フライパンで焼くアルティメット鶏もも肉

鶏もも肉を焼こうとするといくつかの問題に直面する羽目になるがそれら全てを解決しおいしい鶏もも肉にありつく手法にようやくたどり着いたので備忘のためにここに記録する。

用意する道具
1.ガスコンロ
2.包丁とまな板(清潔なキッチンバサミでも可)
3.テフロン加工のフライパン
4.肉の繊維を断ち切ることのできる何か(肉たたき、麺棒など。清潔なら木槌や金づちでもいいんじゃないかな(´・ω・`))

用意する材料(高校三年生男子と低糖質ダイエット中の母親二人分)
1.鶏もも肉2枚(うち一枚はまるまる息子用、残り一枚は母親と弁当用に半分に切る)
2.塩とハーブを混ぜたもの。キッチン塩コショウでもクレイジーソルトでもなんでもよかろうなのだァー!
3.オリーブオイル。

手順
1.鶏もも肉を冷蔵庫から出して室温に戻す。
2.鶏もも肉は半分に切った後「グローブ状」に切込みを入れる。わかんない? 
クリームパンダちゃんの顔の切れ目みたいなアレだよアレ!
3.肉たたきでたたく。なおうちには肉たたきも麺棒もなかったので木屋の出刃包丁の背でやった。これがまぁ気持ちの良い重量感で振り下ろしやすく繊維を断ち切りやすい佳品。魚なぞ捌けないので持ち腐れならぬ持ち錆状態になっていた出刃包丁がやっと日の目を見たよ! ありがとう木屋、ごめんね木屋!
4.テフロンのフライパンに皮目を上にして並べる。
5.そのままやや高みから塩とハーブを振る。目安としては5ミリ四方に3~4粒くらいの塩の結晶が見えるくらいに。
6.裏返してまた高みから塩とハーブを振る。
7.塩がなじむまで5分ほど待つ。
8.弱~中火を点ける。目安は炎の頂点がきっちりフライパンの底にあたるくらい。
9.たまにゆする。
10..肉から生っぽい艶感が失われて皮が15秒に一度ほど軽い水蒸気爆発を起こし始めたら裏返す。フライパンとの接地面が軽くきつね色になればよし。
11.グローブ状の切れ目から生焼け感が失われるのを待つ。
13.皮目に大匙二杯程のオリーブオイルをたりーとまわしかける。フライパンの底にも油が回るよう軽く揺らしながら30秒ほど待つ。
14.裏返し、最後にパリッとさせる気持ちで中~強火で皮面を焼く。このときの火の強さはフライパンの底を炎の頂点が軽くなめる程度に。
15.皿に盛りつけて出来上がり!

このレシピの工夫したところ
・塩こうじ味にはもう飽きた! とにかく風味を変えずに肉を柔らかくしたぁい! という一心で検索しまくったところ、ハウス食品の裏ワザ検証コーナーで肉を柔らかくする方法をいくつか比較しており、最終的には物理攻撃が一番という結論にたどり着いていたそうだ、肉、たたこう。
・って当方肉たたきとか麺棒とか機能特化してる上に嵩張る調理器具は持たない主義である。どうしようと考えていたところ木屋の出刃を持っていたのを思い出し本採用することにした。これが実にいい! 背で叩いていくうちに繊維がもりもり断ち切られてゆくのがわかる! ま、目安としては全体が作業前と比較して3分の2の厚さになる程度にとどめておきましょう。さもないとコートレットになります。
鶏もも肉のような生焼けキケン素材に対抗するにはクリームパンダちゃん戦略が一番であることが判明しました。火が通りやすくなり、また通り具合も確認しやすい。完璧です。完璧超人です。なお、このクリームパンダちゃん戦略についてはテレビで見たトンテキレシピを参考にしました。ありがとう見知らぬ洋食屋さん。
・フライパンを最初に温めないというのは最近のおフランス料理界で流行っている手法らしいですわよ奥様。

以上、フライパンで焼くアルティメット鶏もも肉のご紹介でした。

おまけ:うちで使ってるハーブソルト


なかなかにうまい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オラオラのラッシュでは、

駄目なのでしょうか?

「てめーは俺を怒らせた怒らせた」
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック