スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スク水小説三種バナを作ってくだすったので

SukumizuNovelBanner.gif

ひつこくてすいません。
でも先日の記事はあまりにも冗長すぎて
リンク張ってくだすった絵師さんに申し訳なかったもんで…。

というわけで改めてコンパクトにご紹介。

スク水紳士すくみうさま運営、主にスク水とニュースを扱っておられるすくぅうみうぎというサイトさんとの合同企画でスク水小説三種を書かせていただきました。

スク水少女と夏の終わり
こちらには
banner.gif
ダイアリエ「いないいないばぁ」のたまきさまの手になる美しい挿画が付いております。

スク水少女と夏の始まり
こちらには、イラストとかお絵かきの練習場のもーPさまの手になる愛らしい挿画が付いております。

スク水少女と夏の続き
こちらには、みりん屋の落書き保管庫のみりん屋の人による味わいのある挿画が付いております。

ぜひぜひご覧くださいませ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネコタ斑猫様の小説に挿絵を描いて送りつけました。

最近時々お目にかかる、すくぅうみうぎというサイトがなにやら募集してたので送り付けました。 詳細はバナーをクリック。 オリジナル百物...

コメントの投稿

非公開コメント

みりん屋さま、コメントありがとうございました。

みりん屋さまは顔芸の人だと思うのです。
イラスト拝見したときホントミリの男前っぷりに感動しつつ忠士君の不甲斐なさに大受けしました。
サイトの方も拝見したのですがこちらに頂戴したよりももっと遠慮会釈のない顔芸っぷりでいやもうサイコーです。あれです、
中崎タツヤさんとか吉田戦車とか朝倉世界一とか思いだしましたよ。

というわけで、みりん屋さまにはぜひこのままの路線で突っ走っていただきたいと、心より願う次第であります。

あ、あと秋について、たぶん一筆お送りできると思いますので、その節はよろしくお願い申し上げます。

ネコタ斑猫 拝

おわっち、ちょっと私生活で立て込んでて
挨拶が遅れました。こんばんわ。みりん屋です。

喜んでいただけたようで
ホッと胸を出下ろしているしだいでございます。

しかし、どうにも画力の問題で
表現が稚拙になってしまってもうしわけないです;;

3部作ともすばらしい作品で
どれも書いてみたい作品でした。

他2名のキャワイイキャラクタがまたすばらしくて
一緒に並んでいいものかなと・・・;;

今後とも何かありましたら
よろしくおねがいしますね。

もーpさま、コメントありがとうございました。

イラストのすっきりとしていながら緩急のある線と温かみのある柔らかいグラデーションの塗りが大変気に入ったもので、
これを小さくするわけにはいかない!
とがっつりそのまま載せてしまいました。いやもう見たとたんどのイラストも小さくする気はなくなりました。
ほんと絵描きさんってのは素晴らしい。
もーpさまのおにゃのこにはなんともいえないぷっくり感というかやーらかさがあってよいです。ラフも拝見させていただきましたが、なんつーか、感動と恐縮で胸が一杯に…字書きな自分なぞは頭の中でいくらか試行錯誤したらぶっつけでぱかぱか打っちゃうんですが、多分特に元に小説があったもんだから、あんなにいっぱいあんなにいっぱいラフを! 正直眼福でございました。
あとやっぱり恥ずかしそうにハンカチ差し出すスク水少女が!
もーpさまのおにゃのこは一つ一つの表情が丁寧に描かれて、ほんとにそこにいるようで、いいなぁ、と。
もーpさまに描いていただけて、あのこは幸せものです。

「3部作についてですが、実は私も「スク水少女と夏の終わり」が一番好きだったりします。 」
きゃー。
一番定番の萌えを考えずに書いたのが受けると生きてて良かったなぁ、と正直思います。
ありがとうございます。

ところで
背景黒くするとなんでエロくなるんでしょーねー。
色々補完しちゃうからですかねー。
なんかハンカチに見えないような気もしますしねー。

というわけでこれをお読みになった方、もーpさまのサイト
http://mousoup.blog119.fc2.com/blog-entry-373.html
へゴーゴゴー!

なんか妙にえっちぃ黒背景のおにゃのこが見れますぜ!

ネコタ斑猫 拝

でっかく載せて頂いてありがとうございました

先日はわざわざウチの倉庫ブログにお越しいただいてありがとうございました。

こんなに大きく取り上げていただいてちょっとびっくりです。

3部作についてですが、実は私も「スク水少女と夏の終わり」が一番好きだったりします。
で、以前「終わり」のラフ絵も描いたりしてみたんですが、いまいち幻想的な雰囲気が出せそうになかったので・・・
(ボツのラフ案)
http://blog-imgs-41.fc2.com/m/o/u/mousoup/owari-image01.jpg
たまきさんのイラストみたいなのが描きたかったんですがーー。

「スク水少女と夏の始まり」は、無邪気な少女の萌えが目玉かなと思ってイラストを描きました。微妙な心理描写は私には無理なんで、思い切って単純に可愛い女の子を目指しました。

やっぱり、絵にしてしまうとキャラクターのイメージが明確になりすぎるような気もするし、難しいですね。

>たまきさん
イラスト見て、「あーこれこれ、こういうの描きたかったんだよねーー」と思いました。
アザについては、すでに小説読んでいたので、上手いこと目立たなくしたな、と感心しました。

右肩部分の描写

たまきさま、コメントありがとうございます!
すくみうさまにこだわりのあたりはお聞きしました。
なんとも恐縮です。
もうとにかくすっごく綺麗で塗りも精緻、なんともいえない透明感のあるイラストで、
「うわ、えらいもんもろてしもたわ」
とのたうちまわりましたほんとに。
月の淡い光の表現も、柔らかい水面の表現も、まっすぐな瞳も大好きなんですが、一番気に入ったのが
千尋ちゃんの腿の隙間です(←死んでしまえ)。

「読んだ時に、一番カワイイお話だな~と思ったので 」
スク水作文募集の際に最初にオリジナルで思いついたのがこの物語です。
大変うれしうございます。

折角なので話の筋を思いつくに至った経緯を。

スク水は虹の世界ではアイテムとしてかなりもてはやされていますけども、実際には常にリアルな学童女子のものなわけです。
オークションで名札付きのが中古で流通しているのを見るにつけ(あんたは何をチェックしてるんだ)、
記号としての「スク水」

実用品または一種の制服としてのスク水
が乖離してきてるんじゃないかなぁ、と漠然と覚え、
君たちが購入している名札付きのお古のスク水はもう育ってそれが不要になってしまったどこかの少女のものなのだよ。
ところで君たちはその少女がいま何処でどうしているかを考えたことはあるかい?
高校生になったろうか? 大学生だろうか? 結婚したろうか? 就職したろうか?
それとももうこの世にはいないだろうか?
もしそうだとしたら、君が持っているその水着は、その子の思いもよらぬ形で君の手に渡った、忘れがたみなのだよ。
そんな着想で書いた小説にございます。

少し暗いかなあなんて思ったりしたんですが、可愛いと思って戴けてその上素晴らしいイラストまで頂戴出来て、物書き冥利でございます。

ほんとうにありがとうございました!

では
ネコタ斑猫 拝

はじめまして~~

こんばんや~~でございます。
こちらのコメ欄には初のお邪魔でございます。

この度は「スク水」3部作の執筆お疲れ様でした。(^^)
また、素敵な紹介記事を書いて頂き、感謝感激でございます(^^)

自分が挿絵担当させて頂いた「スク水少女と夏の終わり」ですが
読んだ時に、一番カワイイお話だな~と思ったので
描くのならこの話の挿絵描かせて~とお願いした経緯があったりします。
右肩部分の描写にそれなりの拘りがあって、小説読んでから
見返せば、初めて気づく・・・くらいにしたつもりですが
果たして目論見通りとなったのか・・・
読んだ方の意見とか聞いてみたいですね♪

それでは~~(^^)/
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。