(´・ω・`)

とはいえ、日本では絶対にできない! という意味で非常に面白い体験でした。
あとなんかビビりすぎて悔しかったので(某三浦も多分私に見込みがなさすぎる余り不親切だった)、
次回はパツキンにーちゃんのとこでリベンジしようと思います。
いつになるかはわかりませんが('∀`)

因みに成績。
gunclub000.jpg
かすりもせなんだのが一杯。だって52発撃ってこれだもの(´・ω・`)


あまだんさま、記事の紹介ありがとうございました。

クラブツーリズムの新企画化石発掘体験ツアーの件について

クラブツーリズムバスツアーで初めて(多分)化石発掘体験ツアーが企画された。
上野・新宿・練馬区役所発 神流恐竜センターで化石展示と化石発掘体験 上野村・不二洞

ところがこちらどうも不人気らしく
企画したはいいが裁定催行人数の25名が集まらず初手から催行なし、
企画そのものが立ち消え
になる恐れがあるらしい。

なんでこんなこと知ってるかと言うと

申込んだからですorz

4月の25日、29日、30日、5月8日、9日に催行のツアーでですね。
本日の時点で
それぞれ申し込み人数が5・6人しかいないらしいんですよ!

いいじゃないですか化石掘り!
ロマンじゃないですか化石掘り!

しかもこちら、
神流町恐竜センターで見学+化石掘り
上野村スカイブリッジとゆー超高い歩行用吊り橋でお散歩
不二洞という関東一の鍾乳洞を探検

更にお弁当が付いて、
たったの6980円のお買い得価格!

(マー! )

とゆーわけでですね。

化石好きのお子さんをお持ちの皆さん、チャンスですぜ!
折角芽生えた化石掘りツアーの火を消さないためにも
一つ参加してみませんか?

申し込みはウェブか最寄の旅行会社でね!

三崎の朝市に電車で行くときのためのいくつかのTips

・京浜急行で出している三浦半島1DAYPASSを活用しよう! 指定区間内ならバスも電車も乗り放題、一々切符買ったり小銭用意したりしなくてよいので楽だ! 更に施設ごとの割引もあるので予め確認しておこう! 油壺マリンパークはなんと40%引き、大人1700円が1020円になるぞ!
・三崎口からのバスは十分に一本以上出ているので過剰な待ち時間を心配する必要はない! 乗るバスがわからなかったら早めに駅の人に聞こう!
・午前5時から9時まで開催の朝市のサイトはここだ! 開催日を確認しておこう! イベント情報もあるぞ!
・朝市のお店には保冷剤を用意していないところもあるので保冷剤と保冷バッグを用意していこう!
・市場にはマニアックな部位が一杯あって楽しいが無難なお勧めは尾の身(ステーキ用)と頬肉(同じくステーキ用)と解凍に手間がいらないねぎとろだ。さくは解凍手順が難しくて既に挫折しそうだ! マニアックな部位については朝市にお店も出してる三崎港まぐろ専門店 シーユニオンで勉強していくといいぞ! 因みに冷凍でも味が持つのは二週間! 余り欲を張るとマグロウィークになるからほどほどにね!
・割安感がないとの意見もあるが、朝ごはんは三崎の卸売市場二階にあるマグロ屋食堂で頂き大いに満足した。1150円で味噌汁小鉢二品付きのねぎとろ丼をオススメしたい。こちら所謂市場飯気分を味わえるところ、大きな窓があってそこから富士山が見えるところ、二階通路から一階の市場が見える(市場見学者向け「図解魚市場」(PDF))ところが楽しい! 自分たちが行った時には魚の仕分けをやっており飽きずに見てしまった! 朝市に行く日に市場が開かれているかについては念のため休場日一覧で確認してくれ!

itiba.jpg
市場近海魚仕分けの図

・近くにあるうらりには200円のコインロッカーがあって便利だ! 
・うらりから発着している水中観光船にじいろさかな号は城ケ島周辺近くのお魚ポイントまで遊覧し
ウミタナゴ
クサフグ
メジナ
他をガラス張りの船底から鑑賞できたりお魚餌付け体験ができたりして子ども連れにオススメだ! 更に1DAYPASSを見せれば大人200円引き1000円、子どもは600円が400円になってお得だ! あとお魚はどの席からでもよく見えるので気張って席取りしなくてもいいぞ! 一応出航時間については上記サイトで確認しておいてくれ! なお季節は水の濁らない冬場がオススメだそうだが水温が低いせいで魚の動きが鈍いらしい! いつがベストシーズンなのか三回目の乗船でも結局わからなかったぞ!
・うらりでは自転車レンタルもやっているぞ! 三時間たったの500円で三浦半島を散策できてオススメだ! 確認したところお子様用として24インチも3台用意しているそうだ! 気が利いてるぞうらり!だが三時間もサイクリングした後まぐろが無事かまでは保証できんぞ!
・うらりのお土産一押しはこれだ!ika.jpg
一つ300円からかわはぎなどマニアックな魚介ストラップが売っていたのだが中でも出色の出来だったのがこの400円の
マルイカ
スルメイカ
アオリイカ
のストラップだった! 透明感も色素胞も素晴らしい上にポーズが作りこんであって妙にかわいいぞ! なお売り子のおにーさんによればまぐろ寿司のストラップがなかなか売れなくて困っているそうだ! がんばれおにーさん! 他にもこのストラップコーナーにはイカルアーキーホルダーなど面白小物が満載だったぞ! 是非覗いてみてくれ! ただし店名は忘れた!
・青果コーナーでは旬の果物をその場で絞ってくれるジュースが面白かった! 子どもはスイカ(200円)、私はメロン(300円)を頼んでみたがなかなか美味かったぞ! ざくざく果物を切って圧搾式のジューサーにかけてくれるというのが田舎の親戚のうちにいったみたいで楽しかったぞ! オススメだ!

では皆さん、三崎朝市を楽しんできてくれたまえ! 
なお、鮮度の保持についてはくれぐれも自己責任で頼むぞ!

おまけ
maguro.jpg
つくりもんかと思ったらほんものだったぜ! かぶと。紐がついてて持ち運びも楽だ。

富士サファリパークにバスツアーで行ってきたよ!

過日バスツアーでサファリパークに行ってきました。
これが
新宿駅バスターミナル

サファリパーク

甲斐リゾートホテルにて一泊

大泉のパイの家

清里高原

野辺山のドライブイン菊本にてランチ

明野にて26万本のヒマワリ鑑賞

山梨一古園にてブドウ狩り

勝沼ワイナリー見学
という超盛り沢山のツアーで、総論としては至極満足であったのですが、肝心のサファリパークについてはやはり自家用車でゆくほうが楽しめる喃という結論が出たのでそのあたりご報告がてら書いてみます。

先ずサファリパークへのアクセス方法としてバスツアーを選んだのは、単純に足がないからでした。
渋滞が見込まれる時期のことです、実家の父母に頼み込んで駆り出すには無理がありすぎます。
電車なども調べてみましたがアクセスがよろしくない。
ならば人生初のバスツアーというのもよいのではないかと思い立ち、旅行会社に聞いてみました。
日帰りならわりとあるのですが、宿泊つきだと上記で紹介したコースの一件しかありません。
選択の余地がないというのも楽っちゃあ楽です。
日程調整をして予約、支払いを済ませ、出発日を待ちました。

因みに上記ツアー、全てコミコミで
大人19980円
子ども9990円
というふざけた値段です。

出発日。
新宿駅西口からバスターミナルまでは結構歩きます。
子どもの用足し問題などもあるので、30分は見ておいたほうがよいでしょう。
ただ席の配置はツアーディレクター(今はコンダクターとはいわんようですな)が既に決めてくださってますので
一番乗りィィィィィ! などと気合を入れても特によいことはありません。
あとバスターミナルは、排気熱の関係でしょうか、暑いというより熱いです。
扇子など持参なさるとよろしいかと存じます。
あ、あとバスがベンツさまでちょっと嬉しかったです。
bus.jpg

8:50新宿発、着が未定ということで、
事前に車内で食べる松花堂弁当の予約がありました。
が、ウチは新宿駅でポケモン弁当他の駅弁を購入しておりました。
十二時くらいに食べ始めればよかろうと思っておりましたが、
想定していたよりも道が空いており、12:05にサファリパーク到着。
もうすぐサファリパークに到着するよ! の案内があった後に
ちょっと慌てて食べ始めることになりました。
サファリパークの中にも飲食の施設があるのですが、
バスツアー客用に
一旦トイレ停車したところに
おむすびのパック弁当がありまして
そちらを購入なさっているお客さまもおられました。

なおこの行きのバスの間に
翌日のドライブイン菊本での陶板焼き定食他昼食申し込み
廉価でのお土産申し込み
などがあります。
ドライブインには他にもメニューがありますが
陶板焼きというのはバスツアー参加者用らしいので
とりあえず申し込んでみました。1000円。

で、バスツアーの人はツアー用のバスのままサファリ内に進みます。
このツアー用のバスというのがポイント。
自家用車は普通に車高が低いので
ライオンとマジでご対面
が楽しめますが、バスだとどうしても見下ろす形になってしまいます。
また餌で動物を呼びよせる
動物型のジャングルバス
なるものもこちらのウリなのですが
バスツアーの人は当然それには乗れません。
(そもそもジャングルバスチケットの確保がかなり厳しいようです)
なわけでしずしずとバスで護送されるだけです。
前の車はキリンに屋根を激しくなめられたりしていて
なかなか面白い見ものではありました。

一通り見物が終わると
あとは自由時間になります。
で、こちらの施設にはサファリーパークの外周を歩いて回る
ウォーキングサファリというコースが設けられているのですが
こちらは所要時間が二時間、
バスツアー滞在時間は三時間、既に車内からの鑑賞で1時間消費
というわけでウォーキングサファリは物理的に参加できないことになります。
またライオンの赤ちゃんと記念撮影! も
チケットの指定時間の関係で物理的に無理です。
この辺り含めましても、お好きな方はやはり自家用車でゆくことをお勧めします。
あと
ただ周辺にも
ポニーとかカンガルーとかいろいろいてはりますし
入場料500円で猫の館でもふり放題もありましたので
しっかり楽しんで来ました。

量産型っぽく草を食べる白カンガルーにも感心した!
garoosito.jpg

赤カンガルーのお腹ポケットからなんか出てた! 多分授乳中。超狭そうだ。
garoobaby.jpg

で、時間になりますと再び乗り込み次はそのまま宿へと向かいます。この間何度も
トイレは外で済ませておくように、バス内のトイレは緊急時にのみお使いください
とのアナウンスが。
一応トイレ付のバスなのですが、みなよくいうことを守り、ツアー終了まで使う人はおりませんでした。

宿の甲斐リゾートホテル、何時着であったかよく覚えていないのですが、おそらく4:30頃だったのではないかと。
のどかな果樹園・住宅地にある前庭の美しい静かなホテルという印象でした。
事前に団体客入浴がらみの口コミを調べておった私は、荷物を置いてすぐにフロントさんに
いつごろ入浴するのがよいか
について聞いてみました。
じき別のツアーの方が到着すること、六時くらいには某国のツアーの方が到着すること、そのあたりを鑑みると
「今がよろしいのではないでしょうか」
あ、今すぐですかそうですか。
夜更けとかはどうでしょう。
「某国の方と一緒になると色々大変ですから、やはり今がよろしいかと思われます」
……余程苦労しておられるようなので、勧められる通りすぐに入ることにしました。
何にせよツアーを受け入れる温泉宿においては、ゆっくり入浴できる時間をフロントで確認しておくのは一つのTipsであると思われます。
で、風呂を出て、再びフロントに、次の日の朝に荷物をこちらから送りたいこと、フロントに置いてあった作りたての信玄餅とやらを買いたいことを申し入れましたところ、
すぐ近くに信玄餅のききょうやさんの工場があり直販をやっている
との情報を頂きました。そちらには限定ものもあるとのこと。6時まで開いているので是非そちらに、と。
で、工場までの地図も頂きました。
なんかもうこうなるとドラクエ気分です。町の人から色々な情報をゲットして次に進みます! みたいな。
というわけでさっそく工場へ。
こちら実は廉価販売の店舗もあるらしいんですが、そちらは10:00~5:00、超人気でとても気安く買える状態ではないらしい。こちらもフロントさんからの豆知識。
で、信玄餅の総本山に乗り込んだんですが、いや、さすがに偉い商品数です。
その中で限定であるとの
吟造り信玄餅
とやらを購入、発送しました。
singenmoti.jpg
お味は、といえば、まぁあれですからね、もともと信玄餅自体がかなり好きな味ですからね。
素材にこだわった感じがあるんじゃないでしょーか(実は違いがよくわからなかった)。


なんかこうもうちょっとアピールしたら行けそうな感じの
ペットボトル飲料がありました。
tea.jpg

あと、散策中に見た看板。
china_20090821232217.jpg


ご飯は六時から。おもてなしの心がありましたが特筆すべき点はないため割愛。

そのあと暗くなってから
一家族に一つプレゼント
の花火をやりにフロントにて着火マンをお借りし前庭へ。
やり足りないことを見越して二つばかり地味なのを買っていったのですが
別家族は更にグレートなのをやってました。
うーむ、読みが足りなかったぜ。
でも綺麗なの見せてもらってよかったなぁ。

朝食も取り立てていうこともないので割愛。よくある和洋折衷バイキングです。

無事荷物を発送、宿の方々に送っていただきバスに乗り込み、改めて盛りだくさんコースに出発です。
9:00発、先ずはパイの家に9:50着。
こちらではアップルパイの試食とリンゴジュースの試飲があります。
買い物を済ませ10:00発、10:16清里着。
恐ろしく涼しい中ソフトクリーム引換券を頂き並んでソフトクリームをゲット。
非常に有名なソフトクリーム、やはりなかなかうまいものでした。
型どおりにジャムなど購入してみます。
発忘却、11:20に菊本ドライブイン着。
食事は特記事項なし。
ご当地もののぷっちょなどをばらして詰め合わせたものが630円で売られていました。これは嬉しい。
12:00発、12:44明野のヒマワリ畑に到着。これがなかなかよろしい。
himawari.jpg

himawari2.jpg
雄大です。
13:20発、14:04ブドウの一古園に到着。デラウェアをとってくう! という高野先生厳禁なイベント。
狩れない品種も量り売りしてくれます。ベニバラードという2005年に確定したばかりという新しい品種を二房、約1500円分買ってきました。
種はありますが皮ごといけてなかなかうまいものでした。
14:40発、14:43勝沼シャトー着。
もやしもんワールドを見学。
ワインを試飲し、お約束で工場直販ワインを購入。おまけにワインのミニボトルも頂きました。子どもたちにはぶどうゼリー。
15:15発、帰りもスムーズで新宿には17:30頃に到着。
湘南新宿ラインで無事帰路に着きました。

総論としてバスツアーは大変楽でさらにコスパは異常です。
自分ではなかなか行かないようなトコにも連れてってくれますからね。
やたらおまけつきますしね。
三人で予約したら席は一列だったので一つ空きを確保できて楽でしたしね。
ただ、全てにおいて時間が限られていますので
ガッツリ楽しみたいなら色々事前に調べて攻略法を考えておくことも必要です。
施設についても宿についてもネットで直近情報をチェックし
さらにフロントさんを活用しましょう。
フロントさんは、その宿のプロですから
なんでも親切に教えてくれます。
工場の件はほんと感動しました。
あとツアーディレクターのお姉さんが親切でかわいいメガネっ子だったのが個人的にはツボでした。

バスツアー、めちゃめちゃ安上がりの緩い気晴らしとしては多分特等でしょう。
ちょい旅に出たくなったら、また何か探してみようと思っております。

山梨の観光ホテルとチャイナさんとの仁義なき戦い

ホテル近くの果樹園に必ず立っていた看板。


china_20090821232217.jpg

高野山の旅を楽しくするための30のTips

どこにニーズがあるんやと思いつつ備忘的に。

支度編
*標高が高いので平地の装備に一枚足す感じで用意しておくとよろしい。雨具については山でも良心価格で準備できるし傘だけなら宿坊で貸していただける。

アクセス編
*特に込んでいる時期でなければ南海電鉄で無理に特急に乗る必要はない。特急料金も予約も必要ない急行以下で十分だったりする。始点から終点だからなぁ。窓口でケーブル含め買うとよい。

*南海鉄道とケーブル、ケーブルとバスの接続は完璧。つまり行きは南海鉄道の出発時間で、帰りはバスの出発時間で到着時刻が決まるということである。

*南海鉄道難波駅改札入って右手のトイレは古いが左手のトイレは新しい。左手にゆくべし。

*矢鱈551の肉まんの出店がある。105円のミックス味のアイスキャンディーは大変美味しい。缶詰のミカンといちごがまるっと入った練乳味。関西人はずるいと思った。

*傾斜に合わせスイス鉄道並に斜めになってるケーブルカーは擦れ違いが楽しい。往復共一番下に陣取って見物するとよろしい。あと行きは右手、帰りは左手の眺めがよい。

*予約で取れる切符は極楽橋までしかない。ケーブル終点の高野山ではきちんと切符を見せ落ち着いて清算すべし。

*大門行きのバスは大変少ない。フツーに千住院橋からめぐるがよろしい。

観光編
*できるだけ早いうちに高野山ガイドブックを手に入れておくとよろしい。たった300円で故事マンサイの超お役立ち小冊子である。自分は刈萱堂で入手した。

guide.jpg

*やたら無料の茶の振る舞いがあるのでよほどの水のみでない限り飲料の用意は不要。

*チェックイン前チェックアウト後関わらず宿坊では荷物を預かってくれる。心配なら予約時に尋ねておくとよろしい。

*絶対に押さえておくべきは
奥の院
霊宝館
金剛峯寺
である。
なお、大師教会での受戒、金剛峯寺・霊宝館・大塔・金堂・徳川家霊台拝観がセットになった割り得な諸堂共通内拝券1500円が大変便利である。

*奥の院手前の熊谷寺では無料のお茶のふるまいがある。遠慮せず馳走になり、賽銭惜しむべからず。なおこちらの人の世曼荼羅は禍々しくしかも俗で大変面白いと思ったら複製であった。でも面白いよ!

kumagaiji.jpg

*奥の院入り口にはトイレがあるが男女共同且つ穴ぽこ式。奥の院の廟近くまでたどり着くと新しいトイレがあるので妙齢女子にはそちらをオススメする。

*奥の院は延々と素晴らしい樹林と圧倒されるほどにでかい五輪塔の間をぬけ川を越え辿りつくお大師様の御廟である。起伏も大したことないのでさくさく歩ける。有名武将の墓所満載、先の高野山ガイドブックを参考にみっちり回りたいものである。

*奥の院の奥の奥にはお休みどころがありお茶及び八葉の水などをいただき渇きをいやすことができる。んが茶菓子などはないので通りで買ってゆくとよろしい。みろく石本舗かさ國のくるみ餅焼きもちが個人的には激しくお勧めである。

以下かさ國。

焼きもち製造中。

kasakuni.jpg

自家製きなこ。

kinako.jpg

外観。

kasakunimisegamae.jpg

山帰来餅とは柏餅である由。

kasakuniwagasi1.jpg

絶品のくるみ餅焼き餅。袋に入れて下さるのでつぶさないよう気をつけろ! ちなみに自分はへんぺーになったよ! でもすげぇやらかくてうまかったよ! 

kasakuniwagasi2.jpg

*金剛峯寺は庭と襖絵が絶品。どれも博物館級。さらにお茶を頂ける。お茶菓子はここ限定販売といわれるが土産やで結構売ってるのであわてずともよかろうなのだァー! 古いお寺さんの厨房も拝見できる。厨房の天井は煙が抜けるよう大変高くなっているので見上げておくがよろしい。なおスリッパが全体大きめで危険。自分はああいう磨き上げた板床で一歩歩くとスリッパを飛ばしてしまうダメ人間なのでスリッパはよしにしておいた。許可は貰った。

kongoubujitea.jpg

*霊宝館には各宿坊の国宝も収蔵されており、展示は都度変わるのでご要望のものがみられるとは限らない。公式サイトの展示物一覧で確認しておくとよろしかろうなのだァー! 自分は八大童子と孔雀明王を見ることが出来て大変満足であった。なんつーか、大変な御仏だらけで素晴らしいの一言である。あっこで寝たらよい夢が見られるだろうなぁ。

*大師教会での受戒は宗教事情にもよろうが体験しておくとなかなかミスティックでよろしい。所要約一時間、大師協会の奥の間で受けることができる。時間が決まっているので事前に公式サイトで調べておくとよろしい。申込書で在県と名前を記し手を塗香で清め暗くした中に阿闍梨様をお迎えし戒めを後についておとなえし名前を呼ばれお札をいただくといつの間にやら敬虔な真言宗徒として認定されるというような儀式である。うわ、僕カソリックやめてええんですか。

*金堂大塔を擁する檀上伽藍は建物が素晴らしい。大塔は大変デーハーである。あとなんかでかい、色々。

*徳川家霊台は…。

*お昼御飯、通りにもたくさん店がある。個人的には
さんぼう
という店で食して大変うまかった。
胡麻豆腐の揚げ出しなんてありか。
あとご飯が大豆麦ごはん。この塩梅が大変うまい。めっさうまい。

sanbou.jpg

*宿坊にはバスタオルがないのがデフォルトのようだ。貸していただけるか尋ねておくとよかろう。旅路にお勧めの薄っぺたく乾きやすいガーゼバスタオルはこちら。あとくしもなかった。

*お勤めには参加しておくと楽しい。色々ごまかせるので女子はロングスカートを着用するとよいと思うぞ。朝護摩焚が見れるのは無量光院だけ! (なんじゃないかな←弱気)

帰路編
*選んだお土産は以下の通り。
当日限定ながら大変美味しいかさ國の和菓子
森下商店の胡麻豆腐(2週間保つ真空パックがある)
菜圃花園小紙箱 (大変コンパクトでよい)
松栄堂の佛手柑の餡の入った三鈷の光(切り分けて食べるもんであろう) これも大変美味であった。
金剛峯寺のお茶菓子
なお松栄堂では自社製品は一割引であった。知ってたらここで買ったわ! というわけでお得なので是非。
なんかうっかりナルト好きな子どものために「新版九字護身法」
塗香
高野山キューピー
dogyoninin.jpg
キューピーって坊主っぽいだけに袈裟超似合う。この手は買わぬつもりであったがつい…。

*土曜は郵便局はお休みだが、裏手に回れば荷物を分配している局員さんが居らしてゆうパックをお願いできる。日曜未確認。

総評
*高野山は人口の4人に1人がお坊様というめちゃめちゃ坊さん度の高い街である。当たり前だが寺多すぎ。鎌倉なんて雛だひよこだ。

*806年に開かれた日本で4番目の宗派でありながら信徒数は第3位。いいとこつけてる。(参考:「図解」仏教宗派がよくわかる本

*標高高くて木々がよく残っているので大変清々しい。流石は世界遺産。

以上、お役に立てば幸いである。

なお宿坊とは宿泊施設のあるお寺さんのことである。

関連
へうげもの7巻発売記念高野山武将墓所めぐりの旅

高野山宿坊二種 第一部 無量光院編

高野山宿坊二種 第二部 遍照光院編


RinRin王国さま、記事の紹介ありがとうございました。

高野山宿坊二種 第二部 遍照光院編

というわけで高野山宿坊紹介第二部遍照光院編である。前回の無量光院同様由来書等については高野山公式サイト他を参照していただきたい。

無量光院の鄙びたストイシズムに深く感銘を受けた身には、こちらの遍照光院はまた新たなカルチャーショックの源泉となった。なんでか。
部屋がすげー現代的。ホテル的というかリゾートマンション的というか、そういう感じ。
にも関わらず共同便所は男女共同洗面所にコップなしという高野山の基本は押さえてる。
あと大分大勢が泊まっていたせいかお坊様との距離が遠い。
女性にだけ阿字観の無料体験があり自分が泊まった時は20人が申し込んでおられた。すいませんこの手はもっとプライベートな感じがいいです、ということで申し込まず。
あとお勤めの始まる時間が夕食時まで不定。無量光院は決まっていたようであるが…。
お勤めには護摩焚なし。45分のハーフサイズなので声明及び読経のみ。お大師様への焼香はあり。お勤め終わると寄付のお知らせと館内ご案内タイム。この館内ご案内では仏像などご案内していただけて大変よろしい。
風呂が4時半から6時まで(←ほんとうなんだろうか…)。遅くチェックインしたら致命的。五時までにはチェックインを、とひつこくいわれたのはこういうことか。浴場は8人位は入れる感じで広い。込んでいるかどうかは浴場の前のスリッパの数で見分けるとよろしい。浴場の洗面所にはドライヤがある。
バスタオルは備えていないが借りることができる。修行僧の方がご要望に応じて持参するシステムなのですげー忙しそう。こんなことなら備えればよいのではないかのう。
セキュリティボックスは部屋に備えておらず。ので小心者の私は財布をお坊様に預かっていただいた。

というわけで写真にてご紹介。

玄関があって一間あって五畳半、奥に旅館にありがちなプチ応接。

henjouroom1.jpg

ヒンドゥー語の書いてある軸。二日目で無聊だったのもあって関西のテレビを堪能した。露天風呂がついてるようなマンションが4000万というのに驚愕した。関東だったら一億しねぇ?

henjouroom2.jpg

入ったとこの襖絵。

henjouroom5.jpg

洗面所。

henjouroom3.jpg

トイレ。

henjouroom4.jpg

というわけで男女共同だと落ち着いてウンコできないという人にとっては大変都合のよい宿坊である。

お夕食。

henjoudinner.jpg

そうめん
玉子でとじてない茶碗蒸し 麩、蕗、栗、巻き湯葉、ゆず、銀杏
高野と人参ときうりとゼンマイのピーナツ和え
人参、蓮根、苦瓜、ピーマン、茄子、薩摩芋の天麩羅
薄切り蒟蒻ときくらげと針生姜ときうりの酢の物
南瓜と冬瓜と高野豆腐と麩饅頭の煮物

あとはなんか高野山基本セット(重複して面倒になったので後は画像で判断していただきたい)

で、朝食。

henjoubreakfast.jpg

こちらで驚愕したのはオレンジがまるっと出てきたことであった。自分は満腹であったのでお残ししたが、よその部屋の方は食べておられた。どうやって食べたのであろうか。あと真ん中方面のはキャベツの甘酢漬けっぽい。

やはり出がけに時機を見て支払いをする。12600円。予約はヤフートラベルで行った。

以上、駆け足でご紹介したわけだが、個人的な好みではウンコが多少不自由でも仏契で無量光院に軍配が上がる。遍照光院は宿坊っぷりがなんとなく大味だったもんでのう。
しかし一般的な女性に不安なくお勧めできるのはやはり遍照光院である。阿字観無料体験とか、お主なかなかツボを心得ておるのう、というのが正直なところ。
まぁ結局のところ好みの問題なので、こちらの記事がご参考になれば幸いである。

というわけで、たった二か所、同じ高野山の宿坊に泊まったというのにこれほどの違いがあるというのにはやはり驚愕である。ということはおそらく他の宿坊も各々特長があるのであろう。知りたいものだと思いつつ、とりあえずもっぺん行くなら無量光院一泊でいいや、んで今度は近くで護摩焚見るんだい! という結論。
ああ、よい旅であった。

関連記事:高野山の旅を楽しくするための30のTips

nni's blogさま、記事の紹介ありがとうございました。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。