スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リチャード・ドーキンス「進化の存在証明」

進化論を信じない人たちのためにかかれた本。
なわけで、いつもの読み手に向けるような手練れ感がなく、噛んで含んで言って聞かせてそれでもどうせ君たちは耳をふさいでいるのだろうけれどもでも僕は科学者の責務として噛んで含んで言って聞かせることを止められないんだよ…というような非常に切ない本である。
流れとしては、生物学の丁寧なおさらいである。ドーキンス先生が、小学校入学したてのまっさらを相手どるように、信じるものも信じぬもの皆等しく説いてくださる。なぜ私たちはここにいるのか。なぜ私たちはかくあるのか。
生とはつまるところ壮大なるピタゴラスイッチである。私は、発生の開始にせよホルモンの分泌にせよ「何故そのスイッチが入るのか」を理解し切れていなかった。大変な間違いだ。個体は化学的または物理的な刺激が充ち満ちている解放系の中で刺激に対する受容体を体中に装備している感受性の塊に過ぎないという認識の不足。原初生命が境と自己同一性と増殖への欲動を持たされたそのときに最初のスイッチが入り、そこから先はただのピタゴラスイッチ。連綿と続くドミノ倒し。停止は即ち個体の死。「このホルモンが分泌されることによってこの臓器の発達が促され…」それは少しも不可解ではない。このホルモンが分泌されることの前には内外からのスイッチがある。遡れば数えきれぬほどのスイッチがあり、そしてそれはたぶん、生命よりもさらに前、宇宙の始まりそのものが一番最初に発動したピタゴラスイッチ。

で。

そういうことをまるで小学生のように学び直せたというのが一つの収穫。もう一つの驚愕すべき収穫とすらいえない号泣すべき事実。

単純化して言おう。アメリカにはなんとまぁ、進化論を信じない人々が44%もいる!(2008年、ギャラップの調査より)

うそだろう?

ほんとうだ。

そんなホラーがあるのか? そんなホラーが。どんなホラーよりも恐ろしい当代随一の怪談が?
あんなにも切り立った科学論文が日々発表されているアメリカで? あんなにも鎬を削る研究が今もなされているアメリカで?
まさか、
「神は人類を、現在と非常によく似た姿で、ここ一万年ばかりのうちに一遍で創造した」と信じている人が44%もいるだなんて!

(ありえないなんてことはありえない)

こんなことを信じられないのは、日本人ゆえの幸いかもしれない。
2005年ナショナルジオグラフィックの調査では、日本では進化論を支持している人が80%だったという。
聖書をいただくことによる視野狭窄を赦された結果か。
しかれども、その数値を聞いても薄い不安が胸をよぎる。
五人集めたら一人は
「猿が人間になった? へへっ、またまたご冗談を」
と言い出すとでもいうのか? この日本で?
で、アメリカに行けば、
まるで進化論は、宗教の一つのように見なされるとでも言うのか?

ドーキンス先生は以前
「悪魔に使える牧師」
という本を書いている。
そんな爆弾のような表題の本を表沙汰にしてでも覆したいものが、否、覆さねばならないものが、彼の目の前にあったのだ。
そして今もあり続けているのだ。

私は日本人であることを誇りに思う。系統樹を愛することを誇りに思う。そして、願う。
ヴァチカンの上層部と同じように、無邪気なカソリックの信者も、聖書は修身として手本にすべき部分は大いにあれど実のところその本質はファンタジーに過ぎないと認識することを。

スポンサーサイト

電子書籍がビブロフィリアにとっての真の天国を下賜する可能性について

紙の手触りを愛し、また紙の本の絶滅を憂うビブロフィリアが
それでも電子書籍を仰ぎ見ねばならぬ理由は
「検索の容易さ」
にある。

ビブロフィリアなれば
紙の本が電子書籍を凌駕しうる
最もわかりやすい至便性といえば
「めくるという動作による触感と同時に保存された視覚的な記憶」
にあることは承知であろう。
(そのほかの至便性についてはこちらご参照のこと

ただ
紙の本では
「この本のこの厚みのこのあたり開いたこのへんに該当文言があった」
と物理的に探索しようとしても
案外いきあたらず、無為に時間を浪費してしまうことがある。

そんな無駄足の突破口となりうるのが、電子書籍化なのである。

一方で、
自分のような紙の本派の人間にすれば、
電子書籍は、その軽易さゆえに、
却って暗記を困難にしている節があると感覚される。

自分のような紙の本派にとっては、
読み、理解し、記憶し、さらに、
記憶を想起し、今一度ページを繰り、たどり着く、
それこそが記憶に係る一連の過程となるため、
紙の本の持つ重さ、嵩、見開いた際にどの位置にあったか等の三次元的な位置感覚が
非常に重要にな因子となっている。

情動が記憶を強化するという説を思えば、自分の感覚も的はずれではないだろう。

(実際、つるぺたのipodで青空文庫の少し嵩高を読んだりすると
内容そのものについては脳に順次格納は可能ながら
物理的なる「厚さ」、いかほどめくったあたりかとの「手触り」情報が欠落していることを自身の習慣が不安がって
記憶を空間的に配置し構築することにひどく下手くそになってしまっているような気持ちになる。
なんというか、操作的にはしおり機能含め「戻って文言を確かめる」ことが可能なのは承知しているが
どうしても電子書籍はひどく一通であるようにしか思われない。
ただの習慣の問題であろうとは思うし、
たとえば小説なぞであればそんなことは問題にならないだろう。
しかし私が読み始めたのはおそらく「宇宙のはじまり」という
どちらかといえば講談社学術文庫に入っておりそうなそこそこの嵩高であるから
いよいよ理解には行きつ戻りつしながらの有機的なる構築が必要になってくるのである。)

一方で。

電子書籍は、「紙の本」では容易くは得ることのできない
検索
という利便を下賜してくれる。

検索、それは数多の本読みが夢見た絶対的な優位だ。
本読みが、感覚やおぼつかない記憶にたどっていた領域を、技術ゆえのブレのない確実さで、実現してくれるのだ。

だから、ものすごくシンプルなことを出版社さんにはお願いする。

紙の本には、漏れなくその電子書籍版にアクセスする権限を永久に添付することを。
また電子書籍については、漫画ならセリフ等の活字のみならず効果音の書き文字まで検索可能たらんことを。
されば人は、紙の本の孕む物理的な感覚と、検索の至便性を、二つながら手に入れることができる。。
それこそが、多分、出版社さんとビブロフィリアとを幸福にし、また出版業界に活路をもたらす、現実唯一の方法に相違ない。

電子書籍の購入者は、電子書籍でまかなえているので、いいと思うよ!

がんばりすぎました@中学一年生になった我が息子に読書感想文のネタ本として紹介した三冊

「今トレンドぶっちぎりのネタだし注目されると思うぞ。人間ごとき絶対に放射線に勝てるわけねぇって超実感できるスゲェ本。」



「いや、これはちょっと…朽ちていったってとこでなんかちょっとダメ、怖い」

「そうか、じゃあこれも面白かったぞー! 働くって大変なことだなーって思えるぞ。歴史の勉強にもなるしな! 」



「あの、なんかちょっとこれ分厚いし…」

「そうか、じゃあ福沢諭吉先生が小学生のために書いた本はどうだ? すげー有名な奴だぞ。さっきのより薄いし」

岩波文庫学問のすすめ/福沢諭吉

岩波文庫学問のすすめ/福沢諭吉
価格:693円(税込、送料別)



「…お母さんごめん、…自分で探すわ…」










…やりすぎたか…orz

紙の本は死なんよ。

紙の本は死なんよ。

何故ならこんなにも
誰かと共有しやすいデータベースは
他にないからだ。

君の個人的なマシンに取りこんだ電子書籍を
誰かと共有したくなったらどうする?
君はそれをマシンごと誰かに貸してやるかい?
それともファイルを転送するかい?
入手元のアドレスを送るかい?

サーバーに蓄積されている電子書籍は
いつでも誰でもダウンロード可能だ。
でも君の個人的マシンにダウンロードされた瞬間
もうそれはどこにも行けなくなる。
君はそのデータの終着駅だ。
そうとしかあれないのだ。

その作品を愛し
著作権者に誠実になろうとすればするほど
共有しづらくなる奇妙なシステム
それが電子書籍だ。

さて、君は古本屋に行ったことはあるかい?

百年前の紙の本を買うのは
今となってはそう難しいことじゃない。
そうして、今君の本棚にある紙の本、
それは、朽ちなければ、もしかしたら百年後、
誰かの本棚に置かれているかもしれない。

ファイル形式の時代遅れもなく、
マシンの故障もなく、
充電の必要もなく、
常に開示されっぱなしのデータベース。

こんなにも、こんなにも共有可能な、
まるで奇跡のようなメディア。

それが紙の本だ。

紙の本を買うこと、
それは、そのデータの途中駅になる権利を買うことだ。
私の中に「誰かと共有したい素敵なもの」を閉じ込めないでおく権利を買うことだ。

だから私は紙の本を買う。
家族と読むために。
友人と分かち合うために。
そうして私がその本を開いた時に覚えたのと同じ手触りを
他の誰かがおそるおそる味わうのを楽しむために。

Dale CarnegieのHow to win friends & Influence People読了!



やりましたよすくみうさま!
(以前子育てで困ってたときに勧めていただいた
折角なのでと原本に挑戦したのは自分の判断)

この本の特長
・そもそもベストセラーなので面白い。
・基本一般向けのハウツー本なのでそんなに難しい文章使ってなくて読みやすい。
・英語と人心掌握術を一度に学習できてお得。

しょーがんないけどアレなところ
・何しろ70年以上前に書かれたものなので妙に言葉が古い。多分文体も古いんだろう。しょーがんないけどねー。でもその分確実に辞書に載っている。時事英語とか読もうとすると言葉が新しすぎて辞書引いても出てなかったりしてそのへんで挫折したりするので安心ではある。
・カーネギーさんが書いた部分は比較的平易なんだけど頻繁に出てくる引用文が突然文学的にハイレベルだったりして戸惑ったりする。但し多分名著ぞろいなので勉強にはなる。

というわけでちくちく行き帰りの電車で「漢字そのままDS楽引辞典」でわかんない用語引きながらなんとか読み終えました。最初は一回につき1ページ半くらいしか進まなかったんですが最終的には一回5ページくらい読めるようになりました。これだけ取っ組んでやると流石に英語読むのが多少早くなったりはします。勉強はいつでもどこでも始められるし続けられるもんだなーと実感いたしました。
あとですね、最初消せるってことでシャーペンで単語の意味書いてたんですがこれを赤ペンに変えたとたん効率が三倍くらい上昇しました。視認性が上がったんですな。いやぁたかが色変えただけですごいもんですよ。
とゆーわけで今は話題のドラッカー読んでます。どれ読もうか相当迷ったんですが自選の入門書にしてみました。思ってたより難しい文章じゃなくて安心。



それにしても、英語の本がワンクリックで比較的安値で買えるなんて、いい時代になったもんですねぇ。



フツーの電子辞書ソフトなんですが発音確認できるもののなかでは比較的安値というのがよいです。ありがとうニンテンドー!



0.28という超細字のゲルインクボールペン。おまけに16色の多色展開。本に書き込みしようなんてぇときにはうってつけです。自分は手帳に書き込みするにも使っております。子どもの予定がじりじり増えてきたもんで、



上の子関連はブルー



下の子関連はグリーン




自分の用事や覚書はブルーブラック



特に目立たせたいものについてはブラウンブラック
と使い分けております。なかなか便利です。

とゆーわけで、面白くて為になる! How to Win Friends and Influence People、おすすめですぜ!

カール・セーガン博士の素敵な一言

「誘拐した人を宇宙人が解放しないでおいてくれれば、世の中もっとまともになるのに」

(カール・セーガン著「カール・セーガン 科学と悪霊を語る」新潮社 157頁より)

知り合いの科学者が言ったとか書いてるけどあんただろ(・∀・)ニヤニヤ

こんなに酷い本は生まれて初めて見た。

femme_fatale.jpg





( ゚д゚)……。





kaiou.jpg





イ・ミョンオク著「ファム・ファタル」作品社
より。




以下
「彼国だから」
禁止。





ちなみにこの本は
「韓国文学翻訳員が海外に韓国の文学作品を広く知ってもらうためにの翻訳支援事業のうちの一冊に選定された書籍」

「この年唯一の非純文学作品」
だそうだ。
(訳者あとがきより)

著者は現在サビナ美術館館長、国民大学美術学部兼任教授、
「美術が好きでそれに耽溺して暮らす著者は、若い情熱と求心力ある対人関係や魅力的な容貌で、暮らしと仕事を美しくプロデュースしてゆくキャリアウーマン」(カバー折り返しプロフィールより原文ママ)
だとか。

素敵ですね(棒読み)。

地球に居ながらにして月の石を手に入れる方法はあるか?

ある。










その方法とは?










隕石を拾う。











「(南極大陸の)アランヒルズ周辺で1962年に発見された隕石の一つは、月起源の角礫岩化した隕石であることがわかった。この隕石はアポロ16が着陸した月高地の岩石に似ている。黒いガラス質のマトリックスに大きな石の破片が入っている。どうやらこれは、隕石が月に衝突した際に月から離れた石が地球の軌道と交わる軌道に飛ばされたものらしい
 はじめの一個が発見された後、さらに10個の月隕石が回収された。そのうちのいくつかは日本がやまと山脈で発見したものだ。これらは主に月高地の角礫岩で、鉱物組成も似ている。二個は月の玄武岩だった。これらの月隕石は、少なくとも二度か三度の異なる衝突によって、月から破片が地球に来たことを示している。また、すべてがアメリカの宇宙飛行士やソ連の探査機が調査した場所とは違うところから来たようである」
(リチャード・ノートン著 江口あとか訳『隕隕石コレクター』築地書店  131頁より引用)

では南極でしか月の石は拾えないのか?
そうとも限らない。

METEOLITE MANことロバート・ハーグはオーストラリアにゆき地元の人に隕石買い取りを持ちかけた。するとたくさんの隕石が集まりそのうちに少し違う感じの石があった。
アリゾナ大学のボイントン博士が新しい隕石の中性子放射化分析を行い、アポロ着陸地から持ち帰ったサンプルら比較した結果、この隕石は月起源だと考えられるとの結論に至った。
(リチャード・ノートン著 江口あとか訳『隕石コレクター』築地書店 106-108頁要約)

月の石が地球で見つかる…!
なんという漢のロマン…!

因みに湿気が多いと隕石はすぐに酸化してしまうので、日本は隕石探しには向いてなさそうな気配…。
なお南極大陸は
氷が隕石を閉じ込める天然のタイムカプセルの役割を果たす
氷が青白いので黒い隕石が目立つ
氷河が山脈に隕石を吹き寄せてくれる
ということで保存状態のよい隕石に多数巡り合いやすい「隕石王国」と呼ばれているそうだ。
更に南極大陸で一番最初に隕石を見つけたのは日本の氷河学者だそうだ。
うーん、漢のロマン!

隕石蒐集家はどうやって普通の石と隕石とを見分けているのだろう? 長く抱いていたそんな疑問から手にとったこの本『隕石コレクター』だが、最新の隕石学から隕石に魅せられた人々(上記のロバート・ハーグなどはその一人)の伝記まで、超面白トピックが満載である。
鉱物が好きな方、博物館で隕石に胸ときめかせたことのある方に、是非読んでもらいたい。

参考リンク:
METEOLITE MANことロバート・ハーグさんの月の石コレクション(英語)
宇宙の石を探し続ける漢…ロバート・ハーグ(英語)(記事中にハーグさん所有の火星と木星の間にある小惑星帯由来とされる隕石写真あり)

キュリー夫妻パネェ

・マリーはラジウム1グラムを8トンのピッチブレンドから作りだした。45ヶ月間の間鍋に入れたピッチブレンドを鉄の棒で掻き交ぜ煮立たせ冷ましそれを8万回繰り返した。体重が7キロ減ったらしい。
・放射線が人体に影響を及ぼすというドイツ人二人の報告書を読んで夫妻は早速人体実験。夫のピエールの腕にテープでラジウム塩を貼り付け10時間放置するとただれ、数日で傷口から膿が染み出した。その後52日して(ラジウム塩ははがしたんだろーなー)傷跡が残ったものの皮膚が元通りになったのを見て腫瘍などの病気の組織の治療に使えるのではないかと思いつく。これが現在の放射線治療の曙。

自分の体で実験したいより。

ものすごい面白い本です。チョーお勧め。

イエスズメヤバイ

…スズメはつがい相手を何羽かもつことがあり、ヒナを殺す雌は二羽の雌とつがった雄の二番目の妻である。雄は最初のつがい相手のヒナの給餌を手伝うだけで、二番目のつがい相手のヒナは面倒を見ない。二番目のつがい相手は最初のつがい相手のヒナを殺し、雄の気を自分に再び向けさせるのである。
鳥の生活より)

これはつまり
愛人が正妻の子どもを殺して男の気持ちをこちらに向かせる
ということですね。

なんて火サスな繁殖事情。

もうスズメをかわいいなんて思えなくなっちまったぜ…('A`)

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。